心が華やぐ庭園さんぽ。一年中牡丹(ぼたん)を楽しめる「由志園」がすてき/島根

心が華やぐ庭園さんぽ。一年中牡丹(ぼたん)を楽しめる「由志園」がすてき/島根

忙しい毎日、いろいろと気を使う人間関係。いつの間にか疲れが溜まり、笑顔が減っていませんか? そんな時はキレイなものを見て心を動かしてみましょう。島根県松江市にある「由志園」では、”百花の王”といわれる牡丹(ぼたん)の花を一年中見ることができます。季節に合わせた風景やイベント、ユニークな郷土料理も楽しめて、女性の旅におすすめのスポットなんですよ。優雅なお花をゆったり眺めれば、自然と華やかな笑顔になれるはず。花の持つ癒しパワーを満喫しに出かけてみませんか?

2020年04月08日

最近ちょっとお疲れ気味。キレイなものを見て癒されたい!

疲労した女性

最近楽しいことがあまりないな…。そんな気持ちになる時は、心が疲れているのかもしれません。職場や暮らしの中での人間関係や、時間に追われる仕事環境からひととき離れ、感性のアンテナを刺激してみてはいかがでしょうか。キレイなものを見て気分転換! 華やいだ気分は、心の栄養補給につながることでしょう。

心が華やぐ。優雅な庭園さんぽをしてみませんか

花一面

やわらかな花びらが幾重にも重なる牡丹(ぼたん)。”立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花”という言葉があるように、華やかな美人に例えられる美しい花です。島根県にある「由志園(ゆしえん)」では、そんな牡丹の花を一年中楽しむことができるんです。

絶景イベントもすてき!年中牡丹を楽しめる「由志園」をご紹介します

絶景イベントもすてき!年中牡丹を楽しめる「由志園」をご紹介します2116540

出典:hm777さんの投稿

例年ゴールデンウィーク頃に行われる「池泉牡丹」をはじめ、季節ごとの個性的なイベントもお楽しみ。また庭園内には、地域の名産品を楽しめるカフェやショップなども点在しています。一人旅はもちろん、お花好きの友達との女子旅や、彼とのロマンチックなデートにもおすすめ。充実した時間を過ごせますよ。

この記事では、そんな「由志園」の魅力と楽しみ方をたっぷりご紹介します。花鳥風月の世界に浸ってぜひ癒されてくださいね。

日本庭園 由志園の詳細情報

日本庭園 由志園

住所
島根県松江市八束町波入1260-2
アクセス
松江駅からバスで40分
営業時間
[3月1日〜10月31日] 8:30〜17:30 年中無休 [11月1日〜2月28日] 8:30〜17:00 年中無休
料金
小学生 200円 中学生 300円 高校生 400円 大人 800円

データ提供

ゆったり、心が満たされる出雲の国へ

出雲大社 神楽殿 大注連縄 -縁結びの神様-

「由志園」があるのは島根県松江市。ちょうど、鳥取県との境目あたりに位置しています。縁結びで有名な「出雲大社」、神秘的な美しさの「宍道湖」、国宝「松江城」、鳥取県の「水木しげるロード」などなど、周辺には全国的に有名な観光地がたくさん。旅心がくすぐられますね。庭園さんぽとあわせて、自分好みの旅を楽しめますよ。

独特の土壌と歴史を持つ「大根島(だいこんじま)」

枕木山より

アクセスは、JR松江駅からバスで25分、米子空港から車で15分ほど。中海(なかうみ)に浮かぶ大根島(だいこんじま)の中にあります。美しい湖にぽっかりと浮かぶ、ユニークな名前の島への旅。なんだかワクワクしてきませんか?

牡丹と雲州人参(高麗人参)の里として栄えてきました

牡丹と雲州人参(高麗人参)の里として栄えてきました2116599

出典:

大根島は、太古の昔に火山活動によってできた島です。火山灰独特の性質をもった土壌を活かし、江戸時代から高麗人参(こうらいにんじん)の栽培が行われてきました。高麗人参は、古くから薬として使われてきた高級素材。漢方薬や栄養ドリンクなどでよく名前を見かけますよね。大根島で作られたものは「雲州人参」と呼ばれ、質の高さから海外でも注目されているのだそうです。

心と体、両方のデトックスになるかも♪

心と体、両方のデトックスになるかも♪2116796

出典:hm777さんの投稿

水はけのよい土地を好む牡丹の花も、大根島の特殊な土壌と相性ぴったり。350年ほど前から栽培されはじめ、昭和の頃には苗木の販売が人気を集めました。今では年間約80万本、500種類以上が栽培される、全国一の牡丹苗の生産地となっています。美しい牡丹とヘルシーな雲州人参。大根島に行けば、心と体、両方のデトックスができそうですね。

重厚な門をくぐり、「由志園」へ

重厚な門をくぐり、「由志園」へ2103247

出典:

それではさっそく「由志園」へ! 入口の長屋門は、松江藩の人参事業用の施設を復元したものだそうです。雲州人参が藩の財政を支えていたことがわかる、重厚で立派な造りですね。

重厚な門をくぐり、「由志園」へ2116605

出典:

ちょうちんに描かれている由志園のロゴをよく見てみると、大根島の特産品である牡丹と雲州人参がデザインされています。おしゃれですね♪

約1万2千坪の大庭園で優雅におさんぽ

由志園の秋 紅葉狩り

長屋門を抜けた先には、約1万2千坪の大庭園が広がっています。池を中心とし、順路に沿ってぐるりと観てまわれる池泉回遊式庭園です。屏風絵のような美しさに思わずうっとり。見どころが多く、庭園内にカフェや食事処、ショップなどもあるので、滞在時間をたっぷり確保して訪れるのがおすすめです。

由志園の秋 紅葉狩り

表情豊かな岩の多くは溶岩石。火山でできた大根島らしいですね。側を流れる水のせせらぎも美しく、庭園内は自然の活力にあふれています。大地のパワーが感じられて、ゆっくりと深呼吸したくなります。

島根県の日本庭園 由志園

庭園は、出雲の神話や風景をモチーフに造られています。まるで、出雲の国をぎゅっと凝縮した箱庭のよう。日本神話や出雲の地図を見てから訪れると、より深く楽しめるでしょう。迫力のある「竜渓滝」は、ヤマタノオロチ伝説を彷彿させます。雄々しい神話の男神が目に浮かぶようです。

由志園の秋 紅葉狩り

枯山水庭園にも立ち寄ってみましょう。白砂に描かれた波文様と、ぽつん、ぽつんと配置された島石が印象的です。こちらは”湖岸の風景を模した庭”なのだそう。潤いがある池泉回遊式庭園との対比が楽しいですね。

牡丹の花は一年中楽しめます◎

由志園の牡丹

出典:rokuumaさんの投稿

日本庭園だけでもたっぷり楽しめるのですが、由志園のメインはやっぱり牡丹の花! 「牡丹庭園」や「牡丹の館」では、250種以上もの牡丹を見ることができます。ピンクや赤、紫に混ざり、黄色の珍らしい品種も。自分好みのお花を探すのも楽しそうです。

牡丹の花は一年中楽しめます◎2116609

出典:つぼさんさんの投稿

主な見頃は4月~5月にかけての春ですが、季節を逃してしまっても大丈夫。園内の「牡丹の館」では温度や環境を細かく調整しているため、一年中美しい牡丹の花を楽しめるんです。その年の開花時期に合わせて旅行する、というのはなかなか難しいもの。いつ訪ねても大輪の牡丹が愛でられると、計画を立てやすいですね。

牡丹の花は一年中楽しめます◎2103269

出典:

「牡丹の館」のデザインは、世界的なガーデナー・石原和幸氏が担当しました。アイディアにあふれた空間で、新鮮な気持ちで鑑賞できますよ。大根島の溶岩石や苔と、牡丹のコラボレーションにも注目。じーっと見ていると、物語の世界が広がっている気がしてきませんか? 苔むした世界に咲く牡丹の影から、仙人がひょっこり顔を出しているような…。自分の感性で、あれこれイメージを膨らませて楽しんではいかがでしょうか。

牡丹の花は一年中楽しめます◎2116614

出典:okattsuさんの投稿

石塔や金屏風など、和のモチーフが配されている展示も見事。平安時代の絵巻物の世界に入り込んでしまったような、雅な気持ちになれますよ。

3万輪を池に浮かべる期間限定イベント、「池泉牡丹」が絶景

【島根県】由志園の池泉牡丹

一年を通して華やいだ気分になれる「由志園」の中でも、見逃せないイベントは「池泉牡丹」です。例年ゴールデンウィーク頃に開催され、多くの人が訪れます。お目当ては、水面が見えないほど牡丹の花に覆われた池の景観。お花畑ではなく、花が池に浮かべられているんです。この世のものとは思えないほど雅な絶景ですね!

由志園 牡丹

池に浮かべられるのは、苗を育成する過程で摘み取られ、捨てられてしまう予定だったお花です。それではあまりに忍びない、ということから、庭園の池いっぱいに浮かべるというアイディアが生まれたのだそう。お花は手作業で丁寧に浮かべられ、美しい姿で見る人の心を癒してくれます。

3万輪を池に浮かべる期間限定イベント、「池泉牡丹」が絶景2116643

出典:

池の周りに通路が設けられているので、すぐ近くでお花を鑑賞できますよ。

3万輪を池に浮かべる期間限定イベント、「池泉牡丹」が絶景2116646

出典:ピョン様さんの投稿

まるでじゅうたんのように、大輪の花がびっしり。桃源郷の中を歩いているような、夢見心地になりそうですね。

3万輪を池に浮かべる期間限定イベント、「池泉牡丹」が絶景2116647

出典:週末はカメラさんの投稿

イベント最終日には、希少な種の「黄冠」が池を黄金色に埋め尽くします。赤やピンクとはまた違った趣で、明るく元気が出るカラーですね。

歩き疲れたら、園内のカフェやお食事処でホッとひと息

歩きまわってちょっぴり疲れたな…なんて時は、園内のカフェやお食事処でひと休みしましょう。園内には5つのお食事処があります。ここではその中から、予約フリーでおひとり様でも気軽に入れるお店をご紹介します。

庭園をのぞむカフェ「一望」

庭園をのぞむカフェ「一望」2106946

出典:つぼさんさんの投稿

おやつとお茶でちょっと休憩するなら、茶房「一望」がおすすめ。池や庭園を眺められるすてきな空間です。大きな窓の外に広がる景色は花鳥図屏風のよう。優雅な気分でティータイムを楽しみましょう。

抹茶や甘味でほっこり。島根の素材を使ったやさしい味

「一望」 料理 26860021 抹茶セット

出典:スリーパットさんの投稿

自家焙煎珈琲店から仕入れたこだわりのコーヒーや、松江市の抹茶を使った自家製あんみつなど、充実の喫茶メニュー。歩き疲れた体がホッと癒されます。

雲州人参を使ったヘルシーなメニューも◎

雲州人参を使ったヘルシーなメニューも◎2106899

出典:

もちろん、名産品である雲州人参(高麗人参)を使ったメニューも多数あります。焙煎高麗人参をブレンドしたコーヒー、抹茶仕立ての高麗人参茶、高麗人参ようかん、高麗人参ソフトクリームなどなど。ここでしか味わえないメニューをぜひ楽しんではいかがでしょう?

休憩がてら、「雲州人参ミュージアム」を見学

休憩がてら、「雲州人参ミュージアム」を見学2116631

出典:

喫茶「一望」に隣接する「雲州人参ミュージアム」では、雲州人参の歴史を学ぶことができます。休憩がてら、ふらっと見学するのにぴったりですよ。人参栽培を成功させた出雲藩主・松平不昧公は、茶人としても知られていたのだそうです。

一望の詳細情報

一望

松江市その他 / カフェ、喫茶店

住所
島根県松江市八束町波入1260-2 由志園
平均予算
  • ~¥999

データ提供

出雲そばや郷土料理を味わえる「竹りん」

「竹りん」 外観 98034757

出典:夏ミカンさんの投稿

しっかり腹ごしらをするなら「竹りん」はいかがでしょう。純和風の落ち着いた雰囲気の中で、大根島産の旬野菜や山陰のブランド肉・大山鶏などを使った、こだわりのメニューを楽しむことができます。

「竹りん」 料理 49151488 天ざる蕎麦

出典:スリーパットさんの投稿

大根島産の蕎麦は風味豊かで、もちもちとした食感。 初夏の少し汗ばむ頃には、ツルツルっと爽やかな蕎麦がぴったりですね。蕎麦の甘味がたっぷり溶け出した蕎麦湯も忘れずに!

竹りんの詳細情報

竹りん

松江市その他 / そば、天ぷら

住所
島根県松江市八束町波入1260-2 由志園
営業時間
11:00~14:30(L.O)
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999

データ提供

ゴールデンウィーク以外にも様々なイベントが開催されます

ゴールデンウィーク以外にも、由志園では様々なイベントが行われています。どれも見応えたっぷりなので、ぜひチェックしてみて下さいね。

【冬】キラキラ輝く壮大なイルミネーション

由志園イルミネーション

例年12月中旬~下旬頃に開催されるのは、約130万球のLEDライトを使った壮大なイルミネーションです。

「寒牡丹」との風流なコラボレーションも見どころ

「寒牡丹」との風流なコラボレーションも見どころ2116669

出典:matagonさんの投稿

会期中は、霜よけの薦(こも)を被った「寒牡丹」も見頃です。冬咲きに改良された冬牡丹は、大輪の花と緑の葉が特徴。イルミネーションと寒牡丹という、由志園ならではのコラボレーションを楽しめます。

【秋】山陰の気候がもたらす鮮やかな紅葉

【秋】山陰の気候がもたらす鮮やかな紅葉2106963

出典:ともかづさんの投稿

11月中旬~12月上旬頃には「夜紅葉」が行われます。由志園のある山陰地方は、昼夜の寒暖差が激しいお土地柄。特徴的な気候が、鮮やかな紅葉という恵みをもたらします。園内に300本以上もあるモミジが真っ赤にそまる様子は錦絵そのもの。ライトアップされるといっそう幻想的で、夢のような時間を過ごせますよ。

華道家・假屋崎省吾氏とのアートなコラボレーション

華道家・假屋崎省吾氏とのアートなコラボレーション2116673

出典:

独特の色彩感覚で、個性的かつ繊細な作品を作り出す華道家、假屋崎省吾氏とのコラボイベントが開催されるのも「由志園」の魅力です。2010年から定期的に続いている企画で、会期中は園内のあちこちで作品を鑑賞できます。花々のアートは新鮮で、感性が刺激されることでしょう。

お疲れ気味の時は、華やかな世界で癒されましょ

【島根県】由志園の池泉牡丹

島根県のすてきな日本庭園「由志園」をご紹介しました。めくるめく牡丹の華やかな世界、楽しんでいただけましたか? 心が華やぎワクワクすると、体から余計な力が抜け、素直な気持ちになれるもの。お疲れ気味の時は、美しい花をたっぷり見て癒されてはいかがでしょうか。新しい季節に向かって咲く花のように、前向きで色鮮やかな日々を過ごせますように!

島根県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

奈良を旅する編集部おすすめ