キャンプ場でのんびり湯!北海道の温泉があるキャンプ場7選

キャンプ場でのんびり湯!北海道の温泉があるキャンプ場7選

広大な空と大地が広がる北海道!手つかずの雄大な森とみずうみがあります。その自然を満喫するにはアウトドアがいちばん!一日満喫するならキャンプに限ります。北海道はキャンプ天国と言っても過言ではないくらい、リーズナブルで便利なキャンプ場がたくさんあります。今回はそんな北海道のキャンプ場の中から特に、温泉のあるキャンプ場をご紹介します。遊んでかいた汗やバーベキューの匂いを洗い流して、温泉につかりながらのんびり雄大な自然に身を任せませんか?

2016年10月08日

アウトドアの汗を流す!温泉のある北海道のキャンプ場

アウトドアの汗を流す!温泉のある北海道のキャンプ場832725

出典:オブ皇帝さんの投稿

キャンプというとアウトドアの定番としてテントを張ったりキャンピングカーでの車中泊、焼き肉バーベキューに釣り三昧などなど・・・・・・楽しみ方も人それぞれです。汗をかくのは当然のこと。そんなキャンプ地に温泉があったら、どれだけ便利なことでしょう!果てしない空と大地、瞬く星を眺めながら汗を流せる、そんな温泉のあるキャンプ場についてご案内します。

1.マイナスイオンたっぷりの総合施設「森林公園びふかアイランドキャンプ場」

1.マイナスイオンたっぷりの総合施設「森林公園びふかアイランドキャンプ場」829214

出典:

旭川から道北の稚内へ向かう国道40号線沿い、ちょうど中間地点にあるのが「森林公園びふかアイランド」です。キャンプ場とオートキャンプ場、コテージはもちろん、道の駅と温泉ホテル、さらに運動公園などが併設されており、広大な敷地の中を多目的に利用できる施設です。

1.マイナスイオンたっぷりの総合施設「森林公園びふかアイランドキャンプ場」829208

出典:

オートキャンプは1サイト2500円。フリーサイトは大人300円ととてもリーズナブル。天塩川(てしおがわ)と三日月湖に挟まれた広い敷地には、遊具広場やパークゴルフ場、テニスコートにグラウンドもあります。美深町の名産であるチョウザメを観覧できるチョウザメ館は入場料無料。

「びふか温泉」外観 829240 北海道の美深町にあります

出典:なまらうまいさんの投稿

日帰り入浴はありがたいことに午前10時から午後9時まで入浴可能。しかも400円と言う安さ。野外バーベキューの後でもゆっくり入浴できます。ちなみにホテルに泊まるなら一泊二食付きで8500円。泊まると美深名産のキャビアを食べることができます。

「びふか温泉」料理 829241 チョウザメ丼

出典:かつろさんの投稿

ここでしか食べられない一品「チョウザメ丼」は何と500円。タレに付け込んで食べやすい上品な味付けになっています。他メニューとして美幌牛のステーキや羊乳のプリンなどが人気です。

びふか温泉の詳細情報

びふか温泉

紋穂内 / 旅館

住所
北海道中川郡美深町紋穂内139
営業時間
【チェックイン】 15:00 【チェックアウト】 10:00 【浴場営業時間(宿泊者)】 15:00~24:00 6:00~8:00 【日帰り入浴】 10:00~21:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供

2.モール温泉でひと汗流す「十勝川エコロジーパークキャンプ場」

2.モール温泉でひと汗流す「十勝川エコロジーパークキャンプ場」829247

出典:

遊びどころ満載の「十勝川エコロジーパーク」。多種多様な設備の中でイチオシの「ふわふわドーム」は子供にはもちろん大人にも大人気です。

2.モール温泉でひと汗流す「十勝川エコロジーパークキャンプ場」829248

出典:

とにかく広い敷地は歩いては周りきれないほど。キャンプ場の他にコテージや遊具施設など幅広く楽しむことができます。こんなお洒落なコテージなら、わざわざテントを張らなくても・・・・・・と思ったりもします。お値段はテント一張1000円、オートキャンプが1500円、コテージは5名以上で14,400円~。

「ホテル大平原」内観 829252 露天風呂

出典:kagometomakoさんの投稿

エコロジーパークから車で2分。十勝川温泉街ではそれぞれの施設の時間、料金体系によって日帰り入浴ができます。写真はホテル大平原の露天風呂です。

ホテル大平原の詳細情報

ホテル大平原

札内 / 旅館

住所
北海道河東郡音更町十勝川温泉南15丁目1番地
平均予算
  • ¥6,000~¥7,999
  • ¥6,000~¥7,999

データ提供

3.太平洋とヨード含有量日本一の温泉「晩成温泉キャンプ場」

「晩成温泉」その他 829261 窓から太平洋

出典:かつろさんの投稿

一見手つかずのような広漠とした風景の中でキャンプをするのがアウトドアのアウトドアたる由縁です。太平洋を目の前にワイルドな時間を満喫できるキャンプ場がここ、大樹町の「晩成温泉キャンプ場」です。大樹町の晩成温泉、何てステキなネーミング!つまり「大器晩成」ということでしょうか?希望の湧くキャンプ場です。

「晩成温泉」その他 829262

出典:青空そんぼさんの投稿

炊事棟にコテージ、バンガロー、そしてもちろん温泉も同じ敷地内に併設しています。

「晩成温泉」その他 829263

出典:onikumaさんの投稿

「晩成温泉」のヨード含有の多さを示す新聞記事、とにかく濃い!まとわりつくようなヌメリ感が病みつきになる方も多いとか。あらゆる疾患に効果があるそうです。日帰り入浴は10時~21時、大人500円。

晩成温泉の詳細情報

晩成温泉

大樹町その他 / 旅館、定食・食堂、アイスクリーム

住所
北海道広尾郡大樹町字晩成
営業時間
食堂は11:00〜20:00 (温泉施設は10:00〜21:00(受付は20:30まで))
定休日
第2、4火曜日 (※10月から3月までは毎週火曜日)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

4.登山と釣りと観光の拠点にも「阿寒湖畔キャンプ場」

4.登山と釣りと観光の拠点にも「阿寒湖畔キャンプ場」829264

出典:

北海道を代表する観光地である阿寒湖にもキャンプ場があります。温泉街のすぐ近くなのでとても便利。

4.登山と釣りと観光の拠点にも「阿寒湖畔キャンプ場」829314

出典:

雌阿寒岳、雄阿寒岳の登山拠点、阿寒湖での釣りなどの拠点として利用する方の多いキャンプ場です。足湯と管理棟、炊事棟があります。利用料金は大人630円、子供315円で後払いもOK!道路を挟んですぐのところに観光客でにぎわう阿寒湖温泉街があり、何かと便利なキャンプ場です。

4.登山と釣りと観光の拠点にも「阿寒湖畔キャンプ場」829319

出典:

多くのホテルの立ち並ぶ阿寒湖温泉街では、それぞれに日帰り入浴を受け付けています。ただし夜遅い時間は日帰りを受け付けていないホテルもあります。そんなときにおすすめなのが、小さな公衆浴場「マリモの湯」。夜9時まで気の良い老夫婦が切り盛りしています。入浴料は500円。

5.SLが走る!「丸瀬布いこいの森キャンプ場」

5.SLが走る!「丸瀬布いこいの森キャンプ場」829328

出典:

オホーツク管内、遠軽町にある「丸瀬布(まるせっぷ)いこいの森キャンプ場」。場内をSLが走ることで有名なキャンプ場です。かつての林業運搬に使われた「雨宮21号」の乗車は大人500円。オートキャンプ場の他にバンガロー、昆虫生態館、温泉など充実の設備です。

5.SLが走る!「丸瀬布いこいの森キャンプ場」829330

出典:

敷地内を静かに流れるせせらぎは武利川(むりがわ)。渓流釣りを楽しむこともできます。入場料が高校生以上500円、小中学生300円かかりますが、キャンプサイトは多様。オートサイトは2000円~。フリーサイトは普通車500円~。またバンガロー宿泊も2500円~ととてもリーズナブルな設定になっています。

5.SLが走る!「丸瀬布いこいの森キャンプ場」829348

出典:

昆虫王国とも言える遠軽町丸瀬布。その全てが展示されている「昆虫生態館」もまた、いこいの森で人気の施設です。もちろん生態館の外でも多くの昆虫たちが飛び交っています。入場料は500円。

「丸瀬布温泉やまびこ」外観 829336 山の中です

出典:かつろさんの投稿

キャンプ場のすぐ目の前にあるのが日帰り温泉施設「丸瀬布温泉やまびこの湯」。午前10時から午後9時まで営業。入浴料500円。館内には、軽食メニューの多彩な食堂もあります。

丸瀬布温泉やまびこの詳細情報

丸瀬布温泉やまびこ

丸瀬布 / その他

住所
北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利53
営業時間
10:00~21:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

6.静謐な湖畔で朝を迎える「休暇村支笏湖モラップキャンプ場」

6.静謐な湖畔で朝を迎える「休暇村支笏湖モラップキャンプ場」828795

出典:スーパーリリさんの投稿

支笏湖周辺を国道453号線から温泉街を抜けて276号線へ入ってすぐのところにあるのが、「モラップキャンプ場」です。樽前山や風不死(ふっぷし)岳、恵庭岳(えにわだけ)を望む絶好のロケーションに位置します。凪いだ湖面に山が映る景観は最高です。湖では釣りを楽しむこともできます。

6.静謐な湖畔で朝を迎える「休暇村支笏湖モラップキャンプ場」828751

出典:

全体的に開放的なキャンプ場ですが、管理棟、炊事棟の他に、キャンプ場手前には売店と食堂があります。

6.静謐な湖畔で朝を迎える「休暇村支笏湖モラップキャンプ場」828785

出典:

湖畔でゆっくりと日の出を迎えられます。清々しい空気に包まれる至福のひとときです。貸出テントが4500円。利用料は大人500円、小中学生400円、幼児200円。

「休暇村支笏湖」外観 828778

出典:ガジオさんの投稿

モラップキャンプ場から車で3分、支笏湖温泉街にある休暇村支笏湖。外来入浴の時間は午前1時から午後4時まで。大人720円 小学生410円。

休暇村支笏湖の詳細情報

休暇村支笏湖

千歳市その他 / 旅館

住所
北海道千歳市支笏湖温泉番外地
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

7.山の中のアウトドアリゾート「エルム高原オートキャンプ場」

「ゼフィーロ」料理 828793

出典:久留米指向さんの投稿

道央道滝川インターから国道38号線を富良野方面へ向かうと左手に広大な丘が見えてきます。赤平市の「エルム高原リゾート」です。山そのものといってもいいくらいの超広大な敷地にオートキャンプ場からコテージ、河川公園、そして温泉と、何日でも滞在できるような設備が整っています。麓にはコンビニもあり、何不自由することなく大自然の中での生活を、心ゆくまで満喫することができます。

「ゼフィーロ」料理 828792

出典:久留米指向さんの投稿

テニスコートや長い滑り台など、とにかく設備が充実してキャンプ初心者でも安心して利用できます。隣接する家族旅行村との行き来も自由。入場料金は温泉入浴料込みで大人1000円。テントサイトが2000円。オートサイトは3000円~。連泊の場合2泊目以降入場料無料、さらに温泉100円引きになります。

「ゼフィーロ」料理 828794

出典:久留米指向さんの投稿

「エルム高原温泉ゆったり」中学生以上500円小学生以下300円。お得な回数券もあり、地元の方も多く利用しています。

いかがでしたか?

広大な大自然を有する北海道は、キャンプ場の敷地も広大です。その設備の充実ぶりとコストの安さは、他の都府県では考えられないことです。たくさんある北海道のキャンプ場から、特に温泉のあるキャンプ場を選び抜いてご紹介させて頂きました。アウトドアで汗をかいて、温泉で汗を流して、大自然を満喫――そんな想い出づくりの一助となれば幸いです。

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先