京都の街並みを写真に♡カメラ女子におすすめの撮影スポット!

京都の街並みを写真に♡カメラ女子におすすめの撮影スポット!

カメラを片手におでかけするカメラ女子集合!フォトジェニックで撮影したくなっちゃう、京都の撮影スポットをご紹介します。京都はどこを切り取ってもステキな場所が多いですが、今回はカメラ女子のためにステキなスポットを厳選しました。街並みや寺社、カフェなどいろいろ。自分だけのとっておきの1枚を撮影しに、おでかけしませんか?

2017年03月08日

カメラ片手に京都を歩こう♪

カメラ片手に京都を歩こう♪1075860

出典:警備員さんの投稿

嵐電「嵐山駅」のキモノフォレスト

和の情緒が感じられる古都「京都」。艶やかな着物を身に着けた舞妓さんや芸者さんが街を歩き、歴史ある神社仏閣や、美しく計算された日本庭園、さらにカラフルでフォトジェニックなスポットまで、カメラを向けたくなる場所がたくさんある魅惑の街。そんな京都の中でも女子の心を掴む、美しい場所、可愛いものなどのおススメ撮影スポットをご紹介します。

【嵐山駅】ホームが京友禅ギャラリー「キモノ・フォレスト」

京都の伝統工芸「京友禅」を、アートとして常設展示している駅があるのをご存じでしょうか?そこは嵐電(らんでん)の名で親しまれる京福電気鉄道・嵐山駅。なんと、ホームに展示されているんです!艶やかで多彩な柄の京友禅の生地を、高さ約2メートルのアクリルポールに入れたものが600本も並びます。昼、夜それぞれに見応えがあり、写真に収めたくなる美しさです。
【嵐山駅】ホームが京友禅ギャラリー「キモノ・フォレスト」1075925

出典:警備員さんの投稿

実際に電車が入るホームに美しい京友禅のギャラリースポット「キモノ・フォレスト」があります。夜には雅にライトアップされ、幻想的なキモノの林が現れます。嵐山駅には改札がないので、電車に乗らなくても自由に出入りができますよ。

【嵐山駅】ホームが京友禅ギャラリー「キモノ・フォレスト」1075971

出典:中太郎さんの投稿

夜のライトアップされた妖艶な美しさも素敵ですが、昼間のパステル調などの可愛い色合いも素敵です。

【嵐山駅】ホームが京友禅ギャラリー「キモノ・フォレスト」1075973

出典:のほほんHITOさんの投稿

通路の折り返し地点には、水に浮かぶかのような、金で龍の絵が彫られた球がある「龍の愛宕池」があります。

【嵐山】幻想的な「竹林の小径」

風光明媚なスポットとして人気が高い嵐山エリア。その中でも嵐山駅から徒歩10分、自然を全身で感じられる散策路「竹林の小径」は、不思議な感覚が楽しめるスポットとして人気があります。まっすぐ空へと伸びる竹林が約400mも続き、風をうけてサラサラと音を立て、晴れた日には、木々の間からこぼれる陽光が幻想的な世界を作り出しています。
【嵐山】幻想的な「竹林の小径」1078609

出典:tukasouさんの投稿

青々とした竹が幾重にも生い茂り、まっすぐと空へと伸びる姿は、しなやかな美しさがあります。キラキラとこぼれる陽の光がなんとも幻想的ですね。天候によって表情を変える竹林を写真に収めたくなります。

【嵐山】幻想的な「竹林の小径」1078606

出典:takeohさんの投稿

天を仰げば、真っすぐ伸びる竹の隙間から降り注ぐ木漏れ陽が美しい。広角レンズや魚眼レンズを使えば、迫力ある世界が作れますよ。

【嵐山】幻想的な「竹林の小径」1078630

出典:875さんの投稿

冬には花灯路が開催され、独特の雰囲気が楽しめます。ライトアップでまた違った竹林を見られ、露出やフィルターなどで色合いを変えて楽しんでみてください。

【圓光寺】愛らしい♡お地蔵さん

左京区一乗寺にあるのが、徳川家康によって国内教学の発展を図るために、学校として建立された圓光寺。多くの書物を発行していたお寺で、出版に使用された貴重な木活字も現存しています。こちらのお寺は、座禅体験ができることでも知られていますが、女子には可愛い「ほほえみ地蔵」があることでも人気が高いお寺です。苔庭にちょこんと座る、なんとも愛らしい表情のお地蔵さんは、眺めているだけでも顔がほころびます。
【圓光寺】愛らしい♡お地蔵さん1075542

出典:せりぞうさんの投稿

圓光寺の「ほほえみ地蔵」。愛らしい表情が乙女心をくすぐりますね。夏には青々とした苔に囲まれ、秋には紅葉を被り、冬には真っ白な雪に包まれて、四季折々の写真が楽しめます。かわいいお地蔵さんは、大原エリアの三千院にもあるので、合わせて訪れてみてはいかがでしょうか?

【圓光寺】愛らしい♡お地蔵さん1075791

出典:HIDE862さんの投稿

「十牛之庭」。賑やかな紅葉の季節も良いですが、凛とした静寂が漂う新緑の季節も素敵です。深い緑を体いっぱいに吸い込んでみてください。緑と赤のコントラストがまた画面を引き締めますね。

【圓光寺】愛らしい♡お地蔵さん1075805

出典:komugi-40さんの投稿

僧俗問わず入学が許された、学問の地「圓光寺」。最初は伏見に建立されていましたが、現在は一乗寺小谷町に移転されています。駅から少し歩きますが、素晴らしい多彩な庭園が楽しめるので、ぜひ訪れてみてください。

圓光寺の詳細情報

圓光寺

住所
京都府京都市左京区一乗寺小谷町13
アクセス
JR京都駅から市バス5系統岩倉操車場前行きで45分、一乗寺下り松町下車、徒歩10分

データ提供

【南禅寺】ノスタルジックな水路閣

左京区にある紅葉の名所として有名な「南禅寺」。境内の方丈庭園は、江戸初期の代表的な枯山水庭園として美しい姿を残しており、入口にある三門は歌舞伎の石川五右衛門が門の上に上って、「絶景かな、絶景かな」と見栄を切った舞台としても知られています。この門の奥にレンガ造りの水路閣があります周囲の景観に配慮してデザインされた全長93.2mのアーチ型橋脚の風格ある建造物です。ノスタルジックな雰囲気が漂うスポットで、様々な撮影にも使われています。
【南禅寺】ノスタルジックな水路閣1076649

出典:aibo2010さんの投稿

周囲の木々に調和された、レンガ、花崗岩造りの水路橋。秋には色とりどりの紅葉が溢れます。

【南禅寺】ノスタルジックな水路閣1076946

出典:rinringさんの投稿

奥へ行くほどアーチが小さくなっているので、不思議な遠近感があります。階段を上るように迷宮へと誘われそうですね。アーチの手間、奥、途中などピントをどこにもってくるかでも表現がいろいろ楽しめるスポットです。間に人物を配置すれば、瞬間が止まったかのようなノスタルジック感が増します。

【南禅寺】ノスタルジックな水路閣1077035

出典:DENTAKUさんの投稿

光の状況次第で、様々な表情を見せる魅力あるレンガ造り。雨の日などにはしっとりとした質感が深い味わいを出し、廃墟感も楽しめます。

南禅寺の詳細情報

南禅寺

住所
京都府京都市左京区南禅寺福地町
アクセス
1) JR京都駅から市バスで30分 2) 地下鉄東西線蹴上駅から徒歩で10分
営業時間
8:40〜17:00 [12月〜2月] 8:40〜16:30
定休日
[12月28日〜12月31日]
料金
●方丈庭園/大人 500円、高校生 400円、小中学生 300円 ●三門/大人 500円、高校生 400円、小中学生 300円 ●南禅院/ 大人 300円、高校生 250円、小中学生 150円

データ提供

【仁和寺】計算された自然の美、二つの庭園

「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている「仁和寺」は、明治期まで皇族が住職を務めた格式高い寺院です。右京区にあります。多くの国宝や重要文化財を所蔵しており、遅咲きの“御室桜”は名勝として有名。 仁王門を入ってすぐ左には出家後の宇多法皇が住した「御室御所」があり、北と南に素晴らしい庭園があることでも知られています。計算された構図は、見るものを魅了しますよ。
【仁和寺】計算された自然の美、二つの庭園1077531

出典:mcts191さんの投稿

五重塔の位置、東屋の位置、そして池に配置された松や紅葉などの木々が、完璧なバランスで構成された美しい「北庭」。広々とした回廊があるので、ゆっくり座っていつまでも眺めていたくなる素晴らしい庭です。左側にもまだまだ庭が続いているので、どこをどう切り取るかは、個々のセンスですね。

【仁和寺】計算された自然の美、二つの庭園1077548

出典:TADASHI X6iさんの投稿

広大な枯山水が一面を覆う、凛とした静寂を感じさせる「南庭」。奥に見える門は二王門です。北庭と宸殿を挟んで、背中合わせにあります。

【仁和寺】計算された自然の美、二つの庭園1077635

出典:watasenさんの投稿

庭を囲む入り組んだ回廊もまた、素敵な撮影ポイントです。切り取り方が難しいところですが、いろいろ試してみてください。

仁和寺の詳細情報

仁和寺

住所
京都府京都市右京区御室大内33
アクセス
京都駅からバスで40分
営業時間
[3月〜11月] 9:00〜17:00 受付終了30分前 [12月〜2月] 9:00〜16:30 受付終了30分前
料金
500円

データ提供

【伏見稲荷大社】無限の連鎖、幽界へと続く迷宮

外国人観光客が行きたい日本の観光スポットとして、1位に選ばれた「伏見稲荷大社」。京都駅からは車で15分ほど、撮影スポットとしても外せない場所ですね。全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社で、幾重にも連なる「千本鳥居」が有名です。現世から神様がいる幽界へと続く門として建てられたのが始まりで、現在は1万本以上があるそうですよ。なんとも神秘的な和の世界をファインダーを通して感じてください。
【伏見稲荷大社】無限の連鎖、幽界へと続く迷宮1078509

出典:izzuo119さんの投稿

とても人気の観光スポットなので、絶えず人がいます。人が入らないように撮りたい方は、朝早くに行くことをおススメします。運がよければ、朝のお勤めに向かう神職さんに出会えるかもしれませんよ♪

【伏見稲荷大社】無限の連鎖、幽界へと続く迷宮1078507

出典:m.shino35さんの投稿

奥之院へと向かう別れ道。同じ場所に出ますよ。よく見る写真はこの場所になります。

【伏見稲荷大社】無限の連鎖、幽界へと続く迷宮1078519

出典:izzuo119さんの投稿

神社の境内には、あちこちにいろいろな姿をしたキツネがいます。探してみてはいかがでしょうか?

伏見稲荷大社の詳細情報

伏見稲荷大社

住所
京都府京都市伏見区深草藪之内町68
アクセス
1) JR奈良線稲荷駅から徒歩すぐで 2) 京阪電鉄京阪本線伏見稲荷駅から徒歩で5分 3) 市バス伏見稲荷大社前から徒歩で7分
営業時間
終日参拝可能
料金
自由参拝

データ提供

【祇園白川】情緒ある京の街

京の街と言えば「祇園」ですよね。ドラマなどの舞台になることが多い「白川」は、京町家が連なり、穏やかな小川がせせらぎ、石畳の道には桜や柳の木が植えられていて、なんとも情緒あるエリアです。舞妓さんや芸者さんに出会う確率も高いスポットなので、京都の風景を撮るには最高の場所です。
【祇園白川】情緒ある京の街1078582

出典:ginkosanさんの投稿

桜の木に、柳の木、優しいせせらぎの小川が流れる白川に架かる巽橋。町家が並ぶ風情ある小路です。

【祇園白川】情緒ある京の街1078587

出典:Naaaassomさんの投稿

夜の祇園の街も素敵です。ライトアップされた樹々や、料亭から溢れる温かい灯り、足元を優しく照らす灯籠が並ぶ季節もあります。

【祇園白川】情緒ある京の街1078594

出典:gaap師匠の弟子さんの投稿

白川にはいくつもの小さな橋が架かっています。手すりの無い行者橋は渡るのにちょっと勇気が必要ですが、人物の全身が写るので独特の情景が描けます。

【東山エリア】坂が描く、情緒ある京都

東山エリアの観光の中心である、八坂神社から清水寺に通じる「産寧坂」「二寧坂」。急な石畳の坂道が続き、重要伝統的建造物群保存地区指定されており、情緒ある京都の街並みが楽しめます。雰囲気のある素敵なお店が軒を連ねており、坂を下りながら方々にカメラを向けたくなる景色が広がっています。

清水から下る「産寧坂」

清水から下る「産寧坂」1080131

出典:kiyotti3さんの投稿

清水寺へと向かう清水坂の途中から、横道に下る「産寧坂」。急な階段からは裾野へ広がる情緒ある京都の街が広がっています。階段の途中には大きな桜の木があり、春になるとまた風情ある景色を見せてくれます。

八坂神社へと続く「二寧坂」

八坂神社へと続く「二寧坂」1080656

出典:takujiさんの投稿

産寧坂から高台寺の方へと下る「二寧坂」。情緒あるお店が連なり茶寮などもあるので、立ち寄って休憩するのもいいですね。少し急な坂なので、気を付けて通ってください。「ここでつまずき転ぶと2年以内に死ぬ」という言い伝えもありますよ。

冬の風物詩「花灯路」と「八坂の塔」

冬の風物詩「花灯路」と「八坂の塔」1080881

出典:tai041229さんの投稿

二寧坂から八坂通へと下った角に、一際、存在感を放つ「八坂の塔」があります。京の街並みと合わさって、素敵な景色を作り出しています。また、3月の上旬から中旬にかけて、東山エリアでは、約2,500基もの露地行灯が設置されます。温かみのある灯りの散策路を楽しんでください。

【八坂庚申堂】願いを込めたカラフルな「くくり猿」

清水寺から八坂神社へと向かう坂の途中、八坂の塔のすぐ近くにある「八坂庚申堂」。正式名称は大黒山延命院金剛寺と言い、中国の道教由来である庚申信仰を日本で最初に始めたと云われているお寺です。大阪の四天王寺庚申堂、東京の入谷庚申堂とともに日本三大庚申堂のひとつとされています。こちらのお寺には「くくり猿」と呼ばれるユニークな願掛けができます。その姿がとてもカラフルで、フォトジェニックなスポットとして人気があります。
【八坂庚申堂】願いを込めたカラフルな「くくり猿」1076023

出典:写写丸さんの投稿

手足をくくられたお猿さん「くくり猿」と呼ばれる人形に願いを書いて吊るしています。ひとつ欲を我慢することで、ひとつ願いが叶うとされていますよ。

【八坂庚申堂】願いを込めたカラフルな「くくり猿」1076032

出典:gaapさんの投稿

引きやアップ、画面に映りこむ対象物など…、構図を楽しみながら風景を切り取ってみてください。

A post shared by ゆきな (@blueff63) on

彩度やコントラストを上げて艶やかに撮影するのもいいですが、ソフトフォーカスで柔らかい色合いにして、可愛らしく撮るのも素敵ですね。カラフルなレンタル着物を着て、一緒に撮るのが人気ですよ♪

【原谷苑】まさに桃源郷!隠れた桜の名所

京都にはたくさんの桜の名所がありますが、意外と知られていない、知る人ぞ知る桜の名所があります。それが「原谷苑」。個人経営の苗木販売をしている農園で、周囲の人たちからの要望で一般にも開放されるようになったそうです。苗木屋さんだけあって多彩な種類の木々があり、その形も素晴らしいものばかり。アクセスしにくい場所ですが、シーズンには金閣寺近くからシャトルバスも運行しているようなので、ぜひ訪れてみてください。
【原谷苑】まさに桃源郷!隠れた桜の名所1084331

出典:もとロードさんの投稿

紅しだれ桜をはじめ、薄墨桜、染井吉野、八重紅しだれ桜、黄桜、緑桜、菊桜、郷桜などまるで桜の展覧会!さらに、椿や山吹、ツツジ、もみじなど多彩な植物も咲き乱れ、その光景はまさに桃源郷とも言える美しさです。

【原谷苑】まさに桃源郷!隠れた桜の名所1084348

出典:

休憩処の東屋からも美しい桜が眺められます。前もって予約をすれば、ここで花見弁当やすき焼きなどが食べられますよ。飲食の持ち込みは禁止ですが、売店があるので、園内で買って桜を愛でながら食事をするのも素敵ですね。

京都のフォトジェニックなカフェ♪

夢中になって写真を撮っていると、休憩を取ることをついつい忘れがち。気が付くとどっと疲れていることもありますよね。そんな時は、フォトジェニックなカフェへ行ってみませんか?甘~いスイーツやかわいいドリンクで、ゆっくり休憩を取りながら一緒に写真も楽しんじゃいましょう。

元銭湯のノスタルジックなカフェ「さらさ西陣」

鞍馬口通沿いにある、築80年ほどの歴史を感じる銭湯「旧藤の森温泉」をリノベーションした、レトロ感満載のカフェ「さらさ西陣」。外観はもちろん、店内もアンティークのタイルが張られた雰囲気ある素敵なお店で、格天井と呼ばれる高い天井で開放感もあり、ゆったりと流れる時間の中で休憩できます。
「SARASA NISHIJIN」外観 1083767 外観2014/4

出典:taako113さんの投稿

入口の唐破風の屋根の上には、「藤の森温泉」と書かれています。外観はお風呂屋さんの名残がしっかり残っていますよ。

「SARASA NISHIJIN」内観 1083774 手前は禁煙席で、奥は喫煙席

出典:Mハルさんの投稿

和製マジョリカタイルが張られた、アンティークな雰囲気の店内。銭湯のなごりがある部分も多く、店内でもいろいろ写真を撮りたくなります。

「SARASA NISHIJIN」料理 1083777

出典:senkoishiiさんの投稿

懐かしいトニックウォーターをかけて食べる「さらさのパフェ」。フルーツやカラフルなゼリーが、お店のタイルのイメージに合いますね。

さらさ西陣の詳細情報

さらさ西陣

鞍馬口、北大路、今出川 / カフェ、ケーキ

住所
京都府京都市北区紫野東藤ノ森町11-1 離楽庵WOODINN 1F
営業時間
12:00〜23:00   昼ごはん ● 12:00〜15:00   夕ごはん ●15:00~18:00   夜ごはん ● 18:00〜22:00   ラストオーダー ● 22:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ~¥999
  • ~¥999

データ提供

カラフル♡クリームソーダ「シンセツ」

寺町商店街の露地に入る角にある、珍しいクリームソーダ専門店「シンセツ」。カラフルなクリームソーダが楽しめるお店で、色だけでなく味もメロンはもちろん、ピーチ、グレープ、チェリー、マンゴー、ライチなど全24種類もあります!種類が多いので、どの味・色にするか悩みそう。友達といろんな色のソーダを並べて撮るのも可愛いですね。
「シンセツ」外観 1083873

出典:カルガモ9898さんの投稿

露地の角にの部分が入口になっている素敵なカフェ。ちょっと喉が渇いた時に立ち寄りたいお店です。クリームソーダの他にもパンケーキやハンバーグなどの食事系もありますよ。

「シンセツ」内観 1083872

出典:pinociaoさんの投稿

照明や随所に置かれた置物などもポップで可愛いものばかり♪

「シンセツ」料理 1083829 店内の雰囲気

出典:Mハルさんの投稿

カラフルなクリームソーダ。赤、青、緑、黄色、紫といろいろ並べたくなりますね。アイスクリームとチェリーが乗ったレトロ感あるオーソドックスなスタイルもカワイイ♡

シンセツの詳細情報

シンセツ

河原町、祇園四条、京都市役所前 / パンケーキ、カフェ、カフェ・喫茶(その他)

住所
京都府京都市中京区寺町通り錦小路上る円福寺前町277 1F
営業時間
通常の営業時間 【春休み.夏休み.G.W お正月. お盆の時期は営業時間の変更あります】 平日. OPEN 14:00. 土. OPEN 13:00 日.祝 OPEN12:00. LO19:00 CLOSE 20:30 ●営業案内 お休みが不定休なので店頭告知もしくはTEL instagram&Twitterにて確認下さい。
定休日
不定休なので店頭告知もしくはTEL instagram&Facebookにて確認下さい。
平均予算
  • ~¥999

データ提供

抹茶スイーツを多彩に楽しめる「テオカフォン」

六角広場奥に2016年にオープンした、抹茶スイーツ専門店「テオカフォン」。店名の「テオ」とは「茶」のことで、抹茶に特化した和洋のスイーツが楽しめるカフェです。使用する抹茶は、契約農家から直接仕入れたものを挽いたオリジナル。お店で提供されるコーヒーも「前田珈琲」がプロデュースしているので間違いない味です。
「テオ カフォン」外観 1083899

出典:うたぎ*さんの投稿

パステル調のはんなり女性らしい外観。2階には着物レンタルのお店があるので、合わせて利用してみるのもいいですね。友達が着替えている間に下でティータイム♪

A post shared by TEO KAFON (@teokafon) on

ナチュラルな居心地のいい店内。ゆっくりまったりできそうな雰囲気ですね。明るいので写真も撮りやすそうです。

A post shared by TEO KAFON (@teokafon) on

いろいろ食べたい!よくばりさんにおススメの「抹茶スイーツセット」。抹茶タルト、抹茶ロール、抹茶チョコボール、抹茶ビスコッティ、抹茶エクレアの5つの形で抹茶スイーツを楽しめます。

テオ カフォンの詳細情報

テオ カフォン

河原町、京都市役所前、三条 / カフェ、ケーキ

住所
京都府京都市中京区桜之町447
営業時間
11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

京都には、女子の心を掴む撮影スポットがたくさんありますね。情緒ある京の街や、可愛いお地蔵さん、美しい庭園からフォトジェニックなカフェまで見どころがいっぱい♪まだまだ魅力がたくさんある京都を、カメラ片手に歩き回ってみてください。自分だけの素敵な京都の世界を切り取りましょう。

京都府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先