2016年12月04日

食にこだわりあり。池波正太郎が選んだ東京の老舗洋食店&喫茶グルメ

食にこだわりあり。池波正太郎が選んだ東京の老舗洋食店&喫茶グルメ

1970年代に、池波正太郎はフランス映画についての本を書くため、かの地に渡りました。そこで以前から慣れ親しんだ場所のように自然と溶け込み、旅行客ではなく地元のフランス人たちが訪れるレストランやカフェに通ったそうです。そんな彼の西洋料理や菓子に対する味覚は、本場仕込みの確かなもの。その池波も数あるお店の中から選び愛した絶品の西洋料理と菓子の東京の老舗7店を厳選し、ご紹介いたします!食通が愛したお店へ出かけてみませんか?

高級レストラン

「ロアンヌ」からのフレンチの伝統を受け継ぐ「Chez Inno(シェ・イノ)」

「シェ・イノ」料理 912377 仔羊のパイ包み”マリア・カラス”風

出典:カメさん7さんの投稿

伝説の歌姫マリア・カラスからも評価された「仔羊のパイ包み マリア・カラス風」

終わって、京橋の「ロアンヌ」へ行き、仔羊のローストを食べる。こんなに旨い羊を食べたのは久しぶりのことだ。ますの薫製もよく、チョコレートのムースまで、ちょうど、ぐあいよく腹へおさまった。

出典:「池波正太郎の銀座日記」新潮文庫

「シェ・イノ」外観 912341

出典:味甘(みかん)さんの投稿

伝統と格式を感じるお店の玄関口。特別な日におしゃれして行きたいですよね。

「Chez Inno(シェ・イノ)」は、フランスの三ツ星レストランで修業した井上旭シェフがオーナーを務めるお店です。池波正太郎も通った「ロアンヌ」の次に、「シェ・イノ」を京橋の地に1984年にオープンさせました。井上シェフはソースの巨匠とも呼ばれ、特にワインをじっくり煮つめて作ったソースは絶品です。井上シェフが修業をしたパリの「マキシム」の顧客だったソプラノ歌手マリア・カラスの名前を冠した「仔羊のパイ包み マリア・カラス風」は一番人気のメニューです。池波も愛したその味を、最高のおもてなしと空間の中で召し上がれ。

「シェ・イノ」料理 912462 オマール海老のガトー仕立てコートドール風

出典:焼肉姉妹さんの投稿

「オマール海老のガトー仕立てコートドール風」。甘いオマール海老と貴腐ワインのソースが幸せなマリアージュ。

オーナーシェフの井上旭氏の絶版本は、古書として高額取引もされている名著です。

「シェ・イノ」ドリンク 912449

出典:出挙さんの投稿

ワインのストックはなんと1万本以上! 料理にぴったりの一杯と出会いたいですね。

全種類制覇もできる「ワゴンデザート」。甘さ控えめの上品なスイーツです。

「シェ・イノ」内観 912452 店内

出典:Delicious Soldierさんの投稿

料理もインテリアもサービスもすべて超一流。一度は行ってみたい憧れのお店です。

シェ・イノの詳細情報

500

シェ・イノ

京橋、宝町、銀座一丁目 / フレンチ

住所
東京都中央区京橋2-4-16 明治京橋ビル1F
営業時間
11:30~13:30(L.O) 18:00~20:30(L.O)
定休日
日曜日、月2回月曜日、年末年始
平均予算
  • ¥20,000~¥29,999
  • ¥30,000~

銀座で洋食のご馳走を食べたいならここ。「みかわや」

「みかわや」料理 912539

出典:rolexさんの投稿

池波正太郎も愛していた「ポークカツレット」。「カツレット」という響きでも分かるように、昔ながらの上品なカツレツのお味がします。

[みかわや]へ行く。ポーク・カツレツ、御飯、サラダ。前から考えていたのだが、この店のロース・カツレツはロースの脂がたっぷりついていて、むかしの洋食屋のそれを略(ほぼ)再現している。

出典:「池波正太郎の銀座日記」新潮文庫

「みかわや」外観 912600

出典:酔狂老人卍さんの投稿

老舗の風格だけでなく、温かみも感じる外観。

「みかわや」の初代は、日本の西洋料理の潮流を作った「横浜ニューグランドホテル」総料理長サリー・ワイルに師事していました。以降、今もその教えを忠実に再現し、銀座で長く愛され続ける老舗洋食屋さんです。銀座のど真ん中で、美味しく豊かな食事を楽しみたいなら、ここは抜群の空間です。池波正太郎をはじめ、多くの著名人にも愛され続けている、厳選された素材を使った本格的な西洋料理を楽しみたいですね。

「みかわや」料理 912576 天然活車海老のフライ 5500円+TAX

出典:ゆっきょしさんの投稿

フレンチ風の仕上がりで濃厚なお代わり自由のタルタルソースが嬉しい「天然活車海老のフライ」

池波正太郎だけでなく、多くの著名人、文化人が通った「みかわや」。

「みかわや」料理 912623 苺のシャンテリー

出典:あかやぎさんの投稿

程よく甘酸っぱい、大きな苺のシャンテリー。

みかわやの詳細情報

5000

みかわや

銀座、東銀座、銀座一丁目 / 洋食、コロッケ、ステーキ

住所
東京都中央区銀座4-7-12
営業時間
11:00~21:00(L.O.20:00)
定休日
年中無休
平均予算
  • ¥10,000~¥14,999
  • ¥10,000~¥14,999

洋食屋さん

「元祖メニュー」がいくつもある明治28年創業の「煉瓦亭」

「煉瓦亭」料理 912736 元祖ポークカツレツ

出典:えーあいさんの投稿

元祖「ポークカツレツ」も「煉瓦亭」が発祥の地。衣はサクッと絶妙に揚がっており、中のお肉は甘くて絶品です。池波正太郎の大好物でもありました。

だが、子供のころの郷愁をさそうポークカツレツとなれば、なんといっても銀座の煉瓦亭だろう。

出典:「むかしの味」新潮文庫

「煉瓦亭」外観 926842

出典:えーあいさんの投稿

明治時代の趣きを感じるようなレトロな外観がとてもおしゃれ。

「煉瓦亭」は明治時代の開業以来、ポークカツレツや、オムライスなど数多くの洋食メニューを生み出してきました。特にポークカツレツは、お店の看板メニューでもあり、池波正太郎の大好物でもありました。今ではトンカツの付け合わせとして定番になっている、キャベツやパセリ乗せも、初代の考案とのことです。プランタン銀座そば、と便利なロケーションに煉瓦亭ビルはあり、地下一階から地上三階までが110席と、広々とした空間が広がります。予約や貸切も可能なので、「明治」も感じられるレトロな洋食店でのパーティなんかも楽しそうですね!

「煉瓦亭」料理 926855 元祖オムライス 1400円。

出典:コ〜タロウさんの投稿

今や洋食の定番メニューとしてお馴染みのオムライス。実は明治の頃、「煉瓦亭」の賄い飯として生まれたのが発祥なんですよ。

「煉瓦亭」料理 921161 ハヤシライス

出典:銀座ラピエスさんの投稿

人気の定番メニュー「ハヤシライス」。牛肉とタマネギをソテーした、煮込まないタイプの人気の定番メニュー「ハヤシライス」。香ばしいビーフと、コクのあるソースの味がたまりません!

「煉瓦亭」内観 921133 地下1階

出典:トリプル銀座さんの投稿

地下の内観。テーブルクロスも店員さんのユニフォームも「昭和」のままで、タイムマシーンで逆戻りした気分になれそう。

戦後から使用しているというレジスターは今も現役! 常連だった池波先生のサインらしきものも。

煉瓦亭の詳細情報

5000

煉瓦亭

銀座、銀座一丁目、有楽町 / 洋食、オムライス、肉料理

住所
東京都中央区銀座3-5-16
営業時間
[月~土・祝] 11:15~15:00(L.O.14:00) 17:30~21:00(L.O.20:00)※日によって変動があるためお問合せください。
定休日
日曜
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999
  • ¥3,000~¥3,999

庶民価格なのに超本格派。昭和7年創業の老舗「リスボン」

「リスボン」料理 915325 ロース上カツ(単体)

出典:H.M.スカイさんの投稿

「ロースカツレツ(上)」。池波も愛したポークカツレツであり、お店の看板メニューでもあります。ほどよい脂身の柔らかい豚肉をサクサクの衣が包み、香ばしい美味しさです!

終わって、六区の「リスボン」で、ポーク・カツレツでビール。古い洋食屋だが、最近、興行街の中へ移転して、店も大きくなった。

出典:「池波正太郎の銀座日記」新潮文庫

「リスボン」外観 915478 2012年12月訪問時撮影

出典:ソニー・クロケットさんの投稿

「豚肉料理に自信あり!」と主張していそうな、お店の可愛い看板豚さん。

江戸や昭和の情緒が今も色濃く残る浅草の街並みに合う洋食屋さん「リスボン」。この昭和7年創業の老舗洋食店では、池波正太郎も愛したポークカツレツをはじめ、オムライス、カツサンド、カツカレーなど昔懐かしい味を味わえます。しかも、料金はいずれも1000円前後とリーズナブル! 女性でもペロリと食べられる、ちょうどいいボリュームです。浅草ROXの隣にあり、コック帽を被った可愛いブタさんが目印です。

「リスボン」料理 912765 ハンバーグ 

出典:よ山人,Jr.さんの投稿

手作りハンバーグ。程よい酸味と醤油のような和のテイストも感じるソースも絶品です!

「リスボン」料理 917651 オムライス

出典:グルメハンター・酔いどれ天使さんの投稿

中のケチャップライスはバター味でしっとり。王道の正統派オムライスです!

「とことん!とんかつ道」でも高評価の「リスボン」のポークカツ。

リスボンの詳細情報

リスボン

浅草(つくばEXP)、田原町、浅草(東武・都営・メトロ) / 洋食、オムライス、かつ丼

住所
東京都台東区浅草1-25-18
営業時間
11:00~14:30 17:00~19:30
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

喫茶

谷根千散歩の際にはぜひ立ち寄ってみたい「愛玉子」

谷根千散歩の際にはぜひ立ち寄ってみたい「愛玉子」926893

出典:うどんが主食さんの投稿

寒天状の愛玉子ゼリー。レモンシロップと絶妙なハーモニーの、サッパリした食感です。

私が子供のころは浅草六区の松竹座の横町にあった店で、よく食べたものだが、いまは、この店だけだ。ほんとうに五十年ぶりで「オーギョーチー」を食べたことになる。

出典:「池波正太郎の銀座日記」新潮文庫

「愛玉子」外観 914750

出典:shelahさんの投稿

「昭和」を描く映画のセットみたいなレトロ感。

下町情緒があふれる「谷根千」エリアとして、最近とても人気のある根津の街並みの中、とてもインパクトのある「愛玉子(オーギョーチィ)」の看板が目に飛び込んできます。作曲家の藤山一郎氏に決めてもらった「愛玉子」という屋号と同じ、台湾で愛されるデザート「愛玉子(オーギョーチィ)」専門の喫茶店です。オーギョーチィは台湾特有の植物「愛玉子」の種子から作られ、米と同じくらいカロリーがあり、肝臓の妙薬とも言われています。寒天ともゼリーとも違う食感は一度は味わえば、くせになるとと評判です! 創業は1934年で、池波正太郎以外にも、日本画家の東山魁夷(ひがしやま・かいい)、彫刻家の中原悌二郎(なかはら・ていじろう)なども店を訪れていたそうです。

「愛玉子」料理 914752 愛玉子のお持ち帰り

出典:ノリノリ3さんの投稿

愛玉子のテークアウトも可能です。自宅で好きなシロップをかけて、お店とは違う味を楽しめますよ。

池波正太郎も虜にした「レイズン・ウィッチ」新橋「小川軒」

「巴裡 小川軒 新橋店」料理 914807 2015/5/19 レイズンウィッチ5個入り

出典:トカトントンガラシさんの投稿

小川軒の「レイズンウィッチ」を差し入れてもらったら、「あ、当たりだ!」と思う人は多いはず!

終わって、ビルの1Fにある「小川軒」へ行き、たのんでおいたレーズン・パイを受け取り、店の奥のパーラーでエスプッソをすするうち、疲れが出てきて、何処へも行く気がしなくなる。

出典:「池波正太郎の銀座日記」新潮文庫

「巴裡 小川軒 新橋店」外観 926924

出典:TOMTOMさんの投稿

テイクアウト専門の「巴裡 小川軒 新橋店」の隣にはケーキなどのイートインが出来る「巴裡 小川軒 サロン・ド・テ」も。

レーズンサンド、レーズンクッキーなど、今では類似品が多く出ている洋菓子。その元祖といわれるのが、東京新橋にある「小川軒」の「レイズン・ウィッチ」です。「小川軒」は、1905年(明治38年)に、初代の小川鉄五郎によってレストランとして開業されました。「レイズン・ウィッチ」は、鉄五郎の次男が考案したものです。当時から現在にいたるまで、最高品質の食材を厳選し、新鮮な商品作りを心がけられています。ちなみに、新橋の「小川軒」は、新橋駅前ビル1号館1階にあるレストランと、同じビル中の通路にある販売店舗があります。

「巴裡 小川軒 新橋店」料理 917716 シュークリーム断面アップ。

出典:sophia703さんの投稿

香ばしいシュー皮と、甘さ控えめなしっとりしたカスタードクリームのコンビネーションは絶品です!

巴裡 小川軒 新橋店の詳細情報

5000

巴裡 小川軒 新橋店

新橋、汐留、内幸町 / 洋菓子、ケーキ

住所
東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 1F
営業時間
[月~金] 10:00~18:30 [土] 10:00~17:00
定休日
日曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

好みのカップで挽きたてのコーヒーを飲む至福「古瀬戸珈琲店」

「古瀬戸珈琲店」料理 918752 キリマンジャロ

出典:ベリータルトさんの投稿

フルーティーな香りがする「キリマンジャロ」。

それから、ぶらぶらと小川町まで歩き、かねて、うわさに聞いていた「古瀬戸コーヒー店」に入る。なるほどうまい。ブレンドのつぎにモカをのみ、ついでに家でのむためにブレンドの粉を買って帰る。

出典:「池波正太郎の銀座日記」新潮文庫

「古瀬戸珈琲店」内観 926971

出典:Trimeresurusさんの投稿

「古瀬戸珈琲店」のオーナーは無類の瀬戸物好き。店内は瀬戸物と、木のインテリアのぬくもりに満ちています。

駿河台下交差点から明治大学方面に向かって歩くと、「古瀬戸珈琲店」の可愛い看板があります。店内はなかなか広めでゆったりしており、カウンターの向こうの木の棚には、コーヒーカップとソーサーがたくさん並んでいます。ウェッジウッド、マイセン、ローゼンダール、ジノリ、ロイヤルコペンハーゲンなどなどから、好きなカップを選んでコーヒーを飲むことができます。コーヒーも注文してからの挽きたてです! デザートメニューも豊富で、特に古瀬戸オリジナルのシュークリームは、濃厚なクリームが絶品です。

「古瀬戸珈琲店」料理 926977

出典:いわいわさんさんの投稿

クリームのたっぷり詰まった大人気の自家製シュークリーム。

古瀬戸珈琲店の詳細情報

5000

古瀬戸珈琲店

神保町、新御茶ノ水、小川町 / 喫茶店、カフェ

住所
東京都千代田区神田小川町3-10 江本ビル 2F
営業時間
~20:00
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

いかがでしたか?

今回は、池波正太郎が愛した洋食と喫茶をご紹介いたしました。いずれも味覚を満足させてくれるだけでなく、歴史を感じる空間が残る老舗の名店ばかりです。リラックスして、食事やお茶をしながら、豊かな時間をすごしてくださいね!

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード