身も心もほっこり♡「おしるこ&ぜんざい」東京の人気店9選

身も心もほっこり♡「おしるこ&ぜんざい」東京の人気店9選

甘いおしるこやぜんざいを食べれば、身も心もほっこり♡モチモチの餅や白玉、栗などを一緒に食べれば、さらに幸せ気分に♪おしるこやぜんざいの名店は、東京にもたくさんあります。その中でも長く愛されている名店をご紹介♪これで寒い冬もばっちりです!

2016年08月12日

ほっこり♪おしるこ&ぜんざい

ほっこり♪おしるこ&ぜんざい707668

出典:tecさんの投稿

ふと食べたくなるホッとする味、おしるこ&ぜんざい。1年中食べられるお店もあれば、季節限定で提供しているお店もあり、お店によってスタイルもさまざま!今回は、東京のおしるこやぜんざいの名店をご紹介いたします。ぜひチェックしてみてくださいね♪

「おしるこ」「ぜんざい」の違いは?

お店をご紹介する前に…、「おしるこ」と「ぜんざい」の違いはご存知ですか?実は大きな違いがあります。その違いは諸説ありますが、一番大きな差は地域によって呼び方が変わること。東京のお店なので関東のおしることぜんざいをご紹介しますが、その呼び方の違いについてご説明します。

おしるこ

おしるこ707677

出典:なみじろうさんの投稿

おしるこは、関東では『粒あんまたはこしあんで作った汁気があるもの』、関西では『こしあんでつくられた汁気のあるもの』をさします。どちらも餅などが入るのは共通しています。
さらに細かく関東では「しるこ→粒あん、こしあんで作ったもの」「田舎しるこ→粒あんで作ったもの」「御膳しるこ→こしあんで作ったもの」という分類をされます。知っておけば注文の時に困りませんね♪
おしるこ707670

出典:kirin5さんの投稿

ぜんざい

ぜんざい707674

出典:肥後もっこすさんの投稿

ぜんざいとは、関東では『汁気がないあんこのもの』、関西では『粒あんで作られた汁気のあるもの』のことを言います。こちらも餅や白玉などが入ることは共通しています。
関東でいう汁気のないぜんざいのことは、関西では「亀山」と呼ばれています。
ぜんざい707673

出典:chizuさんの投稿

それでは、東京の「おしるこ」&「ぜんざい」の名店をご紹介します♪

「おしるこ&ぜんざい」の人気店9選

梅園 浅草本店 (うめぞの)

創業安政元年(1854年)、元祖「あわぜんざい」で東京名物となった老舗。160余年甘味専門の店として、伝統の味を伝え続けている名店です。
「梅園 浅草本店」料理 709092

出典:一期一会のあじさんの投稿

上品な甘みのある「田舎しるこ」。誰もが安心して食べられる、歴史ある王道の味です。

「梅園 浅草本店」料理 708628

出典:.みかげ.さんの投稿

「あわぜんざい」現在はあわではなく、餅きびを使用しています。熱々でモチモチと粘り強い食感が癖になる名品です。

「梅園 浅草本店」外観 708629 お店の外観

出典:tomoseipapaさんの投稿

浅草駅の6番出口から徒歩約2分。浅草寺に向かって仲見世通りの裏通りにあります。

梅園 浅草本店の詳細情報

梅園 浅草本店

浅草(東武・都営・メトロ)、浅草(つくばEXP)、田原町 / 甘味処、カフェ・喫茶(その他)、和菓子

住所
東京都台東区浅草1-31-12
営業時間
10:00~20:00
定休日
水曜(祝日の場合は翌日休)・月2回不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

竹むら (たけむら)

創業の昭和5年から、変わらぬ味を提供し続けている老舗の甘味処です。木造3階建ての創業当時から変わらないその建物は、東京都選定歴史的建造物に指定されています。
「竹むら」料理 710338 田舎しるこ770円

出典:Wine, women an' songさんの投稿

すっきりした上品な甘さの「田舎しるこ」は、身に染みる優しい味。やわらかく香ばしい焼き餅は、小ぶりで食べやすいです。

「竹むら」料理 708668 漉し餡メインで小豆粒がトッピング♪

出典:玉かずらさんの投稿

「あわぜんざい」は、サラリとした甘さ控えめのこしあんに小豆トッピング♪もちもちプチプチの粟の食感がそのまま残されています。

「竹むら」外観 708669 燃えないでね・・・

出典:玉かずらさんの投稿

淡路町駅から徒歩約3分。日本らしいこの佇まいは、知らなくても足が止まりそうなほど風情があります。

竹むらの詳細情報

5000竹むら

淡路町、小川町、新御茶ノ水 / 甘味処、かき氷、和菓子

住所
東京都千代田区神田須田町1-19
営業時間
11:00~20:00(L.O.19:40)
定休日
日曜・月曜・祝日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

みはし 上野本店

昭和23年、上野公園前にあんみつ屋として創業したみはし。あんみつが看板商品ですが、それ以外にも安定したこだわりの詰まった甘味がたくさんあり、多くのファンがいます。
「みはし 上野本店」料理 710390

出典:あこvさんの投稿

「田舎しるこ」熱々の甘さ控えめのあんに、香ばしい小ぶりのお餅が美味!ホッとする味です。

「みはし 上野本店」料理 708708 あわぜんざい

出典:moto984さんの投稿

10月から4月の季節限定で出される「あわぜんざい」。北海道産のもちきびを使用し、ぷちぷち&もちもちの食感とこしあんが絶妙なハーモニー♪隠れた人気メニューです。

「みはし 上野本店」外観 708709 外観

出典:あすかりんさんの投稿

上野駅から徒歩約3分。人が絶えない名店です。 

みはし 上野本店の詳細情報

みはし 上野本店

京成上野、上野御徒町、上野広小路 / 甘味処、かき氷、喫茶店

住所
東京都台東区上野4-9-7
営業時間
10:30~21:30(L.O.21:00)
定休日
不定休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

紀の善 (きのぜん)

神楽坂といったら「紀の善」と言われるほどの有名店です。「原料を吟味、丁寧な手作り」をモットーに四季折々の自家製甘味がいただけます。
「紀の善」料理 708773 田舎しるこ

出典:Ranunさんの投稿

「田舎しるこ」甘さ控えめで、あずきの美味しさをしっかりと実感できます。安定感のある一品。

「紀の善」料理 708772

出典:Ronsonさんの投稿

“桜が咲く頃までに食べる”と作家が記したほどの「粟ぜんざい」。粟の触感とあんのサラリとした甘さが絶品です。

「紀の善」外観 708799

出典:神楽坂ごはんさんの投稿

飯田橋駅から徒歩約3分。こちらもいつも賑わっている人気店です。

紀の善の詳細情報

5000紀の善

飯田橋、牛込神楽坂、神楽坂 / 甘味処、かき氷、釜飯

住所
東京都新宿区神楽坂1-12 紀の善ビル
営業時間
[火~土] 11:00~20:00(L.O.19:30) [日・祝] 11:30~18:00(L.O.17:00)
定休日
月曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

銀座 鹿乃子 本店 (ぎんざかのこ)

独特の技術で手作りの和菓子“かのこ”専門店として人気のある名店。新たな甘味を!という多数の要望を実現させ、オープンした甘味処です。
「銀座 鹿乃子 本店 」料理 708970 栗ぜんざい

出典:おつむさんの投稿

「栗ぜんざい」は、あんも栗もたっぷり!小豆の良さが引き立っていて、食感も楽しめる一品です。

「銀座 鹿乃子 本店 」外観 708971 外観

出典:tabememoさんの投稿

銀座駅から徒歩約2分、1階が販売スペース、2階が甘味処です。

銀座 鹿乃子 本店 の詳細情報

銀座 鹿乃子 本店

銀座、東銀座、銀座一丁目 / 和菓子、甘味処、かき氷

住所
東京都中央区銀座5-7-19 1F・2F
営業時間
[月~金.日] 1F売店10:30~19:00 2F喫茶11:30~19:00 (L.O.18:45) [土曜及び祝日前日] 1F売店10:30~20:00 2F喫茶11:30~20:00 (L.O.19:45) ※2F喫茶のランチは毎日営業 (11:30~14:00)
定休日
元旦
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

とらや 銀座店

室町時代に京都で創業し、後陽成天皇に和菓子を献上して以降、皇室御用達の製菓業となった歴史深い老舗の和菓子屋さんです。伝統を守りつつも、新しい展開をし続ける名店で和を感じられます。
「とらや 銀座店」料理 708805 おしるこ

出典:カミュcamusさんの投稿

「お汁粉(こし餡)」厳選素材の小豆・白小豆を基本に、和三盆で仕上げた贅沢な一品。まるで羊羹を溶かしたかのような舌に絡む独特の食感と、上品な甘さが後引く美味しさです。

「とらや 銀座店」料理 711322 あわぜんざい 1155円(単品)

出典:akiiさんの投稿

餅粟の風味を生かしてつくられた「あわぜんざい」。季節限定メニューとして、寒い季節に出されています。甘さ控えめのあんと、もちもちのあわが相性抜群です。

「とらや 銀座店」外観 708960

出典:まろんママさんの投稿

銀座駅のA2出口から、徒歩約4分。1階は和菓子の販売、2階がカフェになっています。

とらや 銀座店の詳細情報

とらや 銀座店

銀座、東銀座、新橋 / 和菓子、カフェ・喫茶(その他)、甘味処

住所
東京都中央区銀座7-8-6 1F
営業時間
1階 とらや [月~土] 10:00~20:00 [日・祝] 10:00~19:00 2階 虎屋菓寮 [月~土] 11:30~19:30(L.O.19:00) [日・祝] 11:30~19:00(L.O.18:30)
定休日
元日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

ぎおん 徳屋 原宿店

京都祇園に本店を構える人気店です。看板メニューのわらびもちと並び、自分でお餅を焼いていただけるメニューが評判です。
「ぎおん 徳屋 原宿店」料理 708732 普通のカメラでも

出典:みどりやまみつるさんの投稿

見た目にも楽しめる「花見こもち」。ぜんざい又はおしるこ、甘しょうゆ、きなこ、海苔、しその実の味で、お餅が楽しめます。

「ぎおん 徳屋 原宿店」料理 708733

出典:スイーツハンターKさんの投稿

各テーブルに設置されている焼き台で、自分でお餅を焼いて頂けます。

「ぎおん 徳屋 原宿店」外観 708767

出典:スイーツハンターKさんの投稿

原宿駅から徒歩約8分、ユナイテッドアローズ原宿本店のウィメンズ館1階にあります。

ぎおん 徳屋 原宿店

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

川志満 (KAWASHIMA)

「コーヒーとおしるこ」と書かれた看板が目を引く老舗喫茶店。昭和レトロな店内で、あんこを使ったさまざまなメニューをはじめ、ホッとする味を一年中味わえます。
「川志満」料理 709001 つぶあんはこんな感じ。

出典:morouhさんの投稿

「田舎しるこ(つぶあん)」は、自家製の小豆あんのツブツブ食感がばっちり!お餅の表面はカリっとした焼きが良いアクセントになっています。

「川志満」外観 709002 宝くじ売り場を併設。

出典:morouhさんの投稿

外苑前駅の3番出口から徒歩約1分。昭和テイストの看板が目を引くお店です。

川志満の詳細情報

川志満

外苑前、青山一丁目、表参道 / 喫茶店

住所
東京都港区北青山2-7-20 川志満ビル1F
営業時間
8時00分〜16時00分
定休日
土曜日、日曜日、祝日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

みつばち 本店

下町湯島で創業100年の歴史を誇る、老舗の甘味処。変わらない伝統の味を継続して提供し続けています。
「みつばち 本店」料理 709027

出典:生Qさんの投稿

「御膳しるこ」は、小豆の柔らかい旨みを感じられる一品。ほど良い焦げ目のついたお餅との相性が抜群です。

「みつばち 本店」料理 709028 ぜんざい(粒あん、キビ餅)

出典:犀の角さんの投稿

「ぜんざい(粒あん、キビ餅)」ほどよい甘さの小豆が絶品。中に隠れたお餅と共に、素材の味を感じられる一品です。

「みつばち 本店」外観 709063 みつばち@湯島

出典:ぽぱいさんの投稿

湯島駅2番出口から徒歩約2分です。

みつばち 本店の詳細情報

みつばち 本店

湯島、上野広小路、上野御徒町 / 甘味処、かき氷、アイスクリーム

住所
東京都文京区湯島3-38-10 ハニービル 1F
営業時間
売店 10:00~21:00 喫茶 10:30~20:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

まとめ

東京の「おしるこ&ぜんざい」の人気店を厳選して9店舗ご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?どのお店もこだわりの製法で作られており、それぞれ魅力のある味わいです。提供している期間などはお店によってさまざまなので、事前にチェックしてからお出かけください♪是非お好みのお店を見つけてみてくださいね!

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード