2023年01月24日

今度の函館旅行は「カフェ巡り」を目的に♩わざわざ行きたい特別なカフェ7選【北海道】

今度の函館旅行は「カフェ巡り」を目的に♩わざわざ行きたい特別なカフェ7選【北海道】

元町での教会めぐり、函館山での夜景観賞、市電での街中散策、ソウルフードの食べ歩き…♩このように、洗練された街「函館」の楽しみ方は無限大です。そんな函館には素敵なカフェもたくさんあり、旅の合間のお茶だけで利用するにはもったいないくらい。それなら今度の函館観光は、思いきって「カフェ巡り」を目的に楽しんでみませんか?この記事では旅の目的にふさわしい、特別感たっぷりのカフェをたっぷりご紹介します。

教会めぐりやお散歩、スイーツなど、「函館」の楽しみ方は無限大♩

函館 赤レンガ倉庫

海辺に並ぶ「金森赤レンガ倉庫」や世界三大夜景が見られる「函館山」など、函館には何度でも来たいと思える魅力がたくさんあります♪港町として栄えた歴史もあり、街並みは異国情緒漂う雰囲気♡夏は涼しく冬には雪景色を楽しめる、リピーターが多い観光地です。

今度の函館観光は「カフェ巡り」を目的にしてみましょ

コーヒーブレイク

世界から最新の文化を取り入れてきた函館には、おしゃれなカフェがたくさんあります♡港町として栄えていた時代の建物を使用したカフェや、どこか懐かしさを感じる雰囲気の喫茶店。函館でのカフェ巡りは、タイムスリップしたような気分になれます♪次の函館旅行はカフェ巡りをメインに、街を散策してみるのはいかがでしょうか。

1.イギリスのアンティーク家具に囲まれ、優雅にアフタヌーンティー

ヴィクトリアンローズ

「ヴィクトリアンローズ」 ドリンク 96867592

出典:yume04さんの投稿

旧イギリス領事館の中にある「ヴィクトリアンローズ」では、お手頃な価格で本場イギリスの本格的なアフタヌーンティーがいただけます♪ティーカップや食器も英国風のエレガントなデザインで、まるで本当にイギリスでアフターヌーンティーをしているかのような気分に♡

「ヴィクトリアンローズ」 内観 190652655 店内

出典:ガレットブルトンヌさんの投稿

店内はアンティークな家具や調度でしつらえられていて、優雅にアフタヌーンティーをするのにぴったり♡ゆっくり会話を楽しむのにぴったりな雰囲気です。客席からは旧イギリス領事館の中庭も眺められ、まるで英国貴族になった気持ちになれますよ♪紅茶のいい匂いに包まれながら、贅沢な時間を過ごしましょう。

ヴィクトリアンローズの詳細情報

ヴィクトリアンローズ

末広町(函館)、大町、十字街 / カフェ、紅茶専門店、洋菓子(その他)

住所
北海道函館市元町33-14 旧イギリス領事館内
営業時間
[4月~10月] 9:00~19:00(L.O18:30)  アフタヌーンティー注文時間10:00~17:00 [11月~3月] 9:00~17:00(L.O16:30) アフタヌーンティー注文時間11:00~16:00
定休日
12月31日、1月1日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

2.和洋折衷建築と大正ロマンただよう店内を満喫

旧茶屋亭

「茶房旧茶屋亭」 外観 14964122

出典:のぼさんの投稿

「旧茶屋亭」は明治末期に建てられた住宅兼店舗で、大正時代には領事館を訪れる外国人の憩いの場でした。外観は和洋折衷の色使い鮮やかな造りで、中に入ると大正ロマンを感じるレトロな空間♪家具や食器は一つひとつ異なるデザインで、店員さんにお声がけすればお好みのカップにドリンクを入れてもらえますよ♡

「茶房旧茶屋亭」 料理 97186008

出典:yume04さんの投稿

「旧茶屋亭」では【お客様に商品の魅力や美味しい召し上がり方を知っていただきたい】という思いから、注文を取る前に店員さんが丁寧にメニューの説明をしてくれます♡またお食事は作り置きせず、注文が入ってから調理して「至福の時」を提供できるよう心がけているんだとか。きめ細かいサービスに、来てくれるお客さんへの愛情を感じられます♪

茶房旧茶屋亭の詳細情報

茶房旧茶屋亭

十字街、末広町(函館)、魚市場通 / 喫茶店、甘味処

住所
北海道函館市末広町14-28
営業時間
【10月~6月】 11:30~17:0 【7月~9月】 11:00~17:00
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

3.函館を代表するスイーツに悶絶必須♡

函館洋菓子スナッフルス 金森洋物館店

「函館洋菓子スナッフルス 金森洋物館店」 料理 151175943

出典:カフェモカ男さんの投稿

「函館洋菓子スナッフルス 金森洋物館店」では、函館で大人気のお土産「チーズオムレット」をいただけるお店です!ふわっとした半熟オムレツのような食感で、食べたら虜になること間違いなし♡店内で食べる場合はミニコーヒー付きで200円のお得なセットもあります。

「函館洋菓子スナッフルス 金森洋物館店」 内観 139641305

出典:レビューメーカーさんの投稿

店舗は「金森赤レンガ倉庫」の中にあります。函館では外せない観光地なので、ちょっとした休憩に立ち寄るのもおすすめです◎店内の壁には、赤レンガが敷き詰められています。赤レンガをバックに写真を取れば、インスタ映えする写真も撮れるでしょう♡

函館洋菓子スナッフルス 金森洋物館店の詳細情報

函館洋菓子スナッフルス 金森洋物館店

十字街、末広町(函館)、魚市場通 / ケーキ、カフェ

住所
北海道函館市末広町13-9
営業時間
9:30~19:00 (季節によって変動あり) ※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、 ご来店前に店舗にご確認ください。
定休日
金森洋物館に準ずる
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

4.日本茶カフェで夕陽が沈む様子にうっとり

ティーショップ夕日

「ティーショップ夕日」 内観 149641876

出典:サロン札幌グルメさんの投稿

「ティーショップ夕日」は、明治18年に検疫所の事務所として使用されていた建物を再利用した日本茶カフェ。年季の入った壁や柱と、アンティーク調のインテリアから当時の雰囲気を感じられます♪またお店を訪れる際は夕方、窓際の席がおすすめ。店内からは見られる美しい夕日に、思わずうっとりしてしまうはず♡

「ティーショップ夕日」 料理 151215282

出典:気まぐれミミィさんの投稿

オーナーは日本茶好きのご夫婦。奥様は茶道をたしなんでおり、本格的なお茶と和菓子がいただけます♡人気のメニューはお抹茶と和菓子のセット。他にも、全国各地から厳選したおいしいお茶が用意されています。営業時間は「日没まで」となっているので、その日の日没に合わせて訪れてみてくださいね♪

ティーショップ夕日の詳細情報

ティーショップ夕日

函館どつく前 / 日本茶専門店

住所
北海道函館市船見町25-18
営業時間
10:00~日没まで
定休日
木.金曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

5.地元の人に愛される、自家焙煎珈琲とオリジナル料理

夏井珈琲Brucke

「夏井珈琲ブリュッケ」 内観 122055337

出典:satoru1496さんの投稿

「夏井珈琲Brucke (ナツイコーヒーブリュッケ)」は五稜郭近くにある、地元の人がこぞって通う喫茶店です!レシピは全てオリジナルで、食器や家具にこだわった独特の空間。店内には世界各地のアートやアンティーク調のインテリアが置いてあり、まるで絵本の世界です♡

「夏井珈琲ブリュッケ」 料理 139000661 サラダに一枚乗ってるサラミがジューシー

出典:鳩サブ子さんの投稿

パイ焼きやソースなど、全て自家製で作られたお料理は絶品です。ランチタイムはキッシュやマフィン、パスタなどがサラダと一緒に盛り付けられたランチプレートが人気♡ランチセットの他にも「函館イカナポリタン」という一風変わった名前のナポリタンも、地元の人に長年愛されているメニューです◎

「夏井珈琲ブリュッケ」 ドリンク 16417561 一杯の珈琲が作り出す、あたたかな時間

出典:よい子さんの投稿

コーヒーは採れたての旬のお豆を自家焙煎した、こだわりのお豆を使用しています◎「4種のブレンド珈琲」と「プレミアム珈琲」はお店自慢の商品です。コーヒー豆の販売も行っているので、お土産に買って帰るのもおすすめですよ♪

夏井珈琲ブリュッケの詳細情報

夏井珈琲ブリュッケ

五稜郭公園前、杉並町、中央病院前 / コーヒー専門店、喫茶店、パフェ

住所
北海道函館市五稜郭町22-5
営業時間
[平日]10:30~22:00 [土日祝]11:00~21:30
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

6.“とびきりおいしいプリン”に一目惚れ

YAMAYOSHI COFFEE

「ヤマヨシ コーヒー」 外観 139511389

出典:サロン札幌グルメさんの投稿

「YAMAYOSHI COFFEE (ヤマヨシ コーヒー)」は、元町エリアにあるレトロな雰囲気のカフェです。地元のコーヒー好きな常連さんがこぞって通う名店。カウンター席に腰掛ければ、目の前でコーヒーを入れてくれます◎店主と会話を楽しみながら過ごすのも楽しそうです♪

「ヤマヨシ コーヒー」 料理 139511396

出典:サロン札幌グルメさんの投稿

昔懐かしいプリンは苦めで、濃い味のキャラメルがさらに味を引き立てます。「神戸 荻原珈琲」から直送している、こだわりのコーヒーと一緒に味わってみてくださいね♡

ヤマヨシ コーヒーの詳細情報

ヤマヨシ コーヒー

末広町(函館)、十字街、宝来町 / カフェ

住所
北海道函館市元町31-24
営業時間
10:00~19:00
定休日
月曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

7.明治生まれの土蔵でまったりと

ひし伊

「ひし伊」 外観 21075064

出典:のぼさんの投稿

「ひし伊」は、大正10年に建築された土蔵を再利用したカフェ。店内は函館のカフェらしいアンティークな内装です♪1階はカウンター席がありバーのような空間。ロフト席はがらっと雰囲気が変わって、畳のお席で靴を脱いでゆっくりくつろげます♡

「ひし伊」 料理 14479140

出典:麺喰いおやじさんの投稿

「ひし伊」の人気商品は種類豊富なパフェ♡いちごやチョコレートのパフェに加えて、白玉あずきのパフェなどもあります。他にも和の雰囲気に合う、お抹茶と和菓子のセットも人気なんだとか♪おしゃれなバー風の1階で過ごすのか、ロフトの畳席で過ごすのか、お席に合わせて選んでみるのも良さそうです◎

ひし伊の詳細情報

ひし伊

宝来町、十字街、青柳町 / 喫茶店、甘味処、スイーツ(その他)

住所
北海道函館市宝来町9-4
営業時間
11:00~18:00(LO17:30)
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

函館の情報をさらに知りたい方はこちら♪

函館のカフェで優雅なひとときを…♡

라이프스타일,커플,남녀

異国情緒感じられる、和洋折衷の建物が立ち並ぶ函館。当時の雰囲気を活かしたレトロなカフェにいると、まるでタイムスリップしたかのような気分を味わえます♡函館を旅行するなら、優雅にアフタヌーンティーをしてみたり、ノスタルジックなカフェでゆっくり過ごしたりしてみるのはいかがでしょうか。

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ