鴨鍋だけじゃない!東京でおいしい鴨料理が食べられるお店8選

鴨鍋だけじゃない!東京でおいしい鴨料理が食べられるお店8選

食通の中でファンの多い食材、それは鴨。噛むほどに脂の旨みが感じられる味の魅力はもちろんのこと、栄養価も高い奥深い食材なのです。そんな鴨が、特においしくいただけるのが冬。定番の鴨鍋から、鴨すき、鴨そばにフレンチ、イタリアンはたまたカレーまで。都内で、おいしい鴨料理が食べられるお店を8件ピックアップしました!鴨の新境地が、ココで見つかるカモ!?

2016年04月06日

どうして冬に鴨料理が珍重されるのか?

「鴨亭」料理 3624 鴨スープに鴨肉を泳がせて、ポン酢でいただきます。鴨肉の甘みをお味わいください。

出典:

「鍋にして一羽の鴨でもてなしぬ」
これは長谷川櫂という俳人の句集「初雁」に収められている俳句です。遠方より訪ねてきた友にご馳走をふるまうために、飼っていた鴨を一羽つぶして鴨鍋をつくった、といったところでしょうか。思わず生唾を飲み込んでしまいそうなこの句の季節は冬、季語はもちろん鴨です。
でもどうしてこんなふうに鴨が冬の料理の定番のようになったのでしょうか?

秘密は野生の鴨の生態にあった

秘密は野生の鴨の生態にあった3627

出典:岩魚さんの投稿

実は野生のマガモというのは、夏場に大陸で繁殖したあと、晩秋になって日本に飛来してくるのです。そしてこの野生のマガモを狩猟できるのが、鳥獣保護管理法施行規則に定められた11月15日から2月15日までのあいだのみ(北海道は10月1日から1月31日)。したがって、野生のマガモが食肉として出回るのがこのちょうど冬のあいだにあたるので、冬の定番料理と言えば鴨、と言うようになったんですね。
もちろん、現在では食用に飼育されたアイガモもいますので、鴨料理のお店に行けば一年中鴨肉を楽しむことができますよ。

フランス料理でも野生の鴨肉は冬の定番

また、フランス料理には「ジビエ」という狩猟によってとらえた鳥獣の肉を食べる習慣があります。ジビエでは鹿や野ウサギ、イノシシやキジなどの肉が食べられているのですが、実はマガモの肉もジビエに含まれます。
フランスでは秋が深まってくると、ジビエのシーズンの到来です。秋は野生の鳥獣たちが冬に備えて栄養をたくわえだすのですが、木の実などが豊富な時期なので、それらの良質なタンパク質を食べた鳥獣の肉質は非常にやわらかく、風味があるのです。
こうしたジビエ肉は餌となる植物が少なくなる初冬まで市場に出回るので、フランス料理においてもやはり「鴨と言えば冬」、となるのですね。
「トゥールダルジャン」料理 3631 幼鴨フィレ肉のロースト ピサラディエール添え 薫煙薫ソースと共に

出典:K.ハミルトンさんの投稿

鴨肉はとても栄養価が高い食材

鴨肉はとても栄養価が高い食材3633

出典:xfunさんの投稿

実際の栄養価についてですが、鴨というのは家畜のニワトリと比べて血の色が濃く、ヘム鉄やビタミンB群が多く含まれています。鉄分が不足すると貧血になりやすいですし、ビタミンB群は皮膚や髪、爪など細胞の再生に関わっていますので、まさに女性にとってはうれしい食材と言えるのではないでしょうか。
また、鴨の脂肪は不飽和脂肪酸の含有率が高く、冷えても固まらない脂質ですので、血行を良くしてくれたり、血中コレステロールを下げ動脈硬化や高血圧を防いでくれます。
それでは、このようにおいしくて栄養的にも優等生である鴨肉を、都内で楽しむことができるお店を紹介していきましょう。

定番の鍋ははずすべからず!都内にある鴨鍋の名店

とりなご(渋谷区恵比寿)

「とりなご」外観 3639 暖かみのある手彫りの看板

出典:

京都・福知山にある御魂神社の裏参道にたたずむ鴨すきの名店が「とりなご」。東京の人間は長らくお取り寄せでしかその味を楽しむことができませんでしたが、2011年にその初支店が東京・恵比寿にオープンしました。
「とりなご」料理 3641 「鴨すき」。鴨特有の臭いがなく、ビタミン豊富・ヘルシーで血液サラサラ・美肌効果も抜群です

出典:

これが名物の「鴨すき」です。黄金色に透き通ったスープが絶品! 大量の白髪葱とともにいただくと、鴨が葱を背負いたくなる気持ちも分かってくるから不思議です。

「とりなご」料理 3642

出典:*あんこ*さんの投稿

新鮮な鴨肉は、ちょっと炙ってお刺身でもいただけます。

「とりなご」では鴨肉の燻製や鴨皮ポン酢、ガーリックステーキなどもいただくことができます。鴨肉の魅力をあますところなく味わうことができる名店です。

とりなごの詳細情報

とりなご

恵比寿、広尾 / 鳥料理、鍋(その他)、居酒屋

住所
東京都渋谷区恵比寿3-7-3 大倉ビル 1F
営業時間
平日ランチ11時半〜14時半 (L.O14時) 平日ディナー17時〜24時(L.O23時) 土日祝日17時〜23時(L.O22時)
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥6,000~¥7,999

データ提供

恵比寿駅から徒歩8分

鴨亭(中央区築地)

「鴨亭」外観 3647

出典:

「とりなご」が関西風のあっさり鴨すきの代表店であるなら、関東風の甘辛たれを使用した鴨すきの代表店が「鴨亭」。まもなく移転してしまう築地の場外市場の近くにあります。
「鴨亭」料理 3649 鴨の胸肉と山盛りのゴボウ。甘辛醤油で煮て とろり卵を絡めて口に運べば・・

出典:

お店の看板メニューがこの「鴨すき焼き」です。こちらの付け合わせは葱でなくゴボウなのですが、関東風の甘辛だれには滋味の力強いゴボウのほうがよく合います。生卵をからめて口に運べば、これぞまさに鴨肉のすき焼き!

「鴨亭」料理 3650

出典:かもしみそさんの投稿

一見敷居が高そうですが、ランチメニューで「鴨そば」や「鴨すき焼き丼」がお手頃価格で楽しめるのもうれしいかぎりです。

鴨亭の詳細情報

鴨亭

東銀座、築地市場、築地 / 鳥料理、懐石・会席料理、そば

住所
東京都中央区築地4-2-11 新橋演舞場別館1F
営業時間
●昼● [月~金] 11:30~14:30(L.O.14:00) ★夜★ [月~金] 18:00~22:30(L.O.21:30) [土曜日] 17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日
日曜日・祝日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥8,000~¥9,999

データ提供

地下鉄日比谷線築地駅 徒歩5分
地下鉄日比谷線東銀座駅 徒歩5分
都営浅草線東銀座駅 徒歩5分

鴨正(中央区築地)

「鴨正」外観 3655 お店外観

出典:

築地には鴨料理のおいしいお店がもう一軒あります。徹底的に鴨肉の品質にこだわっているそのお店の名前は「鴨正」です。
「鴨正」がお店で提供している鴨肉は、ミネラル豊富な竹炭水と何種類もの発酵菌を与え、専用農場で育てた「蔵王深山竹炭水鴨」だというのですから、そのこだわりようがうかがえるというものです。
そんな厳選素材を使用する「鴨正」ですから、名物の鴨しゃぶのお味は言うまでもないでしょう。しかし、このお店に関してはあえてランチメニューを紹介。鴨肉のいろいろな可能性をうかがわせてくれます。
「鴨正」料理 3657 フォアグラ入り鴨ハンバーグ(ランチ)

出典:

こちらはランチメニューの「フォアグラ入りハンバーグ」。和風ソースをかけていただく鴨肉100%のハンバーグです。ほかに鴨肉100%のメンチカツやササミカツなどもあります。

「鴨正」料理 3658 鴨らーめん

出典:

こちらは「鴨ラーメンとそぼろごはん」。なんとラーメンまで食べられるのですね。麺は細麺で、鴨だしベースのスープと好相性を見せます。

鴨正

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

日比谷線築地駅出口1・2より徒歩2分

フレンチ・イタリアンで味わう鴨料理の名店

和の鴨料理が食べられるレストランに続いては、洋風の鴨料理を楽しめるレストランをご紹介したいと思います。

トゥール・ダルジャン(LA TOUR D’ARGENT)(千代田区紀尾井町)

「トゥールダルジャン」外観 3664

出典:K.ハミルトンさんの投稿

まずは、鴨と言ったら外すことのできないこのお店「トゥール・ダルジャン」です。
1582年にパリにオープンした「トゥール・ダルジャン」は、鴨料理で一躍有名となり、ミシュランで3つ星を獲得しました。

「トゥールダルジャン」内観 3665 ダイニング

出典:伸るか反るかさんの投稿

ホテルニューオータニにある東京店も、贅の限りを尽くした室内装飾や調度品で訪れる私たちをもてなしてくれます。

「トゥールダルジャン」料理 3666 幼鴨のロースト ボーヌワインとモリーユ茸の饗宴 根セロリとシャンピニオンのデュエット 花模様

出典:焼肉姉妹さんの投稿

こちらが伝統の「幼鴨フィレのロースト」。「トゥール・ダルジャン」では、世界中のシェフから最高級と評価されているブランド鴨「シャラン鴨」が使われています。そんなシャラン鴨を、美食家の北大路魯山人は「ソースが合わない」と言ってわさび醤油で食したとか。

ちなみに「トゥール・ダルジャン」で提供される鴨には、すべて個体番号がつけられています。1921年にパリ本店で昭和天皇が召し上がった鴨は、53211番だったそうです。

トゥールダルジャン 東京の詳細情報

500トゥールダルジャン 東京

永田町、赤坂見附、麹町 / フレンチ

住所
東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ東京 ロビィ階
営業時間
当面の間は、木金土日曜日限定でランチ、ディナーを営業いたしております。 ランチ 12:00~(最終入店13:00) ディナー17:00~(最終入店20:00)
定休日
月・火・水曜日
平均予算
  • ¥15,000~¥19,999
  • ¥30,000~

データ提供

JR四谷駅より徒歩15分
有楽町線麹町駅より徒歩7分
ホテルニューオータニ 東京 ロビィ階

ラトラス(L’Atlas)(新宿区神楽坂)

「ラトラス」外観 3671 入口

出典:Delicious Soldierさんの投稿

「トゥール・ダルジャン」が贅を極めたグランメゾンの代表格であるなら、神楽坂にある「ラトラス」は、住宅街のなかにあって極上の鴨料理をいただける一軒家レストランの代表格と言えるでしょう。お店のファサードは明るい南仏風。

「ラトラス」料理 3672 当店の自慢は鴨料理です。

出典:

「ラトラス」の名物料理はこちらの「マダムビュルゴー鴨のロティ」。絶妙な火入れの具合が「トゥール・ダルジャン」にそっくりですよね。
それもそのはず、「ラトラス」の支配人とシェフはニューオータニの「トゥール・ダルジャン」の出身。なので使われている鴨も当然、トゥールと同じビュルゴー家のシャラン鴨なのです。

「ラトラス」料理 3673 自慢の鴨料理

出典:

また「ラトラス」では期間限定でジビエを楽しむこともできます。
ジビエで提供される鴨肉には、岩手県一関市のマタギ歴30年の猟師さんからその日に獲れたばかりの青首鴨を仕入れているそうです。

ラトラスの詳細情報

5000ラトラス

神楽坂、牛込神楽坂、飯田橋 / フレンチ

住所
東京都新宿区神楽坂6-8-95 ボルゴ大〆2° 
営業時間
11:30~14:30(L.O.13:00) 18:30~22:30(L.O.21:00)
定休日
毎週月曜日・第1火曜日
平均予算
  • ¥6,000~¥7,999
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供

東京メトロ東西線「神楽坂駅(1番出口)」徒歩5分
都営大江戸線「牛込神楽坂(A3出口)」 徒歩10分
JR・東京メトロ有楽町線・南北線「飯田橋駅(神楽坂方面)」徒歩10分

トラットリア ドゥエ・コローリ(2 Colori)(渋谷区神宮前)

「2colori」外観 3677 小さな間口のお店です。

出典:ゆめゆめさんの投稿

正統派のフレンチのお店に続いては、みんなで気軽に楽しめるカジュアルイタリアンのお店をご紹介したいと思います。
お店の名前は「トラットリア ドゥエ・コローリ」。東京メトロ銀座線「外苑前」駅より徒歩5分。ワタリウム美術館向かいの路地にたたずむこじんまりとしたお店です。

「2colori」内観 3678 オープンキッチンのカウンター席

出典:

トラットリアなので、店内はイタリアの大衆食堂的なあたたかな雰囲気です。前菜となる小皿料理は、毎月20種類以上がワンコインで楽しめるということで評判です。

「2colori」料理 3679 鴨ムネ肉150g

出典:

メインのお肉料理は炭火焼き。和牛ハラミや骨付き仔羊なども楽しめますが、やはりここはなんといっても「鴨胸肉のロースト」でしょう。150gあるのでがっつり食べられますよ。

鴨肉によく合う赤ワインは、その日のメニューに合わせてソムリエが厳選した自然派ワイン。鴨肉だからといって気負わずに、いっぱい食べていっぱい飲む。「トラットリア ドゥエ・コローリ」はそういうお店です。

トラットリア ドゥエ・コローリ

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

銀座線外苑前駅から徒歩5分

日本には鴨そばというファストフードだってある!

日本伝統のファストフードといえば蕎麦ですよね。この日本蕎麦というのも、鴨肉と親和性の高い料理なのです。最後に鴨そばをおいしくいただけるお店を2軒ご紹介しましょう。

蕎麦小路 さわらび(千代田区隼町)

「蕎麦小路 さわらび」外観 3686

出典:れなとさんの投稿

1件目は最高裁判所のお膝元、隼町にある「蕎麦小路 さわらび」です。
こちらのお店の特徴は、とにかく鴨そばのレパートリーが豊富であること。

「蕎麦小路 さわらび」料理 3687 「鴨汁せいろ」一式

出典:蓼喰人さんの投稿

この「炭火焼鴨汁せいろ」のつけ汁には肉厚の鴨肉が入っていて、昼時のビジネスマンの食欲を満足させてくれます。

「蕎麦小路 さわらび」料理 3688

出典:kuanさんの投稿

こちらの「鴨々汁せいろ」も、冷たい蕎麦を温かい汁につけていただくタイプ。鴨肉とつくねがダブルで入っているので「鴨々」なんですね。

ほかにも「蕎麦小路 さわらび」では、そぼろ肉の入った「鴨そぼろ蕎麦」や鴨つくねを存分に楽しめる「鴨つくね汁蕎麦」などの鴨そばをいただくことができます。季節によって温かいお蕎麦と冷たいお蕎麦の入れ替えがありますので、ぜひ複数回足を運んでみることをオススメします。

蕎麦小路 さわらびの詳細情報

5000蕎麦小路 さわらび

半蔵門、永田町、麹町 / そば

住所
東京都千代田区隼町2-10 210半蔵門 1F
営業時間
11:45~14:00(L.O.13:30、売切れ仕舞い) 17:30~21:00(L.O.20:00)
定休日
土曜・日曜・祝日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥3,000~¥3,999

データ提供

東京メトロ半蔵門線半蔵門駅 1番出口より徒歩1分

16℃(ワインバー16℃)(港区北青山)

「16℃」 内観 59031354

出典:

2件目にご紹介するのは、青山の路地を一本入った隠れ家的お店「16℃」です。店内はカウンター9席のみの落ち着いた空間で、「鴨せいろそば」をはじめ、色々な鴨料理が楽しめます。

「16℃」 その他 59032297

出典:

こちらがその「鴨せいろそば」。太めのおそばでほっこりとするお味なんですよ。鴨料理をたっぷり食べて、最後の〆にぴったりですよね。

「16℃」 その他 59031489

出典:

このお店はその他のメニューも鴨、鴨、鴨の鴨尽くしなんです!「野生真鴨×バルバリー鴨のしゃぶしゃぶ」は、真鴨の野趣あふれる味わいと仏産鴨の旨みが乗った味わいを食べ比べることができるんですよ。

「16℃」 料理 59031263

出典:

鳥のつくねはよく見ますが、鴨のつくねってあまり食べたことのない方も多いのではないでしょうか?こちらでは、そんな鴨のつくねもいただくことができるんです。ハンバーグのような見た目の「鴨つくね ストウブ焼き」は、鴨の旨みが閉じ込められた絶品のお味。来店した際は必食です!

青山 16℃の詳細情報

青山 16℃

表参道、明治神宮前、外苑前 / ワインバー、寿司、しゃぶしゃぶ

住所
東京都港区北青山3-6-26 第5SIビル 3F
営業時間
18:00~24:00 限定ランチ(月〜金) 12:00~14:00
定休日
日曜日
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999

データ提供

東京メトロ表参道駅 B4出口より徒歩1分

以上、都内でおいしい鴨料理が食べられる8件を厳選してご紹介しましたが、気になったお店はありましたでしょうか。鴨の持つポテンシャルの高さに驚かれた方も多いのではないでしょうか。ぜひともこの冬は鴨料理にトライしてみてくださいね。

東京都のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード

大山を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先