2016年07月19日

【孤独のグルメ】まとめました!十条&赤羽のロケ地をご紹介!

【孤独のグルメ】まとめました!十条&赤羽のロケ地をご紹介!

2012年1月よりテレビ東京系で放送が始まった「孤独のグルメ」。この人気シリーズも、すでにシーズン5まで放送済み。夜食テロと呼ばれ、“聖地巡礼” と実際の飲食店に訪れる人も多いテレビドラマシリーズです。今回は鯖の燻製が美味しい赤提灯、震えながら食べたかき氷や日本では珍しいほろほろ鳥のお店まで、【十条&赤羽】のお店をまとめてご紹介します!

五郎さんが食べた十条&赤羽のグルメをご紹介!

2016年夏、ついにスペシャルドラマとして帰ってくる『孤独のグルメ』。今回は、出張編として宮城県仙台市と牡鹿郡女川町に出没するようです。主人公・井之頭五郎(いのがしら ごろう)を演じる松重豊さん、今回はどんな食べっぷりを見せてくれるのでしょうか。

「川栄」内観 670536

出典:n.mokurenさんの投稿

サインが飾られた店も増えてきました!

熱いマニアを生み出したドラマ「孤独のグルメ」は、伝説のマンガ『孤独のグルメ(作・久住昌之 画・谷口ジロー)』を原作として、ドラマ独自の世界観を作り続けています。ファンの間では、新しいシリーズが今や遅しと待たれていますが、今回は五郎さんが訪れた北区のグルメを復習しておきましょう。どんな店で何を食べたのでしょうか。聖地巡礼・東京十条&赤羽編、行ってみましょう!

五郎 in 十条駅

Season2【第10話】十条の鯖のくんせい「田や」

「田や」外観 670547 外観です

出典:タキトゥスさんの投稿

訪れた駅のおいしい店を探すのが得意な五郎さん。この日の舞台は、十条駅です。商店街を歩いていた彼の目に飛び込んできたのが、『田や』の赤提灯。そこは、威勢のいい女将が仕切り、地元の酒飲みに愛されている家庭居酒屋でした。

「田や」料理 670548

出典:キャプテン・ソロさんの投稿

まず出てきたのが「今日のお通し」。メニューは日替わりで、五郎さんが食べたのは、一口肉団子・おくら・一口唐揚げの三品。

「田や」料理 670549 鯖のくんせい

出典:恋音♡+*さんの投稿

メインは「鯖のくんせい」をチョイス。店でも人気のメニューで、しっかり燻されたご飯にも合う味付け。

「田や」料理 670551 玉子焼

出典:恋音♡+*さんの投稿

砂糖が入った甘い「玉子焼き」にも舌鼓。優しい味わいは、おろし醤油との相性も抜群です。

「田や」料理 670552

出典:ばにら亭さんの投稿

他にも、「かきフライ」「ももハムとキムチ」「どんぶりしらす」「ごはんと味噌汁のセット」も完食しています。

「田や」料理 670553

出典:ばにら亭さんの投稿

夜になると、近隣のサラリーマンで賑わう居酒屋です。築地から仕入れる新鮮な魚介類が自慢。

「田や」内観 670554 魅力的なメニュー

出典:グルマンじゅんさんの投稿

店内に貼られた、圧巻の短冊メニュー。五郎さんが迷ったのも納得。旨いものを食べさせてくれそう!

田やの詳細情報

田や

十条、東十条 / 居酒屋

住所
東京都北区中十条2-22-2
営業時間
[火~金] 16:00~24:00 [土・日・祝] 16:00~24:00
定休日
月曜日
平均予算
  • ¥3,000~¥3,999

Season2【第10話】十条のかき氷「だるまや餅菓子店」

「だるまや餅菓子店」外観 670558

出典:mirina-montaさんの投稿

五郎さんは、先に紹介した「田や」を訪れる前に、十条で有名な甘味処にも立ち寄っています。ここは、生菓子や大福が人気の町の和菓子屋さん。店内の喫茶では、一年を通してかき氷を食べることができます。

「だるまや餅菓子店」料理 670565 和栗のかき氷

出典:うどんが主食さんの投稿

寒い日だったにも関わらず、五郎さんは「栗のかき氷」を注文。濃厚な栗ペーストが不思議とマッチする一品です。

「だるまや餅菓子店」料理 670567 極上いちご(1500円)

出典:焼肉姉妹さんの投稿

店の一番人気は、あまおうと和三盆の蜜で作った「極上いちご」。いちごの香りが濃厚な逸品です。

「だるまや餅菓子店」料理 670569 天然氷(てんねんごほり)、和三盆(わさんぼん)

出典:酔狂老人卍さんの投稿

一部のかき氷には、日光の天然氷を使用しています。フワフワの食感をぜひ。

「だるまや餅菓子店」料理 670570

出典:てむじんさんの投稿

店頭で人気の和菓子。町の和菓子屋さんらしく、いなり寿司やおにぎりも置いていますよ。

だるまや餅菓子店の詳細情報

5000

だるまや餅菓子店

十条、東十条 / 甘味処、かき氷、和菓子

住所
東京都北区十条仲原1-3-6
営業時間
11:00~18:30
定休日
火曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

五郎 in 赤羽駅

Season3【第1話】赤羽のほろほろ鳥「川栄」

「川栄」外観 670576

出典:すえるじおおりばさんの投稿

仕事で赤羽を訪れた五郎さん。この日は、一軒のうなぎ屋さんに引き寄せられました。上質の国産うなぎを出す店として人気の『川栄』には、もうひとつの名物が。それが、日本ではめずらしい「ほろほろ鳥」です。フレンチなどでよく使われる高級食材なんですよ。

「川栄」料理 670579 ホロホロ鳥 合わせ盛り(お刺身とたたきの盛り合わせ)

出典:urya-momenさんの投稿

手始めに「ほろほろ鳥の合わせ盛り」を注文。弾力のある肉を噛みしめ、「ほろほろ、こういう奴だったんだ」とポツリ。

「川栄」料理 670582 ホロホロ鳥 バラ串

出典:urya-momenさんの投稿

次に「ほろバラ串」「ほろあぶら串」をセレクト。もともと脂分が少ないほろほろ鳥ですが、串焼きにすることでカリッとジューシーに仕上がります。

「川栄」料理 670583 鰻のオムレツ 断面

出典:urya-momenさんの投稿

他にも「鰻のオムレツ」「ほろスープ」を頼み、大満足の五郎さんでした。

「川栄」料理 670585 2012.7 うな丼(1,800円)

出典:やっぱりモツが好きさんの投稿

なんと!締めには「うな丼」を食べる大食感ぶり。関東風に蒸された鰻に、辛めのタレがご飯とよく合う一品。肝吸い、香の物がセットになっています。

「川栄」料理 670586 鰻の「一度漬け焼き」

出典:グルマンじゅんさんの投稿

お酒を飲む人には、「一度漬け焼き」が人気。タレなしの「白焼き」もあります。

「川栄」内観 670590 店内です

出典:ペコえもんさんの投稿

渋い店内には、有名人のサインがぎっしり飾られています。

川栄の詳細情報

川栄

赤羽、赤羽岩淵 / うなぎ、鳥料理

住所
東京都北区赤羽1-19-16
営業時間
[月・火・木・金・土] 昼の部 11:30~14:00(LO13:30) 夜の部 17:00~21:00(LO20:00) ※当日予約は昼:10時30分、夜:16時迄 出前も受付ておりますので、ぜひご利用下さい。 エリアにつきましては、お問い合わせ下さい。
定休日
日曜日・水曜日
平均予算
  • ¥5,000~¥5,999
  • ¥8,000~¥9,999

Season3【第1話】赤羽のサンドイッチ「プチモンド」

「プチモンド」外観 670599

出典:まりあてぃーたいむさんの投稿

地元でも愛される喫茶店『プチモンド』は、五郎さんがクライアントと待ち合わせた場所。商談を終えた彼は、小腹を満たすためにサンドイッチを注文します。

「プチモンド」料理 670602 フルーツいっぱい、生クリームいっぱい

出典:シノンセさんの投稿

頼んだのは、看板メニュー「フルーツサンド」。新鮮な旬のフルーツと甘さ控えめの生クリームが贅沢に味わえます。

「プチモンド」料理 670603 フルーツパフェ

出典:MIRRORさんの投稿

季節のフルーツがたっぷり乗った「フルーツパフェ」も要チェック。グラスの底にもフルーツが詰まっています!

「プチモンド」料理 670604 ホットケーキ&フルーツ。昔ながらのホットケーキはしっかりめながら優しいお味。フルーツのお店だけあって、新鮮な果物が美味しかったです。

出典:こひろさんの投稿

こちらも人気の「ホットケーキ&フルーツ」。流行のパンケーキではなく、昔懐かしいホットケーキがうれしい一品。

「プチモンド」料理 670605 フルーツサンドイッチ お持ち帰り用 750円

出典:ひろぽんさんの投稿

フルーツサンドは、持ち帰りもOKです。赤羽のお土産にぜひ。

「プチモンド」内観 670606

出典:カルグクスさんの投稿

店内は、昔ながらの喫茶店といった味わい。

プチモンドの詳細情報

プチモンド

赤羽岩淵、赤羽 / フルーツパーラー、喫茶店、カフェ

住所
東京都北区赤羽台3-1-18
営業時間
10:00~16:00(L.O) (※商品が無くなり次第閉店させていただきます)
定休日
木曜・金曜
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

Season3【第1話】赤羽のうなぎ「まるます家 総本店」

「鯉とうなぎのまるます家 総本店」外観 670610 威風堂々のお店全容

出典:kasuganomichiさんの投稿

赤羽の老舗居酒屋『まるます家 総本店』は、ドラマ版ではチラッと映っただけの原作登場店舗です。原作で五郎さんは、朝9時に訪れますが、そんな時間でも楽しそうに酒を飲むお客さんで満席!地元では、“酒飲みの聖地” と呼ばれています。

「鯉とうなぎのまるます家 総本店」その他 670612

出典:ぴじきさんの投稿

店内には、短冊メニューがずらり。

「鯉とうなぎのまるます家 総本店」料理 670613

出典:森のたぬたぬさんの投稿

五郎さんが選んだメニューを一挙にご紹介。まずはメインの「うな丼」。きも吸い、お新香がセットです。

「鯉とうなぎのまるます家 総本店」料理 670614

出典:atsushisaitoさんの投稿

「生ゆば刺し 京都風」。浅つきを湯葉で巻いた、さっぱりした一品。

「鯉とうなぎのまるます家 総本店」料理 670615 岩のり

出典:TINTIN@呑んだ暮れさんの投稿

「岩のり」。ご飯が進む海苔の佃煮です。他にも、大粒のいくらがたっぷり入った「いくらどぶ漬け」も注文しています。

「鯉とうなぎのまるます家 総本店」料理 670617

出典:セイ~セイ生活~さんの投稿

常連客には、「もつの煮込み」が人気です。少し濃いめの味付けがお酒によく合います。

鯉とうなぎのまるます家 総本店の詳細情報

鯉とうなぎのまるます家 総本店

赤羽、赤羽岩淵 / 居酒屋、うなぎ、海鮮

住所
東京都北区赤羽1-17-7
営業時間
11:00~19:00(LO.18:30)
定休日
月曜(第2か第3の月曜・火曜で連休の可能性有)
平均予算
  • ¥2,000~¥2,999
  • ¥2,000~¥2,999
赤羽で朝飲み!朝酒の聖地「まるます家」でほろ酔い♪

あわせて読む

赤羽で朝飲み!朝酒の聖地「まるます家」でほろ酔い♪

五郎さんを追いかけて in 十条&赤羽

五郎さんが訪れた北区の店をご紹介しました。どの店も行列必至の人気店ですが、五郎ファンなら訪れておきたい店ばかりです。みんなでワイワイ楽しむのもいいですが、五郎さんのように1人で「孤独のグルメ」を楽しんでみてはいかがでしょう。

関連記事

東京都×ホテル・宿特集

関連キーワード