沖縄のおやつといえばコレ♪「サータアンダギー」のおすすめ店10選

沖縄のおやつといえばコレ♪「サータアンダギー」のおすすめ店10選

美しい海が広がる沖縄は、年間を通して観光地として人気があります。そんな沖縄の県民が愛してやまないおやつといえば“サータアンダギー”です。テレビで話題になったことから人気が広がり、今では空港や駅などのお土産としても販売されています。今回は、そんなサータアンダギーのおすすめの人気店をご紹介します!沖縄に遊びに行ったら、是非、本場のサータアンダギーを食べてみてくださいね♪

2017年08月09日

お土産にも人気の「サータアンダギー」

お土産にも人気の「サータアンダギー」1262968

出典:まつだあきひろ さんの投稿

サータアンダギーは沖縄定番のスイーツで、砂糖と小麦粉、卵などを混ぜた生地を揚げて作ります。サータは砂糖、アンダギーは油、アギーは揚げという意味で、地元では「砂糖天ぷら」、「サーターアンラギー」などとも呼ばれています。見た目も味もドーナッツに似ていますが、砂糖と卵をふんだんに使い水を加えていないので、食べ応えがあり密度の高いのが特徴です。こぶし大のものから一口サイズのものまであり、お店によって個性が様々。今回は、そんなサータアンダギーのおすすめ店をご紹介していきます♪

1.さよこの店

「さよこの店」外観 1262898

出典:シノンセさんの投稿

「さよこの店」は、県外からの観光客も多く足を運ぶサータアンダギーの人気店です。赤いレンガと、手作り感満載の看板が目印で、のぼりが立っているので近くまで行けばすぐに分かります。10時に開店してから、20分おきに新しいものが揚げあがるので、出来立てを食べたいのであればその時間を狙ってみてくださいね♪いつも夕方には完売してしまっているので、お店に行く場合は午前中に行くのがおすすめです。
「さよこの店」料理 1278133

出典:ミニひろさんの投稿

定番のプレーンの他に、黒糖やシナモン、紅茶などのフレーバーがあり、色々な味が楽しめます。ここのサータアンダギーは、こぶしくらいの大きさで甘さ控えめで油っこさが少ないのが特徴。時間が経った後ももちろん美味しいのですが、出来立ての柔らかくてサクサクの食感は、普通のサータアンダギーとは一味も二味も違った美味しさを感じることができますよ。

さよこの店の詳細情報

さよこの店

石垣市 / ドーナツ、かき氷

住所
沖縄県石垣市字登野城170
営業時間
10:00 ~売り切れ次第終了
定休日
日曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

2.歩のサーターアンダギー

「歩のサーターアンダギー」外観 1262914 外観

出典:koji64さんの投稿

那覇市の国際通りの近く、牧志公設市場の2Fにあるのが「歩のサーターアンダギー」です。メディアにも多く取り上げられることから、お店の周りには掲載された紙面が沢山飾られています。ここで販売されているのは、プレーンのサータアンダギー1種類だけ。
「歩のサーターアンダギー」料理 1262920

出典:rikakkumaさんの投稿

小麦粉、砂糖、卵黄だけで作られた生地は、中はもっちりとしていて外はサクサク。卵のコクと、お砂糖の甘さのバランスが絶妙で、何個でもパクパク食べられてしまいます。普通のサータアンダギーは時間が経つと固くなってしまいますが、こちらのものは柔らかな食感が続くので、お土産としてもおすすめです。

「歩のサーターアンダギー」料理 1278137 歩のサータアンダギー5個入り @450円

出典:reicheさんの投稿

お土産用としてパッケージに入れられたものと、ばら売りの食べ歩き用があり、運がよければ出来立ての柔らかいものが食べられますよ。

歩のサーターアンダギーの詳細情報

歩のサーターアンダギー

牧志、美栄橋、安里 / ドーナツ

住所
沖縄県那覇市松尾2-10-1 牧志公設市場 2F
営業時間
10:00~売り切れ次第終了
定休日
日曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

3.さーたーあんだーぎーの店 安室

「さーたーあんだーぎーの店 安室」外観 1278140

出典:斑鳩隊さんの投稿

那覇市にある「さーたーあんだーぎーの店 安室」は、空港やスーパーでお土産用の商品も作っているサータアンダギーの専門店です。味はプレーン、黒糖、白糖があり、店内では試食をさせてもらえるので、自分好みの味を購入することができます。
「さーたーあんだーぎーの店 安室」料理 1262955 安室のドーナツ

出典:しげぇさんの投稿

木酢を餌にした鶏から取れる「木酢たまご」を使用し、沖縄の黒糖を使うことでコクとクドくない甘さが広がるのが特徴で、冷めても外がカリ、中がフワっとしていてとても美味しいサータアンダギーです。卵の美味しさを感じたいのであれば、オーブンで少し焼いてから食べるのがおすすめですよ!

さーたーあんだーぎーの店 安室の詳細情報

さーたーあんだーぎーの店 安室

儀保、市立病院前、首里 / ドーナツ

住所
沖縄県那覇市首里久場川町1-20
営業時間
9:00~18:00
定休日
日曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

4.うなりざき

「うなりざき」外観 1278143

出典:まぁびぃせんせー。さんの投稿

那覇空港から20分ほどの場所にある「うなりざき」は、住宅街のなかにひっそりと佇む昔懐かしい雰囲気のお店です。サータアンダギーを自宅で食べている地元の人でもわざわざ足を運ぶ人気店で、お店の外にまで良い香りが漂って食欲をそそります。
「うなりざき」料理 1262959

出典:カリメロ号さんの投稿

こちらのサータアンダギーは紅芋味1種類のみ。中は綺麗な紫色になっていて、表面のサクカリ、中はしっとりもちもちとした食感で、紅芋の香りが広がります。出来立てももちろん美味しいのですが、地元の人からは冷めてから食べるほうが美味しいという声もあるので、食べ比べてみるのも良いですね。

うなりざきの詳細情報

うなりざき

美栄橋、県庁前 / スイーツ(その他)

住所
沖縄県那覇市若狭3-6-8
営業時間
9:30~18:00
定休日
日曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

5.松原屋製菓

「松原屋製菓」外観 1278149

出典:胃ちゃんさんの投稿

那覇市国際通りエリアにある「松原屋製菓」は、創業60年を超える沖縄の伝統菓子を販売しているお店です。アーケード街の中にあり、観光しながら立ち寄れることからいつも多くのお客さんで賑わっています。
「松原屋製菓」料理 1278153

出典:腹ぺこ歯医者さんの投稿

味はプレーンや黒糖、紅芋などの定番のものから、パイン、クルミ、キャラメルまで様々な種類が用意されています。1個から購入することができるので、観光のお供に食べ歩きしている人たちの姿も見られますよ。大袋でミックスタイプも販売されているので、色々食べたい人にはそちらがおすすめです♪

松原屋製菓の詳細情報

松原屋製菓

牧志、美栄橋、安里 / スイーツ(その他)

住所
沖縄県那覇市松尾2-9-9
営業時間
9:00~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

6.仲里屋

「仲里屋」外観 1278156

出典:気まぐれオクトパスさんの投稿

浦添市のパイプライン沿いにある「仲里屋」は、10年ほど前からこの場所でサータアンダギー専門店として営業している地元の人達に愛されているサータアンダギー専門店です。元々は別の場所で弁当とサータアンダギーを販売していたのですが、近年サータアンダギーの人気が上がってきたことで、専門店としてこの地に移転しました。
「仲里屋」料理 1262929 断面

出典:リありこさんの投稿

プレーン・黒糖・紅芋・コーヒー・ゴマ・ピーナツ味など、色々な種類の商品が並びます。こちらのサータアンダギーは小と大の2種類があり、どちらも滑らかな中心部と、冷めても変わらないサクサクした食感が特徴です。地元の人が食べに足を運ぶお店なので、素朴な美味しさを味わってみてくださいね。

仲里屋の詳細情報

仲里屋

古島、市立病院前 / 天ぷら・揚げ物(その他)、ドーナツ

住所
沖縄県浦添市内間1-10-10
営業時間
9:15~23:00
定休日
年中無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

7.琉球銘菓 三矢

「琉球銘菓 三矢本舗 恩納店」外観 1274586

出典:なっちゃん72さんの投稿

平成4年に創業した「琉球銘菓 三矢」は、サータアンダギーをはじめとした伝統的な琉球菓子を販売しているお店です。恩納村の万座毛入口に近い場所にある恩納店をはじめ、県内に5店舗を展開しており、お土産用のサータアンダギーを販売しています。
「琉球銘菓 三矢本舗 恩納店」料理 1274581

出典:わたかつさんの投稿

職人の技術で花が開くように作られたサータアンダギーは、プレーン、黒糖、チョコ、チーズ、モカ、ゴマなど、10種類ほどの味が販売されています。どれもそれぞれ個性的で、外側のカリカリと、中のぎっしりとした食感が他のお店とはちょっと違った味わいを感じることができます。複数の店舗があるのはこのお店だけなので、沖縄で見かけたら是非立ち寄ってみてくださいね!

琉球銘菓 三矢本舗 恩納店の詳細情報

琉球銘菓 三矢本舗 恩納店

恩納村 / ドーナツ、カフェ

住所
沖縄県国頭郡恩納村字恩納2572-2
営業時間
9:00~18:00
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

8.優美堂

「優美堂」外観 1262950

出典:ひしもちさんの投稿

糸満市のひめゆりの塔の向かいにある「優美堂」は、お土産や特産品などを取り扱っているお店です。その中で観光客に特に人気なのが出来立てのサータアンダギーです。
「優美堂」料理 1262949 大きめでかぼちゃ色

出典:haruusさんの投稿

毎朝お店で手作りされているサータアンダギーは、すべてかぼちゃ入り。一日に千個売り上げたこともある人気商品で、かぼちゃの生地のしっとりとした食感と、外側のサクサク感が美味しい一品です。袋入りの他に箱入りのものもあるので、お土産として持ち帰りしやすくなっていますよ。

優美堂の詳細情報

優美堂

糸満市 / 沖縄料理、アイスクリーム、沖縄そば

住所
沖縄県糸満市伊原327-2
営業時間
8:30~17:30
平均予算
  • ~¥999

データ提供

9.Fu‐Mi‐おばさんのアンダギー

「フーミーおばさんのアンダギー」外観 1262953

出典:ことり5号さんの投稿

うるま市にある「Fu‐Mi‐おばさんのアンダギー」は、Fu‐Mi‐おばさんとやっしーおじさんで営業しているアットホームなサータアンダギー専門店です。毎日新しい油を使い、2つの揚げ鍋を使用して徹底した温度管理をすることによって花のように3つに割れているサータアンダギーを作り出しています。
「フーミーおばさんのアンダギー」料理 1262954

出典:ガチマイ☆☆☆さんの投稿

味はプレーン、紅芋、コーヒー、チーズ、ゴマ、きなこ、かぼちゃ、黒糖があり、色んな味を楽しむことがえきます。訪問日前日までに電話すればココナッツ、フルーツ、よもぎ、抹茶、カレーなどの味も特注することができます。店主のおすすめは人気ナンバー1のコーヒーとココナッツ!他では味わえないサータアンダギーを食べることができますよ。

フーミーおばさんのアンダギーの詳細情報

フーミーおばさんのアンダギー

うるま市 / 天ぷら・揚げ物(その他)、スイーツ(その他)

住所
沖縄県うるま市石川1-27-26
平均予算
  • ~¥999

データ提供

10.かぼ天の店なかそね

「かぼ天の店なかそね」外観 1278178

出典:amc_solitudeさんの投稿

沖縄市胡屋にある創業35年以上の老舗サータアンダギーのお店「かぼ天の店なかそね」は、サータアンダギーの他に、軽食が食べられる地元の人に愛されているお店です。このお店のサータアンダギーは、その日に作ったものだけをその日に売り切り、添加物を一切使っていないので、身体に優しく子供からお年寄りまで安心して食べることができます。

「かぼ天の店なかそね」料理 1274745

出典:amc_solitudeさんの投稿

こちらのお店のサータアンダギーの味は「かぼ天」1種類のみ。生地の中にかぼちゃを練りこんで作っていることから、中は鮮やかな黄色になっていて、噛めば噛むほど甘みと香りが広がります。夕方に訪れると売り切れていることがほとんどなので、早めの時間に行くことをおすすめします。

かぼ天の店なかそねの詳細情報

かぼ天の店なかそね

沖縄市 / スイーツ(その他)

住所
沖縄県沖縄市胡屋6-7-6
営業時間
【月〜金】 8:00~17:00 ※17時より前に売り切れる場合あり ※日曜日定休
定休日
日曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたでしょうか?

「さよこの店」料理 1278220 パッションフルーツ

出典:meea☆さんの投稿

沖縄のソールフードであるサータアンダギーは、油に入れた後生地が割れて花が咲くように見えたり、笑った口のように見えることから縁起の良いお菓子とも言われています。是非、旅行の際にサータアンダギーのお店に行ってみてくださいね♪

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県を旅する

編集部おすすめ

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード