道東の雪景色!冬の丹頂鶴(タンチョウ)の撮影スポット4選

道東の雪景色!冬の丹頂鶴(タンチョウ)の撮影スポット4選

冬は暖かい場所に観光に行きたいのも人情ですが、あえて寒い場所で雪景色やグルメを楽しんでみませんか?特に冬の釧路をはじめとする道東エリアはおすすめです。美しい丹頂鶴の姿は一生忘れることのできない思い出になるでしょう。今日は丹頂鶴の撮影スポットの紹介を中心に道東の魅力に迫ります!

2017年04月28日

道東の自然

道東の自然1148605

出典:潔く銀さんの投稿

日本列島の中でも北海道は自然が多く、野生動物たちの生き生きとした姿が見られる場所です。ヒグマを始め、キタキツネ、エゾリス、シマリス、シマフクロウなどが生息していますが、その北海道の中でも道東でしか見ることができないのが丹頂鶴です。白と黒と赤のシンプルで美しい姿を記録に残そうと、国内はもとより外国からも多くの観光客が訪れます。

丹頂鶴(タンチョウヅル)

国の天然記念物

国の天然記念物1148613

出典:K。さんの投稿

日本昔話など日本人にとっては古くから親しみのある丹頂鶴ですが、一度は絶滅したと考えられていました。しかし、釧路湿原で再発見され、個体数も現在では千羽を越えるまでに回復しました。国の特別天然記念物にも指定されています。

国の天然記念物1148618

出典:pikurin2001さんの投稿

優雅な鳥のようにも見えますが、実際には気性が激しく、怒ると頭部の色が赤く燃え上がります。求愛ダンスでパートナーと結ばれると、子育てを一緒に行い、生涯そのパートナーと添い遂げるとか。動物の中では非常に珍しい習性を持つ鳥です。

国の天然記念物1148625

出典:北の風さんの投稿

鳴き声がとても美しく、一度聞けば忘れることはありません。目を閉じると道東の青い空の下に響く丹頂鶴の鳴き声を思い出すことができるでしょう。

なぜ冬なのか?

なぜ冬なのか?1148637

出典:K。さんの投稿

冬の北海道は-20度にもなる、本土に住んでいる人にとっては未知の寒さ。丹頂鶴なら夏でも見られるし、なぜ冬に撮影に行くのでしょうか?

なぜ冬なのか?1148641

出典:kenzさんの投稿

冬は餌付けされた丹頂鶴が道東にたくさん集まってくる季節です。そのため血眼になって野生を探さなくても、給仕が行われている施設に出向くことで確実に丹頂鶴を撮影することができるのです。また、丹頂鶴の美しい姿にはやはり雪景色がよく似合います。それでは、丹頂鶴撮影のためのおすすめスポットをご紹介します!

1.鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ

おすすめ:12月初旬から1月上旬

おすすめ:12月初旬から1月上旬1148680

出典:

鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリでは、11月から3月にかけて給餌が行われ、12月初旬から1月上旬にかけては約400羽もの丹頂鶴が飛来することもあります。

おすすめ:12月初旬から1月上旬1148681

出典:papadaさんの投稿

給餌場と、ネイチャーセンターがあり、屋内のネイチャーセンターからも望遠鏡で丹頂鶴を観察することができます。オスとメスの求愛ダンスは絶好のシャッターチャンス!美しいダンス姿をバッチリカメラに収めてくださいね。

2.鶴見台

おすすめ:11月から3月

おすすめ:11月から3月1148686

出典:

こちらも11月から3月にかけて朝方と午後2時に給餌が行われます。給餌は昭和38年頃から続けられています。渡部トメさんという方が、約40年も給餌をし続けています。テレビにも出演した有名人です。

おすすめ:11月から3月1148688

出典:bows777さんの投稿

親子一緒の姿も見ることができるかもしれません。丹頂鶴の子供は頭部が茶色いのですぐわかりますよ。

3.阿寒国際ツルセンター

3.阿寒国際ツルセンター1148700

出典:

丹頂鶴の生態を研究しているセンターが阿寒町にあります。分館では丹頂鶴について知るためのビデオや道東の動物の写真を見ることができます。

3.阿寒国際ツルセンター1148719

出典:papadaさんの投稿

なんとこの阿寒国際ツルセンターでは、丹頂鶴とオジロワシの餌をめぐるバトルを見ることができます。優雅で静かなイメージを丹頂鶴に持っていた人は、そのイメージが一気に変わります。それほど激しいバトルが繰り広げられます。その迫力ある姿を撮影しようと多くの人が訪れています。

3.阿寒国際ツルセンター1148732

出典:うみBOSEさんの投稿

時々エゾシカが給餌場を横切ったり、キタキツネが姿を現したりもします。丹頂鶴以外の野生動物もカメラに収められるかもしれません。

阿寒国際ツルセンターの詳細情報

阿寒国際ツルセンター

住所
北海道釧路市阿寒町上阿寒
アクセス
1) 釧路駅からバスで60分 - 丹頂の里から徒歩で5分 2) 釧路空港からバスで25分 - 徒歩で5分
営業時間
9:00〜17:00 年中無休
料金
子供 250円 (小・中学生) 大人 480円 (高校生以上) 団体割引15名から

データ提供

4.音羽橋

4.音羽橋1148756

出典:Jimmy.Sさんの投稿

丹頂鶴が川で眠る姿を見られる唯一の場所です。丹頂鶴は一本足で立ち、くちばしを羽毛にしまって眠ります。橋にいる人間を敵と思わないようで、眠る姿、起きて川を歩く姿、橋の方に飛び立つ姿までをじっくり撮影することができます。

4.音羽橋1148762

出典:ぱんだやさんの投稿

カメラマンたちが狙うのは、マイナス15度くらいで発生する霧「けあらし」と丹頂鶴の姿。そして朝日が昇ってくると少しずつ背景がオレンジ色に染まり始める幻想的な風景。一度でいいから自然界が作り出すこの美しい風景を撮影したいと思うのは当然の気持ち。まるで絵画のような美しい写真を撮ることができるでしょう。

4.音羽橋1148760

出典:@ひでさんの投稿

7時過ぎになると丹頂鶴が一斉に音葉橋の方に飛んできます。その姿も圧巻です。朝早くから場所取りのためにスタンバイしている人も多く、早朝2時くらいからスタンバイしている人もいるとか!?とにかく寒いので防寒対策はしっかりして行ってくださいね。

音羽橋の詳細情報

音羽橋

住所
鶴居村下雪裡第三

データ提供

まとめ

まとめ1148743

出典:初心戻さんの投稿

いかがでしたでしょうか?世界中に鶴の種類はいますが、丹頂鶴ほど美しい鶴はいないのではないでしょうか。冬は特に雪景色が丹頂鶴をさらに美しく魅せる季節になります。オジロワシとの迫力ある戦いや、太陽の光で透ける羽など、撮りたいシーンはたくさんあります。ぜひしっかり防寒した上で、冬の道東に遊びに行きましょう。

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先