江戸の面影が色濃く残る「金沢三茶屋街」を歩いてみよう♪

江戸の面影が色濃く残る「金沢三茶屋街」を歩いてみよう♪

金沢には、「ひがし茶屋街」「にし茶屋街」「主計町(かずえまち)茶屋街」という3つの有名な茶屋街があります。金沢に茶屋街ができたのは1820年と言われており、今も当時の雅と粋を街並みの随所に感じることができるんですよ。以前よりも随分少なくはなりましたが、今も芸妓さんを抱えて営業しているお茶屋さんもあります。そんな金沢にある3つの茶屋街で、往時の面影に触れてみませんか?(2017年01月01日 最終更新)

石川県
エリア
金沢
キーワード
観光スポット
散策

金沢三茶屋街って、どんなところ?

出典:junjunjetさんの投稿

金沢三茶屋街とは「ひがし茶屋街」「にし茶屋街」「主計町(かずえまち)茶屋街」の3つを指します。

出典:忘却の空さんの投稿

金沢城下に茶屋街ができたのは1820年の頃と言われており、今も当時の面影を街並みの随所に感じることができるんですよ。

出典:gaapさんの投稿

茶屋街というのは、芸妓さんたちが活躍する花街のこと。

今は昔ほど多くはありませんが、それぞれの茶屋街で営業しているお茶屋さん(芸妓さんを呼んで歌や踊りを楽しむためのお店)もあります。

一見さんお断り?

出典:お酒さんの投稿

ただし、多くのお茶屋さんは「一見さんお断り」。お茶屋の常連さんからの紹介が無ければ入れません。そう聞くと敷居が高く感じるかもしれませんね。

出典:gaap師匠の弟子さんの投稿

しかしご安心を!お茶屋さんの中にはバーを併設しているお店もあるので、そちらであれば初めての人でも気軽に入ることができますよ。

出典:釜マニアさんの投稿

それでは、そんな金沢三茶屋街それぞれの魅力を詳しく見ていきましょう。

ひがし茶屋街

車でのアクセス

出典:adusukeさんの投稿

「ひがし茶屋街」は金沢城の北東に位置する茶屋街です。周辺にはいくつか観光駐車場がありますが、いつ来ても多くの車が停まっています。金沢駅からは車で10分程度の距離ですが、金沢市内は渋滞しやすいので時間に余裕を持って行くと安心です。

出格子の町並みが美しい

「ひがし茶屋街」の特徴は、なんといってもその街並みです。「木虫籠(きむすこ)」と呼ばれる美しい出格子は「ひがし茶屋街」ならではの光景。

初夏には古い街並みを燕が飛び交い、街並みに彩りを添えます。「ひがし茶屋街」を訪ねたら、ぜひ「金沢ひがし茶屋街 お茶屋美術館」と「不室屋(ふむろや)」に足を運んでみましょう。

「不室屋(ふむろや)」

出典:forever friendsさんの投稿

ひがし茶屋町を歩いていると突き当たりにあります。

「ひがし茶屋街」でお土産を買いたいときは、「不室屋(ふむろや)」を訪ねてみましょう。「不室屋」では、加賀麩を使ったスナックや即席みそ汁などが購入できます。生麩の取り扱いもありますので、宅配便で送ってもらっても良いですね。

出典:りえ姫さんの投稿

「不室屋」で特におすすめしたいのが「おやつ麩」。サクサク軽い食感のお麩でできたスナックです。

出典:高くて旨いは当たり前さんの投稿

ほんのり甘く香ばしいプレーンのほか、チーズとカレー味もあるので食べ比べてみるのもGood。お麩ならではの軽い食感が後引く美味しさです。

不室屋 東山店

北鉄金沢、七ツ屋、金沢 / スイーツ(その他)

住所
石川県金沢市東山1-25-3
電話番号
076-213-3330
営業時間
10:00~18:00
定休日
火曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供:

金沢ひがし茶屋街 お茶屋美術館

出典:

1820年に建てられた茶屋である「旧中屋」が、造り真そのまま美術館になりました。

「金沢ひがし茶屋街 お茶屋美術館」は江戸時代当時の花街文化を知ることができる資料館です。建物は江戸時代に建てられたもので、当時のお茶屋の造りがそのまま残っています。

出典:gaapさんの投稿

金沢の茶屋街でいう遊びとは、琴や三味線の演奏、歌、謡曲、お茶、和歌、俳諧のこと。お客様をもてなす芸妓さんはもちろん、金沢の花街で遊ぶ人も幅広い教養が求められました。

出典:

「金沢ひがし茶屋街 お茶屋美術館」には、当時実際に使われていた貴重な道具類も展示されています。

2階の「はなれ」にある「群青の間」は息を飲む美しさです。写真撮影は禁止なので、ぜひ実際に足を運んで見てみてください。

にし茶屋街

アクセスはバスが便利

出典:釜マニアさんの投稿

金沢駅から出ている北鉄バスに乗り、広小路で下車して徒歩3分のところにあります。

金沢城の南西に位置する「にし茶屋街」は、今も花街の雰囲気が色濃く残る場所です。「ひがし茶屋街」ほど賑やかではありませんが、しっとりとした花街の情緒を感じさせてくれます。

今でも芸妓置屋が立ち並ぶ

出典:

稽古場と管理事務所を兼ねる「西検番事務所」からは、運が良ければ、芸妓さんが稽古する三味線や琴の音が聞こえることも。

「にし茶屋街」は金沢三茶屋街の中で最も芸妓さんが多い茶屋街です。そんな「にし茶屋街」を訪れたらぜひ立ち寄ってほしいのが「落雁 諸江屋(もろえや)」と「甘納豆かわむら」。お土産に最適な可愛い和菓子を購入することができますよ。

落雁 諸江屋(もろえや)

出典:eb2002621さんの投稿

「落雁 諸江屋(もろえや)」は、江戸時代末期創業の老舗和菓子店です。

「落雁 諸江屋(もろえや)」は、江戸時代末期創業の老舗和菓子店です。

出典:まりゅたさんの投稿

国道157号線に面したところにある「落雁 諸江屋 本店」。1849年に創業し、この地で和菓子の伝統を守り続けています。「花うさぎ」や「加賀てまり」といった可愛らしいネーミングの落雁を口に入れると、優しい甘さが拡がります。ココア味の落雁もあるので、気になる人は要チェックです。

出典:KQさんの投稿

中でもイチオシのアイテムが「オトギクヅユ」。昔から栄養価が高いといわれ、風邪の症状を和らげる薬として重宝されてきた葛でできています。お椀に入れて熱湯を注げば、昔話の主人公たちが現れます。可愛らしいものが好きな方へのお土産に最適です。

落雁 諸江屋 本店

野町 / 和菓子

住所
石川県金沢市野町1-3-59
電話番号
076-245-2854
営業時間
8:30~18:30
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供:

甘納豆かわむら

出典:クオさんの投稿

にし茶屋街の奥、野町広小路バス停から徒歩3分です。

「甘納豆かわむら」は、甘納豆の専門店です。定番の大納言だけでなく、ひよこ豆やえんどう豆の甘納豆もあります。甘いものが苦手な方でもこちらは食べられるという方もいる程ですので、お土産にチェックしてみてくださいね。

出典:プラゴさんの投稿

お土産や、何種類も食べてみたい人にも嬉しい個包装もあります。

「甘納豆かわむら」の甘納豆は、パッケージもおしゃれ!でも、おしゃれなのは甘納豆だけではないんです。

出典:プラゴさんの投稿

こちら、なんだと思いますか?実は、筒状のパッケージに入った羊羹なんです。いちごやよもぎなど、一風変わったフレーバーもあるのでぜひ色々食べ比べてみてください。

TOP5000甘納豆かわむら

野町 / 和菓子

住所
石川県金沢市野町2-24-7
電話番号
076-282-7000
営業時間
[月~土] 9:30~18:00 [日・祝] 9:30~17:00
定休日
第 1.火曜日 (祝日の場合は営業)  夏季休業9/1~3日 冬期休業:1/1~3日 
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供:

主計町(かずえまち)茶屋街

ひがし茶屋街とセットで観たい

出典:a-ruさんの投稿

ひがし茶屋街から浅野川大橋を渡ってすぐ。

「主計町(かずえまち)茶屋街」は、他2つの茶屋街とは違い明治時代になってから作られた茶屋街です。最も規模が小さい茶屋街ですが、金沢花街の風情を感じるならこちらがおすすめです。

出典:sa-daさんの投稿

夕方になると、川に面して建てられた町屋の格子戸から明かりが漏れ、辺りを優しく照らします。「主計町茶屋街」に行くなら、夕方から夜にかけてがおすすめです。

「主計町茶屋街」に行ったら、カフェや和食店にも立ち寄ってみましょう。茶屋街のお茶屋さんは「一見さんお断り」のお店が多いですが、カフェやレストランなら初めての人でも気軽に入ることができますよ。

いち凛

出典:

2階席からは浅野川の景色を見渡すことができます。

浅野川沿いに建つ日本料理店が「いち凛」です。こちらのお店の建物は、版画家クリフトン・カーフ氏が住んでいた町屋をリノベーションしたもの。

出典:

お弁当や花かごに盛られたランチも人気。

「いち凛」では、旬の地の食材をふんだんに使ったコース料理をメインに、加賀野菜や地元で採れた魚介類のアラカルトメニューを味わうことができます。ノンアルコールから日本酒・ウイスキーまで各種ドリンクがあるのでカフェとしても、お酒の飲める割烹としても楽しめます。

いち凛

北鉄金沢、金沢、七ツ屋 / 割烹・小料理

住所
石川県金沢市主計町2-6
電話番号
076-208-3703
営業時間
[火] 17:00~23:00(L.O) [水〜日・祝] 11:30~13:30(L.O) 17:00~23:00(L.O)
定休日
月曜日
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供:

土家(つちや)

出典:watan233さんの投稿

大正2年に建てられた茶屋で、ひがし茶屋街の茶屋と比べると間口が狭く小ぶりな造りになっているのが特徴。

町屋カフェでのんびりくつろぎたいなら「土家(つちや)」がおすすめです。大正時代に建てられた建物をできる限りそのまま利用しているので、古き良き町屋の雰囲気を存分に堪能することができますよ。

出典:あすかりんさんの投稿

提供しているメニューにもこだわっており、生姜湯や和三盆を使ったドリンクなど充実のラインナップ。そして、全てのドリンクに和菓子が付いてきます。

出典:shibu0126さんの投稿

趣深い町屋カフェで、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

土家

北鉄金沢、金沢、七ツ屋 / カフェ、喫茶店

住所
石川県金沢市主計町2-3
電話番号
090-8097-4702
営業時間
10:00~17:00
定休日
月曜・火曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供:

それぞれに魅力的な金沢三茶屋街

出典:ね~とらさんの投稿

それぞれに異なる魅力がある金沢三茶屋街……どこから訪ねようか迷ってしまいますね。

出典:taka-Cさんの投稿

午前中は「ひがし茶屋街」、午後は「にし茶屋街」、夜は「主計町茶屋街」と時間によって訪ねる茶屋街を変えてみるのもおすすめです。

出典:fairladyさんの投稿

ぜひ金沢の茶屋街で、加賀花街の雅と粋に触れてみてくださいね。
都道府県:
石川県
エリア:
金沢 (52)
キーワード:
観光スポット (665)
散策 (105)

jotta

jotta

会津若松を中心に食べ歩きしています。ラーメンからスイー...

icotto公式LINE@をはじめました!

1日1回icotto編集部が厳選した記事をお届けします。

QRコードでLINEの
友だちを追加
LINEアプリを起動して、[その他]タブの[友だち追加]でQRコードをスキャン
or

IDで検索する[その他]タブの[友だち追加]で[ID/電話番号]を選択。[ID]にチェックし、[@icotto]と入力。