青森ベイエリアで街歩き♪グルメやショッピングを満喫しよう!

青森ベイエリアで街歩き♪グルメやショッピングを満喫しよう!

本州の最北にある青森市は、近代化と伝統が共存する町です。ベイエリアで散歩とショッピングを楽しみながら、青森の伝統文化やおいしいものに舌鼓を打つ旅は、いかがですか?モダンながらも、ちょっぴり懐かしい風情の残る北国へ、ぶらっと向かってみましょう!

2017年01月18日

見どころ満載の青森のベイエリア!

見どころ満載の青森のベイエリア!969723

出典:ポンスケさんの投稿

青森駅は、ちょっと珍しい港に面した駅です。かつては、青森と函館を結ぶ青函連絡船の乗継にも使われており、『津軽海峡冬景色』の歌詞にあるように、北海道へ向かう人は、この駅から連絡船に乗ったのです。ですから、港の中に駅がある、というわけですね。現在、青森駅周辺のエリアは、見どころがたくさんあり、東北観光でも人気のスポットとなっています。おいしいものを味わいながら、海辺の景色をのんびりと楽しみませんか?

青森ベイブリッジ&青森ラ ブリッジ

青森ベイブリッジ&青森ラ ブリッジ969726

出典:ろけっとんさんの投稿

青森市のランドマーク「青森ベイブリッジ」は、平成6年に開通した全長1994メートルの大橋で、青森市と津軽半島とを結びます。ライトアップされる夜の景色は、反射して輝く港の水面も加わって、とても幻想的な風景を作り出します。

青森ベイブリッジ&青森ラ ブリッジ969728

出典:

この「青森ベイブリッジ」にほぼ平行に作られている歩行者専用の橋が、「青森ラ ブリッジ」です。ここには、展望台もあるので、お天気が良ければ北海道を見ることができますよ。

青森ベイブリッジ&青森ラ ブリッジ969729

出典:

さわやかな潮風を感じながらお散歩はいかがですか?デートスポットとしても人気があります。

青森ベイブリッジ&青森ラ ブリッジ969730

出典:

「青森ラ ブリッジ」手前にあるモニュメントは、太宰治の小説がモデル。小説の中では、「運命の人と結ばれる赤い糸」のお話が出てきます。

青森ベイブリッジの詳細情報

青森ベイブリッジ

住所
青森県青森市柳川1〜安方1

データ提供

A-FACTORY(エー・ファクトリー)

A-FACTORY(エー・ファクトリー)969732

出典:

三角の屋根が連なるこちらの建物は、「A-FACTORY(エーファクトリー)」。青森駅の東口を出てすぐ左側にあります。青森に到着して、まず何か食べたいなと思ったらここに立ち寄るのがおすすめ。青森のおいしいものがいっぱいあります。

「エーファクトリー」内観 969733

出典:あやばーさんの投稿

1Fには、「Food Marche(フードマルシェ)」があり、青森県の特産品がたくさん並んでいます。新鮮な野菜や果物の直売はもちろんのこと、実は館内のシードル工房でつくられたオリジナルシードル「あおもりシードル」の販売もあります。旅のお土産を選ぶのもいいですね。

あおもりシードル

「エーファクトリー」内観 969737 シードルのタンク上から撮影

出典:うめ&ももさんの投稿

あおもりシードルは、りんごでできた発泡性の果実酒です。繊細な泡とすっきりしたのど越しが特徴で、お酒が苦手という人にも比較的飲みやすいといわれます。工房内には、8つの発酵タンクがあってシードルの醸造工程を見学することができますよ。

「エーファクトリー」内観 969736 シードル

出典:YRさんの投稿

一口にシードルといっても、いろいろな種類があるんですね。どれにしようか迷ったら、試飲(有料)もできます。少しずつ飲み比べてみたいですね。

gelato natura due(ジェラート ナチュレ ドゥーエ)

「ジェラート ナチュレ ドゥーエ」料理 969739 ジェラート

出典:よっしー♫さんの投稿

「ジェラート ナチュレ ドゥーエ」は、地元の新鮮な果物などをふんだんに使ったジェラートのお店です。

「ジェラート ナチュレ ドゥーエ」料理 1005868 アオモリシードルと桃のシャーベット

出典:ちーちゃん☆ミさんの投稿

香料や着色料なども使用していないこだわりのお店。りんごの収穫時期には、青森県産の数種類のりんごフレーバーが並びます♪青森ならではのスイーツを味わってみてください。

ジェラート ナチュレ ドゥーエの詳細情報

ジェラート ナチュレ ドゥーエ

青森 / アイスクリーム、洋菓子(その他)

住所
青森県青森市柳川1-4-2 A-FACTORY
営業時間
9:00~20:00
定休日
不定休(A-FACTORYに準ずる)
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

Galetteria Da Sasino(ガレッテリア ダ・サスィーノ)

「ガレッテリア ダ・サスィーノ  」内観 969745 店内

出典:まなちんさんの投稿

A-FACTORY内でお食事をするなら、こちらの「ガレッテリア ダ・サスィーノ」へ。シードルはもちろんですが、カフェやフードメニューも充実しています。開放的な空間で、ゆっくりと青森の味を堪能することができますよ。もちろん、海を眺めながらお食事ができます。

「ガレッテリア ダ・サスィーノ  」料理 969747 あを盛り ガレット 1,500円

出典:daliaroseさんの投稿

「ガレッテリア ダ・サスィーノ」はガレットの専門店。地元の食材をふんだんに使ったガレットは、どれも香ばしくておいしいですよ。こちらは、一皿で青森の味が楽しめる「あを盛り」。

「ガレッテリア ダ・サスィーノ  」料理 969748 林檎のガレット

出典:まなちんさんの投稿

ちょっと甘いもので一休みするなら、こちら「林檎のガレット」がおすすめ♪

ガレッテリア ダ・サスィーノ の詳細情報

ガレッテリア ダ・サスィーノ

青森 / カフェ、レストラン(その他)、バー・お酒(その他)

住所
青森県青森市柳川1-4-2 A-Factory 2F
営業時間
11:00~20:00
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ~¥999

データ提供

ねぶたの家「ワ・ラッセ」

ねぶたの家「ワ・ラッセ」969751

出典:

青森駅から徒歩1分のところにあるモダンな雰囲気の赤い建物が、青森市文化観光交流施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」。東北の夏祭りとして有名な「ねぶた」の歴史を学ぶことができます。一年中いつでも、お祭りの雰囲気を体感できる施設です。

ねぶたの家「ワ・ラッセ」969752

出典:

入り口では、小型のねぶたがお出迎え。小さくてもこの迫力。こちらの施設では、ねぶた祭りの歴史や魅力の紹介をはじめ、ねぶたの骨組みに紙を貼っていく体験などもできます。

ねぶたの家「ワ・ラッセ」969754

出典:

もちろん、本物のねぶたも展示されています。間近で見るとかなりの迫力!これがいくつも連なって「はねと」たちと練り歩く「青森ねぶた祭」は、日本のお祭りの中でもかなりエネルギッシュです。夏のお祭りを見たくなること、間違いなしです。

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸969756

出典:

八甲田丸は、1964(昭和39)〜1988(昭和63)年に、青函連絡船の一つとして使われていたた客船です。現在は博物館として公開されています。青函連絡船の内部や歴史を学ぶことができます。

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸969757

出典:

1954年(昭和29年)9月26日に襲来した台風によって遭難、転覆した青函連絡船「洞爺丸」の模型もあります。北海道を中心に大規模な被害をもたらしたこのときの台風は、「洞爺丸台風」とも呼ばれました。

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸969758

出典:

客室も再現されています。乗ったことのある人には、懐かしいかも。

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸969759

出典:

人気の操舵室です。舵を握って船長さん気分を味わいましょう。

青森県観光物産館アスパム

大パノラマを堪能できる展望台

大パノラマを堪能できる展望台969761

出典:

青森のベイエリアに建つこのまるでピラミッドのような建物が、「青森県観光物産館アスパム」です。1Fでは、青森の名産品がずらり。豊かな海の幸や、かわいらしい「金魚ねぶた」などの伝統工芸品も売っています。お土産を探すなら、ココです。

大パノラマを堪能できる展望台969762

出典:

13Fには展望台があり、地上51mの高さからの眺望を楽しむことができます。晴れていれば、もちろん北海道も見ることができます。360度の大パノラマは、まさに圧巻。日暮れが早い冬には、日中だけではなく、夜景もきれいですよ。

みちのく料理 西むら アスパム店

「みちのく料理 西むら アスパム店」料理 969768 海鮮3色丼定食

出典:

ウニ・イクラ・ホタテが、どんぶりにたっぷりと盛られた海鮮三色丼。これでもかという誘惑を無視できる人は、あまりいないでしょうね。こちらは「じゃっぱ汁」などの郷土料理を味わうこともできるレストランです。

「みちのく料理 西むら アスパム店」料理 969767 縄文定食

出典:

国内最大級の縄文遺跡「三内丸山遺跡」でも有名な青森市。その「三内丸山遺跡」をモチーフにした縄文定食はいかがですか。青森の素朴な味がたくさんつまっています。

みちのく料理 西むら アスパム店の詳細情報

みちのく料理 西むら アスパム店

青森 / 郷土料理(その他)、居酒屋

住所
青森県青森市安方1-1-40 アスパム 10F
営業時間
4月~10月 ランチ 11:00~15:30(L.O15:00) ディナー 17:00~21:00(L.O.20:30) 11月~3月 ランチ 11:00~15:30(L.O15:00) ディナー 16:30~20:00(L.O.19:30)
定休日
不定休(アスパム休館日に準ずる) 
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

最後に

最後に969769

出典:ENGさんの投稿

近代的な建物が立ち並びつつも、どこかなつかしい風情の残る青森駅周辺。新幹線の開通で、青森へのアクセスはぐっと便利になりました。青森のおいしいものを味わいながら、のんびりと北国の旅はいかがですか?

青森県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード