行田のご当地グルメ!「ゼリーフライ」と「フライ」のおすすめ店7選

行田のご当地グルメ!「ゼリーフライ」と「フライ」のおすすめ店7選

テレビドラマ「陸王」の舞台となり、注目を集めている埼玉県行田市。映画「のぼうの城」で有名な忍城や、田んぼアートを行っている古代蓮の里など、観光スポットの多い地域です。その行田で、食べ歩きにピッタリなのがゼリーが入っていない「ゼリーフライ」。その他にも、揚げていないのに「フライ」という名物もあります。今回は「ゼリーフライ」「フライ」の美味しいお店も合わせてご紹介しましょう。

2017年12月19日

おやつにピッタリ「ゼリーフライ」&「フライ」

「かねつき堂」 料理 66642363

出典:miyu-1224さんの投稿

行田に住む人たちが、昔からおやつとして食べてきた「ゼリーフライ」と「フライ」。「ゼリーフライ」はゼリー入りではなく、おからとジャガイモで作られています。「フライ」は揚げたものではなく、いわゆるクレープやお好み焼きのような形状。実物と名前がかけ離れている行田の名物です。

行田がドラマの舞台となり話題に

行田がドラマの舞台となり話題に1456717

出典:ニコットさんの投稿

2017年10月期のドラマとして話題を集めている「陸王」。その舞台は埼玉県行田市です。行田はかつて足袋の生産が盛んであり、その老舗足袋製造会社がランニングシューズを開発するというお話。行田の古代蓮の里、毎年恒例の田んぼアートにて2017年は「陸王」がテーマとなりました。

足袋製造工場で働く女中さんのおやつ

足袋製造工場で働く女中さんのおやつ1456597

出典:よいさんの投稿

昭和の初め、足袋製造会社では多くの女中さんが働いていました。そのおやつとして出されていたのが「フライ」です。それが行田の家庭へと広まっていきました。「ゼリーフライ」も同様に庶民のおやつです。

なぜ「ゼリーフライ」なの?

「駒形屋」 料理 72898476 お箸が刺さっていませんでした

出典:ときいもちゃんさんの投稿

「ゼリーフライ」がテレビに登場すると、なぜゼリーが入っていないの?という話になりますよね。実は、あのプルプルとしたゼリーとは全く関係がありません。おからとジャガイモを丸めたものが小判の形をしていることから、小判→銭(ぜに)となり、それが訛って「ゼリー」へ変化したと言われています。銭形のものを揚げたから「ゼリーフライ」というわけ。

揚げていないのに、なぜ「フライ」

「古沢商店」 内観 8408368

出典:ジミー荒川さんの投稿

ここから少しややこしくなります。「ゼリーフライ」とは違う食べ物である「フライ」。これは油で揚げていません。お好み焼きやクレープのように、鉄板の上で生地を広げ焼いたもの。
揚げていないのに、なぜ「フライ」1456611

出典:Tsukikoさんの投稿

一説によればフライパンで焼くから「フライ」と呼ばれたというものや、布の生産が盛んであったことから「布来」と書いて「フライ」と呼んだという話もあります。

「フライ」&「ゼリーフライ」の作り方

「フライ」は鉄板の上で生地を焼き、ソースや醤油で味付けをします。青のりをかけたり、焼きそばをプラスするというお店も。「ゼリーフライ」は、おからとジャガイモを銭形に丸めて、衣をつけずにそのまま揚げます。

行田市のゆるキャラも「フライ」&「ゼリーフライ」

最近ではどの自治体でも見かける「ゆるキャラ」。行田市では「フライ」をモチーフとした「フラべぇ(左)」と、「ゼリーフライ」をモチーフとした「こぜにちゃん(中)」がいます。手前のキャラクターは、行田市のランドマーク的存在の忍城のキャラクター「うきしろちゃん(右)」です。

行田で人気の「フライ」&「ゼリーフライ」の名店

行田市で人気を集めている名店をご紹介します。片方だけという所もあれば、両方を提供しているというお店もあります。

1.古沢商店

フライの元祖と呼ばれている名店

「古沢商店」 内観 54624022 昭和の駄菓子屋そのままの店内

出典:ときいもちゃんさんの投稿

昭和の駄菓子屋のような雰囲気の店内。こちらが「フライ」の元祖店と言われています。メディアからの取材も多く、度々テレビ番組で取り上げられています。ここではフライのみを提供しています。

「古沢商店」 料理 54624042 ペラっとめくってみても特に変化なし

出典:ときいもちゃんさんの投稿

「フライ(ソース)」
味付けはソースと醤油の2種類あり、好きな方をチョイスできます。いずれも玉子入りで、400円からは桜えびと青のりも追加。モチモチとした生地であり、「やきそば」も注文できますよ。

古沢商店

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

2.駒形屋

創業が昭和48年の老舗店がリニューアル

「駒形屋」 内観 72757408 カウンターとテーブル1台を合わせて店内キャパは8席

出典:ときいもちゃんさんの投稿

昭和48年創業で、これまで水城公園の売店であった店舗が、2017年9月に移転してリニューアルオープン。店内はとても清潔感があって綺麗です。移転に伴って、「焼そば」や「焼うどん」などメニューが追加されました。ここではゼリーフライのみ提供しています。

「駒形屋」 料理 72898454 揚げたてアツアツが一番美味しい

出典:ときいもちゃんさんの投稿

「ゼリーフライ」
程よくキツネ色に揚がっています。衣は付いていませんが、パリッとした薄皮が出来ていて甘辛ソースをしっかりと吸っています。中のおからとジャガイモは、ネットリとしてモチモチ食感。テイクアウトも可能で、箸に指して食べ歩きもできますよ。

駒形屋の詳細情報

駒形屋

行田市、持田、東行田 / 郷土料理(その他)、焼きそば

住所
埼玉県行田市本丸22-47
営業時間
10:00~17:00
定休日
毎週水曜と第3木曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

3.かねつき堂

フライ・卵・焼きそばの組み合わせが楽しめる

「かねつき堂」 内観 45779775

出典:leleさんの投稿

こちらも行田の人気店として知られている「かねつき堂」。ゼリーフライとフライのどちらも食べられるので、観光で訪れた際に便利。メニュー表に、「フライ」などの名前の由来が詳しく紹介されています。

「かねつき堂」 料理 37625677 ふらい焼きそば卵入り(卵は隠れている)御開帳。

出典:panda1600さんの投稿

「ふらい焼きそば卵入り」
こちらのお店では、平仮名で「ふらい」と書きます。生地の中に卵と焼きそばが加わった豪華なバージョンも。サイズは小・大の2種類あるので、ゼリーフライも食べたい人は「小」を選択すると良いでしょう。ソースの味がしっかりと感じられ、最後まで美味しく頂けます。

かねつき堂の詳細情報

かねつき堂

行田市、持田 / 郷土料理(その他)、焼きそば、かき氷

住所
埼玉県行田市本丸13-13
営業時間
11:00~18:00
定休日
月曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

4.ときわ肉店

肉屋というより食堂スタイルのお店

「ときわ肉店」 メニュー 71568893

出典:££トキちゃん♪££さんの投稿

肉屋さんかと思いきや、食堂スタイルのお店。壁にはメニューが貼られていますが、フライ・ゼリーフライ・やきそばがメイン。フライ・焼そばともに小・中・大と3サイズあるので、色々組み合わせて食べてみたくなります。

「ときわ肉店」 料理 2777365 要は、おからコロッケです。

出典:高くて旨いは当たり前さんの投稿

「ゼリーフライ(じゃがいも)」
ゼリーフライを割ってみると、中はこのような感じ。じゃがいもがマッシュポテトのようになっており、とても素朴な味わいです。メニュー表には「かぼちゃ」と「チョコバナナ」とあり、オリジナルメニューを提供しています。

ときわ肉店の詳細情報

ときわ肉店

行田市、持田、東行田 / 郷土料理(その他)、焼きそば、お好み焼き・たこ焼き(その他)

住所
埼玉県行田市城南4-10
営業時間
11:00(頃)~18:30(頃)
定休日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

5.かどや豆腐店

おからのプロ!さすが豆腐店のゼリーフライ

「かどや豆腐店」 外観 35529088

出典:ピース・ビーズさんの投稿

ゼリーフライの材料「おから」と言えばやはり豆腐屋さん。本格派のゼリーフライが食べられますよ。2個パック・3個パックというセットでの販売もあるので、夕飯のおかずをもう一品という時に便利。

「かどや豆腐店」 料理 50616264 断面。
さすが豆腐屋さんのゼリーフライ。おからが多くて舌触りがいいです。

出典:ドライフルウツさんの投稿

「ゼリーフライ」
断面がこちら。おからの配合量が多く感じられ、舌触りがとても滑らかです。2個・3個パックはソースがかかっていない状態で販売されているので、お好みの量をかけましょう。

ゼリーフライ。おからとジャガイモを揚げた、衣のないコロッケのようなグルメ。府ニュッとした食感と、ほくほくの熱さがより美味しくいただけます。ソースの甘さも、この素朴な食べ物を盛り上げます。おやつ感覚でいただけるゼリーフライ、酒の肴としてもいけそうです。

出典:『第7回B級グルメツアー埼玉県北西版』by チックくん。 : かどや豆腐店 - 行田市/コロッケ・フライ [食べログ]

かどや豆腐店の詳細情報

かどや豆腐店

行田市、東行田 / その他

住所
埼玉県行田市宮本6-6
営業時間
6:00~19:00
定休日
日曜
平均予算
  • ~¥999

データ提供

6.コーヒー苑

コーヒーショップでも行田名物が登場

「コーヒー苑」 内観 71870597 ソファー席は家族、グループに最適

出典:ときいもちゃんさんの投稿

さすが行田名物!コーヒーのお店にも「ふらい」&「ゼリーフライ」が用意されています。「ふらいセット」には、もちろんコーヒーを付けることができますよ。

「コーヒー苑」 料理 71870405 焼そばふらいミックス(500円)

出典:ときいもちゃんさんの投稿

「焼そばふらいミックス・たび型ゼリーフライ」
「ミックス」には紅しょうがが添えられており、生地の間に焼きそばが入ってボリュームたっぷり。ちなみに足袋の形をしたハート型のような「ゼリーフライ」の販売もしています。

コーヒー苑の詳細情報

コーヒー苑

行田市 / 郷土料理(その他)、焼きそば、お好み焼き・たこ焼き(その他)

住所
埼玉県行田市忍2-4-7
営業時間
10:00~16:00
定休日
水・木曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

7.じゃぱん亭 行田門井店

チェーン店の弁当屋さんの特別メニュー

「じゃぱん亭 行田門井店」 外観 6199289 じゃぱん亭 行田門井店

出典:勝之助さんの投稿

埼玉県内にチェーン展開しているお弁当屋さん「じゃぱん亭」。この店舗だけは、特別メニューとして「ゼリーフライ」の販売を行っています。地元愛が感じられますね。

「じゃぱん亭 行田門井店」 料理 53717384 ソースまだら

出典:ドライフルウツさんの投稿

「ゼリーフライ」
お弁当を注文しなくても、単品でゼリーフライを揚げてくれます。店内にはイートインスペースが設けられており、そこで揚げたてが食べられるのです。アツアツで、じゃがいもがクリーミーに感じられます。JR行田駅から徒歩圏内です。

じゃぱん亭 行田門井店の詳細情報

じゃぱん亭 行田門井店

行田 / 弁当、コロッケ・フライ

住所
埼玉県行田市押上町11-12-2
営業時間
9:30~20:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

いかがでしたか?行田市を観光しながら、名物の「ゼリーフライ」&「フライ」を食べ歩いてみましょう。一軒一軒味の違いを確かめてみてください。

埼玉県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード