2017年04月14日

【京都】一度は食べてみたい夏の風物詩!伝統的な鱧(はも)料理の名店7選

【京都】一度は食べてみたい夏の風物詩!伝統的な鱧(はも)料理の名店7選

京都では、夏の風物詩として代表される旬の魚・鱧(ハモ)。小骨が多く食べにくいイメージがあるかもしれませんが、伝統的な料理人の手によって骨落としされたハモ料理は格別です。数あるお店の中でも、厳選された名店をご紹介します!

京都の“ハモ”は夏の風物詩!

5月から10月末の間!

5月から10月末の間!1134990

出典:レフティさんの投稿

その昔、内陸部にある京都の中心部では、鮮度の良い魚を手に入れるのは大変なことでした。しかし、交通の便が悪い中で生命力の強いハモだけは生きたまま京都まで運ばれたといわれています。
5月から10月末の間!1134998

出典:yh61さんの投稿

そのため、夏の時期に食べられるハモは夏の京都に欠かせない魚となりました。京都の三大祭のひとつである祇園祭は、別名「ハモ祭り」とも呼ばれているほどなんですよ。
※お店によっては、鱧(はも)料理の提供が9月までの場合もあります。予約時に確認を忘れずに!

1.すっぽん鍋 鱧料理 三栄

「すっぽん鍋 鱧料理 三栄」外観 1135060 外観

出典:

『三栄』は、昭和9年に創業した老舗専門店です。四季折々の京都の旬の食材を使った料理が提供されています。80年以上もの間、守り続けた三栄の味は本物の京都の味!といっても過言ではないでしょう。

「すっぽん鍋 鱧料理 三栄」料理 1135067

出典:Fuguzaruさんの投稿

5月~10月の間は、ハモづくしのコース料理が準備されています。ハモ落としはもちろん、ハモの天ぷら、ハモの骨せんべい、ハモしゃぶ鍋など、京都のハモを堪能しつくせる内容です。

「すっぽん鍋 鱧料理 三栄」料理 1135070

出典:Fuguzaruさんの投稿

ハモ料理のコースは7,000円台と10,000円台のものがあります。値段に違わない満足感が得られますよ。場所は京都市河原町周辺なので、アクセスも簡単です。

すっぽん鍋 鱧料理 三栄の詳細情報

すっぽん鍋 鱧料理 三栄

京都、河原町、祇園四条 / 京料理、すっぽん、寿司

住所
京都府京都市下京区河原町通四条下ル稲荷町319
営業時間
[昼]11:30~14:30(L.O.13:30) [夜]16:30~22:00(L.O.20:00)
定休日
月曜
平均予算
  • ¥4,000~¥4,999
  • ¥10,000~¥14,999

データ提供

2.割烹 なか川 祇園店

「割烹 なか川 祇園店」外観 1135080

出典:7070JAZZさんの投稿

『割烹なか川』は、ハモしゃぶ発祥のお店といわれています。ぜひ、本場のハモしゃぶを味わってみてください。

「割烹 なか川 祇園店」料理 1135085 鱧たたき

出典:HKTさんの投稿

ほんのりと色づいたピンク色のハモたたきは、厳選した特上のハモを使っている証拠。個室は足を伸ばせる掘りごたつ式になっているので、くつろぎながらハモ料理を楽しむことができます。

「割烹 なか川 祇園店」料理 1135092 鱧しゃぶ

出典:HKTさんの投稿

鱧しゃぶは10,000円台から選べるコースが3種類。立派な金属製の鍋が使われ、高級感があります。ハモに合わせてマツタケも出され、さらに豪華な鍋に!

割烹 なか川 祇園店

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

3.堺萬(さかいまん)

「堺萬」外観 1135474

出典:himawari.charmanteさんの投稿

『堺萬』は、江戸時代から150年余りも続いているハモ料理の老舗です。落ち着いた座敷で食事をすることができ、雰囲気もバッチリ。あの文豪・谷崎潤一郎も通っていた料理店です。

「堺萬」料理 1135481

出典:ウィーンの森の物語さんの投稿

4代目の店主が考案した、てっさ(ふぐ刺し)のようなハモの薄造りが有名です。透明感のある新鮮な味にほっぺたが落ちそう!

「堺萬」料理 1135487 御開帳

出典:ingridbさんの投稿

「鱧づくし会席」では、ハモの上身・内臓・骨を余すことなく使用したハモづくしの料理が味わえます。コースは12,000円前後から。歴史ある伝統の味をぜひ堪能してください。

堺萬の詳細情報

堺萬

丸太町(京都市営)、烏丸御池、二条城前 / 割烹・小料理、魚介料理・海鮮料理、京料理

住所
京都府京都市中京区二条通室町西入大恩寺町248-2
営業時間
12:00~14:30(L.O 13:30) 17:00~20:30(L.O 19:00)
定休日
火曜・最終月曜
平均予算
  • ¥15,000~¥19,999

データ提供

4.かふう

「かふう」外観 1135498

出典:kokoro71482さんの投稿

『かふう』は、天ぷらと天丼の専門店です。ピンク色の外装が可愛らしく、入りやすい雰囲気なのが魅力!天ぷらは屋台が発祥ということから、気軽に入れるお店を心がけています。

「かふう」料理 1135501

出典:かねぴさんの投稿

夏になると夜限定でハモコースが登場します。5,000円台から用意されているので、ハモ料理にしてはリーズナブルな価格で食べることができますよ。

「かふう」料理 1135508 はも薄造り。要予約。

出典:デイリープラネットさんの投稿

昔の味を研究し続けている店主の伝統の味が楽しめます。気軽に入れるお店なので、はじめてハモ料理を食べるのにもおすすめです。

かふうの詳細情報

かふう

出町柳 / 天ぷら

住所
京都府京都市左京区吉田二本松町54-7
営業時間
昼 11時30分~14時(ラストオーダー13時45分・売切れ御免) 夜 17時~20時30分(ラストオーダー20時・売切れ御免)
定休日
日・月
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

5.みこう

「みこう」外観 1135514

出典:☆ゆう☆さんの投稿

『みこう』は築100年の京都らしい町家に店を構えています。ハモとふぐ料理の専門店で、落ち着いた空間で食事できるのが魅力です。

「みこう」料理 1135532 お重の上の方

出典:めいぷるさんの投稿

あらゆる方法でハモを調理した「相伝はもづくし」が10,000円ほど、「はもしゃぶコース」が13,000円前後です。少々値段は高めですが、本格的なハモ料理が堪能できます。

「みこう」内観 1135539

出典:Yutaka.Moriさんの投稿

お店までは地下鉄京都市役所前駅前から徒歩6分ほど。店内に入ると外の喧騒とは一転。お庭に心を落ち着かせ、料理を存分に楽しめますよ。

みこう

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

6.懐石 櫻(さくら)

「懐石 櫻」外観 1135552 鴨川から見た川床

出典:kamono-nagareさんの投稿

『懐石 櫻』は、夏の季節は納涼床席が設置されています。ハモと川床という、京都の夏の風物詩を合わせて楽しむことができる貴重なお店です!

「懐石 櫻」料理 1135566 はも鍋

出典:LaDonnaさんの投稿

店名に合わせて、箸置きやコースターが桜で飾られているのも可愛い♪ハモしゃぶは鍋に入れると花のようにふわっと広がり、目でも味でも楽しめます。

「懐石 櫻」内観 1135574

出典:Bkkloopさんの投稿

ハモしゃぶが付いた夜のコースは8,000円台から。本格的な夜のコースとしては比較的リーズナブルですので、川床と一緒に楽しみたいという人には特におすすめです!

懐石 櫻

食べログに店舗情報が存在しないか一時的な障害で店舗情報が取得できませんでした。

7.はも料理 魚市

「はも料理 魚市」外観 1135578 はも料理 魚市・外観

出典:BUERさんの投稿

『魚市』は、ハモ料理の専門店です。店内にハモのレントゲン写真を飾ってしまうほど、ハモが好きな店主によって調理されています。これは期待してしまいますよね!知る人ぞ知る有名店ですが、気楽な店構えとなっているので入りやすいお店です。

「はも料理 魚市」料理 1135612 鱧の落とし@今熊野弁当

出典:BUERさんの投稿

花と見間違えてしまうかのような美しいハモ落としは、味を際立たせる二杯酢とわさびで食べます。コースでは、浮き袋や肝のほかに、なんと頭まで食べられるように調理してくれますよ。

「はも料理 魚市」料理 1135632 今熊野弁当、鱧の落とし付

出典:BUERさんの投稿

リーズナブルに食べられるお昼の「今熊野弁当」は2,000円台から、夜の「鱧の特選会席(要予約)」は10,000円ほどで提供されています。ハモ初心者という人にも、本格的な味が楽しみたい人にもイチオシです!

はも料理 魚市の詳細情報

はも料理 魚市

東福寺、七条 / 魚介料理・海鮮料理

住所
京都府京都市東山区今熊野椥ノ森町25
営業時間
10:00~19:00(夜の利用は要予約)
定休日
木曜日
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

夏のハモで京都を満喫!

夏のハモで京都を満喫!1135654

出典:nanchan_0811さんの投稿

数ある名店の中、厳選したお店をご紹介しましたが、いかがでしょうか?夏は暑くてバテてしまいがちですが、生命力の強いハモを食べて乗り切りましょう!京都旅行がもっと楽しめるはずですよ♪

京都府のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

京都府×ホテル・宿特集

関連キーワード

永田町を旅する編集部おすすめ