2020年07月08日

一人でじっくりおこもり湯治。青森・山の中にある秘湯宿9選

一人でじっくりおこもり湯治。青森・山の中にある秘湯宿9選

日常にちょっと疲れてしまったら、思いきり大自然のある環境に身を置いて、自分を見つめなおしてみるのはいかがですか?毎日頑張って働く女子には、たまには仕事から離れて、ぼーっとする時間も必要です。それには、山奥にある温泉がおすすめ。ゆったりのんびりつかって、山の緑、高い空・・・そんなものを眺めているうちに、気持ちもリフレッシュして、悩んでいたことがちっぽけに思えてきそうです。青森県は自然はもちろん、上質な秘湯が多いことでも有名。今回は、一人でおこもりするのにおすすめの秘湯宿をご紹介します!

一人でじっくり心の声に耳を傾けてみませんか?

いつもと変わらない日常。でも人との関わりに疲れることもありますよね。なんだか最近、少しずつ心がすり減っている気がする・・・そんなときは、一人になれる場所に出掛けて、じっくりと心の声に耳を傾けてみませんか?疲れた身体と心をほぐすには、温泉にゆっくりとつかるのがおすすめです。都会の喧騒から離れた、自然に囲まれた温泉宿で誰にも気を使わず、時間も気にせずにのんびりすれば、きっと心が元気になりますよ。温泉の成分は、日頃酷使しているお肌のメンテナンスにもよさそうです。

青森県の山奥の秘湯で、おこもり湯治してみよう。

出典:

本州の最北端に位置する青森県は、県南にそびえる日本百名山の八甲田山や、代表的な景勝地である奥入瀬渓流など、緑深い山や森がたくさんあり、そこに湧く温泉も豊富です。”秘湯”と呼ばれる温泉が湧く宿は、基本的にバスなどの本数も少ない不便な場所にあります。ですがその分、たどり着いたら目の前の大自然を独り占めできるような贅沢なプライベート空間があります。簡単に行けないからこそ混雑も少なく、一人でのんびりと過ごすことができますよ。そして”秘湯”というだけあり、温泉の質もよく、温泉好き女子にはたまりません。2泊、3泊とじっくり滞在したくなる、そんな青森県の秘湯宿を次から厳選してご紹介します!

1.薬研温泉 薬研荘

下北半島にある、アットホームなおもてなしが自慢の秘湯宿

下北半島にある、アットホームなおもてなしが自慢の秘湯宿2218749

出典:

「薬研温泉 薬研荘(やげんおんせん やげんそう)」は、下北半島にある温泉で、JR下北駅よりバスで約45分、宿送迎車で約20分の距離にあります。周囲はヒバ林に囲まれた薬研渓流があり、散策すれば緑の香りをいっぱい吸い込める森林浴が楽しめます。「薬研荘」はホテルと民宿の中間のような素朴な宿で、設備は万全ではありませんが家族のような温かいなおもてなしが受けられる秘湯宿です。

下北半島にある、アットホームなおもてなしが自慢の秘湯宿2218750

出典:

温泉は男女別の内湯が一つずつあります。小さいながらも天然温泉100%かけ流しのため、いつでも新鮮なお湯を楽しむことができます。24時間入浴可能で、時間を気にせずに入れるのが嬉しいポイント。無色透明のお湯は一見温泉ぽく見えませんが、筋肉痛や関節病に効果が期待できるそう。凝り固まった身体をじんわりほぐしてくれそうです。

下北半島にある、アットホームなおもてなしが自慢の秘湯宿2218730

出典:

お食事はキノコや山菜などの山の幸を中心に、ほっこりと心温まる手料理がいただけます。夏の初めまでは、生ウニとアワビのしゃぶしゃぶが付いたちょっと贅沢なプランもありますので、お酒好きの女子は日本酒と一緒に味わいたいところ。自然の恵みをそのまま閉じ込めたお料理に、身体の中もすっきりとしそうです。

公式詳細情報

薬研温泉 薬研荘

下北半島 / 旅館

住所
青森県むつ市大畑町薬研14
アクセス
JR下北駅/バスにて旧大畑駅(送迎希望の方はご予約の際に必ず...

を見る

2.猿倉温泉

大地の恵みである温泉のパワーを満喫!秘湯好きに愛される一軒宿

大地の恵みである温泉のパワーを満喫!秘湯好きに愛される一軒宿2219124

出典:

「猿倉温泉(さるくらおんせん)」は、八甲田山の山奥に位置するロッジ風の一軒宿です。JR青森駅から十和田湖行きのバス「みずうみ号」で約1時間40分のところに位置します。豊富な湯量が魅力の温泉で、毎分1,000ℓものお湯が湧き出し、5本あるうちの源泉の3本を、近くの十和田湖温泉郷に送湯しているほど。周りに山や川以外何もなく、ただただ大自然を身体いっぱいに感じられる宿です。

大地の恵みである温泉のパワーを満喫!秘湯好きに愛される一軒宿2219128

出典:

温泉は白濁した硫黄泉で、源泉100%かけ流し。客室も広く、ゆったりと過ごすことができます。八甲田山の山並みを眺められる露天風呂の他、内湯と蒸し風呂もあり、火山活動から由来する温泉のパワーを感じられます。

大地の恵みである温泉のパワーを満喫!秘湯好きに愛される一軒宿2219151

出典:

猿倉温泉は料理がおいしいと評判です。”地産地消”をテーマにし、お米は地元十和田産の低農薬自然乾燥米を、自然の湧水で炊き上げています。その他地魚や山菜、季節の野菜を使った一品一品が並びます。普段食べられないような青森の新鮮な食材にきっと大満足できるはず。

猿倉温泉の詳細情報

猿倉温泉

住所
青森県十和田市奥瀬猿倉1

データ提供

3.猿倉温泉 奥入瀬森のホテル

設備の整った空間でじっくり滞在したい女子に最適

設備の整った空間でじっくり滞在したい女子に最適2223505

出典:

「猿倉温泉 奥入瀬森のホテル」は、奥入瀬渓流の先にある十和田湖温泉郷バス亭からホテル送迎車で約5分のところにあります。奥入瀬渓流の観光後の宿泊としても便利な場所にあり、森の中のホテルながら、カフェラウンジやバーなどの設備が整っているので、館内でもゆったりとくつろげます。おひとりさまなら、好きな本を持ち込んで自分の好きな場所で読みふけるのもおすすめです。

設備の整った空間でじっくり滞在したい女子に最適2223508

出典:

温泉は、先にご紹介した猿倉温泉の送湯を利用しており、大地のパワーいっぱいのお湯を楽しむことができます。大きくはありませんが、露天風呂もありますよ。森の空気を胸いっぱいに吸い込みながら、ゆったりと疲れを癒すことができます。

設備の整った空間でじっくり滞在したい女子に最適2223509

出典:

お食事は、シェフ特製の低温でじっくりローストした厚切りビーフをメインに、地場産の食材をふんだんに使った「奥入瀬キュイジーヌ」が楽しめます。シェフが工夫を凝らした渾身のコース料理を、肩ひじ張らずにお箸でどうぞ。

公式詳細情報

奥入瀬 森のホテル

奥入瀬・十和田湖 / 高級ホテル

住所
青森県十和田市大字法量字焼山36-20
地図を見る
アクセス
八戸自動車道「下田百石IC」より車で70分
宿泊料金
14,300円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

14,300円〜 / 人

もっと見る

4.酸ヶ湯温泉 酸ヶ湯温泉旅館

昔ながらの大きな「ヒバ千人風呂」が魅力の秘湯宿

昔ながらの大きな「ヒバ千人風呂」が魅力の秘湯宿2224141

出典:

「酸ヶ湯温泉 酸ヶ湯温泉旅館(すかゆおんせん すかゆおんせんりょかん)」は、八甲田山の西麓に位置し、標高約900mの高地に湧く温泉宿で、青森駅よりJRバス「みずうみ号」にて約1時間20分のところにあります。300年以上の歴史があり、昭和29年に国民保養温泉地の指定を受けたこともあって昔は湯治客でにぎわいを見せました。今でも全国から秘湯マニアの旅行者が訪れる人気の秘湯宿です。外観は、木造の昔ながらの建物が、古き良き佇まいを残しています。

昔ながらの大きな「ヒバ千人風呂」が魅力の秘湯宿2224130

出典:

温泉は、創業当時から続く「ヒバ千人風呂」が目玉。ヒバ造りの160畳もの浴室に、「熱湯(ねつゆ)」、「冷の湯」、「四分六分の湯」、「湯滝」の4つの浴槽が並びます。白濁した硫黄泉で、療養に適しているといわれている温泉は、源泉もそれぞれ違うので入り比べしてみるのも楽しいです。混浴ですが、湯あみ着着用可。女性専用時間帯もありますので安心ですね。好きな時間に気にせず入りたい、という方には、女性専用の小浴場もあります。

「酸ヶ湯温泉旅館」 料理 118187910 酸ヶ湯温泉 夕食

出典:夏ミカンさんの投稿

お食事は山の幸である山菜やきのこを中心に、季節やプランに応じて出されます。お肉や野菜をしょうゆベースのスープで煮込んだ郷土料理「せんべい汁」が食べられる場合も。素朴ですが、ほっと心あたたまるお料理がいただけますよ。青森はりんごの産地なので、おいしいりんごのデザートにありつけるかも。

公式詳細情報

酸ヶ湯温泉旅館

八甲田・酸ヶ湯温泉 / 旅館

住所
青森県青森市荒川字南荒川山国有林小字酸湯沢50
地図を見る
アクセス
JR東北本線青森駅→JRバス十和田湖行き約70分。酸ケ湯温泉...
宿泊料金
9,400円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

9,400円〜 / 人

5.酸ヶ湯温泉渡鳥の湯 八甲田ホテル

木の温もりを感じられ、落ち着いて過ごせるおしゃれなホテル

木の温もりを感じられ、落ち着いて過ごせるおしゃれなホテル2224155

出典:

「酸ヶ湯温泉渡鳥の湯 八甲田ホテル」は、先にご紹介した「酸ヶ湯温泉」から送迎車で約5分のところにあります。木のぬくもりを感じられるログハウス風の外観は重厚感があり落ち着いた雰囲気で、おひとりさまでゆったりと贅沢な時間を過ごすのにぴったり。スタッフの気配りも行き届いており、気持ちよく滞在できるホテルです。

木の温もりを感じられ、落ち着いて過ごせるおしゃれなホテル2224163

出典:

温泉は酸ヶ湯温泉の源泉を利用していますが、こちらは透明に近いお湯で、また違った肌触りを感じられます。露天風呂はないものの、大浴場の大きな窓から見えるブナ林に、まるで森の中にいるような開放感を感じられのんびりとつかることができます。希望者は酸ヶ湯温泉旅館まで送迎してくれるので、両方の温泉を楽しむことができますよ。

木の温もりを感じられ、落ち着いて過ごせるおしゃれなホテル2224160

出典:

お食事は、県産牛肉や陸奥湾のホタテなど、青森の旬の食材をふんだんに使った和食とフレンチから選べます。フレンチは、日本人の舌に合わせた重くないコース料理となっており宿泊者から好評です。こんな山の中で、こんなおいしいフレンチがいただけるなんて!ときっと感動するはず。彩りも豊かで目にも楽しく、きれいなもの好きの女子には嬉しいですね。

公式詳細情報

酸ヶ湯温泉 八甲田ホテル

八甲田・酸ヶ湯温泉 / 高級ホテル

住所
青森市大字荒川字南荒川山1-1
地図を見る
アクセス
JR青森駅より車で50分、JR青森駅からJRバス十和田湖行き...
宿泊料金
26,700円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

26,700円〜 / 人

もっと見る

6.蔦温泉 蔦温泉旅館

源泉真上の浴槽から湧き出る生まれたての温泉を満喫

源泉真上の浴槽から湧き出る生まれたての温泉を満喫2224167

出典:

「蔦温泉 蔦温泉旅館」は、奥入瀬渓流の近くに佇む旅館で、青森駅よりJRバス「みずうみ号」で約2時間10分のところにある一軒宿です。歴史は古く、久安3年(1147年)にはすでに湯治小屋があったとされ、950年以上も続く名湯。地元の人や、温泉好きの旅行客に愛されています。明治42年(1909年)に旅館が創業、大正7年(1918年)に建築されてからのこの建物は、長い歴史の重みを感じさせてくれます。徒歩5分のところには、紅葉の時期の朝焼けで、木々の色が沼に移り込み真っ赤に染まる「蔦沼」があることでも有名です

源泉真上の浴槽から湧き出る生まれたての温泉を満喫2224264

出典:

お風呂は男女入れ替え制の「久安の湯」と、男女別内湯の「泉響の湯」があります。源泉の上に浴槽があるため、底板のすき間から生まれたての温泉がポコポコと湧いていて、とっても贅沢な気分になれますね。ぜひその湯玉を身体で感じながら入ってみて。他ではあまりできない体験に、ここまで来てよかったと幸せを感じられるはず。

源泉真上の浴槽から湧き出る生まれたての温泉を満喫2224275

出典:

お食事は、地元産の旬の食材と調理法にこだわった山里料理が並びます。川魚や採れたてのお野菜など、都会ではなかなか食べられない素材本来の味が嬉しいです。豪華でないですが、その素朴な味わいは満足できること間違いなし。

公式詳細情報

蔦温泉旅館

奥入瀬・十和田湖 / 旅館

住所
青森県十和田市奥瀬字蔦野湯1
地図を見る
アクセス
八戸駅より車にて1時間30分/青森駅より車にて1時間20分

7.嶽温泉 山のホテル

絶品の「マタギ飯」とジビエ料理が食べられる秘湯宿

絶品の「マタギ飯」とジビエ料理が食べられる秘湯宿2224307

出典:

「嶽温泉 山のホテル(だけおんせん やまのほてる)」は、JR弘前駅より路線バスで約50分のところにあります。昔ながらの津軽の郷土文化を大事にしたホテルで、山中のクマやイノシシなどをしとめる猟師「マタギ」にちなんだ「マタギ飯」と、約320年続く良質の温泉が自慢の宿です。田舎のおばあちゃんちに帰ってきたような、どこか懐かしい民芸調の客室もほっと心を和ませてくれます。

絶品の「マタギ飯」とジビエ料理が食べられる秘湯宿2224305

出典:

温泉は白濁した、いかにも温泉らしい硫黄泉。上がった後も、ずっと身体がポカポカし湯冷めしにくく冷え性に効くといわれています。都会で冷房疲れした身体も、このお湯で回復できそうですね。青森ヒバを贅沢に使った浴槽のふちに肘をかけ、ほーっと一息ついてみれば、疲れも消えていきます。

絶品の「マタギ飯」とジビエ料理が食べられる秘湯宿2224303

出典:

お食事は、マタギたちが好んで食べたという鶏肉、舞茸、タケノコなどをお米と一緒に焚き上げた「マタギ飯」を目玉とした、旬の山菜やきのこを使った田舎料理が楽しめます。他にも、熊の串焼きや鹿鍋など、鳥獣を使ったお料理も別注でいただくこともできます。普段の生活ではあまり食べるチャンスがないジビエ料理に、この機会にぜひ挑戦してみては?

山のホテル

閉業や休業等の理由により施設情報が存在しないか、一時的な障害で施設情報が取得できませんでした。

8.温湯温泉 飯塚旅館

女子におすすめ!美肌効果に期待できる温泉のレトロ宿

女子におすすめ!美肌効果に期待できる温泉のレトロ宿2224313

出典:

「温湯温泉 飯塚旅館(ぬるゆおんせん いいづかりょかん)」は、弘前市から電車で約30分離れた黒石市にある温泉旅館で、弘南鉄道黒石駅より路線バスで約20分のところにあります。温湯温泉は、この先一帯に点在する黒石温泉郷の玄関口となっていますが、他の温泉地よりこぢんまりとして静かな雰囲気が漂います。飯塚旅館は、大正建造物をそのまま守り続ける情緒たっぷりの佇まいが魅力の旅館です。ここは、共同浴場「鶴の湯」に通うための湯治場として、旅館にお風呂はない湯治スタイルを守っていますが、こちらは館内に大浴場もあるので、外湯と両方楽しむことができます。

女子におすすめ!美肌効果に期待できる温泉のレトロ宿2224315

出典:

温泉は源泉かけ流しの弱アルカリ性で、お肌がすべすべになるといわれているので、女子にはとってもおすすめ。「温湯」の字の通り、よく温まるお湯と評判です。開放感のある大浴場で、ゆっくりと安らぎのひとときを過ごせます。

女子におすすめ!美肌効果に期待できる温泉のレトロ宿2224316

出典:

お食事はプランに応じて、ここ黒石地方の山や川の幸を活かしたお料理が並びます。ご当地の銘牛「あおもり倉石牛」の陶板焼きは、上質の脂と赤身が口の中でとろけるおいしさ。その土地のおいしいものを食べられるのは、旅の醍醐味ですね。

公式詳細情報

温湯温泉 飯塚旅館

黒石温泉 / 旅館

住所
青森県黒石市温湯鶴泉60
地図を見る
アクセス
東北道黒石ICより車10分
宿泊料金
12,100円〜 / 人

12,100円〜 / 人

9.ランプの宿 青荷温泉

やさしいランプの灯りに癒される山奥の秘湯宿

やさしいランプの灯りに癒される山奥の秘湯宿2225790

出典:

「ランプの宿 青荷温泉」は、黒石温泉郷の一つですが中でも一番の秘湯。黒石駅より路線バスで約35分、虹の湖公園バス亭より宿の送迎車で約30分のところにある山奥の一軒宿です。秘境といわれる青荷渓谷沿いに湧いた温泉は、開湯昭和4年の歴史があります。非常灯以外電気がなく、名前の通り、ランプの灯りだけで過ごす非日常な体験が人気の宿。夜は館内にいくつものランプが灯り、幻想的な雰囲気に癒されます。津軽弁のスタッフの気さくなおもてなしにも心がほっこりしますよ。

やさしいランプの灯りに癒される山奥の秘湯宿2225792

出典:

温泉は総ヒバ造りの「健六の湯」、大石と簾(すだれ)に囲まれた露天風呂、男女別の露天風呂もある「滝見の湯」、内湯と4つのお風呂があり、一つ一つ趣が違うので湯めぐりを楽しんで。大石と簾の露天風呂は混浴なので、女性専用時間に入れば安心ですね。内湯以外のお風呂に行くには、お部屋をいったん出て歩いていくのでちょっと距離がありますが、お風呂までの道にも渓谷の流れや緑をいっぱい感じられ、それもまた気持ちいいですよ。

やさしいランプの灯りに癒される山奥の秘湯宿2225794

出典:

お食事は素朴な田舎料理。大広間でランプの灯りでいただきます。季節の山菜や岩魚などの一品は、素材の味を感じられるシンプルな味付けで、舌も喜びそう。おばあちゃんの手料理をいただいているようで、なんだか元気になれそうです。

出典:juntarouさんの投稿

ここでは携帯の電波も届かないため、近年注目が集まっているデジタルデトックス*もできます。たまにはスマホやタブレットを手放して、風の音や鳥の声に耳を澄ませ、満天の星を見上げてみましょう。そうやって脳を休め、自分自身に充電をしてみてくださいね。

*デジタルデトックスとは、一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置くことでストレスを軽減し、現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカスする取り組みです。

出典:デジタルデトックスとは? | DIGITAL DETOX JAPAN

公式詳細情報

ランプの宿 青荷温泉

黒石温泉 / 旅館

住所
青森県黒石市大字沖浦字青荷沢滝ノ上1-7
地図を見る
アクセス
弘南鉄道 黒石駅よりバスにて温川行き虹の湖公園下車後、無料送迎バス
宿泊料金
9,900円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

9,900円〜 / 人

もっと見る

秘湯宿でおこもり湯治したら、明日を頑張る力が湧いてくる。

宮城県の青根温泉に行った際に撮りました。早朝の足湯です。

青森県の秘湯宿をご紹介してきました。人との付き合いに疲れてしまったら、都会を抜け出して人里離れた秘湯宿に身を置いてみましょう。お部屋や温泉から見える、自然一杯の景色を眺めていると、心のモヤモヤも消え、すーっと気持ちが楽になりそうです。静かな空間は、毎日忙しくてなかなかできなかった、自分のこれからをゆっくり考えてみるのにも最適。のんびりと過ごして帰るころには、きっと明日からの頑張る力が湧いてきていますよ。日常の息抜きに、秘湯でのおこもり旅をぜひ計画してみてくださいね。

紹介ホテルを比べてみる

青森県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

青森県のおすすめのホテル・宿