【2020年】初めての福島観光でも安心♪王道観光スポット&ポイントをご紹介!

【2020年】初めての福島観光でも安心♪王道観光スポット&ポイントをご紹介!

全国第3位という広大な面積の福島県は、磐梯山(ばんだいさん)や五色沼(ごしきぬま)など、変化に富む豊かな自然が織りなす絶景が人気です。そんな福島県の旅のポイントを、エリアごとにまとめました。首都圏からも近く、アクセスもしやすいので気軽に何度でも訪れてくださいね♪

2020年03月22日

福島ってこんなところ!

只見線の列車 冬 福島県会津美里町

出典:むー太郎さんの投稿

北海道、岩手県に次ぐ3番目の大きさを誇る福島県。福島は歴史や豊かな自然が魅力の「会津若松(あいづわかまつ)」、交通の要衝である「郡山(こおりやま)」、スパリゾートハワイアンズで人気の「いわき」と、エリアごとにさまざまな見どころがあります。また、美しい海岸線や、活火山「磐梯山」周辺の変化に富む地形、豊かな森や湖沼など、自然の織り成す絶景を四季折々に楽しめるのも魅力。そんな福島県を旅するときのポイントや各地の魅力をご紹介します!

福島観光のポイント

福島県は東西に広い県です。四季を通じて、東と西の気候は全く異なるんですよ。福島を観光する上で気を付けてほしいポイントをまとめてみました♪

①福島県の面積は全国で3番目!エリアを絞って観光がおすすめ!

①福島県の面積は全国で3番目!エリアを絞って観光がおすすめ!2020038

出典:

福島県はとても広いので、あまり予定を詰め込みすぎると、移動にばかり時間をとられてしまいます。目的や場所を絞ることがポイントです。一番の目的地を決定してからプランを立てるのがベストですよ!

②効率的な移動にはレンタカーが便利!鉄道・バスでの移動はあらかじめ時刻表をチェック!

②効率的な移動にはレンタカーが便利!鉄道・バスでの移動はあらかじめ時刻表をチェック!2020039

出典:紅珍さんの投稿

レンタカーは公共交通機関だけでは行くことが難しいエリアもアクセスがしやすく、時間の融通も効くのでとっても便利♪鉄道・バスでの移動の場合は、運転本数の少ないエリアもあるため、あらかじめ時刻表を確認しておきましょう!会津若松~郡山~いわきなどを結ぶ高速バスも便利ですよ。

③会津地方・中通(なかどお)り・浜通りで、気候が変わるので注意!

塩屋崎灯台 HDR

福島県は「会津地方」、「中通り」、「浜通り」と3つのエリアに分かれており、各エリアで気候が変わるのが特徴です。例えば、冬。周りを山に囲まれた「会津地方」は豪雪地帯となりますが、県の反対側に位置する「浜通り」は比較的温暖で雪もそれほど積もりません。また、夏は、盆地である「会津地方」と「中通り」は暑さが厳しく、海からの風が吹く「浜通り」の夏は比較的涼しくなります。目的地の天気予報をしっかり確認してお出かけしてくださいね。

各地の魅力を詳しくみていこう!

海あり、山あり、温泉やご当地グルメも豊富に揃う福島県。魅力がたっぷりですが、エリアごとにどんな魅力があるのか、詳しくご紹介しましょう!

会津地方

会津若松エリア

会津若松エリア2020041

出典:Yoinaさんの投稿

歴史を感じる城下町で、レトロさんぽをしたり郷土料理や工芸品をチェック!
歴史の息づく街「会津若松」には、会津のシンボル「鶴ヶ城(つるがじょう)」や白虎隊の悲劇で知られる「飯盛山(いいもりやま)」など、歴史的な見どころが多く残る街です。会津の「蕎麦」や「ソースカツ丼」といった美食グルメを味わうのもお忘れなく!最近では「会津山塩ラーメン」や「芦ノ牧温泉カレー」なども人気が高まっています。会津若松は、1泊2日あれば余裕を持って行動できますよ。どの季節も見ごたえがあり美しい会津ですが、特に桜や紅葉の季節は多くの観光客が訪れるベストシーズンです。

「赤瓦」の天守閣は、日本で「鶴ヶ城」だけ!

「赤瓦」の天守閣は、日本で「鶴ヶ城」だけ!2020042

出典:鈴電さんの投稿

難攻不落の名城とうたわれた鶴ヶ城は、幕末に戊辰戦争の舞台となったことで知られています。天守閣の瓦は、2011年に黒い「いぶし瓦」から幕末以前の「赤瓦」に葺き替えられ、「日本で唯一の赤瓦の天守閣」を見ることができます。雪が多く積もる会津では通常の瓦は雪によって凍み割れてしまうため、釉薬に鉄分を加えて焼き上げたひび割れしにくい「赤瓦」が重宝されていたようです。天守閣の赤と城壁の白のコントラストがとても美しいですよね。春には満開の桜、2月上旬には「会津絵ろうそく祭り」で幻想的な鶴ヶ城の姿を楽しむことができますよ。

大正浪漫の香りただよう「七日町(なのかまち)」をレトロ散歩♪

江戸末期から明治期に栄えて歴史的ロマンを感じるレトロな趣の七日町通り創業300年石造の白木屋資料館

レトロな街並みの散策も会津観光の楽しみの一つ♡市内中心部の「七日町通り」は大正浪漫の風情漂う建物が残されています。そのまま「野口英世青春通り」へと歩を進めれば、雑貨店や菓子店、食事処など、様々なお店が建ち並んでいます。昔ながらの建物を利用したレトロカフェに立ち寄って、歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。街中を回遊する「まちなか周遊バス」もあるので、観光地巡りも楽々できますね。ちなみに、すぐ近くの「七日町駅」は「なのかまちえき」ではなく「なぬかまちえき」と読むのでご注意を。

お土産は、郷土玩具「起き上がり小法師(こぼうし)」や美しい「会津漆器」がおすすめ♪

お土産は、郷土玩具「起き上がり小法師(こぼうし)」や美しい「会津漆器」がおすすめ♪2020678

出典:nekomimiさんの投稿

郷土玩具「起き上がり小法師」は、何度倒しても起き上がることから「七転び八起き」の縁起物として人気のお土産です。購入時は、店頭で小法師を何体か掴んでお盆の上に優しく転がします。その中で起き上がったものだけを買いましょう。個数は「家族の人数+1個」で買うのが習わしです。「家族が増えますように」との願いが込められているんですよ。他にも「赤べこ」や「会津絵ろうそく」が定番のお土産品です。

「蔵の茶や」 その他 118170559 無料の漆器の歴史館

出典:ベジータショパンさんの投稿

会津といえば、「会津漆器(会津塗)」も有名です。室町時代に豊臣秀吉の命により新領主として会津に来た蒲生氏郷(がもう うじさと)公が、職人を招いて会津に漆工芸を広めました。それから現在までに様々な技術を取り入れながら発達してきました。その特徴は、何といっても美しい模様にあります。「松竹梅」や「糸車」、「破魔矢」といった縁起の良い図案が描かれ、「使う人が幸福でありますように」、「長生きしますように」との願いが込められています。一度会津漆器を使えば、唇や舌に触れたときの当たりの柔らかさに驚くはず。使えば使うほどその良さが分かる名品です。

「いろりの宿 芦名」 ドリンク 67421728 日本酒

出典:

会津といえば日本酒も外せませんよ。会津の酒蔵が作る日本酒は、世界トップレベル!日本酒日本一に輝いたこともある幻のお酒「飛露喜(ひろき)」を始め、「写楽」、「会津娘」など、世界のワイン品評会の日本酒部門で入選するほどハイレベルなお酒ばかり。会津に来たら飲まなきゃ帰れない!

●あわせて読もう!

喜多方エリア

穏やかな時間が静かに流れていく「蔵」とラーメンの街をのんびりと散策しよう
蔵の町 喜多方の町並み

喜多方市は会津若松市の北にあります。蔵が多く現存していることから「蔵のまち」としても知られています。重厚なつくりの古い蔵が残る街並みは、とても風情がありますよ。漆喰や瓦、扉の形などそれぞれ個性の異なる蔵を見学しながら、情緒溢れる街並みを散策してみましょう♪喜多方をじっくり楽しむなら1泊2日がおすすめ♪喜多方の北部にある「熱塩(あつしお)温泉」でリフレッシュするのもいいですね!

喜多方観光なら、「喜多方ラーメン」を食べなきゃ始まらない!

「食堂なまえ」 料理 72371468 極太手打ちラーメン

出典:元祖はいじさんの投稿

喜多方に来たら「喜多方ラーメン」を食べずには帰れません!喜多方ラーメンの特徴は、太めの平打ち熟成多加水麺とあっさり醤油味のスープ。トッピングは豚バラの煮豚やなると、めんま、ネギなどが乗っています。朝に食べても胃もたれしにくいことから、喜多方では「朝ラー」(朝ラーメンの略)の習慣があるんだとか!「食堂なまえ」、「食堂はせ川」といった行列必死のお店や、「老麺まるや」や「上海」など老舗店がひしめき合い、どのお店に入ろうか迷ってしまうほどです。

夏の三ノ倉高原 ひまわり

会津盆地を一望できる「三ノ倉高原(さんのくらこうげん)」は、四季折々の花を楽しむことができるスポットとして有名な観光地です。三ノ倉スキー場が本来の姿ですが、冬以外の季節も楽しめるように春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモスの種が植えられ、四季折々の景観を楽しめます。特に夏のひまわりは圧巻ですよ。

●あわせて読もう!

大内宿・南会津エリア

まるでタイムスリップしたかのよう!懐かしい風景に出会う宿場町をぶらり♪
【福島県】秋の大内宿の町並み

江戸時代の宿場町が、そのままの姿で保存活用されている文化財「大内宿」。時代劇のセットのようなノスタルジックな風景だけではなく、お土産やお食事処など見どころ満載です。大内宿の名物グルメ「高遠そば」はぜひ味わってみてください♪スイーツなどの食べ歩きも楽しいですよ。ベストシーズンは4月~11月ころ。12月~3月は休みの店もありますが、美しい雪景色が楽しめますよ。大内宿は1日あれば楽しめますが、大内宿から車で約20分ほどの「会津芦ノ牧温泉」や「湯野上温泉」で1泊するのもおすすめです。

大内宿・南会津エリア2020079

出典:a-kichiさんの投稿

大内宿を訪れるなら、雪を被ったかやぶき屋根の季節も、見ごたえがあります。毎年2月の第2土・日曜には「大内宿雪まつり」が開催されます。灯篭などの明かりとともに、花火も打ち上げられる人気のイベントですので、合わせて旅行の計画を立てるのも良いですね♪

大内宿・南会津エリア2020046

出典:kanoッチさんの投稿

大内宿ではお団子やイワナの塩焼きなど、日本の伝統的な味を楽しむことができます。中でも会津の名物といえば「お蕎麦」は外せません。大内宿では、一本のネギを箸代わりにして食べる「高遠そば」が人気です。薬味としてかじりながらそばを食べてもOKです♪

塔のへつり

こちらは、下郷町(しもごうまち)にある景勝地「塔のへつり」です。「へつり」とはこちらの方言で「断崖」を意味しています。その断崖がまるで塔のように見えることからこの名前になったと言われています。約百万年もの長い月日をかけて浸食と風化を繰り返してできた風景は、自然の凄さを感じることができます。吊り橋の先のエリアに行く際は、落ちないように必ず滑りにくい靴やスニーカーで訪れてくださいね。会津鉄道会津線「塔のへつり駅」から徒歩約10分で行けますよ♪

●あわせて読もう!

磐梯高原・猪苗代エリア

豊かな自然でパワーチャージ!四季の絶景を堪能しよう
磐梯高原・猪苗代エリア2020047

出典:ポセイ丼ver.1.1さんの投稿

福島県のほぼ中央に位置する磐梯山を中心に、雄大な自然が広がるエリアです。広大な山々や湖など、四季折々の絶景が楽しめます。おすすめはドライブ!磐梯山と猪苗代湖を望みながら走るドライブは、とっても爽快ですよ♪磐梯山の大噴火で生まれた湖沼群の周りを散策するのも人気。中でも「毘沙門沼(びしゃもんぬま)」をはじめとする約20~30の沼の総称「五色沼」は定番の観光スポットです。そして、磐梯山とともに美しい光景を作っているのが猪苗代湖。夏は湖水浴を楽しむ人などで賑わい、冬はシベリアから飛来した白鳥を間近で見ることができます。ます。ベストシーズンは春から秋にかけて。高原のリゾートホテルや温泉旅館も充実しているので1泊するのがおすすめです。

裏磐梯

車での旅行ならドライブを楽しみましょう!「磐梯山ゴールドライン」、「磐梯吾妻レークライン」、「磐梯吾妻スカイライン」の3つのドライブルートで、自然を思いっきり満喫できます。

※路面凍結のため、毎年だいたい10月下旬頃から翌年4月下旬頃まで通行止めとなります。詳細な情報、県の公式サイトの情報をご確認ください。

磐梯高原・猪苗代エリア2020048

出典:ジャックSPさんの投稿

含まれる成分や光の加減によって色を変える五色沼(ごしきぬま)は、裏磐梯にあります。気軽に歩ける「五色沼自然探勝路」を散策してみましょう!五色沼最大の「毘沙門沼」では、エメラルドグリーンの沼をのんびりボートで周遊することができます。「赤沼」、「みどろ沼」、「弁天沼」、「瑠璃沼」、「青沼」など、見どころも満載です。

●あわせて読もう!

中通り

福島タウンエリア

福島タウンエリア2020049

出典:@aquaさんの投稿

名物グルメやフルーツをいただきます♡豊かな自然や温泉も楽しみましょ♪
福島県の県庁所在地である福島市は、「中通り」の北部にあります。福島市で人気の観光スポットは、春になるとピンクや黄色の花が咲き誇る「花見山」です。3月下旬頃~5月初旬頃まで、感動的な景色が広がります。また、福島市は果物の名産地として知られており「果物王国」とも呼ばれています。「フルーツライン」には多くの果樹園が点在していて、桃や梨など旬の果物狩りが楽しめますよ。福島市の名物グルメは「ふくしま餃子」。とってもジューシーで地元で愛されています。福島市の北部には「飯坂(いいざか)温泉」、南部には「土湯(つちゆ)温泉」や「岳(だけ)温泉」があり、気軽に温泉を楽しむこともできますよ。温泉で1泊するのがおすすめです。
福島タウンエリア2020083

出典:クリスタル41さんの投稿

桃源郷のような美しさで人気の「花見山」は、まさに花を愛でるための山!百花繚乱の春の絶景を楽しむことができます。約10種類の桜のほかに、約60種類の花々が山の斜面に植えられています。色とりどりの花を眺めながら散策してみましょう♪山頂展望台では吾妻連峰と福島市を一望することができますよ。

「山女」 料理 30014888 高橋名人の店へ!(◎_◎

出典:春水先生さんの投稿

アツアツ、ジューシーな「ふくしま餃子」は、ぜひ食べていただきたい必食グルメ。お酒のおつまみとして地元の方に愛されているため、夜から営業するお店が多くなっています。中でも「満腹」や「山女」「こはる」は、行列ができる人気のお店です。

●あわせて読もう!

郡山・白河エリア

白河小峰城

東北の玄関口で、レトロ散歩やグルメ、温泉を満喫♪
郡山市は、福島県の中央にあります。経済や流通の中心地となっているので、観光の拠点としても便利です。世界一高い場所にあるプラネリウムとしてギネス認定されている「郡山市ふれあい科学館スペースパーク」やレジャー施設「郡山カルチャーパーク」など家族連れにおすすめなスポットがあります。郡山の奥座敷と親しまれる「磐梯熱海温泉」も楽しめますよ。また、白河市は江戸時代に栄えた城下町の風情が今も残る街。レトロな城下町でぶらり旅をしてみましょう。名物グルメの「白河ラーメン」もぜひ食べてくださいね♪郡山から少し足を伸ばせば、圧巻の鍾乳洞が観られる「あぶくま洞」や、日本三大桜のひとつ「三春滝桜」があります。三春滝桜の見頃は毎年4月上旬頃~下旬頃です。郡山・白河エリアを巡るのは1泊2日は欲しいところ。
郡山・白河エリア2020050

出典:鉄兵さんの投稿

福島は「喜多方ラーメン」以外にも、「白河ラーメン」が有名なんです♡白河市もラーメン激戦区として知られ、はるばる遠方から訪れるファンも多いんですよ。「白河ラーメン」は、喜多方ラーメンよりもさらに縮れた麺、そして鶏がらとんこつスープ、炭火で焼いてから煮るチャーシューが特徴。ワンタンを入れることもあり、各店それぞれに工夫が凝らされているんです♪

三春滝桜

全国的に知られる「三春滝桜」。この桜をひと目見ようと、シーズン中は多くの人が訪れる人気スポットです。こちらは樹齢1000年以上のベニシダレザクラで遊歩道から鑑賞することができます。夜のライトアップも綺麗ですよ♪

●あわせて読もう!

浜通り

いわきエリア

いわきエリア2020051

出典:

レジャー施設が充実!シーサイドエリアでワクワク体験をしよう
巨大なテーマパークや水族館など、レジャー施設が揃ういわき市。「スパリゾートハワイアンズ」は、華やかなフラガールのステージはもちろん、温泉やプールも楽しむことができる温泉テーマパークです。また、水族館「アクアマリンふくしま」は、体験型の水族館として子どもから大人まで一日中楽しめる水族館となっています。道後、有馬と共に日本三古湯の一つ「いわき湯本温泉」もあり、情緒漂う温泉街を散策するのも楽しいですよ。温泉に1泊して、いわきを満喫するのがおすすめです。
いわきエリア2020097

出典:

1年中夏気分が楽しめる「スパリゾートハワイアンズ」。6つのテーマパークがあり、プールやショー、温泉、エステ、ゴルフなどが楽しめます。全天候型ドーム「ウォーターパーク」では、スライダーや流れるプールがあり、思いっきり遊ぶことができますよ。ハワイアンズに来たらフラガールたちのショーも必見です!

いわきエリア2020052

出典:Tateさんの投稿

「アクアマリンふくしま」は、福島県沖の「潮目」をテーマとした水族館です。寒流の海と暖流の海を展示した水槽の間には、巨大なガラス張りの三角形のトンネルがあり、海底の散歩をしているような気分を味わえます。小名浜港の一角にあるので、港の散策も楽しむことができますよ。

●あわせて読もう!

アクセス

東北新幹線が便利!

東北新幹線が便利!2020091

出典:サンダーボルトさんの投稿

東京から福島へはJR東北新幹線が便利です。「はやぶさ」や「はやて」は福島県内に停車しないので、「やまびこ」がメインになります。会津方面へは「郡山」駅から、磐越西線(ばんえつさいせん)へ乗り換えます。いわきへは、常磐線(じょうばんせん)の特急「ひたち」が便利です。

飛行機や高速バスでも!

飛行機や高速バスでも!2020095

出典:Akiさんの投稿

リーズナブルな高速バスは首都圏や仙台のほか、新潟や大阪からも便があります。会津若松や郡山、福島、いわきへ運行していますよ。また飛行機の場合は「福島空港」がありますが、便数が少ないので注意。空港と会津若松、いわきへは、郡山を中継してバスが運行されています。

いかかがでしたか?

大自然や温泉、グルメなど、魅力満載の福島。首都圏からのアクセスも良く気軽に行けるスポットでもあります。エリアごとに様々な見どころがある福島で、素敵な旅を楽しんでくださいね♪

お役立ち情報はこちら

福島県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード