2020年01月23日

かやぶき屋根の里でほっこり一人旅。「大内宿」の楽しみ方&おすすめ観光スポット

かやぶき屋根の里でほっこり一人旅。「大内宿」の楽しみ方&おすすめ観光スポット

喧騒から離れて、のどかな場所でのんびり過ごしたい…。そんな気分なら、福島県の「大内宿」で一人旅をしてみませんか。「大内宿」は、江戸時代の姿を今に伝える宿場町。40軒以上のかやぶき屋根の民家が並んでいて、まるで”日本昔話”の世界のようです。初めて訪れても、不思議と懐かしい気持ちになりますよ。この記事では、「大内宿」の魅力と楽しみ方をご紹介します。ぜひ旅の参考にしてみて下さいね。

懐かしくてホッとする旅をしませんか

【福島県】秋の大内宿の町並み

都会の喧騒を忘れて、のんびり過ごしたい……。そんな気分なら、福島県の「大内宿」で一人旅をしてみませんか。かやぶき屋根が並ぶ宿場町で、気ままに散策。昔話のような雰囲気の中で過ごしていると、心がほっと安らいでいきますよ。

懐かしくてホッとする旅をしませんか2273303

四季折々の風景、会津の郷土料理、かわいい工芸品など、見どころはたくさん。会津のお国言葉”よってがさんしょ(お寄りくださいませ)”に誘われて、日々の中で固まった心と体をほぐしましょ。

焼き団子

この記事では女性目線で、「大内宿」の魅力と楽しみ方、おすすめのスポットをご紹介します。ぜひ心あたたまる旅の参考にしてみて下さいね。

大内宿の詳細情報

大内宿

住所
福島県南会津郡下郷町大字大内
アクセス
湯野上温泉駅 車 15分
タイムトリップ気分を味わう♪福島「大内宿」を巡りませんか?

あわせて読む

タイムトリップ気分を味わう♪福島「大内宿」を巡りませんか?

「かやぶき屋根」が素敵。昔ながらの暮らしが残る宿場町

福島県 大内宿

「大内宿」は、会津西街道上にある宿場町。江戸時代には大名行列や旅人たちで賑わいました。今も約500mの街道沿いに40軒以上の古民家が並び、昔ながらの風景を残しています。昭和56年には、「国選定重要伝統的建造物郡保存地区」に指定されました。

秋の大内宿

「大内宿」の特徴は、日本昔話を思わせる立派なかやぶき屋根。軒先に柿や大根が吊るされたり、氷柱ができたり……。昔ながらの建物が、日本の四季を感じさせてくれます。

囲炉裏

屋内は広く、雪国の積雪に耐えられるどっしりとした造り。囲炉裏からは煙が立ち上っています。この煙が防虫などの効果を生み、ススキでできた屋根を長持ちさせるそうです。昔ながらの知恵には感心するばかりですね。

江戸時代の趣そのままの大内宿 街並み 茅葺き屋根の修理

「大内宿」の住民たちの間には”売らない・貸さない・壊さない”という原則があり、全員で景観の保存に取り組んでいます。屋根の葺き替えも作業も住民の手で行うそうですよ。伝統的な文化を大切にする気持ちが、「大内宿」を訪れる人の心に響きます。

食べ歩き&お買い物を楽しみましょ

「大内宿」の古民家のほとんどは、飲食店や商店、宿として営業しています。ノスタルジックな町を散策しつつ、食べ歩きやお買い物を楽しみましょう♪ ここでは、おすすめのお店をご紹介します。

1. 長ネギがお箸!名物「ねぎそば」にチャレンジ/三澤屋

1. 長ネギがお箸!名物「ねぎそば」にチャレンジ/三澤屋2273294

インパクトナンバーワンの大内宿グルメといえば「ねぎそば」。長野県高遠地方ゆかりのお殿様がこの地に伝えたそうで、お箸の代わりに、なんと長ネギが丸ごと1本添えられています。蕎麦の風味や汁などはお店によって違うので、好みを探してみましょう。

「三澤屋」 料理 118502983 長ネギをかじりながら蕎麦をすくいます(笑)

出典:ラフィハナさんの投稿

町の入口に近い「三澤屋」のメニューは「高遠そば」という名前で、大根のおろし汁を使ったつゆでいただきます。ねぎそばには、”ネギのように細く長く、白髪の生えるまで”という長寿を願うの意味も込められているそうですよ。新鮮な辛味と、つんと鼻にぬける芳香。背筋がのびるような気がします!

三澤屋の詳細情報

三澤屋

下郷町その他 / そば、郷土料理、天ぷら

住所
福島県南会津郡下郷町大字大内字山本26-1
営業時間
9:30~16:00
定休日
水曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

2. 黒米を使った「きんつば」は、もっちり感がたまらない♪/本家玉屋

「そば処 本家玉屋」 料理 5672017 きんつば焼き上げ中

出典:らじヲさんの投稿

ほんのり甘く香ばしい匂いがしたら、そこは「本家玉屋」かも。香りのもとは名物の「きんつば」です。外はカリカリ、中はモチモチ。店頭でアツアツをどうぞ。生地に練りこまれた黒米が、あんこと相性抜群のもっちり感を生み出すそうですよ。

そば処 本家玉屋の詳細情報

そば処 本家玉屋

湯野上温泉 / そば、たい焼き・大判焼き

住所
福島県南会津郡下郷町大内字山本3
営業時間
9:00~16:00
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

3. 町を見渡しながら、パリふわの「岩魚の塩焼き」をがぶっ!/浅沼食堂

「浅沼食堂」 料理 118984416

出典:玉かずらさんの投稿

かつて見張り場だった町の最奥部には、「浅沼食堂」があります。ここでおすすめしたいのが、”川魚の女王”といわれる岩魚(いわな)の塩焼き。囲炉裏の炭火で素早く焼かれる岩魚は、中はフワフワ、表面はパリパリです!

「浅沼食堂」 内観 31931746 大内宿を眺めながら

出典:うな重さんの投稿

見晴らしのいい場所で、岩魚の塩焼きをがぶっ。空気もおいしくて、満たされた気持ちになりますよ。

浅沼食堂の詳細情報

浅沼食堂

湯野上温泉 / そば、郷土料理

住所
福島県南会津郡下郷町大内山本51
営業時間
9:00~16:00
定休日
不定休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

4. おしゃれな古民家カフェでのんびりコーヒータイム/分家玉や

「分家玉屋」 内観 68803500 内観

出典:雑食猫爺さんの投稿

コーヒーを飲んでゆったり休憩したいという方には「分家玉や」がおすすめ。地元産果物を使ったスイーツがおいしい古民家カフェです。古材の香り、レトロな照明が作るやわらかな光、どっしりとした一枚板のテーブル。ホッと落ち着くおしゃれな空間も魅力です。

「分家玉屋」 料理 84992121

出典:watan233さんの投稿

旬の果物を使ったスイーツは優しい甘さで、コーヒーや紅茶とよく合います。甘いものを食べながら大内宿を眺めていると、外の寒さや暑さ、時間の経過も忘れてリラックスできますよ。

分家玉やの詳細情報

分家玉や

下郷町その他 / カフェ、ケーキ

住所
福島県南会津郡下郷町大内権現上358
営業時間
10:30~16:00
定休日
無休
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

5. 素朴でかわいい工芸品をお土産に/叶屋本家

大内宿

とぼけた表情がかわいい「赤べこ」や、色鮮やかな絵が美しい「会津ろうそく」、縁起物の「起き上がり小法師」など、福島県会津地方には素朴な魅力の工芸品がたくさん。食べ歩きをしつつ、お土産探しを楽しんではいかがでしょう。

5. 素朴でかわいい工芸品をお土産に/叶屋本家2273302

「叶屋本家」はちりめん細工の民芸品が揃うお店。小さいサイズの商品もたくさんあるので、自分用にもぴったりですよ。

叶屋本家の詳細情報

叶屋本家

住所
福島県南会津郡下郷町大字大内字山本48
営業時間
8:00〜17:00
定休日
無休 (冬期12〜2月休業)

6. 現代の旅籠!かやぶき屋根の古民家にお泊り◎/民宿伊勢屋

6. 現代の旅籠!かやぶき屋根の古民家にお泊り◎/民宿伊勢屋2011807

出典:

宿場町に泊まってみたい!そんな夢を叶えてくれる現代の旅籠もあります。「民宿伊勢屋」は、江戸時代中期から旅籠を営んできたという老舗。文化財建築に泊まれる貴重なお宿です。

6. 現代の旅籠!かやぶき屋根の古民家にお泊り◎/民宿伊勢屋2022171

出典:

エアコンがない古民家では、不便に感じることもあるかもしれません。でも、その不便さこそが宿の味わい。夏の暑さ、冬の寒さ、囲炉裏で味わう素朴な料理。日常を忘れて、昔ながらの生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

夏と冬のお祭りを見に行ってみよう

観光地であると同時に暮らしの場である「大内宿」では、生活に根付いた、季節を慈しむ行事が数多く行われています。中でも夏と冬に開催されるお祭は、町の2大イベント。里山の雰囲気を感じるなら、お祭りの季節に訪れてみてはいかがでしょうか。

心あたたまる冬の風景「大内宿雪まつり」

心あたたまる冬の風景「大内宿雪まつり」2021364

出典:みっつーさんの投稿

「雪まつり」は、例年2月上旬頃に開催される冬のイベント。時代仮装行などが行われ、夜の帳が降りる頃には、下帯姿の男衆が雪灯篭に「御神火」を灯していきます。

大内宿

かやぶき屋根にこんもりと積もる雪、軒先のつららや保存食など、冬ならではの風景も見所です。寒いからこそ民家からもれる明かりがあたたかく、風景を眺めているだけでも癒されますよ。

※積雪量によってイベントの内容が変更されることがあります。詳しくは公式サイトにて最新情報をご確認ください。

大内宿雪まつりの詳細情報

大内宿雪まつり

住所
福島県南会津郡下郷町大字大内字山本
アクセス
会津鉄道湯野上温泉駅 車 15分 東北道白河IC 車 60分

高倉神社の例祭「大内宿半夏祭り」

大内宿

毎年7月2日に行われる「大内宿半夏祭り」は、後白河天皇の第2皇子・高倉以仁王(もちひとおう)をまつっている「高倉神社」の祭礼です。天狗姿や白装束の人々が町を練り歩き、家内安全・五穀豊穣を願うというもの。古式ゆかしい賑わいで、タイムスリップしたような気分になりますよ。

大内宿の冷蔵庫

夏は、自然水の水路で果物やラムネなどを冷やしていることがあります。その様子は、まるでジブリ映画「となりのトトロ」のワンシーンのよう。夏に訪れる際は、こうした”日本の夏らしさ”も楽しんではいかがでしょうか。

大内宿半夏まつりの詳細情報

大内宿半夏まつり

住所
福島県南会津郡下郷町大字大内
アクセス
会津鉄道会津線湯野上温泉駅 車 15分
営業時間
2023年7月2日 毎年同日 開催地 大内宿
料金
無料

昔ながらの暮らしと、人のあたたかさにホッとする旅を

福島県 大内宿

初めて訪れても、不思議と懐かしい気持ちになる「大内宿」。伝統的な暮らしを守る人々の心の温かさが、居心地の良さに繋がっているのかもしれませんね。「大内宿」をのんびりと散策して、癒しのひと時を過ごしてはいかがでしょうか。

大内宿の詳細情報

大内宿

住所
福島県南会津郡下郷町大字大内
アクセス
湯野上温泉駅 車 15分
タイムトリップ気分を味わう♪福島「大内宿」を巡りませんか?

あわせて読む

タイムトリップ気分を味わう♪福島「大内宿」を巡りませんか?

関連記事

関連キーワード