2020年11月07日

うちな~土産を定番以外で♪友達・自分への旅の思い出に那覇土産12選

うちな~土産を定番以外で♪友達・自分への旅の思い出に那覇土産12選

疲れたときに癒しを与えてくれるのは、キレイな海とのんびりした時間。ちょっとお疲れ気味だ…と思ったら、沖縄へひとっ飛びしませんか。海の絶景に癒されて沖縄じかんにのんびりしたら、旅の思い出を共有できるお土産選び。ちんすこう、紅芋タルト…?いいえ。定番に飽きたら、県民愛用のお品はいかがでしょう?たまにはちょっと趣向を変えて、沖縄県民に馴染みが深いお土産を選んでみませんか。那覇市内で購入できるオススメのお土産を12個ピックアップしてみました。

今こそ沖縄旅♪元気になれる沖縄へ行こう

殺伐とした日々に疲れたら元気になれる場所へ行くのがおすすめです。美しいビーチ、大らかな県民性、ゴーヤチャンプルーや海ブドウに沖縄そば…。ゆるりとした“沖縄じかん”は、殺伐とした心を温めてくれますよ。キレイなビーチで泳いだり、ショッピングを楽しんだり、観光を満喫したり、ホテルでダラダラ…。今の自分に余裕がなくなったら、のんびり過ごす沖縄旅をしませんか。

帰ってからも“沖縄じかん”がつづく♪お土産をたっぷり持ち帰ろう

サングララスと!

定番のちんすこうや紅芋タルトも良いですが、たまにはちょっと変わった沖縄土産を選んでみるのはいかがでしょうか?沖縄旅行が初めての人もリピーターさんも沖縄気分が続くアイテムをゲットして、お家に帰っても“沖縄じかん”を楽しみましょう。那覇で購入できる、定番&県民に愛されるお土産をご紹介します。

バラマキ土産にも良いかも♪沖縄ならではのスイーツ&スナック

1.オリオンビアナッツ

食べる手が止まらない病みつきのおいしさ!

「なかもと菓子店」 料理 102420442 ビアナッツ

出典:

最近の沖縄の定番土産といえば「オリオンビアナッツ」。オリオンビールを作るときに使うビール酵母を使ったスナックで、タコス島唐辛子、ウコンカレー、アーモンドチーズの3種類の味があります。ビールとの相性は言うまでもなく抜群ですが、おやつに食べても美味しいですよ。那覇市内のお土産店、道の駅スーパーなどで購入できます。一度食べたらヤミツキになりますよ♪

わしたショップ国際通り本店の詳細情報

わしたショップ国際通り本店

住所
沖縄県那覇市久茂地3-2-22
アクセス
県庁前駅から徒歩3分
営業時間
10:00〜22:00

データ提供

2.紅芋レアケーキ シュリ

甘さ控えめが嬉しい生食感のケーキ

「ブルースカイ 出発ロビー1号店」 料理 60292809 紅芋レアケーキ シュリ☆

出典:VOLVO850Rさんの投稿

続いて紹介したいのが、「フェスティバロ」の「紅芋レアケーキ シュリ」。上半分は紅芋、下半分は黄金芋を使用した、とろける食感のレアケーキです。琉球王朝時代には、紫は高貴な色。大切な人や目上の人へのお土産に最適です。生モノなのですぐに渡す必要がありますが、上品で高級感のある包装だからきっと喜ばれますよ。那覇空港内にある「BLUESKY那覇空港店」と通販でしか購入することができない限定商品です。

ブルースカイ 出発ロビー1号店の詳細情報

ブルースカイ 出発ロビー1号店

那覇空港 / その他

住所
沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港 国内線旅客ターミナルビル 2F 南ウイング側
営業時間
6:30~20:30
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

3.亀の甲せんべい

沖縄県民が愛するサクサク食感のおせんべい

「玉木製菓」 料理 73173709

出典:ひとんんさんの投稿

沖縄県民が愛してやまないお菓子といえば、“かめせん”と呼ばれる「亀の甲せんべい」。その名の通り亀の甲のような見た目のせんべいで、お米ではなく小麦粉で作られているので食感が軽く、何枚でもペロッと食べられちゃいます。定番のシンプルな塩味をはじめ、醤油味や梅味など味のバリエーションも充実。那覇市のコンビニやスーパーなどで手軽にゲットできますよ。一度食べると止まらない味わいを試してみて。

玉木製菓の詳細情報

玉木製菓

首里、儀保、安里 / せんべい

住所
沖縄県島尻郡南風原町兼城651-1
平均予算
  • ~¥999

データ提供

4.サーターアンダギー(琉球菓子処 琉宮 本店 )

「琉球菓子処 琉宮 本店」 料理 71638365 プレーン

出典:あばさんの投稿

沖縄の人気スイーツと言えば「サーターアンダギー」。砂糖と小麦粉、卵などの食材を混ぜてカラッと揚げて作るサーターアンダギーは、一見ドーナッツのようですが、食べ応えがあり小腹を満たすにも最適です。お店によって味付けや大きさなどが異なるので、沖縄に旅行に行った際はサーターアンダギーの食べ歩きをしても楽しいかも♪

フレーバーが豊富で選ぶのが楽しい♪「琉球菓子処 琉宮 本店 」

「琉球菓子処 琉宮 本店」 料理 115000522

出典:abchxさんの投稿

那覇市にはサーターアンダギーの販売店はたくさんありますが、中でもおすすめなのが国際通り近くにある「琉球菓子処 琉宮 本店」。お店はカフェも併設していて、熱々のサーターアンダギーやカラフルなかき氷などを味わうことができます。お土産として購入も可能で、店頭にはプレーンをはじめ、いろいろなフレーバーのサーターアンダギーが並べられていて、1つから購入することができます。ぜひお気に入りを探してみては。

琉球菓子処 琉宮 本店の詳細情報

琉球菓子処 琉宮 本店

牧志、美栄橋、安里 / スイーツ(その他)、カフェ

住所
沖縄県那覇市松尾2-9-14
営業時間
10:00~18:30
平均予算
  • ~¥999

データ提供

5.Jimmy's(ジミー)のお菓子

「ジミー 空港店」 料理 42902035

出典:DJKumaKumaさんの投稿

沖縄県内を中心に展開している「Jimmy's(ジミー)」は、1956年の創業以来沖縄で長年愛され続けている洋菓子店。アメリカンでポップな内装やパッケージがとてもかわいく、マフィンやアップルパイ、クッキーなどはお土産としても人気です。那覇市にも空港店をはじめ、イオン那覇の中など複数の店舗があります。ヨーロッパのような華やかさとは違って、アメリカのママンが作るような“おふくろのお菓子”に近いかもしれません。

パッケージも可愛い♡日持ちするお菓子はボリューム◎

「ジミー 空港店」 その他 46695401 トロピカルクッキー920円

出典:kattaさんの投稿

テイクアウトも自家製ケーキやクッキー、マフィンなどさまざまな商品があり、お土産に嬉しい日持ちするスイーツも豊富です。アップルパイはアメリカンな風合いでとても美味しいですが、ホールケーキでの販売になるので、食べきれなさそうな場合はクッキーがおすすめ!パッケージも南国風で可愛いので、ぜひ友達へのお土産にチョイスしてみてはいかがでしょうか。

ジミー 空港店の詳細情報

ジミー 空港店

那覇空港 / ケーキ

住所
沖縄県那覇市鏡水150 那覇空港 国内線旅客ターミナルビル 2F
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

6.タンナファックルー

沖縄で愛される素朴なお菓子

「丸玉製菓 直売店」 料理 105185195

出典:thunaさんの投稿

「タンナファックルー」は、沖縄で子どもからお年寄りまで幅広い年齢層で愛されているお菓子です。見た目は素朴ですが、口に入れるとフワっと黒糖の甘い風味が広がる優しい味わい。那覇市内のスーパーなどで購入できますが、作り立てを食べてみたいという方は、ぜひ沖映通りにある直売所へ足を運んでみてください。スーパーよりも少々お値段もリーズナブルになっていますし、まとめ買いしたい方にもおすすめですよ。

丸玉製菓 直売店の詳細情報

丸玉製菓 直売店

美栄橋、牧志、県庁前 / 和菓子

住所
沖縄県那覇市牧志1-3-35
営業時間
10:30頃~19:00(完売次第終了)
定休日
日曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

料理好きさんに。沖縄らしい調味料や食材をお土産にいかが?

7.くるま麩

沖縄の定番料理・フーチャンプルーに欠かせない食材

輪切りー(*´꒳`*)

沖縄の定番料理のひとつ、チャンプルーの具として使われることが多い「くるま麩」。沖縄のくるま麩は他の地域のものとは少し違っていて、バケットのように細長いものを切って使うのが特徴です。汁物や、水で戻してスパムなどと炒めてフーチャンプルーにしても良いですし、そのまま食べてもサクサクした食感が楽しめて美味しいですよ♪タンパク質が豊富でダイエットにも期待大!ぜひ料理好きな方へのお土産にいかがでしょうか?那覇市内のスーパーやコンビニ、お土産屋さんなどで購入可能です。

8.ぬちまーす

沖縄でしか作れない希少なお塩

沖縄でしか作れない希少なお塩2309070

出典:

ぬちまーすとは、沖縄で作られている21種類のミネラルを含んだ美味しいお塩です。海に近い成分で作られているぬちまーすは栄養満点で、さまざまな料理に活用できるため、お料理上手な方やグルメな方へのお土産に良いかも♪大きなサイズだけでなく、持ち歩けるような小さな容量のものもあるので、お土産で購入してもかさばらないのも嬉しい。那覇市のスーパーやお土産屋さんなどで購入できます。

9.35COFFEEのコーヒー

サスティナブルな沖縄ならではのコーヒー

「スリーファイブコーヒー ドン・キホーテ国際通り店」 外観 62493738 入口

出典:thunaさんの投稿

「35COFFEE(スリーファイブコーヒー)」は、風化したサンゴを使って焙煎しているコーヒー屋さんです。沖縄ではサンゴの持ち出しは禁止されているので、サンゴを200度を熱して丁寧に作り上げたコーヒーはまさに沖縄にしかない希少なもの。お土産にもおすすめです。パッケージもスタイリッシュでおしゃれなので、ぜひコーヒー好きの友達や自分へのお土産にいかがでしょうか。

スリーファイブコーヒー ドン・キホーテ国際通り店の詳細情報

スリーファイブコーヒー ドン・キホーテ国際通り店

牧志、美栄橋、安里 / カフェ

住所
沖縄県那覇市松尾2-8-19 ドン・キホーテ国際通り店 2F
営業時間
11:00~20:00
定休日
不定休(ドン・キホーテ国際通り店に準ずる)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

沖縄を感じられる伝統工芸をお土産に…

10.奥原硝子製造所の琉球ガラス

自宅インテリアがぐっとおしゃれになる

素朴で実用的なお土産といえば、琉球ガラスはいかがでしょう?那覇市内では空港を含め、美しい琉球ガラスのグラスやお皿、小物などを購入できるお店があります。なかでもおすすめなのが、市内の「てんぶす那覇」に内設している「奥原硝子製造所」。琉球ガラスの伝統を守って、廃瓶を利用し、再生ガラスで作っています。奥原硝子と言えば、“ライトラムネ色”が人気。くすんだ青みがおしゃれで、自宅インテリアにも合わせやすいですよ。

てんぶす那覇の詳細情報

てんぶす那覇

住所
沖縄県那覇市牧志3-2-10
アクセス
ゆいレール牧志駅から徒歩5分
営業時間
9:00〜22:00(店舗・施設により異なる)

データ提供

11.ギョサン

しまんちゅ愛用のとっても頑丈なビーチサンダル

伊豆大島名物、ギョサン

「ギョサン」とは、沖縄県民に広く浸透している頑丈なビーチサンダルのこと。もともとは小笠原で漁業従事者専用のサンダルとして用いられていたそうですが、1年を通して暑くスコールも多い沖縄での必需品として、現在はとても人気があるそう。ペレット樹脂でできているギョサンは、履いてみるととてもしっかりとした造りで、実際に滅多なことでは壊れないのだとか!お値段も大体1,000円以下とリーズナブルですし、色やデザインもたくさんあるので、お土産にもピッタリです。購入はお土産店かマリンレジャー関係のお店をのぞいてみて。

12.「焼き物(やちむん)」器やコップ

「やちむん」とは、沖縄で陶器全般を意味する言葉です。沖縄の陶器はぽってりとしていて厚みがあるのが特徴的で、力強い模様が描かれているものも多いです。普段使いにもピッタリですよ♪大きなお皿類からマグカップ、お茶碗などバリエーションも豊富なので、器好きの女子友や、料理好きの友人へのお土産にいかがでしょうか。

お気に入りを探すなら「ふくら舎」へ

お気に入りを探すなら「ふくら舎」へ2309108

出典:

やちむんは那覇市のお土産屋さんなどでも購入できますが、いろいろ見比べて選びたいなら桜坂劇場内にある「ふくら舎」へ。店内には大小さまざま、いろいろな種類のやちむんが所狭しと並んでいて、お気に入りを探すのも楽しいですよ。琉球ガラスも扱っているので、ぜひそちらもチェックしてみて♪

ふくら舎の詳細情報

ふくら舎

住所
沖縄県那覇市牧志3-6-10 桜坂劇場内
アクセス
ゆいレール美栄橋駅から徒歩15分
定休日
なし

データ提供

選ぶとき、買うとき、家に帰ってからも楽しいが続く♪

オレンジの瓦にシーサー、庭のハイビスカス🌺、沖縄だね〜

友達や同僚にお土産を渡すと会話が弾んで楽しい気分を共有できるのがいいですよね。誰に買おうかな…?と悩んでいるときも楽しい。自宅に持ち帰れば、後で旅の思い出がよみがえるのも、なんだか感傷的になれていいものです。美味しい沖縄の味や旅の思い出を、お土産でシェアしてみてくださいね。

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ