2016年07月04日

レトロな街並みオランダ坂散策におすすめカフェ6選in長崎

レトロな街並みオランダ坂散策におすすめカフェ6選in長崎

江戸時代に外国人居留地である出島のあった長崎県には今でも異国情緒溢れる街並みが沢山残っています。ただ歩くだけでも楽しい街・長崎の観光スポットの一つ、旧長崎英国領事館の近くにある"オランダ坂"散策で、ふと目に入ったお店に入ってみませんか?長崎名物トルコライスのお店・映画に出てくるような素敵なお店、歴史を感じさせるグラバー園内にあるグラバーガーデンカフェなど、長崎ならではの異国情緒漂う個性豊かなカフェ6店を選びました。散歩の途中で少し立ち止まって、眼下に広がる長崎の街並みを眺めてみるのも素敵ですね。

明治の面影残る"オランダ坂"

654401

出典:

江戸時代に幕府が唯一貿易を許していた国・オランダ。その居留地である出島に住むオランダ人の影響で、幕府崩壊後の明治維新になっても西洋人は「オランダさん」と呼ばれて長崎の人から親しまれていました。彼らが上り下りする坂は「オランダさんが通る坂」という意味から「オランダ坂」と愛情を込めて呼ばれるように。そんなオランダ坂近辺の、長崎を感じさせてくれるカフェのご紹介です!

EIGHT FLAG(エイトフラッグ)/大浦海岸通

異国情緒あふれる港町長崎の素敵な紅茶専門店

「エイトフラッグ」料理 652113

出典:saki_1010さんの投稿

紅茶専門店の「エイトフラッグ」。紅茶専門店とは言えこちらのチョコバナナワッフルは焼きたてのふわふわでありながらたっぷりと満足感を味わえます。焼きたてワッフルを生クリームと一緒に口の中へ!あっという間に食べ終えてしまいます。

「エイトフラッグ」ドリンク 652115

出典:まっしゃーさんの投稿

オレンジマーマレードティーは英国気分に浸れる味で女性にうってつけ!他にもアッサムミルクティーやロシアンティーなども美味しいですよ。葉がじっくりと開くまで蒸らしながら、その間ゆったりと長崎観光の話に花を咲かせましょう。

ティーワッフル・オレンジマーマレードワッフル・チョコレートワッフルなどの鉄板ワッフルが楽しめます。全席禁煙で紅茶の香りが漂う店内。紅茶教室もやっていて地元民からも愛されるお店です。

「エイトフラッグ」外観 652120 外観①

出典:かずひこにゃんさんの投稿

映画のワンシーンを切り取ったかのような外観。大浦海岸通り沿いのお店なので潮風も感られますよ。

「エイトフラッグ」が立っている場所はなんと、旧グラバー商会の跡地の一角だそうです!英国製のアンティーク家具を置いた店内は時間が経つのを忘れくつろげますよ。歴史を感じながら、異国情緒を感じられるおすすめのスポットです。

エイトフラッグの詳細情報

エイトフラッグ

大浦海岸通、大浦天主堂、メディカルセンター / カフェ、紅茶専門店

住所
長崎県長崎市大浦町5-45
営業時間
14:00~19:00
定休日
月曜(不定休)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

キズナカフェ/大浦天主堂下駅

新進気鋭のマクロビオティックカフェ

「キズナカフェ」料理 652161 彩り野菜カレー

出典:

マクロビオティックな食材を食べて身体の”内側”も”外側”も元気に美しくなりましょう!彩り野菜のカレーは見た目にも美味しそうですが、隠し味として長崎の特産品であるビワの種の粉がまぶされているそう。他にも車麩やひよこ豆を始めとした沢山の野菜がゴロッと入ったランチプレートなど、心身を柔らかく揉み解してくれるメニューが楽しめます。

「キズナカフェ」料理 652162 ◆『びわ』を使用したケーキや、タルト他、オリジナルケーキが豊富です!◆

出典:

スイーツも専門のパティシエが腕によりをかけて手作りしておりとっても美味しいんですよ。長崎名産ビワのタルトやケーキ・特製素材を使ったパフェも人気です。

「キズナカフェ」のお昼の人気メニュー・ランチプレートは全て植物性の材料を用いて手作りされています。野菜サラダはもちろんのこと、揚げ物・焼き野菜・豆乳グラタン・豆のトマトソース煮・自家焙煎コーヒーor紅茶・パティシエお手製のデザートの他、びわ茶まで出てきます。

「キズナカフェ」内観 652179 ◆デートなど、まったりとお寛ぎ頂ける落ち着いた店内◆

出典:

贅沢な空間を楽しめるホテルのラウンジのようなカフェです。お客様の心身をくつろがせることや美容効果の高いと言われる料理が食べられます。室内も天井を高くして、気の巡りを良くしているそうです。

「キズナカフェ」外観 652181 ◆マンションヴィラコモンの1階です◆

出典:

かつてフランス領事館だった場所の跡地に新しくオープンしたカフェ。どことなくフランスのキッチンへお呼ばれしてホームパーティーをしているかのような、元気で陽気な力が漲る外観です。

ぐんぐんと人気上昇中のカフェレストラン「キズナ」。長崎港に程近く夏には船上から打ち上げられる花火を見ながらお食事が出来るという絶好のロケーションにあります!

キズナカフェの詳細情報

キズナカフェ

大浦天主堂下、石橋、大浦海岸通 / パスタ、カフェ、アイスクリーム

住所
長崎県長崎市南山手4-28 ヴィラ・コモン南山手 1F
営業時間
11:00~14:00 ランチタイム ※17:00以降は、ご予約にて対応致します。
定休日
毎週火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

カステラの長崎堂/大浦天主堂下駅

実力・人気ともに長崎を代表するカステラの名店!

「カステラの長崎堂」料理 653537 ざらめたっぷりのカステラ

出典:レモンジンジャーさんの投稿

長崎の地元の人たちがカステラの良し悪しを判断する材料の一つとして表面にまぶされた「ザラメ」の量が決め手となるそうです。その点、長崎堂のカステラは開けてびっくり!表面に「ザラメ」がビシーっとまぶされています。雪のように決めの細やかなスポンジ生地や新鮮さを物語る鶏卵の香り高さ、食べる前から甘さを伝えてくれるハチミツなど、こだわり素材が使われています。

「カステラの長崎堂」料理 651960 チョコ味

出典:ミラクル ぷっちょさんの投稿

長崎堂の更なる挑戦として作られた「チョコレートカステラ」は食べはじめから食べ終わるまで一貫してふわふわふわっとした食感が続きます。ケーキとは違った軽い口どけで何個でも食べられそうな気がします。

「カステラの長崎堂」料理 653534 ちゃんぽん

出典:Kenny Aさんの投稿

長崎堂の2階には軽喫茶もあります。それも「カステラ」や「ケーキ」だけには留まらず、軽食のちゃんぽん・ラーメン、果ては、長崎名物トルコライスまで味わえるんです。

大浦天主堂の坂道の下に店を構えて繁盛しているだけあって坂道を登ってでも「買いに行きたい!」「食べに行きたい!」と思わせる魅力を持った名店です。軽食は中華街の名店にも引けを取らないと評判の旨さ!

「カステラの長崎堂」内観 651968

出典:misumisuさんの投稿

ここで買ったカステラや軽食を店内で食べることができます。落ち着いて親しみやすい内観。

「カステラの長崎堂」外観 651969

出典:にーくんさんの投稿

カステラカラーの黄色の看板が目印です。のぼりや看板が大きく掲げてあるので見つけやすい外観になっています。

お土産や家用、旅の散策のお供など、様々なシチュエーションで美味しく食べられる逸品です。また、こちらを訪れた際は是非軽食も味わってみてください。カステラ屋で長崎ちゃんぽんが食べられるあたりに長崎のソウルフードの浸透力が伺えます。

カステラの長崎堂の詳細情報

カステラの長崎堂

大浦天主堂、大浦海岸通、石橋 / カフェ、和菓子、ケーキ

住所
長崎県長崎市松が枝町5-6
営業時間
売店 8:30~18:30 カフェ 8:30~18:00 レストラン 9:00~16:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

ラウンジ トレビ/大浦天主堂下駅

長崎の地元っ子にまで愛されている開放感漂うラウンジ

「ラウンジ トレビ」料理 653909 シュガーキューブ

出典:ちゃごさんの投稿

その名の通りまわりをシュガーでみっちりと固めてある「シュガーキューブ」。おもいっきり甘いコーティングに対して中身は酸味たっぷりのビワのジャムが溢れるほど入っています。甘みと酸味のバランスがちょうどいい素敵なケーキです!

「ラウンジ トレビ」ドリンク 653894

出典:一級うん築士さんの投稿

「007」ことジェームス・ボンドの愛するシェーカーを用いてカクテルされたウォッカ・マティーニがこの店の看板メニュー。

コーヒー・紅茶はお代わり自由!種類豊富なケーキと一緒に素敵なコーヒー・ティータイムを楽しめそうです。

「ラウンジ トレビ」内観 654487 カウンターではないが

出典:一級うん築士さんの投稿

広い店内、窓はガラス張りで高めの天井。たっぷりとくつろげるゆとりある椅子。長崎一の評判も伊達ではない心地よい開放感とリラックス効果をもたらしてくれるお店です。

コーヒーや紅茶のお代わり自由とあって午後を丸々、このラウンジでの休息に当てたくなりますね。

ラウンジ トレビの詳細情報

ラウンジ トレビ

大浦天主堂、大浦海岸通、石橋 / バー、カフェ、ケーキ

住所
長崎県長崎市南山手町1-18 ANAクラウンプラザホテル長崎グラバーヒル 1F
営業時間
10:00~24:00(L.O.23:30)
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

オランダ坂から少し歩けばグラバー園♪

長崎の地元っ子にまで愛されている開放感漂うラウンジ653552

出典:

グラバー園は幕末の動乱期に長崎が開港した後、この街に住み暮したイギリス人商人「グラバー」ら3家族の私邸があった敷地に、長崎市内に残っていた歴史的建造物を移築しています。余談ですが、グラバーの弟「フレデリック・リンガー」の明るいイメージから現在全国展開をしている長崎ちゃんぽんの有名チェーン店「リンガーハット」が作られました。オランダ坂からグラバー園までは、だいたい徒歩で15分〜20分で到着です。ここからはグラバー園内にあるカフェをご紹介していきます。(入園料がかかりますのでご注意を!)

自由亭/大浦天主堂下駅

江戸末期、日本いち早く長崎に出来た西洋レストランの跡地

「自由亭」料理 652033

出典:食いしん坊のメソッドさんの投稿

ここ「自由亭」は「旧グラバー邸」の中に作られた喫茶室。特にオランダ人になじみの深い「ダッチコーヒー」がおすすめです。24時間かけて水出しで一雫ずつ出された香り高いコーヒーをご賞味ください!

「自由亭」料理 652037

出典:近江さんの投稿

チーズのしっとりした食感が心をくすぐる逸品。濃厚なチーズケーキを召し上がれ!

「自由亭」内観 652038

出典:ゆめゆめさんの投稿

この景観の素晴らしいことと言ったら!グラバーが住んでいた当時も一級地だったのではないでしょうか。坂道を登り切った者だけが見ることのできる、眼前に広がる坂の下の海と街。

「自由亭」外観 652039 西洋料理 発祥の碑

出典:akiiさんの投稿

この建物は元々、「自由亭」という日本最初の西洋料理のお店だったもの。店主の草野丈吉氏が出島のオランダ人から西洋料理を教わり、1863年(文久3年)明治維新を前に文明開化の風に乗り、自宅を改築して日本初の西洋レストランを開業しています。

現在使われている建物は明治11年に市内の馬町に進出した時に改築された西洋レストランです。明治天皇を始め、ロシア皇太子やイタリヤの皇族、元アメリカ大統領などそうそうたる各国の来賓が「自由亭」を訪れ繁盛していたのだとか。その後、建物は長崎裁判所の検事用宿舎として用いられていましたが、「自由亭」の昔を惜しむ声などに後押しされグラバー園に移築復元され、現在の自由亭喫茶室となっています。

自由亭喫茶室の詳細情報

自由亭喫茶室

石橋、大浦天主堂、大浦海岸通 / カフェ

住所
長崎県長崎市南山手町8-1 グラバー園内
営業時間
9:00~17:30 (17:00/L.O) ********************* グラバー園夜間開園時のみ [月~金] 10:00~18:30(18:00/L.O) [土・日・祝] 9:30~19:00(18:30/L.O)
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

グラバーガーデンカフェ /グラバー園内

グラバー園の中のカフェ・スイーツ・軽食のお店

「グラバーガーデンカフェ」料理 652060 ソフトクリーム(500円)

出典:macponさんの投稿

自然豊かで開放ムード満点のグラバー園の屋外飲食スペースに腰掛けて、今話題の「クレミア(cremia)」を食べましょう。コーンの部分が「ラングドシャ」、アイスクリームは生クリーム25%と濃厚なプレミアムソフトです。

「グラバーガーデンカフェ」料理 652057 食べるミルクセーキ

出典:あっかん兵衛さんの投稿

ミルクセーキは長崎発祥の食べ物。とっても冷たくてどこか懐かしさを覚える練乳の配合が味わえます。かき氷部分とのバランスがよく即座にペロリと食べてしまえます。

毎年7月中旬から9月いっぱいにかけてビアガーデンもオープンしています。グラバー園は昼も夜も満喫することができる大人のスポットです。ちなみにグラバー邸のグラバー氏は1885年に日本初のビール産業振興を起こした方。つまり、日本のビールの父と言われる人でもあるのです。

「グラバーガーデンカフェ」内観 652099

出典:ユーキ。さんの投稿

冷たい飲み物やソフトクリームが楽しめます。グラバー園内の散策の途中で一息つきませんか?

「グラバーガーデンカフェ」ドリンク 653576

出典:酒恩寺 肉男さんの投稿

キリンビールを創業したグラバーとビジネスパートナーのウォーカー。そのウォーカーが日露戦争の始まった1904年に発売したのが「バンザイサイダー」です。

長らく幻のサイダーとされていた「BANZAIサイダー」ですが、ウォーカーのひ孫に当たる人が情熱と根気を傾け復刻にこぎつけました。是非、ご賞味ください。

グラバーガーデンカフェの詳細情報

グラバーガーデンカフェ

石橋、大浦天主堂下、大浦海岸通 / カフェ、ソフトクリーム

住所
長崎県長崎市南山手町8-1 グラバー園
営業時間
10:00~17:00 *4月~12月  (期間外でも営業する場合あり)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

異国情緒漂うオランダ坂の散策はいかが?

いかがでしたか?出島で取引をしていた「オランダ」をはじめ「イギリス」「フランス」「アメリカ」などの人々が、明治の開国とともに押し寄せてきた港町・長崎。その歴史の匂いがオランダ坂をはじめとした長崎にはまだ色濃く残っています。観光スポットの多く集まるオランダ坂近辺の散策をしつつ、カフェでゆっくり街並みを眺めるひと時はいかがでしょうか。

長崎県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ