2016年12月26日

アートに馴染みがなくても楽しめます!国立新美術館に行ってみよう

アートに馴染みがなくても楽しめます!国立新美術館に行ってみよう

国立新美術館、聞いたことはあるけどアートってよく分からないから行ったことがないというかた意外と多いのではないでしょうか? 確かに美術館というと少し難しいような気がしてしまいますが、国立新美術館は展示を見なくても楽しめるポイントがたくさん詰まった美術館なんです!フォトジェニックなところもたくさんあり、美しい内観を眺めるだけでもよし。いろいろな楽しみ方を紹介していきますよ!

所蔵品を持たない美術館の楽しみ方は無限大!

2007年に東京・六本木にオープンした国立新美術館。美術館と聞くと、所蔵するコレクションを常設展とし、それとは別に企画展や巡回展を行うというスタイルが一般的ですが、この国立新美術館はコレクションを持っていません!
所蔵品を持たない美術館の楽しみ方は無限大!964616

出典:HIDE862さんの投稿

英語名は”The National Art Center, Tokyo”と付けられていますが、ミュージアムという言葉が入っていませんよね。それはこの特殊な運営形態に合わせて「アートセンター」という名になっているのです。

所蔵品を持たない美術館の楽しみ方は無限大!964638

出典:hisaboさんの投稿

コレクションがない分、その時々の企画展によって美術館自体のイメージが自由自在に変わるという点も、国立新美術館の特徴かもしれませんね。

美術館というとアートに詳しい人が行くところというイメージを持っているかもしれませんが、国立新美術館はアートや展示テーマに馴染みが無くても楽しめるポイントがたくさんあります。シンボルにもなっている曲線が美しい建物からおすすめのグルメ情報まで、国立新美術館の楽しみ方をご紹介していきます!

最大の見所はなんといっても建物自体の造形美

国立新美術館を手掛けたのは国内外の多くの博物館や空港、都市計画などを手掛けている黒川紀章氏です。
最大の見所はなんといっても建物自体の造形美959496

出典:だたふさんの投稿

ガラス張りの外壁は波打つカーテンのようなデザインで、実際に目の前にするとそのスケールの大きさにテンションがぐっと上がります。晴れた日は、青空や雲、六本木の街並みが建物に写りこみ、それもまた建物の一部分のように感じます。

最大の見所はなんといっても建物自体の造形美959493

出典:kuromu24さんの投稿

館内に入ると待ち受けるのはたっぷりと注ぐ自然光と思わず見上げてしまう吹き抜け。そして円錐状に伸びる2本の柱の上には天空の城のようなレストラン。晴れていても雨が降っていてもその時々の独特な雰囲気を作り出すこの建物は、見るだけでも価値があったと思わせる美しさです。

お腹が減ったときにはここ! おすすめのグルメ情報

夢中になって展覧会を見たり、広い館内を歩き回ると、やっぱりお腹が減りますよね。国立新美術館には飲食ができるカフェやレストランが4店入っており、その時々の展示に合わせた限定メニューなどをそれぞれのお店で頂くことができます。入館料がかからず利用できるので、レストラン目当てに訪れることもできますよ。その中でもおすすめの2店を紹介していきます。
「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」料理 964650 エスカルゴ200706

出典:chiakipenguinさんの投稿

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ:国立新美術館3F

「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」外観 964513 空中レストラン by 黒川紀章

出典:マダム・チェチーリアさんの投稿

日本国内の美術館で唯一、世界に名を馳せるシェフの本格フレンチがいただける「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」。ポール・ボキューズは、現代フランス料理を築いた料理界の重鎮として有名ですよね。日本ではひらまつグループが展開しています。
「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」料理 964522 牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

出典:マダム・チェチーリアさんの投稿

こちらのお店のランチには、2,000円ちょっとでメインを数種類から選べ、リエット、デザート、カフェまでついてくるブラン・コースからしっかりと食べたい方向けに前菜が付くルージュ・コースなどが用意されています。
「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」料理 959504 “ムッシュ ポール ボキューズ”のクレーム・ブリュレ

出典:

アート鑑賞で頭を使って疲れたときには、こちらのクレーム・ブリュレがおすすめ。優しい甘さがエネルギーをチャージしてくれます。

美術館内というだけあって、他のひらまつグループのレストランのような静かな雰囲気を期待される方にはおすすめしませんが、名建築家が手がけた意匠で展覧会やアートの余韻に浸りながら料理を楽しめるスペシャルな体験ができるレストランです。
「サロン・ド・テ・ロンド」内観 958917

出典:K-BIGSTONEさんの投稿

特におすすめはディナーで利用すること。美術館の利用時間が終わったひっそりとした館内を貸し切っているような贅沢な雰囲気を味わえます。

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼの詳細情報

ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ

乃木坂、六本木、青山一丁目 / フレンチ、ビストロ、モダンフレンチ

住所
東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館 3F
営業時間
ランチ 11:00~16:00(L.O.) ディナー 16:00~21:00(L.O.19:30) 金曜のみ 16:00 ~ 22:00(20:30) ≪ご予約について≫ ご予約は、ディナータイムのみ承っております。(16:00~)
定休日
火曜日(祝日の場合は翌日に振替)
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥6,000~¥7,999

データ提供

サロン・ド・テ・ロンド:国立新美術館2F

「サロン・ド・テ・ロンド」内観 964532

出典:K-BIGSTONEさんの投稿

ひらまつグループのお店でもう少しカジュアルに楽しみたいという時におすすめなのが、小さい方の円錐の上にある「サロン・ド・テ・ロンド」。
「サロン・ド・テ・ロンド」料理 958919 (2014/2月撮影)

出典:honnesanさんの投稿

ティーサロンという位置づけなので、ケーキやサンドイッチなどの軽食をこだわりの紅茶やハーブティーと一緒にリラックスしながら頂くことが出来る空間です。絵や作品を見ているとたくさんのエネルギーを使うので、そんな疲れた頭と身体に甘いものは必須ですよね。

サロン・ド・テ・ロンドの詳細情報

サロン・ド・テ・ロンド

乃木坂、六本木、青山一丁目 / カフェ、サンドイッチ、ケーキ

住所
東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館 2F
営業時間
[土~木] 10:00~18:00(17:30L.O) [金] 10:00~19:00(18:30L.O)
定休日
火(祝祭日の場合は水曜日となる)
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

こんなところも見どころです!

こんなところも見どころです!964541

出典:hiro510さんの投稿

フォトジェニックなスポットがたくさん

建物の形から内部に至るまで国立新美術館はとてもフォトジェニック。自然光やライトも計算し尽くして設置されているため、写真好きにはたまらない絶好の撮影ポイントがいくつもあります。
フォトジェニックなスポットがたくさん959495

出典:Chepaさんの投稿

例えば、入館してすぐにあるこのストライプの壁。通る人の形が浮かび上がるさまは、歩き方や荷物によってそれぞれの個性がはっきりと見えてとても面白い画になります。子どもと行った際に撮るのも楽しいかもしれません。

フォトジェニックなスポットがたくさん958910

出典:Gurekoさんの投稿

2階や3階から下を見下ろすとそこには曲線を描くガラスの壁に均等に並ぶ四角いフレーム、そして丸いテーブル。ミニチュアの模型のように見える瞬間も有り、思わずカメラを向けてしまう光景です。

所々に置かれるオシャレなイスたち

歩きまわって疲れた時、友達と待ち合わせする時、見たばかりの展覧会の感想を言い合ったり、一人で物思いに耽りたいときなど、色々なシーンで重宝するところどころに配置されたベンチやイス。それさえもとてもアート的で、インテリアのいいお手本になります。
所々に置かれるオシャレなイスたち959497

出典:yoskinさんの投稿

所々に置かれるオシャレなイスたち959494

出典:Freebird2014さんの投稿

どの場所からも見える波打つガラスの壁、規則的に並ぶフレームなどを眺めながら考え事をするのもおすすめです。一人でいても人の目が気にならない、そんな居心地の良さを生み出しているイス達。この空間に身を置くと、何か新しい閃きに出会えるかもしれません。

違う表情を見せてくれる夜の国立新美術館も素敵

館内のライトが温かく外ににじみ出る夜の国立新美術館は外側から見ると昼間とは違った表情を見せてくれます。暗闇に浮かぶ球体のシルエットの中に館内にいる人々の影が浮かび上がり、なんだか宇宙船のよう。
違う表情を見せてくれる夜の国立新美術館も素敵958915

出典:鷹10さんの投稿

帰り際に振り返って見るのも良し、夜から出向いてブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼで特別な時間を過ごすのも良し、美術館というフレームにとらわれずに思い思いの時間を過ごすことが出来るのが国立新美術館の魅力です。
違う表情を見せてくれる夜の国立新美術館も素敵964556

出典:akiyukies335さんの投稿

夕日に染まった姿もとても素敵ですね。

国立新美術館のアートだけではない魅力、伝わりましたか?

国立新美術館のアートだけではない魅力、伝わりましたか?964619

出典:hiro510さんの投稿

昨今、話題にいなっているダリ展やルノワール展など、コレクションを所有していないにもかかわらず常に多くの人で賑わっている国立新美術館。カフェでゆったりするのも良いですし、気が向いたら展覧会に入ってみるというリラックスしたスタンスで一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ