厄年さん必見!都内で厄除け・厄払いができるおすすめの神社

厄年さん必見!都内で厄除け・厄払いができるおすすめの神社

災いにあいやすく、良くないことが起こるとされている厄年。一般的に男性は数え25歳・42歳・61歳。女性は数え19歳・33歳・37歳・61歳が「本厄」とされます。正月や節分の時期に厄払いを行う人も多いですが、厄年ではない方でも気軽に神社で厄払いができます。厄年の方もそうでない方にもおすすめしたい、東京都内で有名な厄払い・厄除け神社をご紹介します。2016年10月30日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

7

東京都内にあるおすすめの厄除け・厄払い神社をご紹介

東京都内にあるおすすめの厄除け・厄払い神社をご紹介867311

出典:ライチさんの投稿

厄除けとは、一般的には厄年やその前後の年(前厄・後厄)に受ける厄払いのためのご祈祷のこと。

厄年とは特に気をつけなければならない年回りのことで、一般に男性は数え25歳・42歳・61歳、女性は数え19歳・33歳・37歳・61歳が「本厄」とされます。 中でも男性の42歳、女性の33歳は「大厄」とされています。

明治神宮(渋谷区)

明治神宮(渋谷区)849538

出典:ことだまさんの投稿

歩いているだけでも気持ちがいい木々に囲まれた明治神宮の参道。

まずは東京、そして日本を代表する神社「明治神宮」。原宿駅から歩いてすぐ、本殿までは歩いて約5分のところにあります。創建されたのは大正時代と歴史があります。明治天皇と昭憲皇太后を祀る神社で、約200種類超の木々が生い茂っている都心の自然豊かなスポットでもあります。
本殿は厄除け・厄払いだけではなく家内安全や商売繁盛にご利益があり、ご祈祷も受けることができます。
明治神宮(渋谷区)849539

出典:

初詣の参拝客数が全国1位の「明治神宮」。外国人観光客にも人気があります。

神田明神(千代田区)

御茶ノ水駅から歩いて5分のところにあり、正月や神田祭の時期には多くの参拝客で賑わう「神田明神」。江戸時代に創建された神社で、江戸の三大まつりといわれている「神田祭」が行われることでも有名です。“江戸総鎮守”として江戸の住民から尊崇されました。

厄除け・お祓いはもとより、商売繁盛のご利益もうけられることから企業や社長など仕事初めの参拝客も多いです。
神田明神(千代田区)849541

出典:

江戸に鎮座して1300年近くの歴史をもつ神田明神。

神田明神(千代田区)849540

出典:kawahiroさんの投稿

朱色の本殿が特徴的な神田明神の本殿。周辺からは東京スカイツリーが見えます。

日枝神社(港区)

地下鉄溜池山王駅または赤坂駅から歩いて3分の「日枝神社」。東京の中枢である永田町に鎮座する神社で“山王さん”ともよばれています。
大山咋神(おほやまくひのかみ)が祀られており、厄除けや安産、縁結び、商売繁盛、社運隆昌にご利益があります。

また、日枝神社の神の遣いとされる「神猿(まさる)」は、魔が去るといわれ魔除・厄除の信仰を集めてきました。厄年の方は日枝の大神様のもと、ぜひ厄払いをすることをおすすめします。
日枝神社(港区)849543

出典:Minemineさんの投稿

急勾配な階段を上がったところにある日枝神社。エスカレーターもあります。

日枝神社(港区)849544

出典:

神前式を挙げることができる日枝神社。都心の洗練さと伝統的な様式で人気があります。

小網神社 (中央区)

「小網神社」は昭和初期に建てられた懐かしい路地の一角にある神社。人形町駅から歩いて5分のところにあります。周辺はビルで立ち並んでおり、初めて行く方は迷ってしまいますが、周辺で働くビジネスマンを中心に参拝に訪れています。

“強運厄除”、“東京銭洗い弁天”の名で知られている通り、お稲荷大神や弁財天、福禄寿などの神様が祀られているので一度参拝するとご利益を受けることができると言われています。特に、向拝に施された昇り龍と降り龍の彫刻は「強運厄除の龍」として拝められています。
小網神社 (中央区)849545

出典:UmaBikiさんの投稿

日本橋人形町の路地の一角にある「小網神社」。意外にも小ぢんまりとしていますが強力なパワースポットとしても知られています。

波除神社(中央区)

東京の台所として有名な築地。その築地場外市場近くで厄除け・厄払いを受けられる「波除神社」。築地市場駅から歩いて5分、築地場外市場と場内市場の間にあります。

境内は少し小さめの御本社があり、衣食住・殖産工業、商業の守り神である「倉稲魂命(うがのみたまのみこと」が祀られており、“波除”さまと呼ばれています。「災難を除き、波を乗り切る」神様として、今現在波に乗りたい事案があればぜひ参拝しましょう。
波除神社(中央区)849548

出典:

築地場外市場の一角にある「波除神社」。御本社を参拝したあとは厄除け・厄払いにご利益のある「獅子殿」へ参りましょう。

波除神社(中央区)849549

出典:

厄除け・災難除けにご利益があるといわれている「波除神社」の獅子殿

穴守稲荷(大田区)

羽田空港近くにある厄除け・厄払いにご利益のある神社「穴守稲荷」。京急線の穴守稲荷駅から歩いて3分、周辺にはホテルやフットサル場があります。朱色の鳥居をくぐると見えてくる本殿。商売繁昌や家内安全のほか、厄除け・厄払いにもご利益があります。海外旅行や国内旅行に出かける前に参拝して厄払いをして、旅の安全を祈るのもいいですね。
穴守稲荷(大田区)849551

出典:

羽田空港からの旅客機を見ることができる「穴守稲荷」

阿佐ヶ谷神明宮(杉並区)

阿佐ヶ谷駅から歩いて2分「阿佐ヶ谷神明宮」は、全国では珍しい八難除けのご祈祷がうけられる神社です。八難とは、年齢から来る厄年の災いや、因縁から来る災いなど八難の災いごとを除けるというもの。厄年ではなくとも、最近よくないことが起こるという方も気軽に八難除がうけられます。
阿佐ヶ谷神明宮(杉並区)850508

出典:

阿佐ヶ谷駅から歩いてすぐの場所にありアクセスも便利「阿佐ヶ谷神明宮」。

阿佐ヶ谷神明宮(杉並区)849554

出典:

約3000坪の境内は、自然豊かな森になっており東京都内最大級の伊勢神宮勧請の神社でもあります。

富岡八幡宮(江東区)

「富岡八幡宮」は東京の下町のひとつ“深川”を代表する神社。鳥居をくぐると見えるのが伊能忠敬像。忠敬が日本全国の測量に出かける前に富岡八幡宮に参拝したことをきっかけに設置されるようになったと言われています。

本殿は源氏の氏神である八幡大神が祀られており、厄除け・厄払いや開運成就、健康長寿にご利益があるといわれています。
富岡八幡宮(江東区)849556

出典:

鳥居から本殿の間には伊能忠敬の銅像を見ることができます。毎月、境内で骨董市や各種イベントも行われています。

富岡八幡宮(江東区)849555

出典:nankinさんの投稿

「深川の八幡さま」として地元の方を中心に多くの参拝客が訪れる「富岡八幡宮」の本殿

亀戸天神(江東区)

学問の神様として有名な菅原道真ゆかりの神社である「亀戸神社」。周辺には東京スカイツリーが見え、亀戸駅から歩いて15分のところにあります。
学業成就以外にも、新車を購入した方むけに交通安全などのご祈祷もうけられます。
また、藤の花の名所でもあり4月下旬から5月上旬にかけて咲き誇ります。
亀戸天神(江東区)849557

出典:

亀戸天神の本殿。周辺には東京スカイツリーを眺めることができます。

亀戸天神(江東区)849561

出典:Kazu0103さんの投稿

境内周辺は4月下旬から5月にかけては藤の花、早春は梅の花が咲き誇ります。

松陰神社(世田谷区)

松下村塾の創設者で伊藤博文や木戸孝允などの政治家を輩出した吉田松陰ゆかりの神社が「松陰神社」。東急世田谷線・松陰神社前駅から歩いて3分、世田谷区役所の近くにあります。

本殿は松下村塾出身の伊藤博文や山県有朋らによって創建され、吉田松陰を御祭神として祀られています。開運厄除けや八方除けのほか、学業成就や家内安全などにご利益があります。歴史が好きで特に幕末に興味のある方には特におすすめです。
松陰神社(世田谷区)849565

出典:

漆黒の鳥居が印象的な世田谷区にある「松陰神社」

松陰神社(世田谷区)849563

出典:

本殿。

大國魂神社(府中市)

「大國魂神社」は武蔵の国の守り神として有名な大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)を祀っている神社。京王線府中駅、JR府中本町駅から歩いて5分のところにあります。
本殿に祀っている大国魂大神は出雲の大国主神と同様縁結びや厄除け・厄払いの神として有名です。拝殿の菊の御紋を刻んでいるお賽銭箱にも注目です。
大國魂神社(府中市)849566

出典:

武蔵国の守り神”大国魂大神”が祀られている「大国魂神社」

さいごに

必ずしも厄年やその前後の年に厄除けを行わずとも、少しでもいいことが起こらなかったたり、運に恵まれないと感じたりした方でも気軽に神社でご祈祷をしてもらうことで、運気がよくなったり心が晴れやかになったりすることがあるそうです。困ったときはこの神頼みを利用してみるのもいいかもしれませんね。

関連まとめ

関連キーワード