【2018年】楽しい旅になる♪栃木県観光のポイントとエリアの特徴を紹介!

【2018年】楽しい旅になる♪栃木県観光のポイントとエリアの特徴を紹介!

世界遺産登録されている「日光の社寺」が有名な、栃木県。栃木県日光市には、年間約1000万人もの観光客が国内外問わず訪れるんですよ!日光だけでなく、餃子が有名な宇都宮や温泉が楽しめる那須エリアなど他にも見どころいっぱい。ここでは、おすすめの栃木県の観光スポットを紹介します。いつ行ったらいいのか?アクセスは?など、気になる観光のポイントも教えちゃいますね。栃木県の魅力を知って、ステキな旅をしてください♡2018年02月23日 最終更新

ブログで紹介

HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けて下さい。

7

栃木県ってこんなところ!

栃木県ってこんなところ!1533373

出典:たろすさんの投稿

世界遺産登録されている「日光の社寺」がある栃木県。栃木県の観光といえば、日光が思い浮かぶ方が多いかもしれませんね。でも、栃木県は日光だけではありません。大自然が豊かな那須地方、歴史ある街・足利、そして宇都宮の餃子や温泉などなど、観光スポットとしても大変人気の高い栃木県。そんな魅力溢れる栃木県の歩き方を、ここではご紹介します!

栃木県観光のポイント

栃木県観光に出発する前に、知っておきたいことをご紹介します。栃木について何も知らないって方は、ぜひ参考にしてくださいね。

①栃木県は目的を決めて行動しよう!

①栃木県は目的を決めて行動しよう!1533376

出典:たろすさんの投稿

県南から県北までを移動するのはとっても大変です。どちらにも魅力的な観光スポットが揃っていますが、お出かけ前に目的を決めてからいくことをおすすめします。
①栃木県は目的を決めて行動しよう!1533375

出典:ジャーニーさんの投稿

よくばって1日で全部まわるという強行スケジュールよりも、ポイントを絞ってエリアを決めゆっくり観光することで、栃木の魅力をより感じてくださいね。

②県内の観光はレンタカーか市バスがおすすめ

②県内の観光はレンタカーか市バスがおすすめ1533558

出典:HIMA人さんの投稿

栃木県の観光には車を使うのが便利。レンタカーなら、自分でプランを立てて行動するのに動きやすいです。また、それぞれの市内を循環する「市営バス」を利用するのもおすすめです。
②県内の観光はレンタカーか市バスがおすすめ1533379

出典:photoholicさんの投稿

栃木市内を走る観光に便利な循環バス「ふれあいバス」は、懐かしいボンネットバスが運行していますよ。他の市でもおもしろいバスが走っています。こういった市バスを利用するプランも楽しいですよ。

③冬道には気をつけて

③冬道には気をつけて1533386

出典:忍ペンさんの投稿

観光地だからといって対策をしないで出かけると、那須でも日光でも雪道で困ることがあります。除雪してある場所だけではなく、雪道を走らなければいけないこともあります。車でお出かけするのでしたら、冬道対策もしっかりと!

④どのシーズンでも防寒しよう!

④どのシーズンでも防寒しよう!1533381

出典:オブ皇帝さんの投稿

宇都宮市内など街中に行く場合は、東京と気温差はそれほどありません。大谷地方や山合いにある温泉地、日光や那須にお出かけするのでしたら、急に気温が下がることがあります。防寒の用意をしっかりとして、お出かけしてください。

⑤歩きやすい靴で!

⑤歩きやすい靴で!1533383

出典:miyaccoさんの投稿

お寺巡りをしたい方などは、歩きやすい靴を履いて行きましょう。また、温泉地に向かうときなどに舗装されていない道を歩かなくてはいけない場面や砂利道を歩くことも多いです。ヒールのある靴では歩きづらいことが多いので、栃木観光は歩きやすい靴が鉄則です。

各エリアの魅力を詳しくチェック♪

栃木県内には、観光スポットや名物グルメがたくさんあります。ここでは、栃木県を初めて旅をする方のために、エリア別に魅力的なスポットをご紹介します。おすすめがたくさんあるので、どこのエリアに行こうか迷ってしまいますよ。

日光エリア

日光市街

日光市街1533503

出典:たろすさんの投稿

年間約1000万人の観光客数!世界遺産と国の重要文化財を堪能しよう♪

年間約1000万人の観光客が訪れる、国内有数の観光地である栃木県・日光。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の風景が楽しめます。世界遺産登録されている「日光の社寺」や国の重要文化財である「日光田母沢御用邸記念公園」があり、古きよき日本の風景を堪能できますよ。雪が積もる冬の日光も良いですが、慣れていない人にとって雪道は大変。夏が涼しくて過ごしやすいので、夏の時期の観光がおすすめ。一泊するとゆっくりと過ごせるので、泊まりのプランが最適です。
日光市街1533390

出典:たろすさんの投稿

日光で外せないのは、「日光の社寺」。中でも有名なのが、「日光東照宮」です。徳川家康の霊をまつっており、雰囲気は厳か。平成の大修理を終え「眠り猫」や「三猿」、「陽明門」など美しい彫刻が鑑賞できますよ。ゆっくり見て回ると、3時間ほど。時間をかけずに回ると、2時間ぐらいで見て回ることができます。

日光市街1533392

出典:くろふねさんの投稿

日光は、徳川家康に、「日光霊山には神が宿る」といわれたほど厳かな土地。パワースポット満載の場所ですが、おすすめは「二荒山神社」の別宮「滝尾神社」。緑が生い茂るこちらの神社は、日光の中でもパワーがすごいと言われています。鳥居の小さな穴に小石を3回投げて、1つでも穴を通れば良いことが起きるかも!という「運試しの鳥居」です。ぜひ、運試ししてください。

日光市街1533394

出典:cametaroさんの投稿

明治32年から昭和22年まで大正天皇の御用邸として利用されていた、「日光田母沢御用邸記念公園」。国の重要文化財にも指定されています。シャンデリアやビリヤード台があり、和洋折衷のモダンな雰囲気を体感できますよ。公園に植えられた季節ごとの植物も注目。さらに、皇室にちなんだお土産を購入できる売店があります。

日光市街1533498

出典:Maxxさんの投稿

日光のグルメはたくさんありますが、おすすめは「湯波」。厚みがあり、歯ごたえ十分の湯波ですよ。日光には湯波のお店が多く、気軽にスープやパスタ、スイーツで味わえる店もあれば、会席としてリッチに味わえるお店もあります。シーンによって、使い分けてくださいね。

●あわせて読もう!

中禅寺湖エリア

中禅寺湖エリア1533397

出典:北の旅人さんの投稿

時間を忘れてリラックスタイム♡

奥日光に位置する「中禅寺湖」。湖には遊覧船があり、紅葉の季節には「中禅寺湖」周辺の見事な紅葉を楽しめる「紅葉めぐりコース」が体験できます。周りの大自然をたっぷりと味わい、マイナスイオンで癒されてください。湖のまわりにはハイキングコースがあったり、迫力ある「華厳の滝」があるので、アクティブな旅をしたい方にもおすすめ。こちらは日帰りが最適です。
中禅寺湖エリア1533398

出典:KIZさんの投稿

滝が多い日光周辺でも、外せないのが「華厳の滝」です。日本三大名瀑のひとつで、97mもの断崖を落下する姿は見応えがあります。滝つぼを観察できる観爆台からの滝は、さらに大迫力!ただし観爆台は滝の水量ゆえに、床が濡れているのでご注意を。(自分が濡れることもあります。)

霧降高原エリア

霧降高原エリア1533508

出典:

アクティブな旅をするなら、ここへ!

日光の北側に広がる「霧降高原」。美しい景色がどこまでも広がり、ドライブするのに最適な場所。ペンションや体験施設、ハイキングコースがあるのでアクティブに旅行をしたい人にはうってつけです。夏~秋がベストシーズン。ペンションに泊まって、自然を満喫してもいいですね。
霧降高原エリア1533401

出典:ニコットさんの投稿

標高1200mに広がる「霧降高原」です。たくさんの高山植物が観察できる、ハイキングが楽しいスポットです。中でもニッコウキスゲが有名。「キスゲ平園地」では、6月から7月になるとキスゲが広がる美しい光景が広がります。

霧降高原エリア1533403

出典:KEN(INFECT)さんの投稿

「霧降の滝」も日本三大名瀑のひとつ。滝までの道中は遊歩道になっているので、森林浴を楽しみながら進むのが楽しいですよ。霧を振られるように流れ落ちる滝の姿から、「霧降」という名がついたそう。その美しさは、ぜひ写真に収めてください。

●あわせて読もう!

鬼怒川エリア

鬼怒川温泉

鬼怒川温泉1533511

出典:Yucatanさんの投稿

日本有数の温泉地!意外とアクティブに楽しめるスポットが満載!

関東の温泉どころといえば、名前があがる鬼怒川温泉。温泉宿やホテルが多く立ち並びます。鬼怒川エリア観光のベストシーズンは、やはり見事な紅葉が楽しめる秋です。鬼怒川で行うライン下りやラフティングなどアクティブな遊びも、美しい紅葉が背景にあると、より楽しめますよ。温泉でゆっくりと過ごせるよう、やっぱり一泊はしたいですね。
鬼怒川温泉1533406

出典:

全長140mある「鬼怒楯岩大吊橋(きぬたていわおおつりばし)」。つり橋の高さは約40m!途中、ゆれる箇所もあるので高いところが苦手な人には恐怖かもしれません。しかし、橋からの景色は圧巻!楯岩が男性、鬼怒川が女性を表すことから、鬼怒川と楯岩を結ぶこの橋は、縁結びの橋とも言われていますよ。

鬼怒川温泉1533412

出典:

鬼怒川温泉を一望できる丸山山頂まで登れる「鬼怒川ロープウェイ」。ロープウェイからは鬼怒川周辺のパノラマが広がります。山頂には「おさるの山」という猿園があり、お猿さんにエサをあげることができますよ。温泉でのんびりもできますし、こうしてアクティブに過ごせちゃうんです♪

●あわせて読もう!

川治温泉

川治温泉1533514

出典:

伝統ある温泉地でのんびりと過ごす!

開湯は江戸時代、湯治場として親しまれてきた「川治温泉(かわじおんせん)」です。渓谷に佇む静かな温泉郷なので、のんびりとした空気が流れています。周辺にダイレクトな自然がそのまま残っているので、散策してみてはいかがでしょう。おすすめは、紅葉がキレイな秋。泊りで行くのがいいですよ。
川治温泉1533408

出典:ma-kunnさんの投稿

大自然が作り出した渓谷「龍王峡」。鬼怒川温泉と川治温泉の間にあります。景色を楽しめるような遊歩道が作られているので、ハイキングをしながらゆっくりと散策するのにぴったりです。特に紅葉の素晴らしさが有名で、見頃の10月下旬ごろには混雑します。

川治温泉の中心部にある「川治ふれあい公園」には、足湯が2箇所あり、ちょっとした休憩にぴったりです。川治温泉のキャラクター「かわじい」の銅像が迎えてくれます。記念撮影してみては、いかがでしょうか?♡

湯西川温泉

湯西川温泉1533518

出典:nyontoroさんの投稿

平家の落人伝説が息づく由緒ある温泉地で、歴史を感じよう!

「湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)」は、平家落人が集落を開いたといわれている地。1185年の壇ノ浦の戦いに敗れ、平家方の一部はこの地に敗走。ひっそりと暮らしていました。温泉が発見されたのは、平家がやってきた約400年後。現在の湯西川は、平家の史跡を残しつつも温泉街として発展をしているエリアです。おすすめシーズンは冬!雪景色の中、かつて栄華を極めた平家へ想いをはせてみてはいかがでしょう。
湯西川温泉1533414

出典:

その平家落人たちの生活様式を再現したのが、「平家の里」です。見事に再現されていて、その時代にタイムスリップしたかのような気持ちになれますよ。6月は平家大祭が行われ、鎧兜の武者や雅な衣装の姫たちが約2kmの道を練り歩きます。歴史好きには心躍る光景です。

湯西川温泉1533416

出典:

新しさでおすすめなのは、観光スポット「水の郷」。日帰り温泉や足湯が楽しめる他、大きな水車やつり橋などがあり、遊べるスポット満載です。お土産を販売するお店や食事する場所もあるので、休憩に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

湯西川温泉1533519

出典:sadaponさんの投稿

冒頭で冬をおすすめしたのは、「かまくら祭」があるから。1月下旬~3月中旬には、河川敷に約1200ものかまくらが作られ、ろうそくの明かりが灯ります。日中はソリ遊びやかまくらでBBQが楽しめますよ。

宇都宮・鹿沼エリア

宇都宮市

宇都宮市1533523

出典:かもしかさんの投稿

餃子もいいけど観光もね♪観光スポット巡りも楽しい宇都宮!

宇都宮といえば、餃子でしょうか。確かに餃子を食べ歩きする旅もおすすめですが、観光スポットもあるんですよ。歩くことが多いので、ベストシーズンは春。都心からアクセスしやすい宇都宮は、日帰りでも楽しめるのが魅力的です。
宇都宮市1533419

出典:

JR宇都宮駅から大通りをまっすぐ進めばたどり着く、「宇都宮二荒山神社」。宇都宮といったら「二荒さん」です。近くには餃子の有名店「みんみん」「正嗣」などもありますので、餃子の食べ歩きの途中に立ち寄ってみてください。

宇都宮市1533418

出典:h_kb63さんの投稿

大谷石の採石場として知られる大谷。大谷平和観音や大谷寺など、大谷石に囲まれた不思議な街を体験できます。中でも地下の採石場跡「大谷資料館」は、まるでゲームのダンジョン攻略をしているかのよう。幻想的な空間をお楽しみください。

「来らっせ 本店」 料理 13399687 幸楽

出典:chevy2さんの投稿

観光していて、餃子の店にたくさん立ち寄れない!という方、「来らっせ 本店」へどうぞ。常設店舗の餃子の他、日替わりで宇都宮餃子会加盟店33店舗の餃子が楽しめるようになっています。ここで思う存分、餃子を堪能しましょう。

来らっせ 本店の詳細情報

来らっせ 本店

東武宇都宮 / 餃子、定食・食堂

住所
栃木県宇都宮市馬場通り2-3-12 MEGAドン・キホーテ ラパーク宇都宮店 B1F
営業時間
平日 11:00~20:30(LO20:00) 土日祝11:00~21:00(LO20:30)
定休日
常設店で個別に店休日あり
平均予算
  • ¥1,000~¥1,999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

●あわせて読もう!

鹿沼市

鹿沼市1533527

出典:Kana_Iさんの投稿

鹿沼にくるなら桜を見ないと損!ですよ♡

宇都宮もそうですが、鹿沼エリアのベストシーズンは、春。お花見の人気スポットなので、お花見がてら遊びに来るのが良いですよ。都心からアクセスしやすいので、日帰りでOK♡
鹿沼市1533423

出典:toyozouさんの投稿

別名天狗の社といわれる「古峯(ふるみね)神社」。天狗が描かれた14種類の御朱印が有名です。神社の敷地内にある「古峯園」は美しい庭園になっていて、お散歩も楽しめます。天狗の迫力ある御朱印をもらって、のんびりお散歩しましょう。

鹿沼市1533425

出典:Yoshi_^o^y-~さんの投稿

家族づれで楽しめるスポット「千手山(せんじゅさん)公園」。ここには、小さな子どもが楽しめる観覧車やおとぎ電車などがある、レトロな遊園地があります。桜やつつじの名所としても人気のスポット。お花見シーズン中の景観は、みごとですよ。ご覧あれ♡

那珂川エリア

那珂川エリア1533529

出典:superwhiteさんの投稿

水族館や美術館、文化施設を巡ってみましょう♪

関東随一の清流といわれる、「那珂川」。江戸時代には、サケが遡上する河川として知られていました。川沿いには鮎釣り場やキャンプ場があるので、川でのアウトドアを楽しめます。しかし、あえて文化施設を巡ってもいいですよ。文化施設巡りなら、オールシーズンOK!宇都宮から車で1時間ほどなので、日帰りで楽しめちゃいます。
那珂川エリア1533427

出典:comさんの投稿

栃木県唯一の水族館、「栃木県なかがわ水遊園」。那珂川からアマゾン川まで、300種2万匹の魚たちと出会えます。東京ドーム5個分もある広々とした公園にあり、水族館を楽しんだあとは公園で遊べますよ。お子さんには、季節のイベントがおすすめ。釣り堀や魚のつかみ取りなど、思いっきり体を使って楽しめます。

A post shared by 長谷川希 (@totacan) on

14ひきシリーズで知られる、いわむらかずおさんの個人美術館「いわむらかずお絵本の丘美術館」。いわむらさんのファンの方でしたら、ぜひ訪れたい、絵本の世界観を楽しめる美術館です。ご本人が絵本の朗読をしてくれることもあるので、運が良ければお会いできますよ。

●あわせて読もう!

那須・塩原エリア

那須・塩原エリア

那須・塩原エリア1533535

出典:naoya_0066さんの投稿

高原の景色や動物たちから元気をもらおう!

那須・塩原エリアは、夏から秋が観光のベストシーズンです。那須高原は夏でも涼しく、そして秋にかけての紅葉は素晴らしく美しいです。那須・塩原エリアにも温泉がたくさんありますので、一泊以上のお泊まりでの観光がおすすめです。放牧されている動物を見かけることもあるエリア。自然や動物に触れていると、生き生きとした光景に元気になれちゃいますよ。
那須・塩原エリア1533432

出典:らいとNinja250Rさんの投稿

放し飼いで暮らしている動物たちを近くで観察できる、「那須サファリパーク」。エサを購入すれば、動物たちがさらに近くまで迫ってきてくれますよ。夜にナイトバス巡る、「ナイトサファリ」も人気!昼と夜の違いを、体験してみてください。

那須・塩原エリア1533433

出典:麻*さんの投稿

那須には牧場がありますが、おすすめは「南ヶ丘牧場」。駐車場や入場が無料ということで、大人気です。乗馬体験やうさぎのお散歩など、動物と触れ合えるのも楽しいですよ。売店では、牧場のおいしい牛乳で作られたソフトクリームやチーズなどの絶品お土産が購入できます。

「チーズガーデン五峰館」 料理 58770631 御用邸チーズケーキ

出典:moto984さんの投稿

那須高原のきれいな空気と自然で育った牛からとれる牛乳は、ミルクとして飲んでもいいですし、加工品としてもグッド。中でもチーズケーキは人気が高いです。おいしいチーズケーキのお店があるので、ぜひ味わってみてください。

チーズガーデン五峰館の詳細情報

チーズガーデン五峰館

那須町その他 / ケーキ、カフェ

住所
栃木県那須郡那須町高久甲喰木原2888
営業時間
ショップ/9:00~18:00 (冬季17:00) カフェ/9:00~16:00 (土日17:00)
定休日
無休
平均予算
  • ~¥999
  • ¥1,000~¥1,999

データ提供

●あわせて読もう!

那須・塩原エリア1533438

出典:Sakurajinさんの投稿

塩原ダム湖に架かる、全長320mの大吊橋「もみじ谷大吊橋」。橋の上を歩くと、まるで空中散歩しているかのよう。紅葉の季節は絶景で、混雑することもあります。他では味わうことのできない、360度広がる景色をぜひ体験してください。

那須・塩原エリア1533436

出典:

全長60mもある、日本最大級の足湯が楽しめる「湯っ歩の里」。ぐるりと回廊型になっていて、温泉の温度や底に敷きつめられた小石がいい刺激として感じられますよ。塩原の自然が味わえるようにつくられているので、施設内のお散歩も楽しめます。

●あわせて読もう!

栃木・佐野・足利エリア

栃木市

栃木市1533537

出典:KAZEMARUさんの投稿

歴史情緒が残るスポットを街めぐりしましょ♡

栃木県の南部に位置する、栃木市。土蔵やお屋敷が並び、江戸時代野町の雰囲気を残しています。栃木の観光ベストシーズンは、草花が美しい春から初夏です。都心から鉄道で1時間半ほど!アクセス便利な場所なので、日帰りOK。思い立ったらすぐに行けるのが魅力ですね。
栃木市1533440

出典:ぶらさんぽさんの投稿

“蔵の街”として知られる栃木市は、「巴波川(うずまがわ)」での舟運で発達した街です。巴波川では船頭さんが蔵の街を案内してくれるので、栃木市にきたらぜひ体験してみましょう。4月~5月は、「うずまの鯉のぼり」というイベントが。約1000匹の鯉のぼりを眺めながらの船旅は、気分が上がりますよ。

栃木市1533442

出典:

栃木市の中心部にある「太平山県立自然公園」は、桜やあじさいで有名です。見頃の季節には見事な花々に囲まれ、癒しスポットに。紅葉も有名なので、紅葉狩りにも人気の場所です。山頂には太平山神社があり、謙信平からは絶景を眺めることができます。

「栃木乳業株式会社」 ドリンク 50637080

出典:akirako9さんの投稿

栃木県といえば、「関東・栃木レモン」というレモン牛乳が有名。甘酸っぱい香りが、ふんわりと漂ってきます。牛乳に甘味とレモンの香りを加えたドリンク。観光の合間に、ぐいっと一杯飲んでみましょう。

栃木乳業株式会社の詳細情報

栃木乳業株式会社

栃木 / その他

住所
栃木県栃木市大平町川連432
営業時間
[火・木・土/祝祭日のぞく] 10:00~16:30
平均予算
  • ~¥999

データ提供

●あわせて読もう!

佐野市

佐野市1533546

出典:238FFdesignさんの投稿

ショッピングとグルメを満喫しちゃおう♪

こちらも栃木県の南部に位置します。佐野市は、「佐野厄除け大師」やアウトレットが有名。さらには、「佐野ラーメン」が有名が名物グルメとなっていますよ。1日中楽しめるスポットですが、日帰りできちゃうのが魅力的。オールシーズン遊べちゃうので、気軽にお出かけできますよ。
佐野市1533549

出典:天然居士さんの投稿

全国的にも有名な、「佐野厄除け大師」。厄払い祈願で訪れる人が多く、年始の初詣にも人気の場所です。お正月はすごく混み合うので、時期をずらしていくのがいいですよ。

佐野市1533447

出典:

佐野インターからも近くアクセスしやすい立地の「佐野プレミアムアウトレット」。栃木県内では1位のショップ数で、海外高級ブランドからおなじみのブランドまで揃っています。シーズン中には子ども向けのイベントも行われるので、ママのお買い物中は子どもとパパでイベントに参加♡もできますよ。

佐野市1533445

出典:ゆんこ1567さんの投稿

日本名水百選のひとつで、栃木県の天然記念物にも指定されている湧き水が美しい「出流原弁天池(いずるはらべんてんいけ)」。年間を通して16℃の水温を保っているという湧き水は、美しくて幻想的。ゆうゆうと泳いでいる真っ赤な鯉を眺めていると、不思議な世界に引きこまれます。

佐野市1533501

出典:ストラトスさんの投稿

市内には200軒以上のラーメン店がひしめき合う、佐野市。「佐野ラーメン」は、有名な名物グルメです。平麺が特徴で、コシが強いです。スープは透明感があり、さっぱりとしたしょうゆ味です。佐野観光の食事にどうぞ。

足利市

足利市1533551

出典:いそろくさんの投稿

足利ゆかりの地で歴史スポット巡り♡

室町幕府を開いた、足利氏発祥の地。足利氏がこの地を治めたことが始まりです。現在では、「足利学校」や「鑁阿寺(ばんなじ)」、「あしかがフラワーパーク」など観光名所として人気のある街となりました。ベストシーズンは、春から初夏。特に「あしかがフラワーパーク」に行くなら、藤の花が美しい4月中旬から5月中旬がおすすめです。都心からですと、日帰りでいけますよ。
足利市1533449

出典:nekocyanさんの投稿

足利は多くの社寺や公園があります。歴史を感じられるスポットといえば、日本最古の学校で日本遺産にも指定された「史跡足利学校」です。足利市民が愛し、大切に保管している学校を見学していると、足利の誇りであることが伝わってきます。日本最古のキャンパスで、歴史に想いをはせましょう。

足利市1533542

出典:いっこさんの投稿

足利一門のお寺である、「鑁阿寺」。元は足利氏の邸宅だったんですよ。寺の周りはお堀のように囲まれていて、武士の館だった面影が残っています。国宝に指定されている本堂は、どっしりとした造りで見ごたえアリです!

足利市1533451

出典:もりもり1014さんの投稿

世界的にも有名になった大藤と日本三大イルミネーションにも認定された「あしかがフラワーパーク」。藤のシーズンは特に美しく、人気の時期。11月~1月にかけては、壮大なイルミネーションが堪能できます。どのシーズンに行っても、楽しめるスポットです。

●あわせて読もう!

益子・真岡エリア

益子

益子1533455

出典:t.mappさんの投稿

陶器の街で、自分だけの陶器を見つけてみよう♪

陶器の街・益子。陶芸体験ができたり素敵な陶器に出会えたりと、陶器好きにはたまらない街です。「城内坂」周辺を散策していると、個性的なお店に出会うことができて、物欲が刺激されます。益子へ行くなら、陶器市が開かれる春か秋がおすすめ。陶器が好きな方はもちろん、そうでもないという方でも、きっと楽しめるイベントですよ。こちらのエリアは、日帰りでも十分楽しめちゃいます。
益子1533554

出典:tashimoさんの投稿

春と秋に開催される陶器市。お皿や花瓶だけでなく、陶器の時計やアクセサリーも売っているんですよ。陶器市以外のシーズン中は、のんびりしています。ゆっくりショッピングをしたい人は、その時期に来ても楽しめますよ。

益子1533457

出典:

いちごの名産地でもある益子には、いちごの団地があります!「益子観光いちご団地」には、111ものいちごハウスがあり、入場料金を支払えば、時間無制限でいちごが食べ放題です。つみたていちごのジューシーな美味しさを体験したら、毎年通ってしまいますよ。

●あわせて読もう!

真岡

真岡1533556

出典:み~にゃんさんの投稿

レトロな雰囲気で撮影スポット満載!

真岡(もおか)エリアに行くなら、春がおすすめです。桜の中を走るSLは、とてもフォトジェニック!菜の花畑を走っているSLも、圧巻ですよ。他にはレトロな街並みがあるので、写真好きさんにはおすすめです。こちらのエリアは、日帰りでも十分楽しめちゃいます。
真岡1533459

出典:

真岡はSLの走る町として有名ですが、その拠点施設が「SLキューロク館」です。真岡駅のすぐ近くにあり、9600形蒸気機関車が展示してあるため、鉄道ファンにはたまらないスポットとなっています。館内や客車(スハフ44形)で軽食を楽しむこともできますよ。

真岡市にはお寺の門前町として栄た「門前エリア」と呼ばれる、昔からの懐かしい街並みが残るエリアがあります。家具屋や喫茶店、陶器のお店など個性的なお店が揃っています。マップ片手に、エリア散策をすると楽しいですよ。ついつい、色々と買ってしまうかも♡

東京から行く栃木へのアクセス

色々なエリアと共に、観光スポットを紹介していきました。ここでは、東京都から栃木県の各エリアへのアクセスをご紹介します。栃木県内を移動する際の参考にしてくださいね。

日光・鬼怒川エリア

日光・鬼怒川エリア1533468

出典:しばおさんの投稿

<電車>
【JR利用の場合】
東京駅から東北新幹線で宇都宮(約50分)→宇都宮駅からJR日光線利用で日光駅(約45分)
【東武線の場合】
東武特急スペーシアで浅草から乗り換えなしで2時間
<車>
東北自動車道利用で浦和I.Cから宇都宮I.C.(約1時間)→日光宇都宮道路利用で目的地まで

宇都宮・鹿沼エリア

宇都宮・鹿沼エリア1533470

出典:天然居士さんの投稿

<電車>
東京駅から新幹線利用で宇都宮(約50分)
宇都宮駅から日光線に乗り換えて鹿沼駅(約15分)
<車>
東北自動車道利用で浦和I.C.から鹿沼I.C.(約1時間)
*鹿沼I.C.からは宇都宮市内にも鹿沼市内にもアクセスしやすいです。

那須・塩原エリア

那須・塩原エリア1533473

出典:シモフリさんの投稿

<電車>
東京駅から東北新幹線利用で那須塩原駅、または黒磯駅
*目的地によって近い駅が違いますので、目的に合わせて下車しましょう。
<車>
東北自動車道利用で那須I.C.、または西那須野塩原I.C.
*目的地によって近いI.C.が違いますので、目的に合わせて下車しましょう。

栃木・佐野・足利

栃木・佐野・足利1538095

出典:

<電車>
東京駅から東北新幹線利用で小山駅(約45分)→小山駅から両毛線利用で栃木駅・佐野駅・足利駅
<車>
東北自動車道利用で栃木I.C.・佐野藤岡I.C.・足利I.C.

益子・真岡

益子・真岡1533476

出典:THUMBさんの投稿

<電車>
東京駅から東北新幹線利用で小山駅(約45分)→小山駅から水戸線利用で下館駅(約20分)→下館駅から真岡鐵道利用で、真岡駅・益子駅
<車>
東北自動車道利用で栃木都賀J.C.から北関東自動車道→真岡I.C.

魅力いっぱい!栃木県への旅♡

魅力いっぱい!栃木県への旅♡1533478

出典:むー太郎さんの投稿

エリアによって見どころが全く違う、栃木県。ご紹介しきれない魅力がまだまだたくさんあります。都心からのアクセスの良さも栃木の魅力。今度のお休みを利用して、ぜひ栃木観光を楽しんで、自分だけの栃木の魅力を見つけてみませんか?

日光・宇都宮・那須高原・益子・足利を旅する

編集部おすすめ

あなたにおすすめ

関連キーワード