【関東】絶景トレインに乗って旅しよう。「わたらせ渓谷鐵道」のレトロ立寄りスポット8選

【関東】絶景トレインに乗って旅しよう。「わたらせ渓谷鐵道」のレトロ立寄りスポット8選

都会に住んでいると便利な反面、自然が恋しくなりますよね。そんなときは、関東随一といわれる絶景トレインに乗って、レトロなお散歩旅をしませんか。群馬~栃木の山間を走る「わたらせ渓谷鐵道」の車窓から見える風景は、ノスタルジックな気持ちを想い起こさせてくれます。観光用のトロッコ列車も人気です。ずいぶん電車から離れていた人も、途中下車しながら楽しいスポットを見つけに行きましょう。「わたらせ渓谷鐵道」停車駅のおすすめスポットをご紹介します。

2020年09月28日

懐かしい風景にであいに行こう。レトロを探すおさんぽ旅へ

田舎の駅で撮影する女性

都会に住んでいると便利だけれど、目まぐるしく変わっていく景色や物事に時々疲れてしまうことってありますよね。そんなときは、ローカル電車に乗って知らない町を歩いてみませんか。移動中はぼーっと外の景色を眺めたり、途中下車して昔ながらの建物や風情を感じたり。

「わたらせ渓谷鐵道」の車窓から絶景に触れる

わたらせ渓谷鉄道・トロッコ列車

群馬県の桐生市から栃木県の日光市足尾町までを結ぶ、“わ鐵”こと「わたらせ渓谷鐵道」。山間を走る観光列車で、車窓から見える四季折々の景色や無人の駅舎が見どころです。停車駅の周辺の町もレトロがいっぱいで、ノスタルジーを感じます。途中下車の旅をしながら、レトロな風景を探しに行きませんか。

レトロな遊園地にノスタルジックが止まらない

1.桐生が岡遊園地(桐生駅)

桐生が岡遊園地

桐生駅から徒歩約15分の「桐生が岡遊園地」。自然豊かな小高い丘にあるため、四季折々の風景が楽しめます。動物園にも隣接しています。入園料が無料で、小さな子供から大人も楽しめる絶叫系乗り物まで、いろんなアトラクションが魅力的です。写真の「ミニレール」は、遊園地で一番人気の乗り物だそうです。

木馬

たくさんの来園者を楽しませてきた、年季の入ったお馬さん。乗り物に乗るときは、50円~200円の都度利用なのも昭和を感じるポイント。

桐生が岡遊園地の詳細情報

桐生が岡遊園地

住所
群馬県桐生市宮本町4丁目1番1号
営業時間
【3月〜10月】 午前9:30〜午後5:00まで/【11月〜2月】 午前9:30〜午後4:00
料金
入園料は無料、乗り物によって料金が異なる(50〜200円)

データ提供

歴史感じる古民家カフェへ、絶品カレーを食べに行こう

2.古民家カフェ「芭蕉」(桐生駅)

「芭蕉」 外観 97709594

出典:龍ちんさんの投稿

桐生駅から徒歩約10分の「芭蕉」。多くの文化人が訪れた古民家カフェです。人気メニューは、飴色になるまで炒めた玉ねぎが醸し出す、味わい深いカレー。お腹いっぱいになる定食メニューや、ケーキや生ジュースもありますよ。

「芭蕉」 内観 125530978

出典:iyaminさんの投稿

古民家風というよりも、がっつり古民家なところが魅力的、まるで昭和初期にトリップしたかのよう。日本の版画家である、棟方志功の壁画が名物なのでぜひ見てみてくださいね。

芭蕉の詳細情報

芭蕉

桐生、西桐生 / 洋食、インドカレー、カレーライス

住所
群馬県桐生市本町5-345
営業時間
11:40~20:45
定休日
火曜・第2又は第3水曜
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

群馬桐生で“京情緒”を味わう

3.祇園(桐生駅)

「祇園」 外観 88637918

出典:ときなさんの投稿

桐生駅から徒歩約30分と少し遠いですが、京都気分を味わえる甘味処「祇園」。中学生以下のお子様の入店は不可の大人な喫茶店です。群馬にいながら京都にトリップしたかのような気分になれて、はんなり過ごせますよ。最高級の丹波大納言を使った和スイーツが歩き疲れた体に沁みます。

「祇園」 ドリンク 88637929

出典:ときなさんの投稿

クリームあんみつや、手作りの抹茶アイス、抹茶パフェなど、どれも本格的でオトナ好みの味わい。バカラの器を使うなど、美しい器を使用しているので美意識も刺激されますよ。

祇園の詳細情報

祇園

桐生、新桐生 / カフェ・喫茶(その他)、喫茶店、甘味処

住所
群馬県桐生市新宿3-13-15
営業時間
11:30~18:30 (ラストオーダー18:00) ※中学生以下のお子様の入店不可
定休日
金曜日、土曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

昔じかんを愉しむ。レトロ喫茶室が穴場です

4.桐生明治館(相老駅)

4.桐生明治館(相老駅)2282106

出典:

相老駅から徒歩で約8分の「桐生明治館」。群馬県前橋市にあった建物を移築し、現在は国指定の重要文化財に指定されています。当時は衛生局として使われていたそう。館内にある喫茶室がレトロでかわいいので、珈琲とケーキをいただきながら休憩するのもおすすめです。

「桐生明治館 喫茶室」 内観 91678184

出典:肉BABYさんの投稿

こちらが喫茶室。窓枠や照明もレトロでかわいくて、温かみのある家具にほっこりします。なんだか大河ドラマに出てくるような雰囲気で、昔じかんに戻ったかのよう。

桐生明治館の詳細情報

桐生明治館

住所
群馬県桐生市相生町2丁目414-6
アクセス
相老駅から徒歩で8分
営業時間
9:00〜17:00
定休日
月曜日(祝日除く)・祝日の翌日・年末年始
料金
大人 150円 高校生以上/団体110円 中学生 50円 団体35円 小学生 50円 団体35円 団体30名以上

データ提供

旅の記念に。群馬のお土産を手に入れよう!

5.大間々駅と青柳菓子店

わたらせ渓谷鐵道 大間々駅

こちらも昭和の空気が漂う駅舎「大間々駅」。「トロッコわっしー号」の停車駅であり、「トロッコわたらせ渓谷号」の始発・終着駅でもあります。トロッコ列車が停車するところを見られるかも♪今は懐かしい昔の硬い券が買えたりと、とことん昭和に浸れます。

「青柳菓子店」 外観 77176740 入口

出典:超力招来さんの投稿

大間々駅周辺を散策しながら、徒歩で約15分の和菓子店「青柳」へ“わ鐵”に乗った思い出にお土産を探しに行きましょう。素朴な昔ながらの和菓子にほっこりできますよ。

「青柳菓子店」 料理 55237153 どら焼き:自慢の人気商品

出典:

こちらはお店のロングセラー商品の手作りのどら焼き。しっとりして甘くて、ふっくら。栗も入っています。

「青柳菓子店」 料理 21680695 トロッコ旅日記:わたらせ渓谷銘菓

出典:

わたらせ渓谷鐵道のキャラクター「わ鐵のわっしー」をあしらった「旅日記」。パッケージの外箱には、わたらせ渓谷鐵道のすべての駅名が入り、マニアにはたまりません。さつま芋餡入りのやわらかい焼き菓子で、優しい味わいがお茶請けにぴったり。

青柳菓子店の詳細情報

青柳菓子店

赤城、大間々、東新川 / 和菓子

住所
群馬県みどり市大間々町大間々1501-1
営業時間
[平日・土]9:00~18:30、[日・祝]9:00~18:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

次の電車を待つ間に。すっぴん美人の温泉に浸かろう

6.水沼駅温泉センター(水沼駅)

水沼駅に到着の列車

駅に温泉がある“温泉駅舎”は珍しいですよね。出合うとなんだかレア感があります。水沼駅ホームにある日帰り温泉施設もなかなかユニークです。歩き疲れた旅の途中にほっと一息温泉でほっこりしてみませんか。

6.水沼駅温泉センター(水沼駅)2282100

出典:hanapanさんの投稿

この地域にまつわる河童伝説にちなんだ、湯舟にあるかっぱの像がなんともかわいらしいです。泉質も抜群で“すっぴん美人の湯”と評判だそう。かっぱ風呂でひとっ風呂浴びて、次の駅へ向かいましょう。

水沼駅温泉センターの詳細情報

水沼駅温泉センター

住所
群馬県桐生市黒保根町水沼120-1
アクセス
1) JR桐生駅から列車で40分20km 水沼駅構内 2) 北関東自動車道伊勢崎ICから車で40分25km
営業時間
10:30〜18:00 温泉入浴時間(18時以降に宴会を予約された団体は19時まで) 10:30〜18:00 わたらせ庵(お食事) 10:30〜22:00 ご宴会
定休日
[第3水曜日]
料金
大人 600円 子供 400円 3歳〜12歳 割引制度あり

データ提供

懐かしのあの頃へ時間旅行

7.旧花輪小学校記念館(花輪駅)

旧花輪小学校へ行きました  #49

群馬県みどり市花輪駅から徒歩約4分の「旧花輪小学校記念館」。明治6年に開校し2001年に閉校した小学校です。木造建てのノスタルジックな外観で、階段や手すりも木造でかわいい趣。校舎ドア前にかけられた「わかるまでまなぼう」というメッセージに心をつかまれます。入場無料ですが、土日のみの開館なのでご注意を。

7.旧花輪小学校記念館(花輪駅)2282005

出典:すず&モン吉さんの投稿

当時の小学生の様子がわかり、なんだか懐かしい気持ちになれる学び舎。「私にもあの無垢な頃があった…」と、いろいろな事が思い出されますね。

旧花輪小学校記念館の詳細情報

旧花輪小学校記念館

住所
群馬県みどり市東町花輪191
アクセス
1) 花輪駅から徒歩で5分 わたらせ渓谷鐵道 2) 太田藪塚ICから車で50分 北関東道 3) 佐野藤岡ICから車で80分 東北道
営業時間
[日土] 10:00〜16:00 土日のみの開館
料金
無料

データ提供

“日本一の鉱都”。トロッコ列車で博物館を歩く

8.足尾銅山観光(通洞駅)

秋の足尾銅山をのんびり旅しました。

栃木県は日光市にある「足尾銅山」。通洞駅から徒歩約5分の距離にあります。約400年前には“日本一の鉱都”と呼ばれるほど大きな銅山でした。今では専用のトロッコに乗って銅山内を見学できる博物館になり、子供たちにも人気です。当時の作業の様子や、実際に使われていた薄暗い坑道を歩いたりとアドベンチャー感も満載で、大人も楽しめますよ。

足尾銅山坑道内

薄暗い坑道内は、閉所恐怖症の人なら少し怖い印象かもしれません。当時の人の気持ちに思いを馳せたり、労働環境を想像したりといろんな妄想をしながら楽しんでみてくださいね。

足尾銅山観光の詳細情報

足尾銅山観光

住所
栃木県日光市足尾町通洞9-2
アクセス
通洞駅から徒歩で5分
営業時間
9:00〜16:30 無休
料金
大人 830円 15人以上団体割引:730円 中学生 410円 15人以上団体割引:300円 小学生 410円 15人以上団体割引:300円

データ提供

昭和にトリップ♪懐かしいに出合えるトレイン旅

わたらせ渓谷鉄道トロッコ列車人気

懐かしい風景に出合うと、昔の自分を思い出したり、センチメンタルな気分になったり。いろいろな感情が出てきて、ノスタルジックになりますね。ちょっと気になったところで下車して、懐かしスポットを探してみませんか。きっと旅がいっそう楽しくなるはず♪

関東のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード