わざわざ行く価値あり!高知県のおすすめ観光スポット15選

わざわざ行く価値あり!高知県のおすすめ観光スポット15選

高知県といえば、坂本龍馬・四万十川・足摺(あしずり)岬・室戸岬の灯台などが有名です。しかし、高知県には他にも魅力あふれる観光スポットがたくさんあるんです。自然豊かな景色を眺めながら、癒しの旅に行ってみませんか?高知県を3つのエリアにわけて、それぞれの人気スポットをご紹介いたします♪(2016年09月17日 最終更新)

高知県
エリア
高知
四万十
土佐清水
香美
室戸
キーワード
観光スポット

高知・桂浜エリア

1. 高知城(高知市)

出典:

日本百名城の1つ。

「高知城」は、徳川家康から土佐24万石を与えられた山内一豊が創建したお城です。その歴史は400年余り。昭和25年には重要文化財に指定されています。現在、天守が残っているお城は、高知城含めて全国にわずか12城しかありません。歴史的にも文化的にも大変貴重な城郭なのです。

出典:

城内には、かつての内装や設備が、今も残っています。

出典:

天守閣からは、高知市の町並みが360度一望できます。

2. ひろめ市場(高知市)

出典:

屋台村と市場がいっしょになった、土佐名物が楽しめるスポットです。

「ひろめ市場」の「ひろめ」は、土佐藩の名家老「深尾 弘人蕃顕(ふかお ひろめしげあき)」の屋敷があった場所から来ています。明治になって屋敷がなくなった後も、屋敷跡地周辺は「弘人(ひろめ)屋敷」と呼ばれていたのです。この「弘人屋敷」に商店街活性化のために平成10年に作られたのが「ひろめ市場」です。

出典:

和洋中の飲食店約40店、お土産物屋などの物販店約20店が入った、大きな屋台村をイメージした施設です。いろんなお店から料理や飲み物を買って、お好きなお席で土佐の味が楽しめます。

3. 日曜市(高知市)

出典:

元禄3年(1690年)から300年以上続く、歴史ある「日曜市」。年末年始とよさこい祭り期間を除く、毎週日曜日に開かれています。営業は、4月~9月は午前5時~午後6時まで、10月~3月は午前5時30分~午後5時まで。高知城の追手門近くで全長約1.3キロの距離に約420店が並んで、野菜・果物・生活必需品・飲食物・お土産などを販売しています。観光客もたくさん訪れる人気スポットです。

出典:

全長1.3キロに、420店ほどのお店が並んでいます。地元の人や観光客で賑わいます。

4. 桂浜(高知市)

出典:

「桂浜」は、よさこい節にも唄われている月の名所です。

太平洋に面した古くからの景勝地である「桂浜」。ここから眺める月が美しいことから、月の名所としても知られていて、夜はとてもロマンチックな浜辺です。こちらには遊歩道が整備され、「竜頭岬」には太平洋を臨んだ坂本龍馬像があることでも知られています。龍馬像は、高知県の有志による募金活動で昭和3年に建てられました。

出典:

「竜頭岬」の「坂本龍馬像」は、太平洋を見つめています。

5. 坂本龍馬記念館(高知市)

出典:

「坂本龍馬記念館」は桂浜公園にあります。

「坂本龍馬記念館」では、幕末の志士・坂本龍馬に関係した貴重な歴史資料を見ることができます。歴史に詳しくない人にも親しんで見てもらえるよう、わかりやすい形で展示をしています。龍馬の性格・功績・彼が何を考えていたのかなどを知ることができます。

出典:

坂本龍馬が暗殺された部屋を、当時の資料から再現しています。「坂本龍馬記念館」は、平成3年、龍馬の誕生日である11月15日に開館しました。2017年4月から、リニューアルと新館建設のために1年間休館しますので、3月末までの来館をおすすめします。

四万十川・足摺岬エリア

6. 四万十川(四万十市)

出典:ネイルさんの投稿

「四万十川」は、日本最後の清流と呼ばれています。

四国で最長の大河である「四万十川」。不入山を源として、四国西南地域を大きく蛇行して流れ、四万十市下田で太平洋と繋がります。「名水百選」にも選ばれており、文部科学省の「重要文化的景観」にも選ばれています。「四万十川」には約200種類の水生生物が生息していて、今も鮎漁や青ノリ漁などが行われています。

出典:

観光には船での川下りをおすすめします。雄大な景観が楽しめますよ。

7. 佐田の沈下橋(四万十市)

出典:

欄干(いわゆる手すり)がないので、スリル満点!

「佐田の沈下橋」は、四万十川に48本にかかっている「沈下橋」の最下流あたります。「沈下橋」とは洪水対策用で、増水時には川の水の下に沈む橋です。欄干がないデザインのこちらの橋は、テレビドラマ「遅咲きのヒマワリ」のロケ地でもあります。珍しいデザインで以前から観光名所でしたが、ドラマがきっかけで訪れる方が増えています。車は通行禁止で歩いて渡りますが、かなりスリリングです。

出典:

まるで川の上を空中ウォーキングしているような気分が楽しめます。

8. 海洋堂ホビー館四万十(高岡郡四万十町)

出典:

海洋堂の創業時からの作品が展示された、世界でも珍しい博物館です。

平成21年度に廃校となった、打井川小学校の体育館を改築してオープンしたのが「海洋堂ホビー館四万十」です。「海洋堂」が手がけてきたガレージキットや、フィギュア・食玩・巨大恐竜・美少女アニメキャラ・仏像などを展示する世界に類のない博物館です。

出典:

恐竜の時代を表現したジオラマには、巨大な恐竜もいます。

出典:

巨大な恐竜から、ガチャポンや食玩用の小さなトイフィギュアまで展示されています。

9. 足摺岬(土佐清水市)

出典:

足摺岬の突端の灯台は、映画やドラマのロケ地としても有名です。

太平洋に突き出た足摺半島の先端にあるのが「足摺岬(あしずりみさき)」で、四国最南端の岬です。岬の突端にある灯台は「日本の灯台50選」の1つに選ばれています。灯台のすぐ向こうには、荒波が打ち寄せる60メートルの断崖絶壁が。展望台に上がれば270°以上の視界が広がっています。雄大に広がる水平線に、地球の丸さが自分の目ではっきりと実感できます。

出典:

足摺岬から見る太平洋に沈む夕陽はまさに絶景です。

10. 白山洞門(土佐清水市)

出典:

太平洋の荒波による浸食が作りだした洞穴が、「白山洞門」です。

「白山洞門」は、足摺岬から歩いて12分ほどの場所にあります。高知県の天然記念物に指定されています。日本有数の大きさの花崗岩の海蝕洞門、つまり、太平洋の荒波によって浸食されて空いたトンネルのような穴というわけです。穴の高さは約16m、幅は約17m、奥行きは約15mです。

出典:

まるで、人の手で作られたトンネルのようですが、すべて自然の力によるものです。遊歩道があるので、間近でその迫力を体験できます。

南国・香美・室戸岬エリア

11. 龍河洞(香美市)

出典:

全長4キロの鍾乳洞のうち、1キロを公開しています。

「龍河洞」は、日本を代表する鍾乳洞の1つです。観光用に公開されているのは1キロほどで、時間にして約30分ほど。お子様連れでのアドベンチャー体験としては、ちょうどいい時間です。

出典:

出口の近くには、弥生時代の人たちがここで生活していたという跡があります。彼らが使っていた弥生式土器も残されていて、このことは、世界的にも珍しいと評価されています。

12. アンパンマンミュージアム(香美市)

出典:

「アンパンマンミュージアム」の屋上にはアンパンマンが立っていて、みんなをいつも見守ってくれています。

言わずと知れたアンパンマンの生みの親である漫画家・やなせたかし先生は、父母の郷里である高知県で育ちました。そこでこの地に建てられたのが「香美市立やなせたかし記念館」。「アンパンマンミュージアム」はその敷地内にある美術館です。館内ではやなせたかし先生の直筆原画のアンパンマンたちを鑑賞できるだけではなく、アンパンマンの過去のアニメ作品を鑑賞することもできます。アンパンマンたちの町のジオラマや、ジャムおじさんのパン工場、バイキン城も再現されています。

出典:

展示されているのは、全てやなせたかし先生の直筆原画です。

出典:

ジャムおじさんのパン屋さんには、アンパンマンの顔も。

13. 室戸岬(室戸市)

出典:

室戸岬の灯台です。

「室戸岬」は、四国の東南端に位置する岬です。壮大な岩と荒々しい海に囲まれた場所にあり、古くからこの海域は海の難所として恐れられてきました。近くには、弘法大師が修行していたという洞窟もあります。1964年6月に国から「室戸阿南海岸国定公園」と指定され、さらには2011年9月には「世界ジオパーク」にも認定されています。夕陽と朝陽が美しいのもあって、元日の初日の出スポットとしても人気です。

出典:

室戸岬からの夕陽と朝陽は、大変美しいです。

14. モネの庭(安芸郡北川村)

出典:

まさにモネの描いた絵画が、高知県で再現されました。驚きです。

フランスの印象派の画家のクロード・モネを初めとして、当時のフランスやイギリスの画家たちは、日本に憧れを抱いていました。モネは、日本の景色を描きたいと自宅に日本庭園を築いて、その庭の池を描いたのが睡蓮(すいれん)の花の絵なのです。その「憧れの日本」の景色が、偶然、日本の高知県で発見されたのです。まさに奇跡の景色が「モネの庭」です。毎年6月下旬~10月下旬ぐらいまでの間、モネが描いた青い睡蓮の絵を、現実の景観で鑑賞できます。

出典:

モネの絵のイメージが、池の前に設置されていて、池と絵との比較が常にできます。

15. 野良時計(安芸市)

出典:

安芸市のシンボルである「野良時計」。何のためにこのような大きな時計台がこの地に作られたか?それは、周辺の田畑で農作業する人たちに作業時間の流れを知ってもらうためでした。明治20年前後に、こちらの地主の畠中源馬がアメリカ製の八角時計を分解して構造を研究。すべての部品を自分で作って設置したのです。野良仕事の時間の基準になった時計なので「野良時計」と呼ばれています。

出典:

「野良時計」は、安芸市の観光名所「武家屋敷」のすぐ近くにあります。

いかがでしたか?

高知県の人気観光スポットをご紹介いたしました。高知にはまだまだ魅力的なスポットがたくさんあります。高知県へ旅行に行く際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。
都道府県:
高知県
エリア:
高知 (19)
四万十 (6)
キーワード:
観光スポット (732)

j1102

j1102

添乗員やガイド経験が豊富です。日本全国のお出かけ情報な...

icotto公式LINE@をはじめました!

1日1回icotto編集部が厳選した記事をお届けします。

QRコードでLINEの
友だちを追加
LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャン
or

IDで検索する[その他]タブの[友だち追加]で[ID/電話番号]を選択。[ID]にチェックし、[@icotto]と入力。