【2018年】宮城観光の王道観光スポットとエリアの特徴を紹介!

【2018年】宮城観光の王道観光スポットとエリアの特徴を紹介!

東北地方の中心と言える県で、仙台を中心に松島や気仙沼など観光スポットがたくさんある魅力的なエリアですよね。広いからこそどこを見て、何を食べたらよいかわからないという方、宮城観光の前にぜひチェックしておきましょう。

2018年02月23日

宮城県ってこんなところ!

宮城県ってこんなところ!1538291

出典:m.hさんの投稿

伊達政宗が納めたことで有名な、古くから東北の中心だった宮城県。東北地方の文化や経済のリーダーとしてだけでなく、景色の良い観光スポットや温泉が多いのをご存知ですか?日本三景にも数えられる松島や、紅葉が美しい秋保温泉など、東京の3.5倍の面積を誇る広い地域だかからこそたくさんの魅力あるスポットがあります。

宮城観光のポイント

宮城観光のポイント1538292

出典:リストリンさんの投稿

仙台市やふかひれで有名な気仙沼、太平洋沿岸に登米市などの内陸などなど…。見るべき地域が広いので、ルート確認や事前の計画をしておくことがポイントです。計画的にたくさんの場所をじっくり楽しみたいですね!

①ベストシーズンは?

①ベストシーズンは?1538297

出典:bend_tailさんの投稿

東北と聞くと寒いイメージがありますが、宮城県の夏は酷暑が少なく、冬は意外と降雪量が少ないので、どの季節でも比較的過ごしやすいのです。中でもおすすめのシーズンは夏~秋にかけて。夏日中は暑くなっても夜には20度前半まで気温が下がるので、関東から避暑で訪れる方が多くいます。

②現地の交通手段は?

②現地の交通手段は?1538264

出典:

公共交通が発達しているので、仙台市内は地下鉄やバスでの移動が便利です。
②現地の交通手段は?1538261

出典:駿河守さんの投稿

三陸や蔵王、松島など広範囲で観光する予定なら、車での移動がおすすめです。ハイシーズン以外は道路もさほど混雑しないので運転しやすいですよ。

③持ち物や服装は?

③持ち物や服装は?1538294

出典:つららさんの投稿

どの季節も昼と夜の寒暖差が激しいので、夏は薄手の長袖、秋冬の日中は暖かくてもコートやダウンジャケットはかかせません。ただ、仙台市内の建物や地下鉄は暖房がしっかりと効いているので、マフラーや手袋などの調整しやすいアイテムが重宝しそうです。

各地の魅力を詳しくみていこう!

宮城の魅力を仙台駅前、秋保温泉、松島など8エリアに分けて詳しく紹介していきます。一度の旅行で全て周るのは大変ですが、自分のアンテナが反応する場所を見つけてくださいね♪

仙台

「杜の都」仙台市内

「杜の都」仙台市内1538305

出典:taik0711さんの投稿

仙台市は日本の市町村人口ランキングで、なんと11位(2017年10月1日時点の推計人口)と、108万人以上が暮らす大都市です。駅前は繁華街として栄えていて、ショッピングスポットも多いので一日遊んでいられますよ。
●夏の風物詩「仙台七夕祭り」
「杜の都」仙台市内1538296

出典:いっしょんさんの投稿

8月上旬には、「青森ねぶた祭」、「秋田灯篭まつり」と合わせて、東北三大祭りに数えられている「仙台七夕祭り」も行われます。その年の曜日にもよりますが、3日間でなんと200万人もの観光客が訪れる、仙台きってのお祭りです。
●豪華絢爛!「仙台光のページェント」
「杜の都」仙台市内1538295

出典:ごんすけさんの投稿

そして12月には「仙台光のページェント」が見もの!数十万個のLED電球がともされて、日本でも有数のイルミネーションとの呼び声も高いイベントです。カメラが趣味の方はぜひ訪れたい!

仙台といえば食べておきたい!絶品グルメ

●仙台といえばやっぱり!「牛タン」
仙台といえば食べておきたい!絶品グルメ1538321

出典:Rai-15-さんの投稿

仙台グルメの代表格といえば、もちろん「牛タン」ですよね!柔らかくサクサクっとした食感ですが、ジューシーな旨みと甘みが溢れます♡麦トロ飯やお酒など、なんでも合う優秀な絶品グルメです。
●人気上昇中のB級グルメ「マーボー焼きそば」
仙台といえば食べておきたい!絶品グルメ1538322

出典:

もう1つ外せないのが、最近ブームになりつつある「マーボー焼きそば」。実は50年以上の歴史を誇るB級グルメですが、最近になって知られるようになりました。その名の通り麻婆豆腐の餡を焼きそばにかけたもの。麺は揚げ麺か焼き麺が主流だそうですよ!

▼こちらも一緒に読みたい!

仙台の奥座敷「秋保温泉」

仙台の奥座敷「秋保温泉」1538310

出典:

仙台の中心地から車で30分ほどで行ける温泉郷で、秋は紅葉の名所とも知られています。歴史が古く、西暦531年頃には皮膚病になった欽明天皇がこの湯で快復したのだとか。その喜びをうたった歌碑が温泉街に未だに残っています。

秋保大滝

秋保大滝1538311

出典:

落差約5メートルで、「日本の滝百選」の1つに数えられています。滝つぼのすぐそばまで行くことができますよ。

磊々峡(らいらいきょう)

磊々峡(らいらいきょう)1538309

出典:

秋保温泉の入り口から続く渓谷です。緑豊かな場所なので、春夏秋冬それぞれの楽しみ方をすることが出来ます。遊歩道をゆっくり渡って散策してみましょう!
磊々峡(らいらいきょう)1538308

出典:

▼こちらも一緒に読みたい!

仙台の奥座敷「作並温泉」

仙台の奥座敷「作並温泉」1538255

出典:Erica20さんの投稿

温泉をもう一つご紹介。こちらも仙台市中心部から近い場所にありながら、山に囲まれた大自然の中にある温泉郷です。写真は、通称「ゴリラ山」と呼ばれる岩山で、夏は美しい緑、秋は紅に染まる絶好の撮影ポイントです。

極楽山(定義如来)西方寺」の五重塔

極楽山(定義如来)西方寺」の五重塔1538317

出典:

およそ300年以上の歴史ある寺院「定義如来 西方寺」。境内にある「五重塔」が有名で、3月~11月の間、毎月7日には本尊のご開帳があります。
極楽山(定義如来)西方寺」の五重塔1538316

出典:bend_tailさんの投稿

冬の五重塔も赴きがあって素敵!

▼こちらも一緒に読みたい!

松島

「日本三景」のひとつ。小島が美しい松島

「日本三景」のひとつ。小島が美しい松島1538256

出典:nekomaさんの投稿

日本三景に数えられる景勝地「松島」は、松島湾に浮かぶ大小260ほどの島々のことを指します。東日本大震災が起こったときには、この島々が点在していることから波の大きさが緩和され、被害が少なくすんだとも言われています。島の間を巡る遊覧船があるので、時間が許せばぜひ船上より風光明媚な景色を堪能してくださいね。

伊達家ゆかりの国宝「瑞巌寺(すいがんじ)」

伊達家ゆかりの国宝「瑞巌寺(すいがんじ)」1538323

出典:ziggyenさんの投稿

伊達政宗の菩提寺である「瑞巌寺(松島青龍山瑞巌円福禅寺)」も松島にあります。平安時代は「延福寺(えんぷくじ)」として建立しましたが、戦国時代などを経たのちに、政宗がなんと丸4年もの年月をかけて再建したものなんだそう。桃山様式の建物として国宝に指定されていて、伊達家の想いが現世に受け継がれています。
伊達家ゆかりの国宝「瑞巌寺(すいがんじ)」1538257

出典:☆suiken02☆さんの投稿

▼こちらも一緒に読みたい!

塩竈

海鮮好きには堪らないオアシス「塩釜水産物仲卸市場」

海鮮好きには堪らないオアシス「塩釜水産物仲卸市場」1538326

出典:

松島湾の南にある塩竃港は、日本でも有数のマグロの水揚げ量を誇る港です。新鮮な魚の美味しさを知ってもらおうと広く開放されており、一般の人でも気軽に買い物や食事を楽しめる市場です。
海鮮好きには堪らないオアシス「塩釜水産物仲卸市場」1538325

出典:

ここの名物が「マイ海鮮丼」。
海鮮好きには堪らないオアシス「塩釜水産物仲卸市場」1538327

出典:

市場内で自分の好きな魚介を買い、イートインコーナーで売っているご飯と味噌汁のセットに乗せれば完成♪
海鮮好きには堪らないオアシス「塩釜水産物仲卸市場」1538262

出典:

勝手に焼き炉コーナーでは、炭代の100円を払えば貝類なども焼くことができます。お酒と一緒に楽しむも良し♪

▼こちらも一緒に読みたい!

気仙沼

元気に復興を遂げている港町

元気に復興を遂げている港町1538258

出典:水山聖さんの投稿

こちらも日本有数の漁獲量を誇る港町。みなさんもニュースで良く見聞きしたと思いますが、東日本大震災では大きな被害を受けました。現在も復興が進む、元気を取り戻しつつある街です。たくさんの魚介の中でも気仙沼と言えば…やっぱり”アレ”ですよね!

ふかひれの漁獲量は日本一!

ふかひれの漁獲量は日本一!1538263

出典:

そう、気仙沼といえばふかひれですね。東京で食べるとなかなか手がでないお値段ですが、現地ならではの価格で姿煮などをいただくことができます。

石巻

あのキャラクターに会いに!「石ノ森萬画館」

あのキャラクターに会いに!「石ノ森萬画館」1538331

出典:

仮面ライダーなどの人気作品を生んだ漫画家「石ノ森章太郎」。そのミュージアムが石巻にあります。
あのキャラクターに会いに!「石ノ森萬画館」1538330

出典:4katuさんの投稿

歴代の仮面ライダーのマスクが展示されていたり、マンガを無料で読むことが出来たり、自分の描いた絵がアニメになる体験コーナーもあります。子供はもちろん、お父さん・おじいちゃん世代まで楽しむことができます。

▼こちらも一緒に読みたい!

登米

みやぎの明治村でタイムスリップ

みやぎの明治村でタイムスリップ1538259

出典:ふたばさんの投稿

南三陸、岩手県との県境にある「登米(とめ)」。「とよま」とも呼ばれていて、もともと城下町として栄えたエリアで、武家屋敷や江戸時代末期から明治時代に作られた建物がたくさん残されています。
みやぎの明治村でタイムスリップ1538334

出典:saddlemanさんの投稿

明治時代の警察署や学校などが残っており、「みやぎの明治村」と呼ばれるほど。まるでこの場所だけ時間が止まっているかのような気分に浸ることができます。

▼こちらも一緒に読みたい!

知っておくと楽しい♪プチネタ情報

同じ日本とはいえ、ルールが違ったり独自の言葉があったりと、地域で違うことって多いですよね。そんな旅行を盛り上げてくれるプチネタをご紹介します。

①仙台の七夕は7月7日じゃない?

①仙台の七夕は7月7日じゃない?1538286

出典:jaokissaさんの投稿

首都圏を中心に多くの街では七夕と言えば7月7日ですが、宮城県の七夕は8月7日です。実はこれ、どちらも間違いではなく旧暦と新暦のどちらを採用したかで違っています。特に北日本では7月上旬だとまだ肌寒いので、8月に七夕をした方が都合が良いのもあるようです。

②実は北関東より暖かい仙台

②実は北関東より暖かい仙台1538335

出典:seatakeさんの投稿

仙台市はビルが多く都会で太平洋側にあるためか、実は冬でも意外と暖かいんです。1月や2月はマイナス気温になる日もありますが、北関東の内陸部のほうが寒いんだそう。積雪も少ないので秋冬の観光も楽しめる環境ですね。

アクセス

飛行機

飛行機1538251

出典:コゲパンさんの投稿

宮城県には仙台空港があるので空の便を使うことができます。関東からなら成田空港から約70分、関西空港からでもおよそ90分。短いフライト時間で移動できるのでその分たっぷり観光に時間が使えますね。

新幹線

新幹線1538253

出典:釜マニアさんの投稿

もちろん東北新幹線も便利です。東京駅から仙台駅までおよそ2時間なので、場所によっては新幹線の方が利便性が良いかも知れません。運賃も片道1万円ほどなのでリーズナブルですし、東京23区にお住いの方は空港へ向かうよりは新幹線を使った方が良さそうですね。

いざ、夏も冬も見どころ満載の宮城へ!

いざ、夏も冬も見どころ満載の宮城へ!1538260

出典:ichi328さんの投稿

宮城県の観光地やポイントについてはわかりましたか?気候も良いですし、夏も冬も見どころたっぷり、東京からもアクセスが良いのでいつもの週末に1泊2日でも十分に楽しい旅にできそうですね。今週末のプチ旅行にいかがですか?

宮城県のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

宮城県を旅する

編集部おすすめ

関連キーワード