2022年04月09日

これからの旅は「エシカル」に。地球にやさしく楽しむ7の方法+おすすめエリア3選/全国

これからの旅は「エシカル」に。地球にやさしく楽しむ7の方法+おすすめエリア3選/全国

最近よく耳にする「エシカル」「サステナブル」「SDGs」。少し難しいように聞こえるこの言葉たちですが、でも実はとっても簡単で、身近なことからすぐに実践できるんです。たとえばマイバッグを持つことも、マイボトルを持つことも立派なエシカルな選択。これらの考えを旅の間ももつことで、わたしも地球も心地よく旅行を楽しみませんか?この記事ではエシカルに旅を楽しむための7つの方法と、おすすめの旅先を3か所ご紹介します。エシカルに素敵なトラベルライフを楽しみましょう♩

地球と生き物のことを考えて。旅もエシカルに楽しもう♩

貧困や人権問題、気候変動、動物福祉など、毎日のようにニュースで耳にするさまざまな課題。日本で暮らしているとあまり現実味が感じられなかったり、どこか遠い国の出来事のように思えたりするかもしれませんが、どれもわたしたちと無関係な話ではありません。そのことにほんの少し心を寄せてみると、旅の楽しみ方もひと味違ったものになるはず。あなたの思いやりひとつで、国籍・人種の異なる人々や野生動物たち、海や森林などの自然をもっと元気にすることができるかもしれませんよ♩

「エシカル」ってなに?

オリジナルヘアパーツを撮影しました。

出典:tomoenさんの投稿

「エシカル(ethical)」とは、英語で「倫理的な」という意味の言葉。平和で幸せな世界を創るために、人や動物、社会、地球、自然環境にとってよりよい行動をしようという考え方のことです。一人ひとりがエシカルな行動を心がけることが、最近よく耳にする「SDGs(エスディージーズ=持続可能な開発目標)」の達成にもつながると言われているんですよ。

景色の中に

出典:tomoenさんの投稿

「なんだか難しそう…」と思うかもしれませんが、「水や電気を無駄遣いしない」「食べ残しをしない」など、シンプルで身近なことこそがエシカルの基本。旅行中もちょっとしたことを意識するだけで、旅を楽しみながら地球規模の課題を解決する力になることができるんです。この記事では、旅行をエシカルに楽しむためのアイデアと、おすすめの旅行先をシェア♪あまり難しく考えずに、できることからアクションを起こしてみませんか?

エシカルな旅の方法7選

1.マイボトル&マイバックを持って行く

手軽にエシカルを実践できる方法のひとつが、旅行にマイボトルを持っていくこと。廃棄されるペットボトルやプラスチック容器を減らして、海に流れ着いたゴミが動物を傷つけるのを防いだり、ゴミを燃やすときに発生する温室効果ガスを削減したりすることができます。マイボトル持参で割引が受けられるカフェなども増加していて、お財布にもやさしい♡自分にも地球にもいいことづくめで、気持ちよく旅が楽しめるはずですよ◎

お気に入りのエコバッグを並べました

レジ袋の代わりにマイバッグを使って、プラスチックゴミを削減することもエシカルな行動のひとつ。旅行中は何軒ものお店をはしごすることが多いので、買ったものをまとめて収納できるマイバッグは重宝します。場面に合わせて使い分けられるように、サイズの異なるものをいくつか持ち歩いておくとさらに便利。最近はおしゃれなマイバッグも多いので、ファッションとのコーディネートを考えるのも楽しいですよね♩

2.移動は公共交通機関や徒歩で

たまには1人でふらりと電車旅を。

旅行中の移動には、可能な限り電車やバスなどの公共交通機関を使うのがおすすめ。自動車から排出される二酸化炭素や大気汚染物質を削減できるので、気候変動や地球温暖化の対策につながります。バイオ燃料や天然ガスなど、クリーンなエネルギーを使う乗りものを選ぶのも◎。駅や車窓から思いもよらない絶景に出合えたり、ふとした瞬間に地元の人の暮らしが垣間見えたりして、移動そのものが大切な旅の思い出になるかもしれません。

桜の木の下で

出典:corocoroさんの投稿

公共交通機関を使うと車移動より歩く距離が長くなるので、ほどよく体を動かすことも可能。ときには、気の向くままにぶらぶらとおさんぽを楽しんでみるのもいいものですよね。車に乗っていたら気がつかない音や匂いに遭遇できたり、ガイドブックには載っていない隠れ家のようなお店を見つけたりできるのも徒歩移動の醍醐味。たくさん歩いておなかを空かせて、美味しい地元グルメをたっぷりいただいちゃいましょ♡

3.フェアな取り組みを行うホテルに泊まる

最近増加しているのが、環境や地域社会に寄り添ったサステナブルなコンセプトを持つホテル。建物に廃材や地元の自然素材が使われていたり、風力や太陽光などの再生可能エネルギーによる電力で運営されていたり、リネン交換の回数を減らして水資源を節約していたり…ホテルによって取り組みはさまざまです。宿泊料金の一部を動物福祉や開発途上国への支援に充てるホテルなら、泊まるだけで社会貢献活動に関わることもできますよ。

客室に備え付けられているさまざまなアイテムも、ホテルのエシカルなマインドが表れるポイント。自然素材のタオルやナイトウェア、オーガニックにこだわったコスメ、フェアトレードのコーヒーや紅茶など、各ホテルのこだわりが光っています。地球や環境にやさしいものに囲まれていると、自分もゆるりとリラックスできて、心地よく過ごせるから不思議ですよね♪

地域の農家さんや商店などと連携して、エコツーリズムやグリーンツーリズムの体験ができるホテルも増加中。その土地の自然や文化、ライフスタイルなどを楽しく学びながら、地域の魅力や抱えている問題について知るきっかけを与えてくれます。自ら足を運んで感じたことや考えたことは、何ものにも代えがたい財産になりますよ。

4.地産地消に積極的な飲食店を利用する

旅行中の食事は、地産地消に積極的なお店でいただくのがベスト♩地元の新鮮な食材が美味しいのはもちろんのこと、食材の輸送にかかるエネルギーや包材ゴミが少ないので、環境への負荷も抑えることができます。農家さんや漁師さんの顔が見えるから、安心安全なのもうれしいポイント。農薬や化学肥料による環境への影響を考えて、できるだけオーガニックな食材を扱うお店を選ぶこともエシカルです。

佐賀・長崎の窯元をめぐる旅行にて。

旅行は、地域の特産や伝統的な食文化に触れる絶好の機会。地産地消を意識していると、旬の食材やそこでしか食べられない逸品に自然と巡り合えるはずです。地元の素材がふんだんに使われたお料理は、もちろん地元のお酒との相性もばっちり♡お店の人に色々と教えてもらいながら、豊かな自然の恵みを堪能してくださいね。

5.お土産は地域の伝統的なアイテムを

お土産には、漆器、陶器、織物、木工品など、その土地でしかゲットできない伝統的なアイテムを購入するのがおすすめ。地元の天然素材を原料に職人さんの手しごとで作られている場合が多いので、工業製品などと比べると製造や輸送にかかるエネルギーが格段に少なくなっています。地域の風土を活かして大切に育まれてきたアイテムたちは、手に取るだけであったかい気持ちになるものばかりですよ♡

白山陶器と有田焼の器あわせ

日頃のお手入れを楽しんだり、ときには職人さんに修理してもらったりしながら、長く愛用できるのも伝統的なアイテムの魅力。大量に生産されたものを大量に消費するのではなく、ひとつのものを長く大切に使うことはエシカルの第一歩です。時間が経つほどにどんどん味わいが増して、自分だけの逸品になっていく過程を楽しむのもいいですよね♩

沖縄にて

旅先で伝統工芸の体験ができる場合は、迷わずチャレンジ!実際に手を動かすことで、地域の伝統文化についてより深く知ることができます。自分で手作りした世界にひとつだけのアイテムなら、単に完成品を購入した場合よりも愛着が増すはず。いつでも旅行のことを思い出させてくれる、大切な宝物になるかもしれませんね♪

6.歯ブラシやアメニティは持参する

歯ブラシやヘアブラシなどのアメニティ類は、使い慣れたものを自宅から持っていくのがおすすめ。ホテルに用意されているものは1回きりの使い捨てになりがちなので、開封するとプラスチックゴミを増やすことにつながってしまいます。ふだん使っているアイテムを持っていけば、「アメニティを使ってみたら自分に合わなかった」なんてことになる心配もなく、旅先でも自分らしく快適に過ごすことができますよ◎

7.地域に根差した商店で買い物をする

道後商店街

旅先でショッピングをするときは、ぜひとも地元の商店を覗いてみましょう。大型のショッピングモールや全国展開されている店舗とはひと味違うものに出合えるのはもちろん、お買いものを通じて地域の活性化にも貢献することができます。もしかしたらお店の人と話が弾んで、楽しく交流できちゃうかも♩人気のスポットやグルメなど、地元の人だからこそ知っているおすすめ情報を聞いてみるのもいいかもしれませんね!

おすすめエリア3選

1.京都|唯一無二の文化を有す美しい古都

1.京都|唯一無二の文化を有す美しい古都2601157

出典:MGKⅡさんの投稿

国内屈指の観光地「京都」は、エシカルに旅を楽しみたいときにもおすすめの旅行先。「清水寺」や「平等院」などの歴史的な見どころが満載で、長い年月をかけて育まれてきた文化や、四季折々に表情を変える自然にどっぷり浸ることができます。電車や地下鉄、バスなどの交通手段が充実していて、公共交通機関でスムーズに移動できるのもエシカルなポイント。人力車で古都の街並みを散策するのも、風情たっぷりで素敵です♩

小箱に入った和三盆の砂糖菓子

「創業100年ではまだまだひよっこ」とも言われるほど、長年愛され続けている老舗が多いのも京都の魅力。精進料理などの伝統的な食文化を体験したり、「京扇子」や「清水焼」などの工芸品を購入したりするのもおすすめです。職人の技が光る和菓子や、「賀茂なす」をはじめとする「京野菜」、長い歴史を誇る「宇治茶」など、京都ならではの食材やグルメも要チェックですね!

\ 泊まるならこのホテル /

WELL認証取得のクリーンなホテル「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」

WELL認証取得のクリーンなホテル「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」2600941

出典:

京都河原町駅から徒歩2分ほどの「GOOD NATURE HOTEL KYOTO(グッドネイチャーホテル京都)」は、人の健康に配慮した建物や空間に与えられる「WELL(ウェル)認証」をホテルで世界で初めて取得した施設です。人だけでなく環境にもやさしい取り組みを数多く実践していますが、それが我慢を強いられたり、無理をさせられたりするものではないことが大きな特徴。楽しく、心地よくエシカルを実践できる、お手本のようなホテルなんですよ♩

WELL認証取得のクリーンなホテル「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」2600950

出典:

天然素材がふんだんに使われている客室は、そこにいるだけで気分が晴れるような快適空間。こちらの「イエロードライフラワールーム」のように、通常は数週間で廃棄されてしまう生花をサステナブルなドライフラワーに加工して、フォトジェニックに飾り付けた客室タイプも大人気です。こんなに可愛いお花に囲まれていたら、誰もがご機嫌に過ごせるはず♡プラスチック製の歯ブラシやヘアブラシは廃止されていて、アメニティ面での配慮もばっちりです。

WELL認証取得のクリーンなホテル「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」2600939

出典:

バスアメニティは、オーガニックコスメブランド「NEMOHAMO(ネモハモ)」。有機栽培された国産の植物を原料に、天然成分だけで作られているオリジナルアイテムです。製造に使われているのが100%クリーンエネルギーだったり、包材にリサイクル素材が採用されていたりと、とことんエシカルにこだわって開発されたもの。循環型社会の実現に貢献しながら癒しのバスタイムが過ごせるなんて、一石二鳥かもしれないですね◎

詳細情報

GOOD NATURE HOTEL KYOTO

京都府 / 京都市、河原町 / 高級ホテル

  • GOOD NATURE HOTEL KYOTO
  • GOOD NATURE HOTEL KYOTO
  • GOOD NATURE HOTEL KYOTO
  • GOOD NATURE HOTEL KYOTO
  • GOOD NATURE HOTEL KYOTO
住所
京都府京都市下京区河原町通四条下る2丁目稲荷町318-6
アクセス
電車の場合:阪急京都線「京都河原町駅」から徒歩約2分、京阪本線「祇園四条駅」徒歩約5分 車の場合:名神高速道路「京都南IC」または「京都東IC」より約30分
地図を見る

京都観光についてはこちらもチェック

2.佐賀|今でも豊かな景色が残る稀有な場所

2.佐賀|今でも豊かな景色が残る稀有な場所2601142

出典:kamettaさんの投稿

雄大な自然に囲まれた「佐賀」も、エシカルを意識した旅にぴったり。玄界灘と有明海に面していて、自然のカーブが美しい「浜野浦の棚田」や、九州有数の蛍の名所「祇園川」のように、日本人の原風景とも言える絶景が今もなお残っています。地元の海の幸や山の幸に舌鼓を打ったり、昔ながらの商店をぶらりと巡ったりしながら、ゆったり流れる時間を存分に味わうことができますよ。

九州旅。

「有田焼」「伊万里焼」「唐津焼」の三大焼き物に表れる通り、佐賀は世界的にも有名な陶磁器の産地。窯元に足を延ばしてお気に入りの逸品をお土産にしたり、絵付け体験をして伝統の技に触れたりするのも楽しい時間です♩毎年約100万人が訪れるという「有田陶器市」などのイベントに行って、掘り出しものをさがすのも◎。愛着を持って大切に使い続けられる、一生モノの器に出合えるかもしれません。

\ 泊まるならこのホテル /

地産地消の美味と、地球の恵みの温泉に浸る「大正屋」

地産地消の美味と、地球の恵みの温泉に浸る「大正屋」2600954

出典:

武雄温泉駅からバスで25分ほどの場所にある、九州屈指の名湯・嬉野温泉。大正14(1925)年創業の「大正屋」は、そんな嬉野温泉にある老舗旅館です。自然の中に静かにたたずむ建物は、日本を代表する建築家・吉村順三氏の設計によるもの。館内に一歩足を踏み入れると、古いものを慈しむように丁寧に手入れされていることが伝わってきて、ぬくもりを感じずにはいられません。

地産地消の美味と、地球の恵みの温泉に浸る「大正屋」2604549

出典:

2か所の大浴場は、嬉野温泉の良質なお湯を心ゆくまで堪能できる贅沢なお風呂。こちらの「四季の湯」は、空に向かって大きく開けたガラス張りの天井が印象的です。大地のパワーがたっぷりと溶け込んだ温泉に浸かっていると、自然や地球とのつながりが本能的に感じ取れるよう…。系列宿の大浴場にも無料で入浴できるので、湯巡りを楽しみながら心も体もエネルギーチャージできちゃいますよ。

地産地消の美味と、地球の恵みの温泉に浸る「大正屋」2605937

出典:

食事は、佐賀ならではの食材がふんだんに使われた会席料理。有明海の新鮮な魚介類や地元の契約農家さんが丹精込めて育てたお米など、地産地消にとことんこだわっています。朝食では、通常の白飯のほかに、嬉野の特産品「嬉野茶」を使った「茶粥」を選ぶことも可能。有田焼をはじめとする地元の器も美しくて、食を通じて佐賀の魅力を大満喫することができそうです♡

公式詳細情報

嬉野温泉 大正屋

嬉野温泉 / 高級旅館

住所
佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2276-1
地図を見る
アクセス
JR武雄温泉駅よりバス約25分/九州長崎自動車道 嬉野ICよ...
宿泊料金
9,900円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 10:00(OUT)など

9,900円〜 / 人

もっと見る

データ提供

佐賀観光についてはこちらもチェック

3.島根|神様のエネルギーを感じる土地

【出雲大社 拝殿】 島根県出雲市大社町杵築東

最後にご紹介するおすすめの旅行先は、「神々の国」とも呼ばれる「島根」。古事記や日本書紀にも数多く登場し、いたるところに日本古来の神話が残されています。旧暦10月に日本中の神様が集まる「出雲大社」や、神様たちの玄関口となる浜辺「稲佐の浜」をはじめ、日本を代表するパワースポットも満載。いつ訪れても、全身で神聖なエネルギーを受け取れる特別な場所です。

海と山に囲まれた島根には、自然に育まれた美味しい食材がいっぱい!なかでも、そばの実を殻ごと挽いて作られる「出雲そば」は、素材のパワーがぎゅっと凝縮された逸品です。地元産のそば粉にこだわるお店で滋味深い味わいを堪能したあとは、可愛い民芸品をさがして商店をぶらぶら♪「八雲塗」や「石州(せきしゅう)和紙」のような伝統工芸を取り入れたアイテムも豊富で、どれをお土産にするか迷ってしまうかもしれませんね♡

\ 泊まるならこのホテル /

美しい景色を目に焼き付ける宿泊体験を「Entô」

美しい景色を目に焼き付ける宿泊体験を「Entô」2600959

出典:

日本海に浮かぶ隠岐諸島といえば、4つの有人島と約180の無人島から成る島々。ユネスコ世界ジオパークにも認定されている自然の宝庫で、壮大な地球を五感で感じることができるスポットです。島前(どうぜん)エリアにある「Entô(エントウ)」までは、海士町(中ノ島)の菱浦港から徒歩2分ほど。周囲の自然に溶け込んでいるかのようなホテルで、美しい景色に包まれて過ごしてみませんか?

美しい景色を目に焼き付ける宿泊体験を「Entô」2600963

出典:

客室はすべてオーシャンフロント。別館「Entô Annex NEST(エントウ アネックス ネスト)」の客室は屋内と屋外の隔たりがなく、まるで目の前の海とつながっているかのような感覚になります。ピクチャーウィンドウからぼんやりと海を眺めたり、プライベートテラスで潮風を感じたり…。テレビやスマホがなくても、ありのままの自然をじっくりと味わうことができる贅沢な空間です。

美しい景色を目に焼き付ける宿泊体験を「Entô」2604917

出典:

トレッキングやサイクリングをはじめとした多様なアクティビティの中でも、毎日夕方に開催される「Entô Walk(エントウ ウォーク)」は参加必須♩ガイドさんといっしょにホテルの周りを散策したり、館内に展示されている化石を見たりしながら、島の生態系や大地の成り立ちについて学ぶことができます。島をぐるっと巡るアクティビティ「島のさんぽみち」で地元の図書館や商店を訪ねて、島の暮らしを体験してみるのもおすすめですよ◎

公式詳細情報

Ento

隠岐諸島 / スタンダードホテル

住所
隠岐郡海士町福井1375-1
地図を見る
アクセス
隠岐汽船「菱浦港」より徒歩約3分
宿泊料金
10,500円〜 / 人
宿泊時間
15:00(IN)〜 11:00(OUT)など

10,500円〜 / 人

もっと見る

データ提供

島根観光についてはこちらもチェック

人・動物・地球にやさしいエシカルな旅を楽しもう♩

人・動物・地球にやさしいエシカルな旅を楽しもう♩2605179

出典:kenzo_0408さんの投稿

「エシカル」とは、同じ地球に住む人や動物、自然に対するちょっとした思いやりの気持ち。決して難しいことではなく、持ち物、移動手段、食事、買い物など、旅行中の身近な場面でも簡単にできることがたくさんあります。エシカルを意識することで、旅がより楽しくなるきっかけが生まれることも!「試しにやってみようかな」というあなたの気持ちが、きっと名前も知らない誰かの笑顔につながっていきますよ♡

ローカル&マイクロツーリズムもエシカルな要素が満載♪

全国のツアー(交通+宿)を探す

関連記事

関連キーワード