生まれ変わった「The Okura Tokyo」でアートに囲まれた一日を過ごそう

生まれ変わった「The Okura Tokyo」でアートに囲まれた一日を過ごそう

2019年9月に誕生した「The Okura Tokyo(ジ・オークラ・トーキョー)」は、世界中から愛されていた「ホテルオークラ東京」が4年間の建て替え期間を経て、新しく生まれ変わったホテルです。施設内には、当時から特別な存在として愛されていた伝説のロビーや、都会のオアシス的存在である水庭、ノスタルジックな空気ただようメインバーなど、美しさに浸れる場所がたくさん。生まれ変わったThe Okura Tokyoで、アートに酔いしれる特別な宿泊体験をしてみませんか?

2020年02月24日

生まれ変わった「The Okura Tokyo」でアートな宿泊体験を

生まれ変わった「The Okura Tokyo」でアートな宿泊体験を2039356

出典:

東京都港区虎ノ門にある「The Okura Tokyo(ジ・オークラ・トウキョウ)」。伝統と歴史のある日本のホテル御三家のひとつです。2019年9月、世界中から愛されていた「ホテルオークラ東京」が4年の建て替え期間を経て、The Okura Tokyoとしてリニューアルオープンしました。

生まれ変わった「The Okura Tokyo」でアートな宿泊体験を2039475

出典:

デザイン監修を手掛けたのは、建築家として数々の賞を受賞し世界的に活躍する谷口吉生氏。建物自体をアートとして楽しむことを創業時からのコンセプトとしています。旧本館の伝統を残しつつ新しい姿に生まれ変わったThe Okura Tokyoのアートに浸り、心癒されるひとときを過ごしましょう。

注目したいオークラ2つのロビー

注目したいオークラ2つのロビー2039352

出典:

The Okura Tokyoは、「オークラ プレステージタワー」と「オークラ ヘリテージウイング」という2つの棟から成り立ちます。日本の美が宿る芸術的なオークラのロビーは、旧本館時代から世界の人々に愛されてきました。それぞれの棟の個性異なるロビーに注目です。

本館時代が再現されたメインロビー

本館時代が再現されたメインロビー2039484

出典:

オークラ プレステージタワーにあるメインロビーは、空間の構成から装飾、空気感にいたるまで本館時代のロビーを再現。ただ再現するだけではなく、本館時代の伝統を受け継ぎながらも新しいデザインとの融合により進化した新しさがあり、ロビーにただよう洗練された雰囲気に心が惹かれます。

本館時代が再現されたメインロビー2039353

出典:

オークラのシンボル「オークラ・ランタン」や、上から見たときに梅の花の形に見えるよう配置された「梅小鉢のテーブルと椅子」、日本の伝統工芸職人の手によって施された数々の装飾。オークラ伝統のアートに浸りながら、広々とした空間でゆったりとしたひとときを過ごせますよ。

もう1つのロビーには旧「平安の間」の壁紙が

もう1つのロビーには旧「平安の間」の壁紙が2039354

出典:

オークラ ヘリテージウイングのロビーに一歩足を踏み入れると、かつての「平安の間」を彩っていた壁紙がお出迎え。国宝「三十六人家集三十七帖」を模倣して作成されたこの壁紙は、オークラを象徴するアートのひとつです。

もう1つのロビーには旧「平安の間」の壁紙が2039489

出典:

随所に本館時代に使用されていたアート作品が散りばめられ、床の間や茶室を思わせる和のテイストが取り入れられています。日本の伝統美の中に洗練されたモダンさがあり、日本人がゆったり寛ぐことができるような、心惹かれる風情があります。ミニマルで上品な落ち着いた和の雰囲気に、ホッと心が落ち着きますね。

美しさの世界で寛げる客室

美しさの世界で寛げる客室2039490

出典:

The Okura Tokyoの客室は、美しさの世界で寛げる仕様。「ヘリテージルーム」と「プレステージルーム」それぞれ魅力が詰まったお部屋で、寛ぎに満ちたプライベートな時間を満喫しましょう。

「ヘリテージルーム」では日本伝統の美に浸る

「ヘリテージルーム」では日本伝統の美に浸る2039491

出典:

オークラ ヘリテージウイングに用意された、日本らしい静寂と気品ただよう「ヘリテージルーム」。品格のある落ち着いた空間が広がります。オークラの庭園に面した大きな窓や高さ3mの天井など、ゆとりがあって開放的でありながらも日本の伝統美があふれ、ホッとするぬくもりも感じられます。

「ヘリテージルーム」では日本伝統の美に浸る2039492

出典:

日本の心の文化「おもてなし」。ヘリテージルームでは、一歩先を行く最高のおもてなしが提供されます。心安らぐ日本の伝統美に浸りながら、贅を尽くした快適なひとときを過ごせますよ。

東京の美景を眺める「プレステージルーム」

東京の美景を眺める「プレステージルーム」2039493

出典:

オークラ プレステージタワーの28階から36階の高層階に位置する「プレステージルーム」。窓からは、この立地ならではの躍動感を感じる東京の街並みを一望できます。バスルームからも東京の景色を眺望でき、昼夜を問わずに至福のバスタイムを満喫できますよ。プライバシーが守られた造りになっているので、安心して窓からの眺めに浸ることができるのが嬉しい◎

東京の美景を眺める「プレステージルーム」2039494

出典:

見晴らしのいい大きな窓と解放感が魅力的。洗練されたモダンさと和のアクセント、高層階から観る東京の美景が調和する空間で、贅沢なプライベートを過ごしましょう。

都会のオアシス的存在の水庭で、喧騒を忘れてまったりと

都会のオアシス的存在の水庭で、喧騒を忘れてまったりと2039363

出典:

The Okura Tokyoの前庭には「水鏡」と名付けられた、1辺42mもある大きな水盤があります。この水盤は、デザインに最も力を入れられた空間のひとつ。東京の街を映す鏡のような水盤は、都会の喧騒を忘れさせてくれる、癒しの存在です。

都会のオアシス的存在の水庭で、喧騒を忘れてまったりと2039495

出典:

それはまるで、目まぐるしく時間が過ぎゆく都会のオアシス。外界とは一線を画した空間が広がり、なんとも豊かで穏やかな時間を過ごすことができます。見つめていると心が洗われるよう。日々の喧騒を忘れ、水庭でまったりとしたひとときを過ごしましょう。

27階のプールでは美しい眺めでもリフレッシュ

27階のプールでは美しい眺めでもリフレッシュ2039739

出典:

オークラ プレステージタワーの27階には、25m×5レーンの広々としたプールがあります。ホテル内にあるプールとしては最大規模。窓から太陽の光がたっぷりと差し込む開放的なプールで、高層階ならではのパノラマビューを楽しみながら気分をリフレッシュしましょう♩

27階のプールでは美しい眺めでもリフレッシュ2039740

出典:

内装はスタイリッシュで清潔感のあるアーティスティックなデザイン。プールサイドチェアでリラックスしながら、窓からの眺めを楽しむおしゃれな時間を過ごすこともできますよ。アクアエクササイズやスイミングレッスンなど、マンツーマンのきめ細やかなトレーニングを体感できるのも嬉しいポイントです◎

ランチ・ディナー・朝食は好みの空間を選んで

「ヌーヴェル・エポック」 料理 123859381

出典:kane9_3320031さんの投稿

本館時代から受け継がれるオークラ伝統の美しい味。テーブルを飾るうつわやカトラリー、窓から見える景色、空間を彩る照明や家具にいたるまで、こだわりと日本の風流を感じます。各お店の芸術や文化も併せて、空間ごと味わいましょう。

散りばめられた日本の美を感じて「ヌーヴェル・エポック」

散りばめられた日本の美を感じて「ヌーヴェル・エポック」2039744

出典:

フレンチと日本食の融合を目指す「ヌーヴェル・エポック」。内装はベージュを基調とし、シンプルで和のテイストを感じられる上品な空間が広がります。窓からオークラの庭園を見下ろしながら、優雅な食事のひとときを過ごすことができますよ。

「ヌーヴェル・エポック」 料理 122437705

出典:winetasterさんの投稿

「ヘルシー&ガストロノミー」をテーマに、素材にこだわり、美容や料理のストーリー性などを意識したお食事を堪能できます。随所に散りばめられた日本の美を感じながら、フランスと日本の食文化が一体となった新感覚の美しいお料理に舌鼓を打ちましょう。

最上階からの眺めとシェフの技に感嘆「さざんか」

最上階からの眺めとシェフの技に感嘆「さざんか」2039756

出典:

オークラ プレステージタワーの最上階にある鉄板焼きのお店「さざんか」。最上階ならではの眺望とともに、敏腕シェフが腕を振るった絶品の鉄板焼きを味わえる人気の高いお店です。目の前の鉄板で焼き上げられる最高の素材とシェフの技に、思わず感嘆の声があがります。

「鉄板焼 さざんか」 内観 123013831

出典:misa24ocさんの投稿

土と炎を意識したスタイリッシュで開放的なしつらえの中、劇場のようなライブ感あふれる鉄板焼きを楽しみましょう。五感で味わうお料理と素敵な空間におなかも心も満たされますよ♩

朝食はオークラ伝統のメニューに舌鼓「オーキッド」

朝食はオークラ伝統のメニューに舌鼓「オーキッド」2039767

出典:

朝食は、ダイニングレストラン「オーキッド」で。100種類以上のヘルシーなお料理が揃うブッフェと、バラエティに富んだメニューが魅力的なアラカルトから、好みに合わせて選ぶことができます。フレンチトーストやエッグベネディクトなど、長く愛されてきた伝統のメニューに舌鼓を打ちましょう。

朝食はオークラ伝統のメニューに舌鼓「オーキッド」2039766

出典:

店内には朝日がやさしく差し込み、心地よいひとときを過ごすことができます。吹き抜けが開放的なモダンな空間でオープンキッチンのライブ感を楽しみつつ、オークラ伝統の朝食でその日のスタートを切れば、幸せな1日を過ごせそう♩

夜はどちらのバーで過ごす?

カクテル

The Okura Tokyoのオークラ プレステージタワーには2つのバーがあります。オークラのメインバーである「オーキッドバー」、41階のトップフロアから東京を一望できる「スターライト」。どちらもオークラならではのアーティスティックな空間で、至福のバータイムを過ごせますよ。夜はお好みのバーでしっぽりと、大人の贅沢な時間を味わいましょう。

メインバー「オーキッドバー」でノスタルジックな時間を堪能

メインバー「オーキッドバー」でノスタルジックな時間を堪能2039782

出典:

「オーキッドバー」は重厚感のある雰囲気が魅力的な正統派のバー。世界の銘酒を味わいながら、落ち着いた時間を過ごすことができます。本館時代に使用されていた銅板のテーブルや、当時と同じ仕様で作られた革製の椅子など、伝統と風格ある内装にオークラの歴史とこだわりを感じます。趣のあるオーキッドバーで、ノスタルジックな時間を堪能しましょう。

メインバー「オーキッドバー」でノスタルジックな時間を堪能2039802

出典:

季節のフルーツを使用した一流バーテンダー特製のカクテルや、種類豊富なウイスキーを味わえます。熟練のバーテンダーにしかできないと言われる、オークラ独自のシェイク技「3段振り」にもご注目を。たまにはオーセンティックなバーで、大人のたしなみを味わうのもいいですね♩

「スターライト」で東京の夜景に魅了される

「スターライト」で東京の夜景に魅了される2039821

出典:

最上階にあるルーフトップバー「スターライト」は、人々が集まりにぎわうバー。「The Bar(ザ・バー)」「The Lounge(ザ・ラウンジ)」「Chef’s Table(シェフズテーブル)」の3つの空間に分かれており、どれも個性的で、それぞれのコンセプトに合わせた楽しみ方ができます。

「スターライト」で東京の夜景に魅了される2039824

出典:

スタンディングスペースもあるThe Barは、気軽な利用に。広々とした空間のThe Loungeではゆったりと寛ぎのひとときを。Chef’s Tableは上品なクラス感にあふれ、贅沢な時間を過ごせます。美味しいお酒を味わいながら一望する東京の夜景は格別の美しさです。

お土産は「シェフズガーデン」で買い求めて、親しい人へもおすそ分け♩

お土産は「シェフズガーデン」で買い求めて、親しい人へもおすそ分け♩2039985

出典:

お土産は、最高品質の食のブランドショップ「シェフズガーデン」で。本館時代から長く愛されてきたオークラ伝統のスイーツや、有名な老舗店とコラボレーションした商品など、料理長やパティシエたちが腕によりをかけたグルメと厳選された商品が揃います。

お土産は「シェフズガーデン」で買い求めて、親しい人へもおすそ分け♩2039987

出典:

オークラらしい趣を感じる、ここでしか手に入らない最高のお土産たち。自分用に購入すれば、お家に帰ってからも余韻に浸れそう。品格あふれる商品は自信をもっておすそ分けもできますね。だれに送ってもセンスの光る逸品として喜んでもらえるはず♩

ホテル周辺のグルメも堪能しましょ♩

伝統と革新が融合するアート空間を楽しもう

伝統と革新が融合するアート空間を楽しもう2040017

出典:

日本トップクラスの名ホテル「The Okura Tokyo」のご紹介でした。ほかのどのホテルにもない、唯一無二のこだわりと魅力がたくさん詰まっています。伝統と革新が織りなす芸術を五感で感じ、癒しとともにThe Okura Tokyoというアートに浸る、贅沢なホテルステイを楽しんでみてはいかがでしょうか。

公式詳細情報 The Okura Tokyo

The Okura Tokyo

三田・田町・芝浦 / 高級ホテル

住所
東京都港区虎ノ門2-10-4
アクセス
銀座線 虎ノ門駅より徒歩10分 日比谷線 神谷町駅より徒歩1...
宿泊料金
25,713円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 12:00(OUT)など

25,713円〜 / 人

もっと見る

データ提供

このホテルの紹介記事

関連記事

関連キーワード

全国を旅する編集部おすすめ

お得に旅する編集部おすすめ

Go To トラベルキャンペーンでお得に旅しよう♪ 知っておきたい基本情報&オススメの旅先