ケーキも喫茶室も渋い!昭和レトロな名古屋のケーキ屋さん「ボンボン」

ケーキも喫茶室も渋い!昭和レトロな名古屋のケーキ屋さん「ボンボン」

ボンボンは、名古屋市東区にある老舗の純喫茶&ケーキ屋さんです。しっかり甘さを感じるケーキは、素朴でキュート。バタークリームを使ったものもあり、まさしく昭和のケーキ屋さんです。併設の喫茶室は昭和レトロな雰囲気で、今どき貴重な純喫茶。一度行ったら、ケーキの味にも、まったりできる喫茶室の雰囲気にも、ハマってしまいそうです!

2017年02月11日

昭和24年から続く、名実ともに老舗ケーキ店

「ボンボン」料理 1041063 2017年1月再訪:ボン フラーム ショコラ☆

出典:VOLVO850Rさんの投稿

ボンボンは、名古屋で洋菓子の卸売りをしていた「山本製菓」が始めたケーキ屋さんです。バタークリームが主流だった時代に生クリームを使ったケーキをいち早く売り出して、一躍人気洋菓子店となりました。昭和30年代前半にはケーキとコーヒーが楽しめる喫茶室を始め、これも大当たり。現在でも地元のお客さんの熱い支持を受け、元気に営業しています。
「ボンボン」外観 1044161

出典:エノキングさんの投稿

お店があるのは、地下鉄・桜通線の高岳駅1番出口より徒歩約5分の場所。国道41号と外堀通りの交差点、東片端JCTの信号を南へ40メートルいったところです。オレンジ色の壁にブルーの瓦屋根が目印です。

朝は8時からオープン。手土産用に買いこむ人がどんどん入っていく

入り口が2か所!?どっちから入るか迷っちゃう…

「ボンボン」外観 1041055

出典:腹ぺこ歯医者さんの投稿

喫茶ボンボンには入り口がふたつあります。国道41号に面したほうは、いかにも喫茶店の入り口という感じ。もうひとつは店舗の横の道に面しています。
「ボンボン」外観 1041053 外観☆

出典:VOLVO850Rさんの投稿

いちおう国道沿いが喫茶室用で、店舗の横がショーウィンドーのあるテイクアウト用です。ですが、店内は喫茶室とケーキ売り場がつながっているので、どちらから入っても実は同じです。テイクアウト用入り口のそばに、駐車場が用意されています。
「ボンボン」料理 1041009

出典:むーちゃんパパ(名古屋)さんの投稿

ショーウインドーに並ぶケーキは常時30種類。どれも素朴なケーキで、食べやすいサイズです。オープンが朝の8時なので、お出かけ前に購入するマダムや得意先へ持参したいビジネスマンなどが次々にやってきます。

ゆったりと、昭和の純喫茶の雰囲気を味わおう♪

ショーウインドーのケーキは喫茶室でいただけます。店内でコーヒーとケーキを食べたい人は、テイクアウト用入り口から入って「これとこれ、中で食べます」と言えばOK。ケースにずらりと並ぶケーキはどれもおいしそうで、本当に迷います。

価格も昭和プライスです!

「ボンボン」料理 1044179 ケーキのテイクアウト

出典:愛知のりんちゃんさんの投稿

ボンボンのケーキはどれもお値打ち価格。ショートケーキもチーズケーキもガトーショコラも400円以下、一番人気のマロンはなんと250円です。これなら2個食べてもお財布にやさしいですね。こだわりのケーキをコンビニ並みの価格で手に入れられるのも、ボンボンの魅力です。

喫茶室も昭和の空間です!

「ボンボン」内観 1040004

出典:腹ぺこ歯医者さんの投稿

ショーウインドーでケーキを選んだら、そのまま喫茶室へ入りましょう。喫茶室は80席あって広さは十分。最初に目につくのが、赤い革張りのソファ席。60年代風の内装がなつかしい雰囲気です。
「ボンボン」内観 1039985

出典:かず@Mu-nさんの投稿

席と席のあいだには観葉植物が置かれて、仕切りになっています。ゆったりくつろげて、話がしやすいのも良いですね。
「ボンボン」内観 1039993 壁に埋め込まれたステンドグラスも、趣深い

出典:よい子さんの投稿

店内の照明がそれほど明るくないので、ステンドグラスの色合いがシックに映えていい味だしてます。
「ボンボン」内観 1040014

出典:386さんの投稿

窓際の席は常連さんの人気席です。最近では名古屋市内の喫茶店にやってくる観光客が増えましたが、ボンボンはたいてい地元のお客さんでいっぱい。王道の名古屋の喫茶店の雰囲気を味わえるお店です。

ボンボンの人気ケーキたち

最近のケーキは甘さ控えめのヘルシー志向ですが、ボンボンのケーキは昔ながらの素朴な甘さが嬉しい。しっかりした甘さのケーキはコーヒーとの相性が抜群です。いくつか人気ケーキをご紹介しましょう。

酸っぱさがちょうどいい「レモンタルト」

「ボンボン」料理 1044313

出典:まるぶぶさんの投稿

甘さと酸味のバランスが絶妙なレモンクリーム。かなり濃厚ですが、さっくりした食感のタルト生地と合わせるとちょうどいいんです。丸い形に一本だけ引かれたチョコレートクリームがレトロモダンな印象です。

ボンボンの看板ケーキ「マロン」

「ボンボン」料理 1041012

出典:エノキングさんの投稿

ボンボンの一番人気がこのマロン。ふんわりしたスポンジ生地で、たっぷりの生クリームを包んでいます。シンプルかつ素朴な形と、期待を裏切らない、ほんわかした甘さが人気の秘密です。

クリームの層がおいしい「モンブラン」

「ボンボン」料理 1044335 2017年1月再訪:渋皮モンブラン☆

出典:VOLVO850Rさんの投稿

半円形のケーキの上にたっぷりモンブランクリームがかかっています。モンブランケーキの下にはカスタード・生クリーム・バタークリームが層になっていて、色々な味が楽しめます。

キャラメル風味のバタークリームが隠し味「ガトーショコラ」

「ボンボン」料理 1041010 ガトーショコラ250円。チョコは薄味の生地と生クリームのケーキでした。

出典:un-cuteさんの投稿

スポンジはココアとコーヒー味。層になったスポンジのあいだに、キャラメル風味にバタークリームがサンドしてあります。チョコレートの苦みを、バタークリームがほんわりやわらげてくれる絶妙な組み合わせです。

A photo posted by まま (@ufuf825) on

ところで、最近のケーキしか知らない人は、バタークリームってなに?と思うかもしれません。バターと牛乳、砂糖などでつくるクリームで、生クリームより、もったりした質感のクリームです。昭和のケーキはバタークリームが主流。食べごたえのあるケーキだったんですよ。

ラム酒たっぷりの大人のケーキ「サバラン」

「ボンボン」料理 1041017 サバラン(¥250)。古き良きケーキの至宝、ドレンチェリーは宝物

出典:よい子さんの投稿

サバランは、スポンジにラム酒をたっぷりしみこませた大人のケーキです。スポンジにフォークを入れると、じゅわっとラム酒がにじみ出すほどの量。ボンボン以外のケーキ屋ではあまり見かけない、こちらも昭和らしいケーキです。

バースデーケーキに人気の「イチゴ×生クリーム」

バースデーケーキに人気の「イチゴ×生クリーム」1043025

デコレーションケーキは、生クリームと生チョコの2種類。どちらもクリームとイチゴのシンプルな飾りです。このシンプルさもレトロでいい感じ。8号(直径24㎝)以上のサイズは、事前に予約が必要です。

定番にするか豪華版にするか、2種類の「プリン」

「ボンボン」料理 1041023

出典:まるぶぶさんの投稿

プリンは、定番のプリン・ア・ラ・モードと豪華版のプリンローヤルがあります。プリン・ア・ラ・モードの銀色の足つき容器が昭和らしくて素敵です。横に添えたホイップクリームを絡めてどうぞ♪
「ボンボン」料理 1040997

出典:テツやんさんの投稿

プリンローヤルは、いちごやさくらんぼ、りんごなどのフルーツがたくさんのった豪華版。ホイップとチョコソースもかかって、まさに“ローヤル”な出で立ちです。

もちろんモーニングも!足りなければ追ケーキ

「ボンボン」料理 1041035 2015.8.29 モーニングセット

出典:アリーちゃんさんの投稿

名古屋の喫茶店ですから、もちろんモーニングがあります。平日の10:00までは、コーヒー代でトーストとゆで卵が付きます。これで物足りなければ、さっそくケーキを追加オーダー。ボンボンなら、モーニングセット+ケーキがぺろりと入っちゃいます!

なつかしい雰囲気とケーキで、幸せ気分に♪

「ボンボン」その他 1041059

出典:胃ちゃんさんの投稿

ボンボンのモットーは「お菓子を通してお客様に幸せになっていただきたい」です。地元密着型の純喫茶として、名古屋では有名ですが、他県の人には知名度は高くないでしょう。それがまた、まったりした名古屋らしさを生み出しています。たまには、こんなレトロな純喫茶で、なつかしく素朴なケーキとコーヒーでのんびりほっこりしませんか?

ボンボンの詳細情報

ボンボン

高岳、久屋大通、東大手 / ケーキ、喫茶店

住所
愛知県名古屋市東区泉2-1-22
営業時間
[火~土] 8:00~22:00(L.O.21:45) [日・祝・月] 8:00~21:00(L.O.20:45) Morningサービス(平日のみ) 8:00~10:00 Lunchサービス(平日のみ) 11:00~14:00
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

愛知県のツアー(交通+宿)を探す

このレストランの紹介記事

関連記事

SNSで人気

関連キーワード