登別温泉 第一滝本館

ノボリベツオンセン ダイイチタキモトカン

北海道 / 登別 / 旅館

  • 登別温泉 第一滝本館(北海道 旅館) / 1
  • 登別温泉 第一滝本館(北海道 旅館) / 2
  • 登別温泉 第一滝本館(北海道 旅館) / 3
  • 登別温泉 第一滝本館(北海道 旅館) / 4
  • 登別温泉 第一滝本館(北海道 旅館) / 5
  • 創業100年以上
  • 湯めぐりできる
  • ビュッフェが自慢

35の湯船でゆっくりと湯めぐり。5つの泉質を楽しめる北海道の老舗旅館

登別駅より車で約13分。多彩な泉質を有する登別温泉に位置する「登別温泉 第一滝本館」は、創業160年を超える老舗旅館です。館内の大浴場では5つの泉質を満喫できます。豊かな北海道の味覚をビュッフェ形式で味わう夕食も自慢。快適な客室や温泉、グルメで身も心も癒す、寛ぎのひと時をどうぞ。

写真

写真をすべて見る

過ごし方

登別温泉をとことん満喫!
娘と2人で過ごす2日間の宿泊記

母娘で北海道旅行を楽しんだ女性が、実際に「登別温泉 第一滝本館」に宿泊したときのコースを紹介します。

1日目

Start12:00

登別駅から宿まで車で約13分

多彩な泉質と雄大な景色
登別温泉に到着

宿が佇む登別温泉は、多彩な泉質を誇る日本有数の温泉地。雄大な景色を楽しめる「登別地獄谷」「大湯沼」などの景勝地も見所の1つです。登別駅周辺には、外観が西洋のお城のような水族館「登別マリンパークニクス」も◎

to.eat.kappyさん

to.eat.kappy

30代後半 / 事務員

2023年09月に宿泊

カメラ目線でにっこり笑うアシカに会いたくて「登別マリンパークニクス」へ。巨大ザメの上を通るスリル満点のエスカレーターがあって、とてもドキドキしました(笑)

to.eat.kappyさんの写真+6

Check-in14:00

宿に到着

温泉情緒あふれる
フロントロビー

エントランスをくぐると、温泉情緒たっぷりのフロントロビーがお出迎え。カーペットの模様は温泉の源である湯の川を、壁の意匠は地獄谷をイメージして設えられています。吹き抜けに位置する名物の巨大モニュメント「大金棒」にも注目!

to.eat.kappyさん

売店の前にある鬼の金棒が存在感を放っており、見応えがありました。宿のキャラクター「たきまる君」が歩いていたので、一緒に写真を撮って楽しく過ごしました。

to.eat.kappyさんの写真+4

Room14:30

全4棟に設けられた
和を感じる客室

客室は本館・西館・東館・南館にわかれています。和室や洋室、和洋室、愛犬可のスイートなど豊富。和の雰囲気を感じる、ゆったりと落ち着く空間です。なかには、源泉かけ流しの温泉と地獄谷の景色を満喫できる贅沢な露天風呂付き客室も。

to.eat.kappyさん

私達は西館のスタンダード和室に宿泊しました。客室に用意されていた温泉まんじゅうがとても美味しかったです。

to.eat.kappyさんの写真+2

Freetime15:00

宿から極楽通り商店街まで徒歩約1分

温泉街で
散策&鬼探し

客室で荷解きが終わったら、さっそく温泉街へ。土産物店や飲食店でにぎわう「極楽通り商店街」は、昔ながらの風情が残る温泉街のメインストリートです。地獄や鬼にちなんだ像が点在しており、ワクワクしながらお散歩ができます。

to.eat.kappyさん

温泉街を散策して、気になっていた「杉養蜂園」の巣房蜜ソフトを食べました。蜂蜜がびっくりするくらい美味しかったです!また温泉街には「閻魔様」が目立つ所に居ました。

to.eat.kappyさんの写真+2

Dinner18:00

ビュッフェで堪能する
北海道の海鮮や天ぷら

夕食は館内のダイニング「原始林」か「雪国」でビュッフェ。北海道らしい海鮮や温泉茶漬け、エスニック料理など多彩なメニューです。部屋食可の客室や半個室の食事処「湯の里」で、季節の食材やカニを用いた和会席膳を味わうプランも。

to.eat.kappyさん

夕食はビュッフェ形式で、ズワイガニや揚げたてのエビ天ぷらがとっても美味しかったです。可愛いスイーツもたくさんあり、テンションが上がりました!

to.eat.kappyさんの写真+7

Onsen20:30

広々とした大浴場は
サウナや水風呂も完備

夕食後は、35種類の湯船がある大浴場へ。登別温泉らしい硫黄泉や美人の湯とも呼ばれる重曹泉をはじめ、食塩泉、芒硝泉、酸性緑ばん泉の5つの泉質を堪能しましょう。露天風呂では風情ある景色を眺めながら、お酒をいただくことも♪

to.eat.kappyさん

大浴場はタオルを持たずに、手ぶらで行けるのがありがたかったです。露天風呂は目の前が「地獄谷」だったので、登別ならではの景色に気分が上がりました。

もっと詳しく宿をチェック

2日目

Morning05:00

大浴場で朝風呂を満喫
爽やかに朝をスタート!

大浴場は24時間好きな時に入れます。体温に近い温度の寝湯や気泡が出る湯船に、露天風呂に設けられた情緒あふれる「金蔵の湯」など。たっぷりのお湯で癒されて、朝から至福の時間を。広いパウダールームや豊富なアメニティも嬉しい♡

to.eat.kappyさん

朝5時に温泉へ行きました。朝の露天風呂がとても気持ちよくて、ゆっくりできました。たくさん温泉に入るなら、西棟へ宿泊するのが近くておすすめです!

Breakfast07:30

パンは焼きたてサクサク
バラエティ豊かな朝食

朝食は夕食と同じく、ダイニング「原始林」または「雪国」でビュッフェを満喫。和食や洋食、エスニック料理などが並んでおり、朝からお好みのメニューをいただけます。「湯の里」で和か洋の定食をいただけるプランもありますよ。

to.eat.kappyさん

朝食もビュッフェ形式でした。ホタテの塩辛と、手作り豆腐の冷奴が美味しかったです。焼きたてのクロワッサンも気になったので、食後のコーヒーと併せていただきました!

to.eat.kappyさんの写真+1

Check-out10:00

宿を出発

お土産を選んで
チェックアウト

お土産処「湯の街」には、商品が豊富に取り揃えられています。地元の名産品をはじめ、宿オリジナルの栗入り「金箔まんじゅう」や、宿のイメージキャラクター「たきまる君」の可愛らしい商品も。お土産選びを楽しんだらチェックアウト。

to.eat.kappyさん

売店が大きく品揃えが豊富で、楽しく買物ができました。金箔カステラや鬼の金棒チョコ、赤ちゃん用の鬼ソックスなどをお土産に買いました。

to.eat.kappyさんの写真+2

Sightseeing10:30

宿から登別伊達時代村まで車で約11分

江戸の風情を楽しむ
登別伊達時代村

宿で温泉を堪能したら、お次は「登別伊達時代村」で江戸時代の町並みや文化を満喫しましょう。迫力ある忍者アクションや花魁の舞を観たり、風情ある商店街でお団子の食べ歩きをしたりと、江戸時代の情緒に浸る時間を過ごせます。

to.eat.kappyさん

「登別伊達時代村」へ行き、江戸の風情を楽しみました。マスコットキャラクターの「ニャンまげ」と写真を撮ったり、三食団子や抹茶をいただいたりして楽しみました。

to.eat.kappyさんの写真+2

Return trip17:00

豊富な温泉に癒されて
リフレッシュした2日間

大浴場で多種多様な湯船を満喫したり、ビュッフェで北海道の味覚を楽しんだりと、登別温泉の魅力をたっぷり堪能した2日間。雄大な自然に囲まれた風情あふれる「第一滝本館」で、日頃の疲れを癒す至福のひと時を過ごしましょう。

to.eat.kappyさん

娘と「来年もまた泊まろうね!」と、約束をしました。北海道で一番の温泉だなぁと思いました!

もっと詳しく宿をチェック

今回紹介したスポット

料金プラン

宿泊プラン