「マッサン」の夢がココに。ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

「マッサン」の夢がココに。ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

北海道「余市」。そこは、NHKドラマ『マッサン』のモデルとなった竹鶴政孝が、スコットランドに似た気候にほれ込み、ウイスキー作りへの夢を追いかけた「ウイスキーの聖地」です。余市蒸溜所内には、1936年に誕生した1号ポットスチルも健在しており、場内を自由にめぐることはもちろん、ガイド付き見学ツアーに参加することもできます。竹鶴と妻リタのウイスキー作りにかけた情熱を感じに、「余市」を訪れてみませんか?

2016年04月07日

「余市」は日本のウイスキーの理想郷

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」ドリンク 13859 竹鶴21年 15cc 400円

出典:☆流れ星さんの投稿

北海道余市町はニッカウヰスキー生誕の地です。創業者、竹鶴政孝氏がウイスキーの本場スコットランドに似た気候や風土を求めてたどり着いたのがここ余市でした。

「余市」は日本のウイスキーの理想郷13860

出典:

ニッカウヰスキーはこのマークでも有名ですね。ウイスキー開発の苦労をしのばせる、当時のままの建物や資料はとても見ごたえがあります。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」その他 13861

出典:キャノンデールさんの投稿

そして、NHKの朝ドラでも竹鶴政孝氏とリタ夫人をモデルにした「マッサン」が放送され、好評を博しました。そのドラマの影響もあり、余市蒸溜所見学がブームになっています。ウイスキー好きはもちろん、「マッサン」を見ていなくてもお酒が飲めなくても楽しめる工場見学に行ってみましょう!

はじめにニッカウヰスキーについて知っておきましょう

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13863

出典:虎の子とらぼーさんの投稿

日本のウイスキーの父と言われるニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝氏は大阪で酒造会社に勤めていた大正時代、単身でスコットランドに留学し、本場のウイスキーづくりを学んでいました。そこで出会ったリタ夫人と結婚し、日本でのウイスキーづくりを目指します。しかし、世は世界一次大戦後の不景気でウイスキーづくりの計画は受け入れてもらえませんでした。大阪の酒造会社を辞めた竹鶴氏は、サントリーの前身である寿屋に入り6年目に念願の国産第一号ウイスキーの製造を果たします。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」その他 13864

出典:K-BIGSTONEさんの投稿

その後、さらなる理想のウイスキーづくりを目指して余市に移り、ニッカの前身である「大日本果汁株式会社」を設立。りんごジュースなどの製造をしながらウイスキーの原酒を作り、ついに1940年、ニッカウヰスキー第1号を出荷しました。その後の功績は大きく、ニッカウヰスキーは今や日本を代表するメーカーへと成長し、現在に至っています。

ドラマの風景がそのままに。余市蒸溜所へ

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」外観 13867

出典:グランクラスさんの投稿

ニッカウヰスキー余市蒸溜所は、昭和9年(1934年)に創業者である竹鶴政孝氏が開設した工場です。広大な敷地面積を誇り、現在でもウイスキーが製造されています。余市の駅からは歩いていけるほど至近距離なので、アクセスも抜群です。また、小樽の隣町なので、小樽観光のついでに寄るのもおすすめですよ。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」外観 13868 入口

出典:keipon0414さんの投稿

余市蒸溜所に入るには、この入り口を通っていきます。まずはこちらで見学の申し込みを。自由に見学できますが、見どころを詳しく説明してくれるガイドさん付きの見学が初めての方にはおすすめです。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」外観 13869

出典:samasamaのココロさんの投稿

見学は無料、試飲も無料なのが嬉しいところ。戦前に建築されたという、歴史のある建物は北海道遺産でもあり、国の登録有形文化財に指定されている物もあるそうです。

世界でも珍しい伝統的な蒸溜方法

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13871

出典:DGDさんの投稿

余市蒸溜所では、伝統的な「石炭直火蒸溜」を現在でも行っていて、その作業を見学することができます。1936年に誕生した第1号ポットスチルも健在です。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13872

出典:☆流れ星さんの投稿

ここでは熟練の職人(スチルマン)が火力を調節するため、10分~15分おきに石炭をくべたり、灰を掻き出しています。温度が上がりすぎては良いウイスキーができないのだそう。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13873

出典:DGDさんの投稿

貯蔵庫に並ぶ熟成樽。出来たばかりのウイスキーの原酒は透明ですが、年月をかけて琥珀色に変化していきます。

ウイスキー博物館を見学

ウイスキー博物館は、ウイスキーづくりの方法や道具、歴史を知ることができる「ウイスキー館」と竹鶴政孝氏とリタ夫人の遺品や写真が展示されている「ニッカ館」に分かれています。どちらも余市蒸溜所に来たら必ず見ておきたいポイント。ここを見たらウイスキーに対する興味がさらに深まるはずです。
「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13876 圧巻の存在感

出典:☆流れ星さんの投稿

貯蔵庫を改装したウイスキー博物館。入ってすぐにポットスチルと樽が並んでいます。ウイスキーづくりの道具やパネル展示もあります。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13877 博物館

出典:☆流れ星さんの投稿

歴代のニッカ製品や珍しいボトルも展示されていて、歴史を知ることができますよ。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13878

出典:samasamaのココロさんの投稿

こちらは何と、第1号のウイスキー。1940年に製造された物です。とても貴重ですね。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13879 スコットランドの雰囲気です

出典:☆流れ星さんの投稿

ウイスキー館の最後には余市モルトが無料で試飲できるほか、ニッカ製品や世界のウイスキーが飲める有料の試飲コーナーがあります。大人のバーといった素敵な雰囲気。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13880

出典:DGDさんの投稿

ニッカ館では2人が生前使っていた家具やリタ夫人の生家のリビングを復元したコーナーもあります。「大日本果汁株式会社」から「ニッカウヰスキー株式会社」に変わるまでの時代を中心に遺品や写真を展示したコーナーも見どころですよ。

竹鶴氏とリタ夫人の暮らした家や貴重な建築物

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」外観 13882 旧竹鶴邸(復元)

出典:グランクラスさんの投稿

余市蒸溜所の一角には、当時竹鶴氏とリタ夫人が暮らした家がそのまま移築されています。和洋折衷スタイルの素敵な家。ともに苦労を乗り越えてきた二人が今もそこにいるようです。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13883 リタ・ハウス

出典:★スマイル★さんの投稿

「リタハウス」と名付けられた洋館。昔はここで研究が行われていたようです。現在は外観のみの展示になっています。

竹鶴氏とリタ夫人の暮らした家や貴重な建築物13884

出典:

昭和9年に建築された旧事務所。ニッカウヰスキーの原点となった場所で、余市町から指定文化財に認定されています。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13885 大日本果汁(ニッカ)社屋

出典:☆流れ星さんの投稿

当時はまだウイスキーの出荷ができず、余市名産のりんごを使ったジュースを売る「大日本果汁株式会社」として経営していました。ニッカウヰスキーに社名変更したのは昭和27年のことでした。

おまちかね!試飲会場へ行ってみましょう

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」外観 13887 試飲会場に到着!

出典:eb2002621さんの投稿

ニッカウヰスキー余市蒸溜所見学でも特に人気があるのは、何と言ってもウイスキーの試飲ですね。会場は「ニッカ会館」の2階にあります。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13888

出典:tmmr1038さんの投稿

とっても広い試飲会場。たくさんのお客さんで賑わっています。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13889 余市

出典:トムさんの投稿

ここではセルフサービスでウイスキーを3種類試飲できます。水や炭酸、氷なども自由に使えますので、お好みでどうぞ。

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13890 りんごのほっぺ

出典:トムさんの投稿

お子様やハンドルキーパーの方にはソフトドリンクも用意されています。このりんごジュースは余市名産。とっても美味しいですよ!

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」内観 13891

出典:DGDさんの投稿

有料ですがおつまみも売られていて、食べながら試飲できます。ウイスキー入りのチョコレートもおすすめ。

ニッカウヰスキー 余市蒸溜所の詳細情報

ニッカウヰスキー 余市蒸溜所

余市 / その他

住所
北海道余市郡余市町黒川町7-6 ニッカウヰスキー 余市蒸溜所 ニッカ会館 2F
営業時間
9:00~17:00
定休日
無休(年末年始除く)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

お土産も忘れずにね!

「ノースランド」外観 13894 ノースランドでお買い物。

出典:eb2002621さんの投稿

お土産はショップ「ノースランド」で。ウイスキーはもちろん、おつまみやお菓子もいろいろ売られていますよ。

「ノースランド」料理 13895 2014.12/これかわいい♪

出典:★スマイル★さんの投稿

こんなかわいいミニボトルを抱きかかえたクマも。お土産にもらうとうれしいですね。

ノースランドの詳細情報

ノースランド

余市 / その他

住所
北海道余市郡余市町黒川町7-6 ニッカウヰスキー余市蒸溜所
営業時間
9:15~17:00
定休日
無休(年末年始のみ休み)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

見学した方の感想

おわりに

「ニッカウヰスキー 余市蒸溜所」料理 13901

出典:キャノンデールさんの投稿

大人気のニッカウヰスキー余市蒸溜所見学。無料でここまで楽しめるのはとてもうれしいですね。ドラマと同じ風景に心躍らせた人も多いのではないでしょうか。北海道にいらしたときはぜひ余市まで足を伸ばして、ウイスキーづくりの情熱に触れてみてくださいね。

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード