寝台特急「はやぶさ」に泊まれる!熊本の宿泊施設「ブルートレインたらぎ」

寝台特急「はやぶさ」に泊まれる!熊本の宿泊施設「ブルートレインたらぎ」

2009年まで現役で活躍していた寝台列車ブルートレインはやぶさ。引退してからは「ブルートレインたらぎ」として、宿泊施設として使用されています。旧国鉄時代に作られた車両がほぼそのまま形で残されていて、鉄道ファンにとってはたまらない魅力がたくさん!今となっては幻となってしまったブルートレインにもう一度泊まってみませんか?ブルートレインに乗ったことがない人は、当時の雰囲気を知ることができますよ。

2017年11月13日

憧れのブルートレインに泊まろう!

憧れのブルートレインに泊まろう!1404709

出典:terasさんの投稿

鉄道ファンの間で根強い人気を持っている寝台列車ブルートレイン。今ではブルートレインは全線廃止となり、動いている姿を見ることはできませんが、熊本県多良木町の多良木駅脇には旧国鉄時代から2009年まで活躍していたブルートレイン「はやぶさ」が残されています。

現在では宿泊施設「ブルートレインたらぎ」として使われていて、実際に車内に泊まることができ、鉄道ファンにはたまらない場所!そんな「ブルートレインたらぎ」の魅力を紹介したいと思います。

「ブルートレインたらぎ」の魅力

「ブルートレインたらぎ」の魅力1404731

出典:

実際に線路を走っていたブルートレインはやぶさは、ブルートレインたらぎとして3両編成で、1号車と3号車が寝台スペースになっています。2号車は共有スペースです。屋根が付けられているので、列車の劣化が少なく車体の綺麗な青色がそのまま残っています。

鉄道ファンに嬉しいポイント!

A post shared by Takuji Yunoki (@yunotaku) on

受付でチェックインをすると、宿泊部屋の番号などが書かれた宿泊乗車券がもらえます。本物の乗車切符のようなデザインが鉄道ファンの心をくすぐります。行先が夢の国となっているのもユーモアがありますね。良い記念品になりそうです。

A post shared by Chiharu h (@chiharu.sfamily) on

車両の近くには行先標も!行先が東京になっているのは、旧国鉄時代にはやぶさが実際に走っていたルートが東京行きだったからでしょうね。
本物の車両のため、車内には昔の設備がそのまま残っています。実際に使うことはできませんが、現役時代を思い起こさせる様です。

車内の様子は?

車内の様子は?1404742

出典:

さて、肝心の宿泊スペースの紹介です。こちらは開放型で、写真だけ見ると普通の列車の座席の様ですが、2段ベッドになっているため最大4人まで寝ることができます。それぞれのベッドはカーテンで仕切ることができますよ。家族や友達同士で泊まるのにピッタリですね。宿泊状況によっては、1人で泊まることもできるそうです。

車内の様子は?1404737

出典:

こちらは個室タイプ。現役時代は人気があり、なかなか予約が取れなかったそうですが、今なら当時の雰囲気がほぼそのままのこの部屋に泊まれますよ!

車内の様子は?1404739

出典:

ここは共通スペースで、テレビや無料Wi-Fiなどの設備も整っています。食事などはここでしましょう。部屋にはトイレが付いていませんが、共用のトイレがありますよ。

便利な設備も♪

ブルートレインたらぎでは食事が出ないので、夕食は買って行くか近くの飲食店へ行きましょう。共用スペースには、自由に使える電子レンジや冷水器があるので便利です。
朝食にピッタリなパンの販売もあります。希望の場合は、チェックインの3日前に申し込みましょう。

周辺にはお風呂や駐車場も

お風呂はすぐ近くのえびすの湯を利用します。宿泊代の中に利用料金が含まれていますよ。ただし、第二火曜は定休日なのでそこだけ注意しましょう。
周辺にはお風呂や駐車場も1404734

出典:

「ブルートレインたらぎ」の向かいには駐車場があるので、車で訪れても大丈夫です。次の日の予定もこれならバッチリですね。

多良木駅で田園シンフォニーとパチリ♪

多良木駅で田園シンフォニーとパチリ♪1404744

出典:

「ブルートレインたらぎ」に泊まったら、次の日は本物の列車の旅に出てみてはいかが?隣の多良木駅からくま川鉄道に乗って人吉・球磨を回ってみるのもおすすめ。

A post shared by qsk1116_곽소금 (@khimello) on

多良木駅には観光列車の田園シンフォニーが停車します。運が良ければ、ブルートレインたらぎと同じ青色の車両と並んだ写真が撮れるかも。

不便さこそが醍醐味♪

不便さこそが醍醐味♪1404716

出典:terasさんの投稿

いかがでしたでしょうか?宿泊施設とはいえ寝台列車なので設備的には色々不便なところがありますが、その不便さが寝台列車の醍醐味!当時の寝台列車の雰囲気を味わえる貴重な場所です。鉄道ファンもそうでない人も一度泊まってみてはいかがでしょうか?

ブルートレインたらぎの詳細情報

ブルートレインたらぎ

球磨・多良木・五木 / 貸別荘

住所
熊本県球磨郡多良木町多良木1534-2
アクセス
くま川鉄道多良木駅から徒歩1分

データ提供

熊本県のツアー(交通+宿)を探す

このホテルの紹介記事

関連記事

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ