サイクリングもアートも民泊も!直島&豊島にどっぷり浸かる2泊3日プラン

サイクリングもアートも民泊も!直島&豊島にどっぷり浸かる2泊3日プラン

アートの島として、多くの観光客を惹きつけてきた直島や周辺の離島を、もっとディープに隅から隅まで楽しむ旅はいかがですか?定番のアート巡りはもちろんのこと、自転車で自由気ままに島の景色を楽しんだり、島の暮らしを体験してみたり。島時間にゆったりと身をおいてみるのもきっと素敵な思い出になるはず。直島の隣、豊島をスタート地点に島を深く楽しむ2泊3日の旅をご紹介します。

2016年04月01日

少しだけ「直島」と「豊島」についてご紹介

少しだけ「直島」と「豊島」についてご紹介63692

出典:nANASYEさんの投稿

瀬戸内海の小豆島の西に浮かぶ2つの島「直島(なおしま)」と「豊島(てしま)」は、芸術の島として世界的にも有名な島です。

少しだけ「直島」と「豊島」についてご紹介63693

出典:雲くじらさんの投稿

今ではアートの島として定着しましたが、以前はごくごく平凡な島でした。一時は、島内にレジャー施設が開発され観光客が押し寄せた時代もありましたが、第一次石油ショックの影響やその後の不況で施設は閉鎖。どんどん過疎化が進んでいく島に新しい風をもたらしたのが、ベネッセコーポレーション(当時は福武書店)の創業者・福武哲彦氏でした。

少しだけ「直島」と「豊島」についてご紹介63694

出典:Shiracomさんの投稿

以後ベネッセコーポレーションとの協同開発により、直島をはじめ周辺の瀬戸内の島々はアートの島へと生まれ変わります。作家たちが島に集まり、風土に似合ったアートをつくる活動も盛んになりました。

少しだけ「直島」と「豊島」についてご紹介63695

出典:

その結果、それまで年間5万人程度だった観光客は7倍の35万人を記録。個性的なアート作品を見ようと、世界中から観光客が集まっています。今回は、目玉のアートめぐりはもちろん、直島&豊島の風土や島の暮らしを存分に味わうところまで踏み込んだ「どっぷり島に浸かる旅プラン」を紹介しますね。

まずは、フェリーで豊島へGO!

まずは、フェリーで豊島へGO!63697

出典:

今回の旅のスタートは豊島。まずはフェリーに乗って豊島に向かいましょう。香川県の高松港と、小豆島の土庄港、そして岡山県の宇野港からフェリーが出ているので、最寄りの港から出発進行!

レンタサイクルを借りてアート観賞

レンタサイクルを借りてアート観賞63702

出典:WILD RABBITさんの投稿

豊島についたら、レンタサイクルでアートめぐり。シャトルバスもありますが、せっかくだから時間に縛られず、自由気ままに島を探索してみて。自転車は家浦港から歩いて3分ほどの場所にある「NPO豊島PPプロジェクト」で借りられます。ちなみに、シャトルバスを利用する場合は時期によって運行する本数が変わってくるので(瀬戸内国際芸術祭の期間中は増便されます)ホームページでチェックしてくださいね。

「豊島美術館」で自然とアートに感動!

「豊島美術館」で自然とアートに感動!63705

出典:maavoさんの投稿

建築家である西沢立衛氏とアーティスト内藤礼氏により唐櫃(からと)に誕生したのが「豊島美術館」です。休耕田となっていた棚田を再生させ、敷地の一角に水滴のような建築を誕生させました。

「豊島美術館」で自然とアートに感動!63706

出典:takeohさんの投稿

こちらはミュージアムショップの入り口です。まるで宇宙船の乗船口のよう。豊島の食材を使ったグルメが楽しめるカフェも併設しています。

「豊島美術館」で自然とアートに感動!63707

出典: Nakamichi さんの投稿

本館の中。天井にある2ヶ所の穴から、風や音、光を採り込み豊島の自然と建物が呼応する有機的な空間を作り上げています。

世界中の人の心臓音を聴く「心臓音のアーカイブ」

世界中の人の心臓音を聴く「心臓音のアーカイブ」63710

出典:

「世界中の人の心臓音が聴ける図書館」をコンセプトにつくられました。心臓音に合わせて電球が点滅する空間『ハートルーム』、世界中の人の心臓音をパソコンで検索して聞ける『リスニングルーム』、それから心臓音を採録する『レコーディングルーム』で構成された体感型のアート施設です。

民家が美術館に変身!? 「豊島横尾館」

民家が美術館に変身!? 「豊島横尾館」63713

出典:

家浦地区にある古民家を改修してできた美術館です。

民家が美術館に変身!? 「豊島横尾館」63714

出典:

「母屋」「倉」「納屋」で構成された敷地全体を使って、アーティスト横尾忠則氏の11点の作品が展示されています。建物の改修を担当したのは建築家・永山祐子氏です。

1日目の宿泊は「島の民家」で島の生活を体験

豊島では民家に泊まらせてもらえる「農林漁家民宿」があります。民家のおじさんおばさんと一緒に農業をしたり郷土料理を作ったり、採れたての卵を集めに行ったり、島の生活の一部を体験できるのが魅力です。民泊の予約は下記サイトから行い、そのあと民泊先のおじさんやおばさんから確認の電話がかかってくるという仕組み。電話というアナログなシステムがまたいいですよね!

民泊での食事や島体験は予約が必要です

民泊での食事や島体験は予約が必要です63722

出典:カレッジさんの投稿

島の生活を体験できるのが民泊の魅力ですが、これらには事前予約が必要です。もちろん食事も予約が必要。事前におじさんおばさんに相談して旅プランを練りましょう♪

1泊目は、コレにて終了です。2日目は直島で、今日に負けない楽しい1日が待っているので、ゆっくり休んでくださいね♪

翌日はお昼過ぎの便で直島へ行こう!

翌日はお昼過ぎの便で直島へ行こう!63726

出典:

民泊で心休まる時を過ごしたら、翌日はお昼過ぎに豊島の家浦港から直島へフェリーで移動!デッキで瀬戸内海の潮風を感じながら改めて旅の予定を確認するとワクワク感も増してきます♪運行時間は四国汽船株式会社のダイヤ情報を確認して下さいね。

宮浦港でレンタサイクルを借りよう

宮浦港でレンタサイクルを借りよう63729

出典:Ichiさんの投稿

直島でもアートめぐりにはレンタサイクルがオススメ!宮浦港付近にはT.V.C.直島レンタルサービス宮浦店をはじめとした4つの貸し出し所があります。

宮浦港でレンタサイクルを借りよう63731

出典:雲くじらさんの投稿

宮浦港のすぐそばには有名な草間彌生氏の「赤かぼちゃ」があります。直島を代表するアートのひとつですね。

「山本うどん店」で本場香川のうどん

「山本うどん店」内観 63733 注文後にうどんの準備。迫力ありますね〜

出典:eb2002621さんの投稿

まずは腹ごしらえ!本場香川の讃岐うどんを「山本うどん店」で味わいましょう。機械を一切使わず、足で踏み、手でこねる昔ながらの作り方。コシの強いうどんが楽しめますよ。

「山本うどん店」料理 63734 ご飯に合いそうな味の肉でした。

出典:食道者さんの投稿

うどんの楽しみ方もいろいろ。冷たいつゆと温かい麺を合わせる「ひやあつ」や、冷たいつゆと冷たい麺を合わせて食べる「ひやひや」。それにノーマルのうどんだけでなく「肉うどん」や「冷やしぶっかけうどん」も。

山本うどん店 (やまもとうどんてん) - 直島町その他/うどん [食べログ]

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

直島アートめぐりスタートです

直島アートめぐりスタートです63737

出典:Ichiさんの投稿

アートが集中するエリアは大きく分けて3つ。「宮ノ浦エリア」と「本村エリア」「美術館エリア」です。宮ノ浦エリアには「I♥湯」「宮浦ギャラリー六区」があり、「本村エリア」には「家プロジェクト」や「ANDO MUSEUM」、「美術館エリア」には「ベネッセハウスミュージアム」や「地中海美術館」があります。今回紹介するところをすべて回るのは時間的に厳しいので、いくつかに絞って行きましょう。

「I♥湯」でさっぱり

「I♥湯」でさっぱり63739

出典:ロドランさんの投稿

宮ノ浦エリアの代表的なアートスポット。大竹伸朗氏が手がけた公衆浴場「I♥湯」で、汗を流すのはいかが?外観だけでなく、銭湯内もアート作品となっており、タイル絵を活かした浴場タイルの壁画やジュエリーモザイクによる蓮の花、多機能シャワーの水洗金具など、子どもだけでなく大人も楽しめる遊び心がいっぱい詰まったアートな銭湯です!

本村エリアに点在するおうちアート「家プロジェクト」

本村エリアに点在するおうちアート「家プロジェクト」63742

出典:uuukiさんの投稿

本村エリアの空き屋などを利用したアート「家プロジェクト」は現在7軒が公開されています。こちらは歯科医院兼住居だった建物を活用したアート「はいしゃ」。

安藤忠雄氏の代表作!「地中美術館」

安藤忠雄氏の代表作!「地中美術館」63745

出典:

美術館エリアにある世界でも珍しい地中にある美術館です。建築家・安藤忠雄氏が設計しています。

安藤忠雄氏の代表作!「地中美術館」63746

出典:酔狂人さんの投稿

美術館自体が1つのアート作品として完成しており、季節や天候によってさまざまに表情を変えます。何度来ても違った雰囲気を味あわせてくれる不思議な美術館です。

安藤忠雄氏の代表作!「地中美術館」63747

出典:

地中美術館の道すがらにある「地中の庭」はクロード・モネが自ら造園した「ジヴェルニーの庭」と同じ植物をベースに約200種類の草木で彩られた庭園です。季節毎に素敵な姿を見せてくれますよ。館内にはモネの作品の「睡蓮」シリーズ5点が所蔵されています。

夜は「ベネッセハウス」で芸術に包まれて……

夜は「ベネッセハウス」で芸術に包まれて……63750

出典:

楽しかった2泊3日の旅もそろそろ大詰め。美術館と一体になったホテル「ベネッセハウス」で、現代芸術に包まれながらゆっくりと旅の疲れを癒やしましょう。

夜は「ベネッセハウス」で芸術に包まれて……63751

出典:

「自然・建築・アートの共生」をコンセプトにつくられたベネッセハウスは、展示作品だけでなく共有エリア、客室もすべてがアート作品。こんなアートの館で眠ったら、ステキな夢が見られるかもしれませんね。

アート巡りには作品鑑賞パスポートがお得!

豊島、直島にあるアート施設はそれぞれに入館料が必要です。瀬戸内国際芸術祭期間中に訪れるなら、春・夏・秋の3シーズンで約200の芸術作品を楽しめる「作品鑑賞パスポート」がお得。上手に活用して思う存分アートを楽しみたいですね!詳しくは下記ホームページからチェックしてくださいね。

島の魅力を満喫できる最高の旅を!

島の魅力を満喫できる最高の旅を!63757

出典:コーヘイさんの投稿

1人でのんびりアートを楽しむも良し、気の合う友だちと賑やかに楽しむのもよし、お子さんのインスピレーションを育てる旅も素敵な思い出になりそうですね。さあ、今度の連休はアートの島へ旅をしに行きませんか?

香川県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

香川県を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード