江戸時代から続く老舗旅館。歴史好き必見の山口「松田屋ホテル」

江戸時代から続く老舗旅館。歴史好き必見の山口「松田屋ホテル」

江戸時代に創業してから、深い歴史を刻み続けてきた「松田屋ホテル」。代々続いてきた心のこもったおもてなしに定評のある山口県の老舗旅館です。数々の歴史にも深く関わりがあり、歴史好きにも欠かせない宿でもあります。静かにゆっくりとした時間を堪能できる「松田屋ホテル」をご紹介しましょう。

2017年12月04日

300年以上の歴史を持つ「松田家ホテル」

300年以上の歴史を持つ「松田家ホテル」1431911

出典:

老舗旅館は全国各地にありますが、営業年数が100年以上となるとグッと数が少なくなります。今回は江戸時代創業で300年以上の歴史を持つ山口県の「松田屋ホテル」をご紹介していきますので、山口県観光の宿泊先の参考にしてみてください。幕末の歴史に関連する興味深いスポットもありますので、歴史好きにもおすすめですよ。

明治維新の志士ゆかりの旅館

明治維新の志士ゆかりの旅館1441572

出典:

1675年創業、300年以上の歴史がある「松田家ホテル」は山口県の湯田温泉にある旅館で、山陽自動車道・小郡ICから車で約15分の所にあります。

明治維新の志士ゆかりの旅館1446250

出典:

山口県は幕末から明治にかけて活躍した志士たちを多く輩出した地域でもあり、旅館自体も古い歴史を持っています。

モダンなロビーでチェックイン

モダンなロビーでチェックイン1431912

出典:

玄関をくぐり中に入るとロビースペースが広がり、こちらでチェックインの手続きをします。歴史ある旅館ですが古さを感じさせないモダンなつくり。和と洋がほどよく調和し、気品が漂っています。

本館と新館にある客室

本館は木造2階建ての数寄屋風造りで、お部屋からの眺望が魅力的。新館は木をふんだんに使った和の風情あふれる和室で広さが3タイプあり、さまざまな人数に対応しています。グレードの高いお部屋は本館にありますよ。

新館の和室12.5畳

新館の和室12.5畳1431922

出典:

最大6人まで宿泊できるお部屋で、窓からは湯田温泉街を一望♪段差が少ないバリアフリー対応のお部屋なので、お身体が不自由な方でも安心して利用できます。

本館の和室8畳+次の間付き

本館の和室8畳+次の間付き1431923

出典:

最大4人まで宿泊できるお部屋で、本館の客室の中で最上級。窓からの景観が素晴らしく、眺めが良いと評判です。内風呂が付いており、源泉かけ流しなので、人目を気にせずゆっくりと湯浴みを楽しめます。

本館の和室8畳+次の間付き+露天風呂

本館の和室8畳+次の間付き+露天風呂1431925

出典:

平成25年5月にリニューアルされた、比較的新しい客室。パンフレットや雑誌の撮影で利用されることが多い客室で、宿泊してみるとその理由が分かります。こちらの露天風呂も源泉かけ流しなので、ゆっくりと湯浴みを楽しみましょう。

かけ流しの天然温泉

岩の湯

岩の湯1431928

出典:

見渡す限り、岩、岩、岩!浴槽、洗い場など全てのものが岩で造られている大浴場・岩の湯。重みのある空間ですが、物思いにふけるにはいい雰囲気ですね。

花柏の湯

花柏の湯1431931

出典:

窓が大きく開放感のある大浴場・花柏(さわらぎ)の湯。岩の湯が岩で造られているのに対し、こちらは桧材を使用したお風呂となります。お風呂全体に桧の香りが漂い、湯浴みをしながら森林浴気分に♪岩の湯、花柏の湯は、時間帯で男女入れ替えとなります。

露天風呂・白狐の湯

露天風呂・白狐の湯1441612

出典:

花柏の湯に併設する露天風呂・白狐の湯。白狐の親子が出迎えてくれます。

家族風呂・維新の湯

家族風呂・維新の湯1431936

出典:

1860年に造られた維新の湯。時代を大きく動かした明治維新で活躍した高杉晋作や木戸孝允、西郷隆盛らが密議をするときに使用したと言われています。幕末の歴史好きなら入っておきたいお風呂です。

日本料理指南役の料理長が手掛ける会席料理

日本料理指南役の料理長が手掛ける会席料理1431941

出典:

地元の食材や旬の素材をふんだんに盛り込み、色彩豊かな料理の数々。食べるのがもったいないと思ってしまうほど綺麗ですね。山口県は山海の幸に恵まれた土地なので、提供される料理は山海の幸をメインにした会席料理となります。コース料理以外の別注料理も興味を引くものばかりですので、余裕がある時に注文してみてはいかがでしょうか?

松田屋ホテルの見どころ♪

四季が楽しめる廻遊式日本庭園

四季が楽しめる廻遊式日本庭園1431908

出典:

季節の移り変わりによって、さまざまに表情を変える廻遊式日本庭園。お部屋から眺めてもよし、散策しながら眺めるもよしな庭園で、これだけ見事な庭園はなかなかお目にかかれませんよ。さまざまな角度から写真を撮りたくなりますね。

明治維新に関わる文化財も!

明治維新の石碑

明治維新の石碑1431894

出典:

明治維新にゆかりの地であることを証明する石碑。これを見ると、当時の様子を思い浮かべてしまいますね。

明治維新資料室

明治維新資料室1431947

出典:

明治維新に関わる史料が展示されている資料室。貴重な品々が展示されていますので、それらを見ながら当時に思いを馳せてみてください。幕末好きにはたまらないスポットです。

明治維新資料室1431950

出典:

高杉晋作が松田屋ホテル(当時は松田屋旅館)に生えていた楓の木に文字を刻み込んだ「憂国の楓」。「盡国家秋在焉」(国家に尽くすのときなり)と書かれているこの木は、大正時代に偶然発見されたもので、歴史的な遺物です。

西郷・木戸・大久保会見所

西郷・木戸・大久保会見所1431951

出典:

庭園内にある西郷・木戸・大久保会見所。ここは、薩長同盟と討幕の計画を練っていた場所です。松田屋ホテルには、歴史に思いを馳せるスポットが多くあり、いろいろと考えさせられますね。

公式詳細情報 湯田温泉 松田屋ホテル

湯田温泉 松田屋ホテル

湯田温泉 / 高級旅館

住所
山口県山口市湯田温泉3-6-7地図を見る
アクセス
JR山口線 湯田温泉駅から徒歩約10分/中国自動車道 小郡ICより湯田市街へ15分
宿泊料金
13,800円〜(2名1室 / 1名)
宿泊時間
16:00(IN)〜 10:00(OUT)など

13,800円〜 / 人

他で見る

データ提供

まとめ

まとめ1431897

出典:

山口県にある松田家ホテルをご紹介しましたが、いかがでしたか?旅館としての質やサービスはもちろんのこと、幕末の歴史に関するスポットも多く、魅力や見どころ満載の旅館ですので、山口県を観光の際はぜひ宿泊してみてください。

山口県のツアー(交通+宿)を探す

このホテルの紹介記事

関連記事

山口市を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード