とっておきの飛騨牛体験ができる高山「LE MiDi(ルミディ)」

とっておきの飛騨牛体験ができる高山「LE MiDi(ルミディ)」

せっかく高山を訪れたらなら、絶対はずしたくないのが飛騨牛!串焼きやコロッケなど気軽に飛騨牛を楽しめる食べ歩きグルメもいいけれど、ちょっと奮発してとっておきの飛騨牛を体験してみませんか?フランス3つ星レストランで修業をしたシェフがふるう感動的な料理が味わえるお店「LE MiDi」をご紹介します。あわせて絶品そろいの姉妹店もご紹介します。

2017年06月07日

飛騨の小京都・高山で味わう飛騨牛

飛騨の小京都・高山で味わう飛騨牛1192261

高山は「飛騨の小京都」とも呼ばれ、江戸時代からの商家などが立ち並ぶ古い町並みや、高山のシンボルでもある赤い橋(中橋)などが有名で、日本はもとより、世界中から沢山の観光客が訪れます。

「Restaurant LE MiDi」料理 1192253 飛騨牛フィレステーキ

出典:Tsubame7さんの投稿

そして高山グルメと言えば飛騨牛ははずせません。古い町並み周辺にも美味しい飛騨牛を食べさせてくれるお店が沢山あります。今回はそんな中から、高山にあって本格フレンチがいただける「LE MiDi(ル・ミディ)」を紹介いたします。

フレンチのシェフが飛騨牛の美味しさを伝える名店

こんな飛騨牛はじめて!「Restaurant LE MiDi(ルミディ)」

こんな飛騨牛はじめて!「Restaurant LE MiDi(ルミディ)」1192273

新進気鋭のシェフがつくる飛騨牛料理が味わえるお店「LE MiDi」。高山駅から古い町並み方面に向かって10分ほど歩くと、古い町並みのすぐ手前に赤い屋根が見えてきます。高山にありながら、まるでそこだけパリの下町にいるような雰囲気です。

肩肘張らないビストロスタイル

「Restaurant LE MiDi」内観 1192277

出典:さとち.comさんの投稿

店内に入ると吹き抜けの天井と、ニ階へ続く階段が目に飛び込んできます。世界最大級の旅行サイト『トリップアドバイザー』主催の「日本のベストレストラン2016」で全国第4位に輝いただけあって、空間から早くもワクワク感が漂ってきます。

肩肘張らないビストロスタイル1192274

二階に上がると、こんじまりとした落ちついた空間になっています。シェフ自らお料理を持って階段を上がってきてくれることもあるんですよ。

シェフ自慢の飛騨牛料理

LE MiDiの飛騨牛は、新鮮なブロックを約2週間かけて熟成!まさに最高の食材を、最高の状態でいただけるお店なんです。

「Restaurant LE MiDi」料理 1192290 H24,5,22 飛騨牛ヒレ  5800円

出典:ryou1994さんの投稿

極上のヒレを使った「飛騨牛ヒレステーキ」は柔らかくて甘みがあって絶品です。

「Restaurant LE MiDi」料理 1192283 飛騨牛ほほ肉の赤ワイン煮込み

出典:tak-bonさんの投稿

お箸で切れそうなほど柔らかく煮込まれた飛騨牛ほほ肉と、お肉と同じくらい主役級の色鮮やかな野菜が目を惹く「飛騨牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」。お肉の甘さと野菜の食感が存分に楽しめます。

「Restaurant LE MiDi」料理 1192285

出典:yuka3879さんの投稿

ハンバーグに沢山の野菜がサンドされた、なんとも驚きのビジュアルの「飛騨牛こだわりハンバーグ」。シェフの遊び心満載のひと品ですね。ソースはフレンチ仕立てで、目でも舌でも楽しめます。

「Restaurant LE MiDi」料理 1192536 ビーフシチュー

出典:ボンパパさんの投稿

コトコト煮込まれた大きな飛騨牛にデミグラスソースがかかった「飛騨牛ビーフシチュー」。従来のビーフシチューのビジュアルとは違い、こちらもまたシェフの遊び心を感じます。

「Restaurant LE MiDi」料理 1192774 飛騨牛のカルパッチョ

出典:tak-bonさんの投稿

脂身がお口の中でとろける「飛騨牛のカルパッチョ」は、薄~く切った飛騨牛を軽く炙り、バルサミコソースで味付けしたものです。ニンニクの風味とお肉の繊細な口あたりが楽しめます。

飛騨牛だけじゃない!お手軽ランチコース

飛騨牛だけじゃない!お手軽ランチコース1192564

飛騨牛は食べ飽きた、あるいは牛肉はちょっと苦手・・・という方も大丈夫。お昼にはスープ、メイン、パンかライス、ドリンクが付いたお得なセットもあります。写真はメインのお魚料理。まるでアートのような美しさです。

飛騨牛だけじゃない!お手軽ランチコース1192565

こちらはボリューム満点「飛騨豚のソテー」。3センチはあろうかという分厚い豚肉のソテーに、ジャガイモのキッシュや焼き玉ネギなど迫力のお野菜がたっぷり添えられています。その他にも、お手軽ランチコースにデザートつけたセットや、がっつり系ビストロコースなど充実したランチメニューが楽しめますよ。

Restaurant LE MiDiの詳細情報

Restaurant LE MiDi

高山 / フレンチ

住所
岐阜県高山市本町2-85
営業時間
11:30~15:30(LO14:30) 18:00〜21:30(LO20:30)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥6,000~¥7,999
  • ¥5,000~¥5,999

データ提供

ここまでご紹介してきたお店は通称「黒のMiDi」と言われる「LE MiDi」本店です。続いてご紹介するのは・・・

道路を隔てて姉妹店が3つ!

道路を隔てて姉妹店が3つ!1192632

本店から道路を隔てた向かい側には、なんと3つの姉妹店が並んでいるんです。イタリアンやスイーツ店、そしてラーメン店まで。本店に勝るとも劣らない名店揃いなんです。

赤のMiDi「restaurant LE MiDiーiー」

赤のMiDi「restaurant LE MiDiーiー」1192655

本店の目の前に建つ「「restaurant LE MiDiーiー(リストランテ ル ミディ アイ)」は、パスタ、ピッツァ、飛騨牛の専門店です。本店のフレンチに対して、こちらはイタリアンです。

「リストランテ ル ミディアイ」その他 1192678 飛騨牛ラグーのパスタ

出典:雪さんさんの投稿

「飛騨牛たっぷりラグーパスタ」は、こちらのお店ならではの贅沢なパスタ!赤ワインでじっくりと煮込んだ飛騨牛の旨みがたっぷりつまったソースを絶妙な湯で加減のパスタに絡めていただきます。工夫を凝らした創作イタリアンがカジュアルな雰囲気でいただけるお店なんです。

リストランテ ル ミディアイの詳細情報

リストランテ ル ミディアイ

高山 / イタリアン、ステーキ、パスタ

住所
岐阜県高山市本町2-2
営業時間
[月~水・金] 11:30~15:00(L.O.14:30) 18:00~21:30(L.O.21:00) [土・日] 11:30~15:30(L.O.15:00) 17:00~21:30(L.O.21:00)
定休日
木曜
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

飛騨高山中華そば専門店「M」

「エム」外観 1192690

出典:NOZさんの投稿

イタリアンのお店「LE MiDiーiー」から数軒先にある「M(エム)」は、フランス料理の名シェフが作る中華そば専門店です。ラーメンのスープには本店で作ったブイヨンが使われているんですよ。

「エム」料理 1192735

出典:Takashi Katoさんの投稿

人気メニューはA5飛騨牛が贅沢にトッピングされた「A5飛騨牛とび肉塩そば」です。お肉がお口の中でとろけます。澄んだスープは超端麗で、岩塩の甘みをほのかに感じます。また、天然いのししを使った季節限定の「ジビエラーメン」も人気なんですよ。

エムの詳細情報

エム

高山 / つけ麺、ラーメン

住所
岐阜県高山市本町2-10
営業時間
11:00~17:00
定休日
木曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

宿儺(すくな)カボチャの三ツ星プリン専門店「LE MiDi」

宿儺(すくな)カボチャの三ツ星プリン専門店「LE MiDi」1192656

イタリアンのお店「LE MiDiーiー」のすぐ隣にある宿儺カボチャの三ツ星プリン専門店。こちらのプリンはテレビや雑誌など沢山のメディアで紹介され、今や飛騨高山の新名物です。

「ルミディ プリン専門店」料理 1192742 宿儺カボチャの三ツ星プリン

出典:chinekoさんの投稿

宿儺カボチャとは飛騨の伝統野菜のひとつ。そこに飛騨産の卵、飛騨の牛乳を使って作ったプリンは、自然な甘みと濃厚でなめらかな口どけが自慢です。黒蜜をたっぷりかけていただくと、まさにほっぺが落ちそうな美味しさです。

ルミディ プリン専門店の詳細情報

ルミディ プリン専門店

高山 / スイーツ(その他)

住所
岐阜県高山市本町2-3
営業時間
10:00~17:00 ※無くなり次第終了
定休日
木曜
平均予算
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?

いかがでしたか?1192752

飛騨高山というと和風のイメージが強いかも知れませんが、高山でいただくフレンチもなかなかオツなものです。高山観光の際には、目にも美しい絶品フレンチを観光ルートに入れてみてはいかがでしょうか。

岐阜県のツアー(交通+宿)を探す

このレストランの紹介記事

関連記事

SNSで人気

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ