最大傾斜80度の恐怖体験!全国の「フリーフォール滑り台」がある公園

最大傾斜80度の恐怖体験!全国の「フリーフォール滑り台」がある公園

皆さんは「フリーフォール滑り台」って知っていますか?80度の傾斜を垂直に落下するような滑り台の事を言うのですが、メディアなどで取り上げられて子供から大人まで今話題の遊具なんです。「滑り台なんて子供の遊具でしょ?」なんて思って登ってみると、大人でも足がすくんでしまうほどスリリング!今回はそんなフリーフォール滑り台がある全国の公園をご紹介します!(2017年04月15日 最終更新)

全国
キーワード
アスレチック
公園

フリーフォール滑り台ってどんなもの?

出典:アレン。さんの投稿

小さいころよく遊んだ滑り台。でも大人になると機会はめっきりなくなりますよね。そんな大人たちの心を童心に返らせてくれるのが“フリーフォール滑り台”です。最近ではこの滑り台を設置している公園がメディアで取り上げられたことで注目されて、大人も本気で遊ぶことができると評判なんですよ!フリーフォール滑り台とは、最大傾斜が80度で垂直に落ちる感覚を体験できる滑り台のことを言います。お尻がふわっと浮く感覚は、もはや高い場所から飛び降りているのも同然。このスリルを味わおうとこの滑り台が設置してある公園は子供から大人まで人気のスポットになっています。今回は、そんな“フリーフォール滑り台”が設置してある全国の公園をご紹介します!

1.秋田ふるさと村【秋田】

出典:

秋田県横手市にある「秋田ふるさと村」は、東京ドーム4個分の敷地の中に、プラネタリウムや屋内アスレチック、芝生広場や野外彫刻まで揃った一日中遊ぶことができる施設です。屋内施設は全てが回廊でつながっていて雨の日でも濡れることなく遊ぶことができるので、休日になると多くの人が足を運びます。秋田県内最大級のお土産ショップや郷土料理が味わえる「ふるさと料理館」もあり、観光客に人気の施設でもあります。

出典:

この施設の「ワンダーキャッスル」内の2階にあるのが、秋田らしさ全開の「なまはげフリーフォール」です。その名前の通り、なまはげの口の中から滑り降りてくる滑り台なのですが、5mの高さから滑り落ちるのはかなりの勇気が必要です。摩擦で服が破れないように袋にすっぽりと足からお尻にかけて入り、安全の為ヘルメットを付けて滑ります。0.5秒で滑り落ちるのですが、恐怖と快感で一度滑ったら何度でも挑戦したくなるようなスリリングな滑り台です。

2.フィールドアスレチック横浜つくし野コース【神奈川】

出典:

神奈川県横浜市にある「フィールドアスレチック横浜つくし野コース」は、都心からすぐ行くことができる自然豊かなフィールドアスレチック施設です。森や湖などの自然と地形を生かしたアスレチックで体を動かしながら遊ぶことができるとあって、暖かい時期には首都圏から時に多くの人が訪れます。子供だけでなく大人も利用できる施設なので、デートや家族みんなでのお出かけに人気のスポットです。
この施設の「トムソーヤ冒険の森」エリアには2種類のフリーフォール滑り台があります。“FREEFALL”の文字が入った淵が赤い滑り台は垂直に滑る距離が長い上級者用で、淵が緑で高さが低いものが初心者におすすめの滑り台になっています。まずは緑色の方から挑戦してみて、慣れてきたら赤いほうに挑戦してみるのも良いですね!

3.安久路公園【静岡】

静岡県磐田市にある「安久路公園」は、大型の遊具や芝生広場がある公園です。スウェーデン製の大型遊具には吊り橋やクライミングウォール、種類の違う滑り台などが付いていて、子供たちが全身を使って遊ぶことができます。鉄棒やブランコなどの定番の遊具もあり、昔懐かしい雰囲気も感じられる公園です。
こじんまりとした公園なのですが、この公園で一番人気の遊具がフリーフォール滑り台です。高さがそれほど高くないので、子供がちょっと勇気を出せば挑戦できるのが魅力です。滑り降りてからの距離も長いので、地面に叩きつけられたり飛んで行ってしまうことがなく、安心して滑らせることができます。

4.びわ湖こどもの国【滋賀】

出典:

滋賀県高島市にある「びわ湖こどもの国」は、広大な敷地の中にキャンプができるひろばや大型遊具、屋内の遊び場などを備えた大型の児童館です。琵琶湖のほとりに面しているので、夏になると湖水浴もできる滋賀県ならではの魅力たっぷりの施設になっています。駐車場料金だけで一日中遊べるので、県内外から多くの家族連れが集まります。
屋内には赤ちゃんから楽しめるおもちゃが用意されていたり、大人も利用できるトレーニングマシーンがあります。大型連休や夏休み期間中には、夏休みの宿題に使えそうなワークショップや、ロッククライミングが体験できる壁も出現するので、雨の日でも安心して遊ぶことができますよ。
この公園にあるフリーフォール滑り台は、高さは5.5m、傾斜は80度で上から見ると直角に見える大型の滑り台です。「探偵ナイトスクープ」などで取り上げられたことで知り、県外から訪れる大人も多いのですが、実際登ってみるとリタイアする人が続出の怖さです。身長が120㎝以上ならば利用できるのですが、何度も来ている地元の子供は平然と滑り降りるので、その様子に驚かされますよ。

5.彩都なないろ公園【大阪】

NAOKIさん(@naoki__w)がシェアした投稿 -

大阪府箕面市にある「彩都なないろ公園」は、彩都から大阪市内を見下ろせる高台に造られた公園です。遊具や展望台などがあり、ドッグランは無料で利用することができるので、近くの家族連れや愛犬家たちが集う憩いの場になっています。

出典:pky318さんの投稿

この公園の目玉となっているのが、関西初の「フォールすべり台」です。高さが3.5mの小さい滑り台と5.5mの大きい滑り台があり、フリーフォール滑り台が2本並んで設置されている「Wフリーフォール」は全国で初めてこの公園に造られました。いきなり大きい方を挑戦するのは大人でも怖いので、まずは小さい方で慣らしてから挑戦してみてくださいね!

A post shared by Massa (@m.xover) on

この公園からは大阪市内だけでなく、晴れていればあべのハルカスや梅田の高層ビルなどを望めます。美しい夕日を見ることもできるので、滑り台などの遊具で日が沈むまで遊んでから帰るのも良いですね。

6.ふれあいの森総合公園【福岡】

福岡県宗像市にある「ふれあいの森総合公園」は、豊かな自然の中に大型遊具や芝生広場などがある公園です。森の中には整備された遊歩道もあり、ウォーキングを楽しむ人たちの姿を見ることができます。天気の良い日にはピクニックに訪れる人も多く、緑に囲まれながらゆったりとした休日を過ごすことができます。
「望みの丘」や「ふれあいの丘」の高台からは宗像市の街並みや、海と山に囲まれたこの土地ならではの美しい景観を見ることができます。秋になると紅葉が美しい場所でもあります。
この公園には沢山の滑り台があるのですが、その中でもフリーフォール滑り台は途中が少し山のようになっていて、お尻が弾む体験ができます。落ちて弾んで滑り落ちる感覚は、まるでアトラクションに乗っているかのよう。山の中にある公園なので朝露で濡れている朝の時間帯を避けて利用するのがおすすめです。

7.時津文化の森公園【長崎】

長崎県西彼杵郡時津町にある「時津文化の森公園」は、子供たちに人気の滑り台や吊り橋などがある遊具が設置されている公園です。山の中の公園なので傾斜があるのですが、それを上手に活用して遊具が設置されており、ちょっとした冒険気分を楽しむことができますよ。夏場は涼を感じながら遊べるスポットとしても人気です。

KENTA66さん(@matope59)がシェアした投稿 -

この公園のフリーフォール滑り台は、山の斜面を利用して造られていて、まさに崖から落ちるような感覚を体感できます。周りの壮大な景色を眺めながら滑れるので、まるで飛んでいるかのような開放感があります。

いかがでしたでしょうか?

フリーフォール滑り台は、子供から大人まで楽しむことができる珍しい遊具です。恐怖感を乗り越えて滑ることができた時には大人でも達成感に満たされますよ!皆さんも是非挑戦しに出かけてみてくださいね!

124ki

124ki

現在子育て中!美容やコスメ、旅行、料理などに興味があります♪