一度は見てみたい!世界遺産。奈良県・吉野山の千本桜

一度は見てみたい!世界遺産。奈良県・吉野山の千本桜

古くから見事な桜の名所として知られる吉野山。その歴史は、1300年前から今に続いています。白山桜をはじめ桜の種類は約200種類3万本が咲き乱れ、入り口付近から下千本、中千本、上千本、奥千本と呼ばれエリアごとに見どころが違います。日本人は特に桜に特別な思いがあり、全国にも桜の名所はありますが、一度は訪れたい世界遺産にもなっている吉野の桜。春の桜観賞は驚きと感動を味わいに吉野山まで足を運んでみませんか。2016年03月23日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

4

吉野山 桜鑑賞の入り口

下千本(しもせんぼん)

下千本(しもせんぼん)42544

出典:阿偉ん主太伊んさんの投稿

吉野山の桜鑑賞はここから始まります。下千本でも標高は230メートから350メートあるので、下千本エリアでも多くの桜が鑑賞できます。鑑賞スポットは下千本展望所や七曲り坂、お野立ち跡から見る桜が必見です。その他にも世界遺産に登録された、木造古建築として日本で二番目の大きさの金峯山寺蔵王堂など。

下千本(しもせんぼん)42545

出典:autimaさんの投稿

桜の開花は下千本から中千本・上千本と続き、最も標高が高い奥千本の開花で最後となります。桜の表情は光の当たり方でまったく変わってきます。できれば、時間を変えて吉野山を訪れるのがおすすめです。

吉野山を代表する「一目千本」を愛でる

中千本(なかせんぼん)

中千本(なかせんぼん)42548

出典:七さんの投稿

中千本エリアの特徴といえば、世界遺産に登録された吉水神社から眺める「一目千本」。雄大なパノラマを楽しむことができます。ここからは、中千本、上千本に咲く桜を同時に見渡せる場所として、多くの観光客がとどまり賑わいを見せています。また太平記ゆかりの「如意輪寺」周辺から鑑賞する桜もお勧めです。

中千本(なかせんぼん)42549

出典:

如意輪寺。吉野山ではたくさんの寺院をみかけます。桜は、「ご神木」としてこの地で古くから崇拝されています。

中千本(なかせんぼん)42550

出典:corocoroさんの投稿

中千本エリアには雰囲気が違う桜が多く、多くの人が散策をしています。雄大なパノラマと静かな佇まいに点在する桜も情緒があり違った魅力があります。

山頂近くで山全体を見渡す

上千本(かみせんぼん)

上千本(かみせんぼん)42553

出典:七さんの投稿

山頂に近く、急な坂道が多くなってきます。その分眺望がよくなり、吉野山全体が見渡せるとあってその桜の姿は圧巻。鑑賞スポットは上千本展望所や花矢倉展望台。また竹林院や桜本坊などのお寺といった見どころもあります。撮影スポットも多い、人気のスポット。

上千本(かみせんぼん)42554

出典:ちょもらんさんの投稿

上千本エリアで見ることができる、桜が覆いつくす姿と風にたなびく花びらから名付けられた「滝桜」は必見です。

ひっそりと咲く桜を鑑賞する

奥千本(おくせんぼん)

奥千本(おくせんぼん)42557

出典:garupesさんの投稿

静かな雰囲気でひっそりと咲いている桜を鑑賞できる場所は、吉野山の一番奥にある奥千本エリアです。標高が高い分、空気が澄んでいて、桜の開花時期には気温が低くなっています。桜の数は少なくなり、観光客もあまり多くない印象を受けます。鑑賞のスポットは、眺望がすばらしい高城山展望台から見る桜。また、金剛山や葛城山なども見ることができます。吉野山駅からバスに乗り、「奥千本」で下車して歩きながら下るコースがおすすめです。

奥千本(おくせんぼん)42558

出典:Evilllll1981さんの投稿

西行庵にひっそりと咲く桜は満開でも哀愁があり、人気の撮影スポットとなっています。

奥千本(おくせんぼん)42559

出典:

桜のみごろ

吉野山の桜が開花するのは、例年なら下千本の4月初旬頃から、奥千本では4月中旬頃の開花となっています。(年によって変動)そのため、下千本の開花日より奥千本の満開日までは、およそ、14日間で3万本もある桜を鑑賞することができるのです。

花見の後は柿の葉ずしに舌鼓

柿の葉ずし 平宗 吉野本店

「柿の葉ずし 平宗 吉野本店」外観 42565 風情のある店構え

出典:旅浪漫さんの投稿

外観からは、老舗の感じはしないですが、創業1861年の柿の葉寿司の名店。柿の葉寿司は江戸時代に紀伊半島から水揚げされたサバを腐らせないように塩サバにして運んだとして、今では名が知れた奈良県の名産品のひとつです。

「柿の葉ずし 平宗 吉野本店」料理 42566 焼き鮎ずし盛り合わせ

出典:urya-momenさんの投稿

おすすめは、柿の葉寿司、焼鮎すし、山菜巻の3種の盛り合わせ。それぞれ特徴があり、先人の知恵を感じます。一番人気はやはり柿の葉寿司のようです。

柿の葉ずし 平宗 吉野本店の詳細情報

柿の葉ずし 平宗 吉野本店

吉野神宮 / 寿司、割烹・小料理、郷土料理(その他)

住所
奈良県吉野郡吉野町飯貝614
営業時間
8:30~18:30 食事は11:00~18:30(L.O.18:00)
定休日
月曜(祝日の場合は翌日)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

最後に

最後に42569

出典:

桜のシーズンとなると、花見で多くの観光客が吉野山を訪れますが、夏や秋といった桜以外の季節でも、雄大な自然美が見られるとして、カメラ好きの間では有名な撮影スポットです。ぜひ、一度は訪れてみてくださいね。

関連まとめ

関連キーワード