2022年07月07日

【北海道】泊まって楽しむ名建築。美しい建築に浸れるおすすめホテル6選

【北海道】泊まって楽しむ名建築。美しい建築に浸れるおすすめホテル6選

雄大な北の大地「北海道」は、日々忙しなく日常を過ごしているわたしたちにとって、楽園のような場所。四季の色濃い移り変わりも、季節ごとの景色も食事も、地球の息吹を五感で感じられるようで心も体も癒されます。だから北海道へ行くときは、予定ぎっしりの旅行よりも、のんびり楽しむ旅が断然おすすめ。そんな旅には、ホテルもこだわりの場所を選びましょう。そこで今回は、北海道にある名建築ホテルのお届けです。開拓の歴史を感じられるホテル、自然を感じられるホテル…美しい建築に泊まり、北海道をより深く味わってみませんか?

地球の息吹を五感で感じ、心身ともに癒される北海道旅へ

地球の息吹を五感で感じ、心身ともに癒される北海道旅へ2642319

出典:雅ちゃんさんの投稿

国内外から多くの人が訪れる日本有数の観光地「北海道」。札幌、函館、小樽、ニセコ、洞爺湖など、人気のエリアや見どころを挙げればキリがありません。そんな北海道の魅力は、何と言っても雄大な自然。どこまでも広がる空と大地、清らかな水を湛える湖、すべてを洗い流してくれるような青い海…。北海道の自然には、そこで過ごしているだけで安心感を与えてくれるような不思議なパワーがあります。

北海道を旅するときは、そんな自然を慈しむようにのんびりマイペースに過ごすのがおすすめ◎日々何かに追われて頑張っているわたしたちだから、旅行のときまでぎっしり予定を詰め込んで、慌ただしく過ごす必要はありません。森の澄んだ空気の中で大きく深呼吸したり、水面を眺めながらぼーっと考えごとをしたり…。そういうスローで気ままなひとときが、心も体も芯から癒してくれるはずです。

名建築ホテルに泊まって、北海道をより深く味わって

名建築ホテルに泊まって、北海道をより深く味わって2642508

出典:

旅先でゆっくりと過ごしたいときは、ホテル選びが重要ですよね。今回おすすめするのは、「建築」にこだわったホテルに泊まることです。朝も夜もうっとりするような空間美に浸って、最高の癒しや新しい刺激を得る旅にしませんか?建築を通じて北海道の自然や歴史、文化も体感することができて、北の大地の魅力をより深く味わえるはず。今度の北海道旅行は、名建築ホテルで唯一無二の特別なひとときを過ごしましょう♪

1.往時の雰囲気が薫るクラシックホテル

UNWIND HOTEL&BAR 小樽

UNWIND HOTEL&BAR 小樽2642320

出典:

小樽と言えば、開拓時代のノスタルジックな雰囲気がただよう北海道屈指の観光地。その代名詞とも言える「小樽運河」のほど近く、小樽駅から徒歩10分ほどの距離にある「UNWIND HOTEL&BAR 小樽(アンワインド ホテルアンドバー小樽)」は、 昭和6(1931)年に完成した北海道初の外国人専用ホテル「旧越中屋ホテル」をリノベーションした建物です。アール・デコ調の重厚なファサードに、到着早々胸が高鳴ります♪

UNWIND HOTEL&BAR 小樽2642342

出典:

エントランスを抜けると、高い天井が開放的な空間を創り出しているロビーへ。シックなフロアタイルや、階段を彩るボルドーの絨毯が高級感を感じさせてくれます。併設された「Bar Ignis(バーイグニス)」では、毎日夕方に余市産のワインやウイスキー、カクテルなどが無料でいただけるサービスも。グラスを片手に建物の趣に酔いしれる…そんな夢みたいな時間が過ごせちゃいますよ♡

UNWIND HOTEL&BAR 小樽2642343

出典:

おすすめの客室は、広々とした「UNWIND LOFT(アンワインド ロフト)」。建物の大きな特徴でもあるベイウィンドウ付きの一室で、窓を覗くと国の重要文化財「旧三井銀行小樽支店」が目の前にそびえています。お部屋の中も窓の外の景色も非日常感があって、なんだかヨーロッパ旅行に来たかのような気分に♩ロフトにもベッドが備えられていて6名まで宿泊できるので、グループ旅行にもぴったりです◎

UNWIND HOTEL&BAR 小樽2642321

出典:

館内のレストラン「THE BALL(ザ ボール)」は、まあるい照明に彩られた幻想的な空間。窓にあしらわれたステンドグラスは建築当時から使われていて、この地で90年以上の歴史を刻んできた貴重なものです。クラシックな雰囲気の中、ディナーには小樽の食材がふんだんに使われたコース料理を、朝食には3段スタンドに載せられた本格的なハイティーを堪能してくださいね。

2.海を見渡す和洋折衷の大正建築

小樽リゾート 海宝樓クラブ

小樽リゾート 海宝樓クラブ2642374

出典:

小樽駅から徒歩15分ほど、観光客で賑わう「小樽堺町通り商店街」を抜けて小高い丘を上っていくと、「小樽リゾート 海宝樓(かいほうろう)クラブ」が見えてきます。ここは、「北海道の海運王」と呼ばれた実業家・板谷宮吉氏の旧邸を活用したホテル。エントランスのある母屋の堂々としたたたずまいに、歴史と風格を感じずにはいられません。

小樽リゾート 海宝樓クラブ2642368

出典:

和風の母屋と北側に続く洋館、その奥に建つ石造りの蔵は、大正15(1926)年〜昭和2(1927)年の間に建築されたもの。建物全体の雰囲気はもちろんのこと、建具ひとつとっても奥深い味わいが感じられて、レトロな街・小樽の雰囲気にしっくり馴染みます。ゆっくりと廊下を進んでいくと、建物に刻まれた年月の重みが全身で感じ取れるようです。

小樽リゾート 海宝樓クラブ2642369

出典:

母屋にある和室タイプのお食事処は、建築当時最新だった洋風文化がそこかしこに取り入れられた和洋折衷の空間です。ここでいただけるのは、小樽産の地鶏や北海道の新鮮な魚介類など、地元食材がたっぷり使われた創作和会席。大正浪漫の気分に浸りながら美食に舌鼓を打つひとときは、忘れられない旅の思い出になるはずです♪

小樽リゾート 海宝樓クラブ2642371

出典:

客室は渡り廊下でつながれた別棟にあり、母屋とはまた違った雰囲気。広々としたリビングスペースを備えていて、モダンでおしゃれなリゾートホテルのようです。「スイートルーム」の大きな窓からは、小樽の街並みや石狩湾を見下ろすことも可能。ソファや琉球畳の上で思いきりくつろぎながら、大正時代の小樽に思いを馳せてみてくださいね。

公式詳細情報

海宝樓クラブ

小樽 / スタンダードホテル

住所
北海道小樽市東雲町1-19
アクセス
JR小樽駅より徒歩約13分または車で約5分。新千歳空港より車...

を見る

データ提供

3.洞爺湖を望むおしゃれなデザイナーズリゾート

WE Hotel Toya

WE Hotel Toya2642408

出典:

巨大カルデラ湖の壮大な景色や湖畔の温泉など、魅力が盛りだくさんの人気観光地・洞爺湖。「WE Hotel Toya(​ウィー ホテル トウヤ)」は、洞爺駅から車または予約制の無料シャトルバスで20~30分ほどの場所に建つデザイナーズリゾートです。地元産の丸太が連なるファサードはとってもスタイリッシュで、思わずカメラを向けたくなっちゃう♩ほのかな木材の香りに、洞爺湖の自然に抱かれているような気分になります。

WE Hotel Toya2642409

出典:

客室に入ると、目の前には洞爺湖の大自然が…!絶景を切り取る大きなピクチャーウィンドウを前に、思わず言葉を失ってしまいます。おしゃれなインテリアに囲まれて美観に浸っていると、お疲れ気味だった心が徐々に満たされていくのがわかるはず。バルコニーに設えられた檜の露天風呂で湖の風に吹かれながら過ごすバスタイムも、ほかでは味わえない最高の贅沢です♡

WE Hotel Toya2642414

出典:

客室インテリアへのこだわりは、こちらのダブルベーシンにも。2人同時に使用できるので、慌ただしい朝の時間もスムーズに支度を進めることができます。洗練されたシンプルモダンなデザインも気分を盛り上げてくれて、スキンケアやメイクの時間がいつもより楽しくなりますよ♪

WE Hotel Toya2642410

出典:

館内のレストラン「EZO Cuisine(エゾ クイジーン)」も、洞爺湖の自然を活かした空間美に触れられる場所。天井や柱はプリーツ加工された布に覆われていて、まるで洞窟の中にいるみたいです。洞窟の向こうには湖の水面がキラキラと輝いていて、日没後は対岸の灯りが幻想的な雰囲気に。大切な人との会話を楽しみながら、特別な日のディナーをじっくりと味わいましょう。

WE Hotel Toya2642418

出典:

お酒好きなら、夕食後は酒蔵をモチーフしたバーカウンター「TARU Bar the Hokkaido(タルバー ザ 北海道)」で一杯いかがでしょうか?酒樽が並ぶユニークなデザインがテーマパークみたいで、そこにいるだけでテンションが上がっちゃうこと間違いなしです♩メニューには、北海道や全国の日本酒のほか、ワイン、シャンパン、カクテルなどもラインナップ。お気に入りのお酒を片手に、楽しい夜のひとときを過ごしてくださいね♡

公式詳細情報

WE Hotel Toya

洞爺(とうや)湖 / スタンダードホテル

住所
虻田郡洞爺湖町洞爺町293-1
地図を見る
アクセス
JR洞爺駅よりシャトルバスにて約30分。札幌方面より国道23...
宿泊料金
18,000円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

18,000円〜 / 人

もっと見る

データ提供

4.世界的建築家によって生まれた、地球から学ぶ場所

MEMU EARTH HOTEL

MEMU EARTH HOTEL2642509

出典:

北海道随一の畑作地帯として知られる十勝エリアは、自然に癒される北海道ならではの旅が叶う場所。玄関口となるとかち帯広空港から車で50分ほど、大樹町にある「MEMU EARTH HOTEL(メムアースホテル)」は、「地球に泊まり、風土から学ぶ」がコンセプトの宿泊施設です。広大な牧場には隈研吾さんや伊東豊雄さんのような世界的建築家が手がけた建物が点在していて、うち5軒の住宅が一棟貸しのホテルとして利用されています。

MEMU EARTH HOTEL2642510

出典:

隈研吾さんが設計を手がけた「Même(メーム)」は、壁や天井が白い膜材でできていて、室内にたっぷりと陽の光が透過される構造になっています。太陽の恵みを全身で感じられる空間だから、日の出とともに起き、日の入りとともに眠りに就く原始的な生活リズムを体験してみるのがおすすめ。暖房設備も地熱などのクリーンエネルギーを利用したもので、持続可能な暮らしのヒントを与えてくれているようです。

MEMU EARTH HOTEL2642511

出典:

こちらは、酪農の町・大樹町の牧草を建材として使用した「町まとう家」。もふもふとした不思議な見た目に、建物に入る前からわくわくが止まりません♪2011年に開催された大学生対象の建築コンペで最優秀賞を受賞した作品で、「今あるもので、今あるもの以上の豊かさが得られないか?」という疑問が発想の原点になっているのだとか。

MEMU EARTH HOTEL2642512

出典:

室内にも牧草の入ったクリアボックスがずらりと並べられていて、壁や遮熱材としての役割を果たしてくれています。ベッドに横たわると牧草の香りがふわっと鼻に抜けて、草原で大の字になって寝転んでいるかのような気分に♩ここに泊まることで、地域の営みや身の回りにある資源の魅力を再発見できるかもしれません。

MEMU EARTH HOTEL2642513

出典:

ほかにも、居住空間がすべて屋外にある「INVERTED HOUSE(インバーティドハウス)」や、室内から牧場の360°パノラマが楽しめる「HORIZON HOUSE(ホライズンハウス)」など、アートのような建築に泊まるという特別な体験ができます。それぞれの建築美とサステナブルな仕掛けに触れて、あなたにとっての「豊かさ」を見つめ直してみませんか?

公式詳細情報

MEMU EARTH HOTEL

広尾・大樹 / スタンダードホテル

住所
広尾郡大樹町芽武158-1
アクセス
とかち帯広空港より車で約50分 釧路空港より車で約120分 ...

を見る

データ提供

5.緑豊かな森に包まれた、自然を感じるリゾート

森のスパリゾート 北海道ホテル

森のスパリゾート 北海道ホテル2642527

出典:

ファサードにアイヌの伝統的な模様が描かれた「森のスパリゾート 北海道ホテル」。その名のとおり周囲は緑豊かな森に囲まれていて、帯広駅から車で5分ほど、歩いても15分ほどという便利な立地にあるとは思えないほどです。明治32(1899)年に「北海館」として開業し、1995年には建築家集団・象設計集団が大規模なリニューアルを担当。青空に映える美しいレンガは、材料の調達から焼き上げまですべて十勝で行われたものです。

森のスパリゾート 北海道ホテル2642528

出典:

十勝産の稲わらやあずき皮などが漉き込まれた和紙のランプシェード、道内産のナラ材が使われた大階段など、ロビーの建材にも地元産へのこだわりがキラリ。「十勝にしか建たないホテルにしたい」という建築家の思いがひしひしと伝わってきます。伝統的な湿式工法で作られた漆喰壁は、「カリスマ左官職人」と呼ばれる久住章さんの作品。なめらかな表面にそっと触れてみると、心の中が静かに凪いでいくのを感じます。

森のスパリゾート 北海道ホテル2642532

出典:

客室は、中庭の緑との一体感が楽しめる「ガーデンウィング」と、雄大な日高山脈を一望できる「日高ウィング」の2タイプ。日高ウィングのメゾネットテラスツイン「KAMIAWA(カミアワ)」は、とりわけ眺望が素晴らしい一室です。夜にはお部屋に用意されたスパークリングワインを飲みながら、十勝の夜景を眺めて過ごすのも◎。テラスには暖炉も備わっているので、炎を眺めながらの晩酌もいいかもしれません。

森のスパリゾート 北海道ホテル2642530

出典:

内風呂と露天風呂を備えた大浴場では、植物の有機成分が溶け出した「モール温泉」を堪能♪併設された「十勝サウナ」の壁には白樺の切り株があしらわれていて、扉を開けると大自然の中にいるかのような心地いい香りが広がります。もちろん切り株にモール温泉をかけて、ロウリュを楽しんでもOK♡札内川(さつないがわ)の伏流水が使われた水風呂といっしょに、極上のサウナタイムをお過ごしください。

森のスパリゾート 北海道ホテル2642531

出典:

ホテルの建築美と建物を取り囲む自然を同時に味わいたいなら、5~10月の期間限定でオープンする「ガーデンテラス」へ。四季折々の花や北海道ならではの湿生植物を鑑賞したり、手入れの行き届いた芝生の感触を楽しんだりしながら、自慢のドリンクやスイーツを堪能しましょう。運がよければ、シジュウカラやエゾリスなどの野生動物がひょこっと顔を出してくれるかもしれませんよ♩

公式詳細情報

森のスパリゾート 北海道ホテル

帯広 / 高級ホテル

住所
北海道帯広市西七条南19丁目1
地図を見る
アクセス
JR帯広駅より車で約5分、とかち帯広空港より車で約35分。
宿泊料金
3,700円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

3,700円〜 / 人

もっと見る

データ提供

6.隈研吾によるデザインも。全室スイートの極上ホテル

ONE NISEKO RESORT TOWERS

ONE NISEKO RESORT TOWERS2642651

出典:

世界屈指のスキーリゾート・ニセコに建つホテルコンドミニアム「ONE NISEKO RESORT TOWERS(ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ)」までは、倶知安駅から予約制の無料シャトルバスで30分ほど。木のルーバーが印象的なエントランスのファサードや館内施設の一部は、隈研吾さんがリデザインを手がけたことで知られています。建物の正面に立つと、樹皮ごと使われた木材の一つひとつが周囲の自然と呼応し合っているような気がしてきます。

ONE NISEKO RESORT TOWERS2642653

出典:

木材を多用したデザインは、1階のロビーの先に広がる「ギャラリー・カフェ」にも。壁に沿うように造られたダイナミックな本棚や、木材が不規則に重なり合うテーブルとチェアなど、スタイリッシュなインテリアに気分が上がります♩刻まれた木目の風合いから自然の心地いいリズムが感じられて、コーヒーを飲んだり本を読んだりしながら何時間でも過ごしていられそうです。

ONE NISEKO RESORT TOWERS2642652

出典:

すべての客室がキッチンとバルコニーを備えたスイートルームですが、おすすめは断然1室限定の「ワン・スイート」。隈研吾さんが室内デザインを手がけた唯一の客室で、どこにいても木材のあたたかいぬくもりを感じることができます。地元の新鮮な食材を調達してキッチンで料理を楽しんだり、バルコニーで時間とともに変わる空の色を眺めたり…。自分の別荘で過ごしているかのように、のんびりとくつろいでくださいね。

ONE NISEKO RESORT TOWERS2642654

出典:

日が暮れたあとは、館内の「ワン バー」で優雅なひとときを。波のように重ねられた木材がエレガントな空間を創り出していて、その美しいデザインに思わず見惚れてしまいます。余市のウィスキーや道内産ワインなどの上質なお酒をいただきながら、パートナーや友人と思う存分語り合いましょう♡

公式詳細情報

ワン ニセコ リゾート タワーズ

ニセコ / 高級ホテル

住所
北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ455-3
地図を見る
アクセス
JR函館本線ニセコ駅から車で約15分(倶知安駅より無料送迎バ...
宿泊料金
4,400円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

4,400円〜 / 人

もっと見る

データ提供

エリア別おすすめ情報もチェック♪

札幌周辺

小樽エリア

ニセコエリア

洞爺湖エリア

帯広エリア

北海道で名建築に酔いしれる旅を♡

北海道で名建築に酔いしれる旅を♡2642665

出典:

見どころが多いのでついつい予定を詰め込みがちになってしまう北海道旅ですが、せっかくなら建築にこだわった宿選びをして、ホテルステイをとことん満喫するのがおすすめ。大自然と一体になれる建築や、古きよき歴史の趣を感じる建築、有名建築家の美意識に魅せられる建築など、道内の各エリアに名建築ホテルが充実しています。そこでしか味わえない建築美に浸って、北海道の旅をもっともっと充実させちゃいましょう◎

紹介ホテルを比べてみる

北海道のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード

北海道のおすすめのホテル・宿

永田町を旅する編集部おすすめ