沖縄の夏の味・ひんやりスイーツの”ぜんざい”に挑戦!おすすめ「沖縄ぜんざい」10選

沖縄の夏の味・ひんやりスイーツの”ぜんざい”に挑戦!おすすめ「沖縄ぜんざい」10選

独特な食文化と異国情緒を味わえる、沖縄。沖縄そばをはじめ、タコライス、てびちなど沖縄にしかない島グルメは有り余るほどあります。そんな沖縄のご当地スイーツといえば、氷菓「沖縄ぜんざい」。ぜんざいとはいっても、冬に食べるアツアツのおしるこタイプとは全くの別物。甘く煮込んだ金時豆の上に、冷たいふわふわの氷がのったかき氷のことなんです。今回は沖縄に行ったら食べたい、ぜんざいの人気店をご紹介します♪

2019年04月28日

沖縄にきたなら、ひんやりスイーツの”ぜんざい”に挑戦しよう!

沖縄にきたなら、ひんやりスイーツの”ぜんざい”に挑戦しよう!1875171

出典:にんぎょひめ。さんの投稿

東京から直行便でおよそ3時間の沖縄。「首里城」などの世界遺産で異国情緒を味わい、那覇「国際通り」でグルメやショッピング、島を彩る青い海が魅了する「西海岸リゾート」での海遊びなど、沖縄旅でしたいことは盛りだくさん!また、沖縄旅で外せないのは個性的な沖縄のご当地グルメ。沖縄そばをはじめ、タコライス、ゴーヤチャンプルーなど、うちなー生まれの味に癒されましょう。そしてスイーツなら「沖縄ぜんざい」は、外せません♪

”沖縄のぜんざい”は、一般的にイメージするぜんざいとは全く違うもの!

「鶴亀堂ぜんざい」 料理 40464341 琉球ぜんざいの内部

出典:saltさんの投稿

「沖縄ぜんざい」は、沖縄県民に愛され続ける定番中の定番スイーツ。普通“ぜんざい”というと、小豆と餅が入った冬に食べる温かいものを想像しますよね。沖縄のぜんざいは、それとは全く異なります。沖縄のぜんざいは、ほっくりと煮た金時豆の上に、ふわふわのかき氷がのったひんやりスイーツ。一見ビジュアルを見たときは、真っ白で「???」と思うかもしれませんが、氷をスプーンで堀り進めていくと、中から黒糖などで甘く煮詰めた金時豆と白玉が出てきます♪

沖縄でぜんざいといえば、金時豆を煮込んだ煮汁で食べるのがオーソドックス。その他にも、フレッシュフルーツやシロップでアレンジされたフルーツ系ぜんざいも女子人気が高いです♡沖縄では暑い夏にはもちろん年中食べることができるので、かき氷好きにはたまりません!今回は沖縄ぜんざいの選りすぐりなお店を、南部・中部・北部に分けてご紹介します♪

沖縄南部

1.沖縄で一番有名なぜんざい屋さん『富士家 泊本店』【那覇市】

「富士家 泊本店」 外観 81080417

出典:

沖縄で一番知られているぜんざい専門店『富士家 泊本店』。感性あふれる外観が、ひときわ人目を引きます。メニューはぜんざいの他、タコライスや沖縄そばなどもあるので食事もOK。夏は平日でも行列ができるほどの人気店なので、早い時間の訪問をおすすめします。

「富士家 泊本店」 料理 70220156 富士家ぜんざい

出典:カベルナッシュさんの投稿

この店の看板メニューは、なんと言っても「冨士家ぜんざい」。氷と金時豆を別皿で提供するスタイルは、県内でも珍しい特徴です。氷は製氷の段階で金時豆の甘い煮汁で味つけられるので、そのまま食べても美味しいですよ。二重構造のタンブラーに盛られるので、いつまでもヒンヤリ。氷と豆を一緒に、スプーンに乗せて食べましょう。一緒に添えられている塩っけのある"亀の甲せんべい*"と交互に食べれば、甘さが引き立ちます。

*亀の甲せんべい・・・沖縄銘菓。亀の甲のカタチをしたせんべいのこと

「富士家 泊本店」 内観 91857873

出典:フロリダパンサーさんの投稿

店内は湘南のサーフショップのような雰囲気でおしゃれ♪心もはずむ居心地のいい空間です。

富士家 泊本店の詳細情報

富士家 泊本店

美栄橋、牧志 / かき氷、定食・食堂、沖縄そば

住所
沖縄県那覇市泊2-10-9
営業時間
11:00~19:00 【10月~5月】 11:00~21:00 【6月~9月】
定休日
無し
平均予算
  • ~¥999
  • ¥2,000~¥2,999

データ提供

2.昭和レトロにタイムスリップ!人気ぜんざいの老舗『千日』【那覇市】

「千日」 内観 87849546 店内です

出典:macponさんの投稿

創業60年以上にもなる、沖縄ぜんざいの老舗『千日(せんにち)』。店内はまるで昭和の海の家のような雰囲気で、とても落ち着きます。ぜんざいの他、たい焼きや今川焼などの甘味、沖縄そばなども味わえます。人気店なので、まずは席をキープした後にカウンターで注文するのがおすすめです。

「千日」 料理 85772612 アイスぜんざい

出典:カベルナッシュさんの投稿

地元民がこぞって食べる人気メニュー「アイスぜんざい」。マウンテンのように綺麗に盛られた真っ白な氷、そして氷を削ると中から金時豆が顔を出します。柔らかで上品な甘さの金時豆は、どこか懐かしいおばぁの味がします♪

「千日」 料理 85772610 いちごミルク金時

出典:カベルナッシュさんの投稿

お店で一番高価なぜんざいメニューが「いちごミルク金時」。高価と言えどもワンコイン程度と、良心的な価格も魅力的です。先に紹介したアイスぜんざいに、いちごシロップと練乳がかかった絶妙な1杯を召し上がれ!

千日の詳細情報

千日

旭橋、県庁前 / かき氷、甘味処、たい焼き・大判焼き

住所
沖縄県那覇市久米1-7-14
営業時間
11:30~20:00 [冬期] 11:30~19:00
定休日
月曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

3.牧志公設市場で人気の沖縄ぜんざい専門店『琉球甘味琉宮』【那覇市】

「琉球甘味 琉宮」 内観 39643399 外観です

出典:macponさんの投稿

牧志公設市場で人気の、サーターアンダギー&沖縄ぜんざい専門店『琉球甘味琉宮(りゅうきゅうかんみ・りゅうぐう)』。オーソドックスな「沖縄ぜんざい」をはじめ、厳選した黒糖を使用した「黒糖蜜きな粉ぜんざい」や「黒糖抹茶ぜんざい」、カラフルな「特製夢色ぜんざい」なども人気です。

「琉球甘味 琉宮」 料理 47452772 沖縄ぜんざい

出典:sushibouさんの投稿

昔ながらの「沖縄ぜんざい」は、金時豆に緑豆(りょくとう)*や押麦(おしむぎ)*を加えたもの。厳選した2種類の黒糖で煮込んだ上品な味わいが自慢です。豆のホクホク食感に、押麦のモチッとした食感がアクセント。パウダースノーのような氷を、さらに美味しく引き立てます。

*緑豆・・・解熱効果やダイエット効果があるとされ、中国では薬としても使われる豆
*押麦・・・蒸したはだか麦・大麦を、押して平たくし、乾かしたもの

「琉球甘味 琉宮」 料理 78718607

出典:hgy02980さんの投稿

インスタ映えにもおすすめの「特製夢色ぜんざい」。カラフルな氷とアイスクリームも楽しめます。ボリュームたっぷりなので、仲間とシェアしてもいいかも。

琉球甘味 琉宮

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

4.ぜんざい「白くま」が人気のロングセラー『丸三冷し物専門店』【糸満市】

「丸三(まるみつ)冷し物店」 内観 77026600 レトロな店内

出典:食べすぎには烏龍茶さんの投稿

60年以上の歴史をもつ、甘味処の老舗『丸三(まるみつ)冷し物専門店』。街の食堂といったレトロな雰囲気も、沖縄らしくて魅力的です。ここのぜんざいなら不動の看板メニュー「白くま」がおすすめ!沖縄そばや定食なども食べられるので、ランチにもピッタリです。

4.ぜんざい「白くま」が人気のロングセラー『丸三冷し物専門店』【糸満市】1872772

出典:tomo.さんの投稿

この店の主役「白くま」は、名前の通り白熊の顔をモチーフにしたもの。とてもかわいらしいビジュアルが、女子にも人気です。ふわふわの氷に練乳がかかり、フルーツで熊の顔をデコレート。サイズは普通と大から選べますが、普通でもボリュームたっぷり!

「丸三(まるみつ)冷し物店」 料理 77026595 崩れないように食べ進めると白玉が。

出典:食べすぎには烏龍茶さんの投稿

下の方を削ると、中から20時間かけてじっくり煮込んだ金時豆のシロップと白玉がお目見え♡ロングセラーの1杯をぜひ味わってみてください。

丸三(まるみつ)冷し物店の詳細情報

丸三(まるみつ)冷し物店

糸満市 / 沖縄そば、かき氷、アイスクリーム

住所
沖縄県糸満市字糸満967-29
営業時間
午前11時~午後5時
定休日
定休日 火曜日 
平均予算
  • ~¥999

データ提供

沖縄中部

5.芸術的センス抜群のぜんざいを楽しめる『米八そば』【沖縄市】

「米八そば」 外観 92940155

出典:Dr. イトウさんの投稿

地元民に人気の沖縄そば専門店『米八(こめはち)そば』。沖縄そばも美味しいと評判のお店ですが、氷で色々なものを彫刻する"ぜんざいアート"のかき氷も名物です。インスタ映えにと、県内だけでなく全国からもお客さんがやってきます。

「米八そば」 料理 31488983 黒糖麦入りぜんざい(300円)

出典:焼肉姉妹さんの投稿

ぜんざいのおすすめメニューは「黒糖麦入りぜんざい」。金時豆に麦をブレンドし、黒糖の風味も豊かな一品です。その味もさる事ながら、やはりこの店の注目ポイントは、鳥やオスプレイ、店長の髪型などをモチーフにした"ぜんざいアート。レパートリーも数種類あり、その完成度にもビックリ!

「米八そば」 料理 33397426

出典:msticさんの投稿

カップルなら鳥のつがいをデザインしたかき氷はいかが?お値段も高いかと思いきや、300円ほどと驚くほどの廉価。見て楽しい、食べて美味しいぜんざいです。

米八そばの詳細情報

米八そば

沖縄市 / 沖縄そば、かき氷

住所
沖縄県沖縄市泡瀬5-29-6
営業時間
11:00~18:00
定休日
木曜日(祝日は営業)
平均予算
  • ~¥999

データ提供

6.紅芋と黒糖のマリアージュ『鶴亀堂ぜんざい』【読谷村】

「鶴亀堂ぜんざい」 外観 41127638

出典:はにゃこrururuさんの投稿

世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうせき)」の目の前にたたずむ、ぜんざい専門店『鶴亀堂ぜんざい』。沖縄の紅芋や黒糖など、県産物の特色が活かされた絶品ぜんざいをいただけます。ぜんざいに使用されるやちむんや琉球ガラスなどの器も、ぜひ楽しんでください。ひとつひとつが手作りなので、行くたびに風合いの違う器と出会えるのも楽しみです♪

「鶴亀堂ぜんざい」 料理 20585126 見た目はきれいな紅芋黒糖ぜんざい。

出典:panda1600さんの投稿

このお店のおすすめメニューは、「紅芋黒糖ぜんざい」。県産紅芋と黒糖をコラボしたかき氷を味わいましょう。サラサラくちどけの氷には特製の黒糖しょうがシロップをかけ、さらに氷を彩る紅芋パウダーの紫が綺麗♪

「鶴亀堂ぜんざい」 料理 16264274 中には紅イモアイスも入っています

出典:IEHOJさんの投稿

氷を食べ進めると、中からは6時間かけて煮込んだ金時豆がたっぷり。甘さ控えめで食べやすいのが特徴です。紅芋アイスが甘いので、金時豆と絶妙なバランスです。味も見た目も納得の一品をどうぞ♪

鶴亀堂ぜんざいの詳細情報

鶴亀堂ぜんざい

読谷村 / カフェ、かき氷、甘味処

住所
沖縄県中頭郡読谷村字座喜味248-1
営業時間
10:00~17:30
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

沖縄北部

7.種類豊富なぜんざいのメニュー!『琉冰 おんなの駅 』【恩納村】

「琉冰 おんなの駅」 外観 53990056

出典:ぱたぱたぱたごにあさんの投稿

沖縄で大人気の道の駅「おんなの駅」にある、かき氷専門店『琉冰(りゅうぴん) 』。この店のかき氷“アイスマウンテンメニュー”は、氷が山のように盛られたワイドなビジュアルが特徴です。金時豆を使ったぜんざい各種や、フルーツの果肉が盛り盛りにトッピングされたかき氷がメニューにならびます。「沖縄に訪れた際には絶対はずせない!」と、県外からのリピーターも多いお店です。

「琉冰 おんなの駅」 料理 51273878

出典:アイアイさんさんの投稿

このお店のぜんざいは、黒蜜きな粉に、紅いも、じーまみ*、田芋*、抹茶氷など種類豊富!地元の女性に人気なのは、紅芋や田芋です。メニューにはハーフ&ハーフのかき氷もあるので、いろいろ試してみたい人はお試しを。

*じーまみ…落花生のこと
*田芋(たいも)・・・南西諸島などで栽培されるサトイモに似た野菜

「琉冰 おんなの駅」 料理 23921861 ヤバ過ぎ美味しそ~

出典:べいびいさんの投稿

この店で人気なのが、「アイスマウンテン・トロピカルフルーツ」。マンゴー、パッションフルーツ、いちご、パイナップルなど、季節の旬なフレッシュフルーツを欲張りに楽しめる人気メニューです。家では食べられない贅沢の極みをぜひ味わってくださいね!

琉冰 おんなの駅の詳細情報

琉冰 おんなの駅

恩納村 / かき氷、フルーツパーラー、アイスクリーム

住所
沖縄県国頭郡恩納村仲泊1656-9 おんなの駅内
営業時間
10:00~19:00
定休日
無休 年始1・2日休
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

8.氷ぜんざい1品だけで勝負する名店『新垣ぜんざい屋』【本部町】

「新垣ぜんざい屋」 外観 66387003

出典:まあまあさんの投稿

創業70年以上、老舗ぜんざい専門店『新垣ぜんざい屋』。本部町でぜんざいと言えばココ!という地元民も多いお店です。メニューは「氷ぜんざい」1品のみで勝負しています。まさにゆるぎない専門店です。

「新垣ぜんざい屋」 料理 100355003 スリーぜんざい♪

出典:なにわのくろっくすさんの投稿

氷ぜんざいのシロップは、金時豆を特製のザラメでじっくり煮込んだもの。豆の風味と食感が活かされた甘さ控えめの仕上がりで、最後まで飲み干す人も多い美味しさです。

8.氷ぜんざい1品だけで勝負する名店『新垣ぜんざい屋』【本部町】1872808

出典:まぐろさんの投稿

テレビのバラエティー番組でもたびたび取り上げられるのが、この店の自動販売機。ズラリと並ぶボタンは氷ぜんざいのみですが、1人前から20人前までをワンプッシュで購入できます。さすが大人数の集まりが多い沖縄らしく、微笑ましい光景ですね。

新垣ぜんざい屋の詳細情報

新垣ぜんざい屋

本部町 / かき氷

住所
沖縄県国頭郡本部町字渡久地11-2
営業時間
[火~日] 12:00~18:00(売り切れ次第終了)
定休日
月曜日(祝日の場合は翌日) 臨時休業あり
平均予算
  • ~¥999

データ提供

9.ミルクかけのぜんざいが人気!『ひがし食堂』【名護市】

「ひがし食堂」 外観 52712953 外観です

出典:macponさんの投稿

創業40年以上の老舗『ひがし食堂』。この店には名護の天然水を使用したぜんざいを求めて、地元民だけではなく観光客もたくさん訪れる名店です。ぜんざいの他、沖縄そばや定食メニューなど食事メニューも揃います。

「ひがし食堂」 料理 31488236 ミルクぜんざい(360円)

出典:焼肉姉妹さんの投稿

定番のぜんざいにミルクをたっぷりかけた「ミルクぜんざい」がダントツ人気。氷には、地元・名護の水が使われ、氷を食べ進めていくと、毎朝手間暇かけて仕込まれる金時豆とお餅が出てきます。

「ひがし食堂」 料理 93937425 3色みぞれ320円

出典:なっちゃん72さんの投稿

イチゴ・メロン・レモンなど3種類のシロップがカラフルなかき氷も人気。「三色みぞれ」「三色ミルク」「三色金時」「三色ミルク金時」などから選べます。ふわふわの氷は、毎日かき氷機の刃を念入りに研ぐからこそのもの。ほどよい甘さの金時豆シロップとの相性もバツグンです。

ひがし食堂の詳細情報

ひがし食堂

名護市 / 定食・食堂、かき氷

住所
沖縄県名護市大東2丁目7-1
営業時間
11:00~18:30
定休日
正月1〜3日
平均予算
  • ~¥999

データ提供

オマケ情報:『ひがし食堂Jr(ジュニア)』【那覇市】 

「ひがし食堂 Jr.」 外観 90836255

出典:Mimily☆さんの投稿

ひがし食堂本店と同じメニューを、那覇でも楽しめるんです。ゆいレールおもろまち駅から新都心公園を歩いても行けるので、車が無くともOK。沖縄県立博物館・美術館の裏手になります。ぜんざいをテラス席で食べるのも開放的でおすすめです。

ひがし食堂 Jr.の詳細情報

ひがし食堂 Jr.

おもろまち、古島 / かき氷、沖縄そば、定食・食堂

住所
沖縄県那覇市おもろまち3-2-1 那覇市緑化センター 1F
営業時間
11:00~18:00(夏季は延長あり)
定休日
月曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

10.コーヒー味のぜんざいが楽しめる『パーラーマルミット』【名護市】

「パーラー マルミット」 外観 31437843 お店は「大南」バス停から歩いて10分ちょっと。

出典:焼肉姉妹さんの投稿

名護市の閑静な住宅街にたたずむ食堂『パーラーマルミット』。オープンから夕方の閉店まで、お客が絶えないほどの人気店です。ビッグサイズなのにお手頃価格と評判のぜんざいをはじめ、ふーちゃんぷるーやポーク玉子などの食事もメニューも並びます。

「パーラー マルミット」 料理 31437856 コーヒーミルクぜんざい(350円)

出典:焼肉姉妹さんの投稿

このお店でおすすめのぜんざいは「コーヒーミルクぜんざい」。キメ細かい氷に、金時豆の煮汁とコーヒーのマリアージュが絶妙です。白玉も食べられてリーズナブルな価格に、リピートする女子も多いそう。

「パーラー マルミット」 内観 31437849 開放感たっぷりの店内。

出典:焼肉姉妹さんの投稿

沖縄の象徴でもあるパーラーは、半オープンのテラス席で気軽に飲食できる弁当屋さんスタイル。そんな沖縄の雰囲気も味わいながら、絶品かき氷をその舌で味わってみてください♪

いかがでしたか?

「琉冰 おんなの駅」 料理 8872445 黒みつきな粉ぜんざい

出典:gangaze-jrさんの投稿

人気の沖縄ぜんざい店をご紹介しました。暑い沖縄で食べる冷たいかき氷は、いつもより格別なおいしさです。沖縄に訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね♪

沖縄県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

沖縄県×ホテル・宿特集

関連キーワード