ぴったりの旅が見つかる♪北海道観光のポイントとエリアの特徴をご紹介!

ぴったりの旅が見つかる♪北海道観光のポイントとエリアの特徴をご紹介!

どこまでも大自然が広がる北海道。豊かな自然環境を活かした観光地や新鮮な食材が多いのが特徴で、毎年国内外から多くの観光客が集まります。ですが、いざ北海道へ旅行するとなると、どのエリアに行けばいいかわからないですよね?ベストシーズンもエリアによって異なります。今回は初めて北海道旅行をする方に知ってほしい観光のポイントや各エリアの特徴を紹介します。目的をしっかり決めてあなたにぴったりの北海道旅行にしましょう♪2017年09月12日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

5

北海道ってこんなところ!

北海道ってこんなところ!1287175

出典:クリッパさんの投稿

四方を太平洋・日本海・オホーツク海に囲まれた日本北部の島「北海道」。国内外から人気を集める日本屈指の観光地です。澄んだ空気に包まれている北海道は、日本の中でも特に四季がはっきりしている場所なので、どのエリアも季節ごとに異なった風景を見せてくれます。また、新鮮な食材が多いのも北海道の魅力。今回はそんな北海道に観光する際のポイントや各地の魅力をご紹介します!

北海道観光のポイント

日本の北端にある北海道。その広さや冬の厳しさ、本州とはちょっと違うことも多いんですよ。ここに気を付ければ北海道観光がもっと楽しくなるというポイントをまとめました。

①北海道は目的を決めて行動しよう!

①北海道は目的を決めて行動しよう!1287166

出典:皐月*さんの投稿

広い北海道は、1回で全てを回ることはできません。思い出が移動ばかりにならないように、何を見たいかしっかり目的を決めて計画するのがおすすめ。行きたいエリアを1つに絞ったプランを立ててくださいね。

②道内観光はレンタカーかバスツアーがおすすめ

②道内観光はレンタカーかバスツアーがおすすめ1286977

出典:watakenさんの投稿

北海道は広いので、公共交通機関だけではなかなか観光地を効率よく回ることができないことも。そこで便利なのがレンタカー。王道観光スポットを巡ってくれるバスツアーもおすすめです。

③冬道には気をつける

③冬道には気をつける1286984

出典:ササラオトコさんの投稿

レンタカーでの移動は便利でも特に気を付けて欲しいのが冬道。カチカチに凍った冬道の運転や急な気象の変化に十分に注意して、無理のない運転をしてくださいね。

④野生動物に安易な餌付けはやめましょう

④野生動物に安易な餌付けはやめましょう1318203

出典:masa-cさんの投稿

北海道を旅行していると目にするかわいい野生動物。でも近づいてきたからと言って餌は与えないでください。野生動物がお腹を壊すだけではなく、動物の持っている病気に人が感染する心配もあります。優しく見守るだけにしてくださいね。

北海道各地の魅力をご紹介

ところで北海道って広いけどどんなエリアがあるの?とわからない人も多いはず。ここからは北海道各地の特徴やベストシーズンなどをご紹介します!

道央

札幌

札幌1287132

出典:sinnさんの投稿

都市と自然が調和する札幌で、歴史を感じたり美味しいグルメを堪能しよう!
北海道の魅力がぎゅっと集まる札幌は、都市と自然が共存する街です。また、明治の北海道開拓の時代から残る洋風のロマンチックな建物が残っていることが特徴。その代表が「北海道庁旧本庁舎」です。レトロな雰囲気と北海道の歴史を感じてください。ラーメン、ジンギスカン、すしなどご当地グルメも豊富なので是非味わってみましょう♪1泊2日あれば十分楽しむことができますよ!6月頃のカラッとさわやかな空気の初夏がベストシーズンです。
札幌1299651

出典:TR3 PG@さんの投稿

130年以上前に建てられた「札幌時計台」。原型のまま今も作動している塔時計で、明治の香りが残る札幌のシンボルです。

札幌1299642

出典:Killing Moonさんの投稿

札幌のご当地グルメのひとつ「ジンギスカン」。冷えたビールと一緒にいただきましょう♪

●あわせて読もう!

小樽・積丹

小樽・積丹1287085

出典:shectashさんの投稿

潮の香りを感じながら、小樽の大正ロマンの建物と積丹の絶景を楽しもう
フォトジェニックな風景が続く小樽・積丹。小樽は石造りの堂々とした建物が立ち並ぶ歴史を感じる街です。歩いて散策しやすい小樽ですが、観光の必見スポットは「小樽運河」。水面に映り込むレトロな倉庫を眺めながら運河沿いをお散歩しましょう。また、「堺町通り」で食べ歩きを楽しんだり、ガラスの街である小樽ならではのお土産を購入するのもおすすめ。余裕があれば、一歩足を延ばして積丹で、シャコタンブルーと呼ばれる青い海やウニ丼などを堪能しましょう!このエリアを楽しむなら1泊2日は欲しいところ。ベストシーズンは活気のある夏です。
小樽・積丹1318392

出典:katoさんの投稿

小樽ならではのガラス土産を購入するならオルゴールがおすすめ!「小樽オルゴール堂」では大ホールを中心に数多くのオルゴールが並び、幻想的な音色と光に包まれますよ。

小樽・積丹1287142

出典:kawabotaさんの投稿

積丹に行ったらウニ丼はかかせません!ご飯が見えなくなるくらいびっしり盛られたウニの濃厚でとろける味わいをご堪能ください。

●あわせて読もう!

ニセコ・洞爺・登別

ニセコ・洞爺・登別1318428

出典:

大自然でアウトドアスポーツや温泉を満喫しよう
アウトドアスポーツのメッカであるニセコ。ラフティングやホーストレッキングなど豊富なネイチャー体験ができる夏がベストシーズン。羊蹄山の雄大な姿を目の前に、アクティビティを楽しみましょう!また、世界的なスキーリゾートでもあるので、スキーやスノーボードが好きな方は冬もおすすめです。洞爺では青く澄んだ湖畔を眺めながらのドライブ、登別では全国屈指の名湯を満喫できます。ニセコで沢山遊んだあとは、洞爺や登別の温泉でのんびり1泊しましょう♪
ニセコ・洞爺・登別1318515

出典:タイヤキンさんの投稿

カルデラ湖として国内3番目の大きさを持つ洞爺湖。サミットを開催したホテルも洞爺にありますよ!

ニセコ・洞爺・登別1318544

出典:bingo777さんの投稿

直径約450mの爆破火口跡である「地獄谷」。約15の地獄の名前がつけられた湯壺や噴気孔が点在しています。

道南

函館

函館1287060

出典:Newellさんの投稿

異国情緒漂う街並みを散策したりご当地グルメを味わおう
洋館が立ち並び異国情緒ただよう函館。レトロな街並みを形成する教会群に世界三大夜景にも選ばれた函館山、星型要塞の五稜郭と見所が満載なので1泊2日は必要です。洋館の1つ「旧函館区公会堂」では、ゴージャスなドレスに着替えて記念撮影をすることもできるんですよ。イカや海鮮グルメも有名ですが、函館エリアにしかないハンバーガー店「ラッキーピエロ」のハンバーガは是非味わってください♪なんと函館出身のGLAYのメンバーも食べていたとか!歩く事が観光の基本になる函館のベストシーズンは春~夏です。
函館1287025

出典:JINiiiiNさんの投稿

夜になったら行きたいのが函館山!街の灯り、海の暗さ、船の光。ここからの夜景の美しさを是非直接ご覧ください!

函館1287029

出典:dennyanさんの投稿

「ラッキーピエロ」の人気ナンバー1は、甘辛いたれがかかったから揚げを挟んだ「チャイニーズチキンバーガー」。

●あわせて読もう!

道北

旭川

旭川1287023

出典:マイブーム写真のパパさんの投稿

動物や花などいきいきとした動物、植物に癒されに行こう!
北海道のほぼ中央に位置する旭川は、札幌に次ぐ人口をもつ第二の大都市。いまや北海道で最も人気のあるスポット「旭山動物園」や、北海道の植物を取り入れた「上野ファーム」などがあり、老若男女問わず楽しめるエリアです。動物園では、行動展示やイベントタイムで動物達のイキイキと活動する様子を楽しんでください♪またちょっと足をのばすと北海道最高峰の旭岳があります。旭川を満喫するには1泊2日は欲しいところ。咲き誇る花を楽しめる7~8月がおすすめですが、紅葉を楽しめる9~10月もベストシーズンです。
旭川1287058

出典:Suzutaro208さんの投稿

「上野ファーム」は北海道旭川の大地に合った草花が咲き誇る庭園です。北海道らしい風景が楽しめますよ。

旭川1319061

出典:三つの良い坂さんの投稿

秋の旭岳は紅葉で赤や黄色に色づきます。アイヌ語で「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と呼ばれる美しい風景が待っていますよ!

●あわせて読もう!

富良野・美瑛

富良野・美瑛1319088

出典:hiro satoさんの投稿

丘を彩るラベンダーや花々にうっとり♡北海道らしい1枚を写真に撮ろう!
色とりどりの花が咲く花畑や四季折々の色に染まる丘が広がる富良野・美瑛は、フォトジェニックなスポットが点在しています。富良野のラベンダー畑で一番有名なのが「ファーム富田」。一面に広がる紫の世界を視覚と嗅覚で楽しみましょう。また、富良野産のメロンにソフトクリームを乗せたスイーツ「サンタのひげ」などご当地グルメも楽しんで!神秘的な写真を撮るなら、青い水を湛える美瑛の「青い池」へ。ベストシーズンはラベンダーが満開となる7月です。1泊2日あれば余裕を持って行動できますよ。
富良野・美瑛1287151

出典:

富良野メロンを贅沢に半分に切って真ん中にソフトクリームを乗せた「サンタのひげ」は是非食べて見て!

富良野・美瑛1287147

出典:taisetsuさんの投稿

美瑛の「青い池」は神秘的な輝き。フォトジェニックなスポットが集まる富良野・美瑛エリアのなかでもおすすめ。

稚内・利尻・礼文

稚内・利尻・礼文1287137

出典:RF-B30さんの投稿

最北端の厳しい自然の可憐な美しさに感動
日本最北の街として知られる稚内は、かつて樺太航路の起点として賑わった街です。最北端の地である「宗谷岬」では天気がいいとロシアのサハリンが見えることも!他にも稚内には最北を謳う場所が数多くあるので、最北スポット巡りを楽しみましょう!稚内から水平線に浮かぶ2つの島が利尻島と礼文島です。一気に花が咲き、生き物も活動をする6~8月がベストシーズン。厳しい自然のなかでけなげに生きる生き物たちの姿を見に来てくださいね。利尻島と礼文島には稚内からフェリーで1時間40分から2時間。余裕を持って巡るのに2泊3日あるといいでしょう。
稚内・利尻・礼文1287139

出典:あひる262さんの投稿

利尻島の中心にそびえる利尻山。どこから見ても円錐形の山容がとってもきれいなんです。

稚内・利尻・礼文1319172

出典:YUKIFUMIさんの投稿

日本最北端の離島が礼文島。「花の浮島」とも呼ばれているんですよ♪300種類にもなる可憐な花を見に来てください!

道東

十勝・帯広

十勝・帯広1319184

出典:トムとジェリーさんの投稿

雄大な田園風景に癒されつつ、美味しいスイーツを味わおう
広大な耕地と緑地を持つ十勝は、青い空の下に緑の畑や牧草がどこまでも続きます。北海道らしい風景に癒されましょう。また、全国屈指の穀物生産地帯で、小麦や砂糖、小豆に乳製品と、お菓子の材料が揃うので、六花亭など多くの銘菓が誕生しています。是非、十勝地方でスイーツ巡りを楽しんでください♪また、帯広では世界唯一の「ばんえい競馬」も楽しめますよ!広大な十勝・帯広エリアは移動距離が長くなりがちなので、2泊3日くらいかけてゆっくり回るのがおすすめです。ベストシーズンは7~8月です。
十勝・帯広1287075

出典:501さんの投稿

バターサンドで有名な六花亭の本店があるのは帯広。乳製品や小麦、小豆など地元の特産品を使ったスイーツショップを食べ比べしてみては?

十勝・帯広1319245

出典:1bonneさんの投稿

「ばんえい競馬」はばん馬とよばれる馬たちが重いソリを引き、2つの障害がある直線のコースを走る競技です。

●あわせて読もう!

釧路・阿寒・摩周

釧路・阿寒・摩周1319293

出典:Tossyiさんの投稿

手つかずの広大な自然の神秘を感じよう!
壮大な自然が広がる釧路・阿寒・摩周エリア。日本最大の湿原・釧路湿原や、阿寒湖・摩周湖・屈斜路湖の3大カルデラ湖がある道内最大の景勝地です。釧路湿原はタンチョウやオジロワシなど、貴重な動物の生息地でもあるんですよ!木道を散策したり、カヌーで川を下ったり自然の大きさを体感してみて♪阿寒湖のみに生息している、まん丸のもこもことかわいい形に育っていくマリモにも注目です。霧で覆われて姿が隠れがちな神秘の湖・摩周湖は、展望台から見ることをおすすめします。観光スポットが離れているので2泊3日くらい時間をかけましょう。ベストシーズンは夏です。
釧路・阿寒・摩周1287035

出典:

「マリモ展示観察センター」で阿寒湖のマリモを間近で観察しましょう。

釧路・阿寒・摩周1286993

出典:WORLD EXP.さんの投稿

世界で一二を争うほど透明な水を湛えている摩周湖。霧が晴れて湖面が見えたら、とってもラッキーかも。

知床・網走

知床・網走1319895

出典:mm701さんの投稿

原生の自然が息づく世界自然遺産を散策しよう
オホーツク海沿岸の知床・網走。手付かずの自然が残り、他では見ることが難しい貴重な動物や植物が存在している知床は、2005年に世界自然遺産として認定されました。原生林に囲まれた5つの湖「知床五湖」には木道もあり、気軽に散策することができます。また、歩いてでは行けない断崖絶壁を観光船から見るクルーズも。冬には流氷がやってくるので、流氷観光船に乗って、大きな流氷をがりがり割って進む迫力満点の体験をしましょう♪網走にある「博物館網走監獄」では、なかなか見ることのできない刑務所内を見学することができます。緑鮮やかな夏がベストシーズンですが、流氷を見るなら1月末~2月がおすすめ。知床・網走で1泊ずつ、2泊はしたいエリアです。
知床・網走1286999

出典:なごやっ子さんの投稿

流氷で埋め尽くされた海を流氷観光船で突き進みます。

知床・網走1319958

出典:terasさんの投稿

120年前の刑務所の建物を移築。人形も使って当時の様子をリアルに再現しています。

お役立ち情報もチェック!

ここでは、ちょっと変わった北海道のお役立ち情報を紹介します。旅行に行く前にチェックしておきましょう♪

①北海道の広さ(小樽~根室と東京~大阪間は同じくらい)

①北海道の広さ(小樽~根室と東京~大阪間は同じくらい)1287168

出典:AOTANさんの投稿

北海道はでっかいどう!どのくらい広いかと言うと四国と九州を足した面積よりまだまだ広いんです。小樽と根室は東京と大阪とほぼ同じ距離。欲張ったプランは移動時間ばかり長くなってしまうので、ご注意を!

②動物注意の標識が沢山!

②動物注意の標識が沢山!1286970

出典:とく蔵くんさんの投稿

動物の王国・北海道では車で走っているとこんな標識に出会うことも!これは牛の横断注意の標識です。面白標識も北海道ドライブでは要チェックです!

③信号下の住所表記が独特

③信号下の住所表記が独特1287157

出典:

ドライブしていて注意してほしいのが信号の左もしくは下の住所表記。北海道の交差点標識は住所表示であることが多いんです。特に札幌の交差点ではよく見ると、4本の信号機すべての表記が違います。自分がどこにいてどこに向かっているのかがわかりやすいですよ♪

アクセス

アクセス1287170

出典:noriphotoさんの投稿

北海道へのアクセスで一番ポピュラーなのが新千歳空港です。札幌など道央エリアだけではなく、JRに乗り換えれば全道にアクセス可能。行きたいエリアが決まっていれば、そこの空港への直行便を利用するのも便利ですよ。主な空港だけでも、道南エリアには函館空港、道東エリアには帯広空港と釧路空港、道北エリアでは旭川空港、女満別空港があります。羽田空港からは1時間20分~1時間45分くらいのフライトで到着です。

いかかがでしたか?

いかかがでしたか?1298354

出典:トムとジェリーさんの投稿

見どころがエリアごとにたくさんある北海道。北海道でしかできない体験や貴重な風景を楽しむことができます。人気の観光地として上位にランクインするのも納得ですよね♪この記事を参考に素敵な北海道旅行にお出かけください!

北海道旅行におすすめの王道グルメはこちら!

北海道旅行におすすめの王道土産はこちら!

北海道を旅する

編集部おすすめ

関連まとめ

関連キーワード